あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
yoga

黒のヨガマットの人気おすすめ10選!ヨガや筋トレをもっと快適に!

スポシル編集部

公開日 :2020/10/27

更新日 :2020/10/27

ダーク系のヨガウェアを着用することが多い人は黒いヨガマットを使用すると統一感のあるコーディネートになります。明るい色合いのヨガマットを持つことに抵抗がある人にも、黒いヨガマットはおすすめです。

こちらの記事では黒いヨガマットの中でも性能や使い勝手にこだわった10品を紹介します。ヨガマットの基本事項である厚みやサイズだけでなく、重さや付属品なども詳しく見ていきましょう。

自分がヨガを実施する環境を思い浮かべながら、ニーズに適した黒いヨガマットを選んでみてください。

目次

スポンサードサーチ

ヨガマットの選び方とポイントを紹介!

ここではヨガマットの選び方のポイントを紹介します。どれも重要なポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。

ヨガマットの選び方を以下の5つから解説します。


  • サイズで選ぶ

  • 厚さで選ぶ

  • 重さで選ぶ

  • ニオイで選ぶ

  • 色やデザインで選ぶ

サイズで選ぶ

ヨガマットの幅は約60㎝〜67㎝で差はそれほどありません。幅を選ぶときに気をつけたいのはヨガマットケースに入るかどうかです。
ヨガマットの方が幅広だととケースからはみ出てしまい、見た目も悪く、汚れが付いたり劣化の原因になりかねません。しっかりと中に入るケースを選ぶようにしましょう。

問題は長さです。一般的に「160〜163㎝」「170〜174㎝」「180〜184㎝」の3種類ありますが、この中で自分の身長プラス10㎝に近いものがおすすめのサイズになります。

しかし、ヨガは広ければ広いほどやり易く、絶対に身長プラス10㎝でなければならない理由もありません。
そのため、最近では大きめの180㎝を選ぶ人が多くいます。ただし、サイズが大きいほど価格は上がります。自分の予算と相談しながら選びましょう!

厚さで選ぶ

ヨガマットの厚さは厚い=初心者向け、薄い=上級者向けといわれています。しかし、ヨガの種類によっても使用感の差が出てきますので、目安として考えておくと良いでしょう。

・1㎜
極薄の1㎜は、日常用ではなく旅行などの持ち運び用として利用されています。ヨガ上級者が立位用に使用する場合もありますが、一般用ではありません。

・3〜5㎜
クッション性もあり、価格も手頃で1番使いやすい厚さです。持ち運びにも向いているため、主にスタジオに通ってヨガをしている人におすすめです。

・6〜9㎜
初心者から初級者はこの厚さがおすすめです。クッション性が高いことに加え、グリップ力があるため安定したポーズが取れます。

・10㎜〜
硬さからくる痛みが気になる人や、ピラティスに向いた厚さです。

しかし、立位のポーズでは不安定に感じることもあり注意が必要です。

重さで選ぶ

ヨガマットはサイズや素材によりますが、厚さに対して平均して以下のような重さになっています。


  • 1㎜:数百g

  • 3〜5㎜:1kg〜2.8kg

  • 6〜9㎜:2kg〜4kg

  • 10㎜〜:4kg〜

このように、ヨガマットの重さは幅広くかなり重いものもあります。

ここで重視することは「ヨガをする場所」です。常に自宅でヨガをする場合は、いくら重くても問題ありません。より快適にヨガができるサイズや厚さのヨガマットを選びましょう。

しかし、スタジオに通っている場合は重さで不便を感じやすいです。なぜなら、スタジオへ行くとき、毎回ヨガマットを持参しなければならないため、あまり重すぎると大変です。せめて3kg以内に抑えたいところです。

中にはマットを置いておけるスタジオもありますが、置いて帰ると自宅ヨガができなくなるといった理由から持ち帰る人の方が多いです。

ニオイで選ぶ

ヨガマットの独特な匂いが気になる。嫌悪感を感じる。といった声がありますが、これは素材によるものです。
匂いの原因となる素材は大きくわけて化学素材と天然素材の2種類があります。

・化学素材
独特な匂いと感じるもののほとんどが、化学素材から作られたヨガマットです。この匂いは使用するうちに弱くなっていきます。
それでも気になる場合は、購入後軽く水拭きをして乾かしておく方法があります。

また、香りのするヨガマット用クリーナーもありますので、これを使ってお手入れするとアロマ効果で快適です。

・天然素材
天然素材にはコルク、畳、麻といったものがあり、ヨガマットにも匂いはあります。これらは癒し効果があるため、このニオイを好んでマットを選ぶ人もいます。

ニオイで苦痛を感じていては、ヨガに集中ができなくなってしまいます。自分に合った方法でヨガマットを選びましょう。

色やデザインで選ぶ

ヨガマットには色やデザインが豊富にあり、どれもおしゃれですが、より自分が気に入ったデザインのヨガマットを選ぶようにしましょう。

お気に入りの服で出掛けると気分が良いように、ヨガでもお気に入りのヨガマットを使用すると向上心が上がり、より効果的にヨガを楽しるはずです。

定番はやはりシンプルな無地で、年齢や性別問わず人気です。

無地の場合重視するのは色ですよね。色は心理的効果が大きいため、選ぶときは自分がヨガで求める効果のある色にすることをおすすめします。

色の効果


  • 赤:刺激や興奮を与え、体温や血圧が上がる。

  • 青:落ち着く。体温を下げる。

  • 黄:集中力が上がる。運動神経が活発になる。

  • 緑:リラックス。安心感があり緊張をほぐす。

  • 紫:鎮静効果。疲れを癒す。

  • ピンク:幸福感。若返り効果。

無地のヨガマットでも、リバーシブルになっているタイプもあるため、その日のヨガのメニューや気分によって色を変えてみると楽しいです。

黒のヨガマットの人気おすすめ10選

黒いヨガマットはスタイリッシュな雰囲気と汚れの目立ちにくさを両立していることから、男性だけでなく女性からも支持されているカラーリングのひとつです。

ただし、全てのヨガマットがカラーバリエーションとして黒を用意しているわけではない点に注意してください。黒いヨガマットのおすすめ商品を紹介します。

Reodoeer ヨガマット 10mm

サイズ 183×61cm
素材 ニトリルゴム

防音性に優れた10mmヨガマット

ヨガマットに対して防音性を求めているなら、Reodoeer ヨガマットを使用してみましょう。ヨガマットの防音性が特に重要となるのは、マンションやアパートをはじめとした集合住宅で運動をするときです。

下の階に住んでいる人の迷惑にならないようにするには、Reodoeer ヨガマットのような厚みと防音性を備えたヨガマットを使用しましょう。収納バックとバンドが付属しているので、持ち運びも簡単に行えるヨガマットです。

サイズ 173×60cm
素材 ポリ塩化ビニル

シチュエーションに合わせて厚みと収納方法を選択

イージーエス ヨガマットは折りたたみ式とロール式の2種類を展開する黒いヨガマットです。折りたたみ式とはヨガマットを折りたたんで収納できるタイプを表します。ロール式はクルクルと巻くことで円柱状に形を変えて収納するヨガマットです。

ヨガマットを収納するスペースに合わせて、折りたたみ式とロール式のどちらかを選択しましょう。厚みは折りたたみ式が4mm、ロール式が6mmとなっています。持ち運びの利便性を考えるなら前者、衝撃吸収力を優先するなら後者がおすすめです。

サイズ 168×61cm
素材 ポリ塩化ビニル

PVCの質感と柔らかさが魅力

La-VIE ヨガマットは柔らかさを重視してヨガマットを選びたい人にピッタリな商品です。ヨガマットは材質や厚みによって柔らかさが決まります。La-VIE ヨガマットはPVCを素材とした8mmのヨガマットです。

ヨガマットの中でも厚みのある部類なので、少ない面積で体を支えたときも圧力を分散できます。PVC独特の柔らかさは、他の素材を使ったときに痛みを感じてしまった人にも優しい質感です。

柔らかさだけでなく、滑りにくさもLa-VIE ヨガマットが支持されている理由として挙げられます。

マンドゥカ エコライト ヨガマット 4mm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 173×60cm
素材 天然ゴム

環境にも体にも優しいヨガマット

マンドゥカ エコライト ヨガマットは環境に配慮した素材やプロセスを経て作られている点が特徴です。環境への優しさだけでなく、ヨガマットとしての質の高さも評価されています。素材としても用いているのは天然ゴムとリサイクルシルクです。

天然ゴム特有の弾力がヨガや筋トレを実施する中で体にかかる負担を軽減します。リサイクルシルクは軽くて柔らかい素材なので、持ち運びにも便利です。肌触りにも優れているため、ヨガマットに触れながらリラックスした気分を味わえます。

サイズ 172×60cm
素材 PVC

厳格な審査に裏打ちされた安全性の高さ

ヨガマットは大人だけでなく、子どもが利用することもあります。またヨガは妊娠している人が取り組める運動のひとつです。inFIT ヨガマットは子どもや妊娠している人でも安全に利用できるヨガマットとして支持されています。

安全性を担保しているのが、通常のヨガマットよりも厳格な安全審査をクリアしている点です。健康に悪影響を及ぼす物質の含有テストやフタル酸含有のテストをパスしています。より安全性の高いヨガマットが欲しい人は、inFIT ヨガマットを手に取ってみましょう。

サイズ 173×61cm
素材 ポリ塩化ビニル

手足が濡れていても滑りにくいグリップ力

ヨガマットの上で運動をしていると額や掌に玉のような汗をかいてしまうことがあります。特にホットヨガやハードな筋トレ、サーキットトレーニングなどをよく行う人によく見られるのが、濡れたヨガマットが滑ってしまう問題です。

Yoga Design Lab ヨガマットは濡れた手足で触っても滑りにくい加工を施しています。6mmの厚みを備えていながら重さはわずか850gなので、出掛け先でヨガを楽しみたい人にもピッタリなヨガマットです。

サイズ 180×66cm
素材 天然ゴム・PCレザー

ホットヨガでも使える!グリップ力抜群のヨガマット

ヨガの一種として知られているホットヨガは一般的なヨガよりも遙かに多くの汗をかく種目です。ホットヨガを実施するときに通常のヨガマットを使用していると、汗でマットが滑ってしまうことがあります。

マンドゥカ ホットヨガマットはホットヨガでの使用を前提としているヨガマットです。汗をかいた手足にもしっかりと吸着するので、ホットヨガの最中でもマットが滑ることに起因するストレスを感じにくくなっています。

炭の成分を配合することで、湿気が強い環境でも変質しにくい点が特徴です。

サイズ 180×66cm
素材 PVC

耐久力と衝撃吸収性が自慢の超高密度PVC製ヨガマット

ヨガマットを用いた運動を毎日の習慣にしたいなら、ヨガマットの耐久性を重視しましょう。マンドゥカ ブラックマットは超高密度のPVCを素材として活用することで、高い耐久力と衝撃吸収力を備えています。

長期的にヨガマットを使用していきたい人や少ない面積で体重を支えるポーズに取り組む人はマンドゥカ ブラックマットを手に取ってみてください。また、汗に濡れた手で触れても滑りにくい表面加工や肌触りの良さもマンドゥカ ブラックマットの魅力です。

サイズ 183×61cm
素材 TPE

水洗いで清潔な状態をキープ

ヨガマットの使い勝手を大きく左右するのがメンテナンスのしやすさです。ヨガマットでの運動が習慣になってくると、ヨガマットが悪臭を放つことがあります。運動中に分泌された汗がヨガマットに浸み込んでしまうことが原因です。

汗による悪臭を予防したいなら、TOPLUS ヨガマットのような水洗い可能なヨガマットを活用しましょう。定期的に水洗いすることで、清潔な状態をキープできます。床との接地面に施された滑り止め加工が、ハードなトレーニングにおける安全性の確保に貢献するヨガマットです。

サイズ 183×80cm
素材 NBR

身長が高めの人も快適な大きめのヨガマット

HAYASI ヨガマットは平均的なヨガマットよりも大きめのサイズが特徴です。ヨガマットのサイズは170×60cmが平均ですが、HAYASI ヨガマットは183×80cmとなっています。

身長が高めの人や肩幅が広い人でも、窮屈さを感じることなくヨガなどの運動に取り組めるヨガマットです。子どもと一緒にピラティスやヨガに挑戦したい人にも嬉しいサイズとなっています。10mmの厚みによる高いクッション性もまた、HAYASI ヨガマットの特徴です。

スポンサードサーチ

まとめ

黒いヨガマットは、デザイン性に優れたものだけでなく、使い勝手を重視した機能を備えたものが数多く存在します。

値段やサイズ、厚みといった基本事項はもちろんのこと、収納における利便性や滑り止め加工などの点にも注意しながらヨガマットを選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定