あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
yoga

3mmヨガマットの人気おすすめ10選!【2020年最新版】

スポシル編集部

公開日 :2020/10/23

更新日 :2020/10/28

3mmヨガマットはヨガマットに対して軽さや持ち運びの便利さを求める人におすすめです。厚みのあるヨガマットとの違いを理解しておくと3mmヨガマットの利点を活かした商品を手に取ることが容易になります。

こちらの記事で取り上げるのは3mmヨガマットの中でも特におすすめしたい商品10選です。収納における利便性やグリップ力、衝撃吸収性など、商品ごとに特徴が異なるので、自分のニーズを確かめながら読み進めてください。

目次

スポンサードサーチ

ヨガマットの選び方とポイントを紹介!

ここではヨガマットの選び方のポイントを紹介します。
どれも重要なポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。

ヨガマットの選び方を以下の5つから解説します。


  • サイズで選ぶ

  • 厚さで選ぶ

  • 重さで選ぶ

  • ニオイで選ぶ

  • 色やデザインで選ぶ

サイズで選ぶ

ヨガマットの幅は約60㎝〜67㎝で差はそれほどありません。幅を選ぶときに気をつけたいのはヨガマットケースに入るかどうかです。
ヨガマットの方が幅広だととケースからはみ出てしまい、見た目も悪く、汚れが付いたり劣化の原因になりかねません。しっかりと中に入るケースを選ぶようにしましょう。

問題は長さです。一般的に「160〜163㎝」「170〜174㎝」「180〜184㎝」の3種類ありますが、この中で自分の身長プラス10㎝に近いものがおすすめのサイズになります。

しかし、ヨガは広ければ広いほどやり易く、絶対に身長プラス10㎝でなければならない理由もありません。
そのため、最近では大きめの180㎝を選ぶ人が多くいます。ただし、サイズが大きいほど価格は上がります。自分の予算と相談しながら選びましょう!

厚さで選ぶ

ヨガマットの厚さは厚い=初心者向け、薄い=上級者向けといわれています。しかし、ヨガの種類によっても使用感の差が出てきますので、目安として考えておくと良いでしょう。

・1㎜
極薄の1㎜は、日常用ではなく旅行などの持ち運び用として利用されています。ヨガ上級者が立位用に使用する場合もありますが、一般用ではありません。

・3〜5㎜
クッション性もあり、価格も手頃で1番使いやすい厚さです。持ち運びにも向いているため、主にスタジオに通ってヨガをしている人におすすめです。

・6〜9㎜
初心者から初級者はこの厚さがおすすめです。クッション性が高いことに加え、グリップ力があるため安定したポーズが取れます。

・10㎜〜
硬さからくる痛みが気になる人や、ピラティスに向いた厚さです。

しかし、立位のポーズでは不安定に感じることもあり注意が必要です。

重さで選ぶ

ヨガマットはサイズや素材によりますが、厚さに対して平均して以下のような重さになっています。


  • 1㎜:数百g

  • 3〜5㎜:1kg〜2.8kg

  • 6〜9㎜:2kg〜4kg

  • 10㎜〜:4kg〜

このように、ヨガマットの重さは幅広くかなり重いものもあります。

ここで重視することは「ヨガをする場所」です。常に自宅でヨガをする場合は、いくら重くても問題ありません。より快適にヨガができるサイズや厚さのヨガマットを選びましょう。

しかし、スタジオに通っている場合は重さで不便を感じやすいです。なぜなら、スタジオへ行くとき、毎回ヨガマットを持参しなければならないため、あまり重すぎると大変です。せめて3kg以内に抑えたいところです。

中にはマットを置いておけるスタジオもありますが、置いて帰ると自宅ヨガができなくなるといった理由から持ち帰る人の方が多いです。

ニオイで選ぶ

ヨガマットの独特な匂いが気になる。嫌悪感を感じる。といった声がありますが、これは素材によるものです。
匂いの原因となる素材は大きくわけて化学素材と天然素材の2種類があります。

・化学素材
独特な匂いと感じるもののほとんどが、化学素材から作られたヨガマットです。この匂いは使用するうちに弱くなっていきます。
それでも気になる場合は、購入後軽く水拭きをして乾かしておく方法があります。

また、香りのするヨガマット用クリーナーもありますので、これを使ってお手入れするとアロマ効果で快適です。

・天然素材
天然素材にはコルク、畳、麻といったものがあり、ヨガマットにも匂いはあります。これらは癒し効果があるため、このニオイを好んでマットを選ぶ人もいます。

ニオイで苦痛を感じていては、ヨガに集中ができなくなってしまいます。自分に合った方法でヨガマットを選びましょう。

色やデザインで選ぶ

ヨガマットには色やデザインが豊富にあり、どれもおしゃれですが、より自分が気に入ったデザインのヨガマットを選ぶようにしましょう。

お気に入りの服で出掛けると気分が良いように、ヨガでもお気に入りのヨガマットを使用すると向上心が上がり、より効果的にヨガを楽しるはずです。

定番はやはりシンプルな無地で、年齢や性別問わず人気です。

無地の場合重視するのは色ですよね。色は心理的効果が大きいため、選ぶときは自分がヨガで求める効果のある色にすることをおすすめします。

色の効果


  • 赤:刺激や興奮を与え、体温や血圧が上がる。

  • 青:落ち着く。体温を下げる。

  • 黄:集中力が上がる。運動神経が活発になる。

  • 緑:リラックス。安心感があり緊張をほぐす。

  • 紫:鎮静効果。疲れを癒す。

  • ピンク:幸福感。若返り効果。

無地のヨガマットでも、リバーシブルになっているタイプもあるため、その日のヨガのメニューや気分によって色を変えてみると楽しいです。

3mmヨガマットの人気おすすめ10選

3mmヨガマットは分厚いヨガマットが体に合わなかった人におすすめです。厚すぎるヨガマットは地面の硬さを感じにくく、バランスを取るポーズでは不向きといわれています。

携行性などの面で優れた商品が多い3mmヨガマットの中でも、特におすすめの10品を見ていきましょう。

HUGGER MUGGER ネイチャーコレクションマット 3mm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 173×61cm
素材 PER

グラデーションデザインの美しさと機能性の高さが魅力

ヨガマットのデザインはエクササイズへのモチベーションという観点において意味を持ちます。デザインが気に入っているヨガマットが手元にあれば、毎日のトレーニングに対するやる気を維持しやすくなるのです。

HUGGER MUGGER ネイチャーコレクションマットはグラデーションカラーの美しいデザインが特徴です。無地のデザインが多いヨガマットの中で、個性をアピールしたいときにも役立ちます。耐久性やクッション性にも優れたヨガマットです。

HUGGER MUGGER サットヴァ ジュートマット 3mm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 173×61cm
素材 黄麻・PER

環境への優しさと使い勝手の良さが魅力の黄麻製ヨガマット

ヨガマットといえば、PVCやTPE、NBRといった素材を用いるのが一般的です。しかしHUGGER MUGGER サットヴァ ジュートマットは黄麻を素材としている点に注目です。黄麻は自然由来で環境に優しく、機能性にも優れています。

通気性や耐久力が高いので、暑い時期にも涼しさを感じながらエクササイズに取り組めるヨガマットです。また、黄麻は保温性にも優れていることから、冬の使用にも向いています。

一般的なヨガマットとは異なる質感のヨガマットを使ってみたい人には、HUGGER MUGGER サットヴァ ジュートマットがおすすめです。

サイズ 173×61cm
素材 PVC

ショルダーベルトで持ち運びが簡単

同じヨガマットの質感で他の厚さも試してみたいとき、Namala ヨガマットは最適なヨガマットといえます。Namala ヨガマットは3mmの厚みだけでなく6mmや10mmといった厚みも展開している点に注目です。

質感は気に入ったけれど、3mmでは薄すぎると感じた場合、同じ質感で厚みのあるヨガマットに切り替えることができます。適度な柔らかさを備えたPVCで構成されたNamala ヨガマットは付属のショルダーベルトを使用すると簡単に持ち運ぶことが可能です。

サイズ 173×61cm
素材 PVC

携帯に最適な軽量ヨガマット

最近では自宅用と携帯用のヨガマットをそれぞれ用意する人も見受けられます。なぜ2つのヨガマットを用意するのかというと自宅用と携帯用では重視すべきポイントが異なるからです。

自宅でのヨガマットは防音性の観点から厚みのあるヨガマットが適していることが多い一方、携帯用は軽くて薄い方が持ち運びやすい傾向にあります。

NatuRani ヨガマットは760gという軽さから、携帯用に適したヨガマットです。丸めることでサイズもコンパクトになるため、自宅以外の場所でヨガを行いたい人はNatuRani ヨガマットを手に取ってみてください。

サイズ 173×60cm
素材 PVC

コスパに優れたシンプルなヨガマット

コストパフォーマンスに優れたヨガマットを所望している人におすすめなのがSINTEX ヨガマットです。ヨガマットは高価なものは1万円を超えてくることもありますが、SINTEX ヨガマットは通販サイトにおいて1,000円前後の価格で購入できます。

質感が気に入らなかったとしても、1,000円前後なら出費としてもあまり財布を痛めずに済むのがポイントです。ヨガマットを使ったことがない人がお試しで購入する際にも手ごろな商品といえます。

サイズ 174×61cm
素材 シンセティックスエード・天然ゴム

個性的なデザインとシンセティックスエードのグリップ力

sugarmat ヨガマットは独特の世界観を漂わせるデザインが支持されています。ヨガマットといえば、無地のシンプルなデザインがイメージとして先行しがちです。しかし、sugarmat ヨガマットは動物や花柄など、全8種類のデザインでヨガマットを彩っています。

シンセティックスエードと呼ばれる素材を使用しているため、汗をかいてもグリップ力が落ちることはなく、むしろ向上する点が特徴です。天然ゴムの弾力が体重を支える部位の負担を軽減します。

サイズ 152×61cm
素材 PVC

転倒予防の滑り止めで安全性を確保したキッズ用ヨガマット

ヨガマットは大人だけでなく子どもが利用することもあるトレーニンググッズです。GAIAM キッズヨガマットは子どもが使うことを念頭に置いた仕様になっています。

成人用に比べるとやや小さめとなっている点や子どもにも好まれるデザインが特徴です。3mmの厚みは床の硬さを適度に感じられるため、バランスを保ちやすい傾向にあります。表面の加工はわずかに粘着性を備えているので、子どもが動き回っても転びにくいヨガマットです。

サイズ 172×60cm
素材 PVC

初心者にもおすすめ!お手入れが簡単なヨガマット

GAIAM ヨガマットは他人と異なるデザインのヨガマットで差を付けたい人にピッタリな商品です。花をあしらったデザインは無地のタイプが多いヨガマットにおいて個性をアピールすることができます。

初心者にも使いやすい適度な厚さと体への圧力を分散させるクッション性が特徴です。また、メンテナンスが簡単な点も評価されています。汗がこぼれるほどハードなトレーニングの後は、湿らせたタオルで軽く拭くだけで品質を維持可能です。

サイズ 180×61cm
素材 PVC

大きいサイズなのに軽くて持ち運びやすい

身長が平均よりも高い人は一般的なサイズのヨガマットでは窮屈さを感じることがあります。MrMax ヨガマットは縦幅が180cmとなっているため、身長が高めの人も快適にエクササイズに臨める点が魅力です。

ヨガマットは厚みとサイズが増すほど、重量も大きくなる傾向にあります。しかし、MrMax ヨガマットは縦幅が180cmでありながら、重さはわずか850gです。大きめのヨガマットを持ち運びたいとき、MrMax ヨガマットは重宝します。

HUGGER MUGGER アースエレメントマット 3mm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 183×61cm
素材 TPE

耐久性とグリップ力が魅力のTPE製ヨガマット

天然ゴムなどのゴム製ヨガマットはゴムアレルギーの人が使用すると体調に悪影響を与える恐れがあります。HUGGER MUGGER アースエレメントマットはゴムに対してアレルギーを持っている人でも安心して使用できるヨガマットです。

素材として採用しているTPEはグリップ力に優れています。汗をかいても滑りにくく、長時間のエクササイズでも安定感が継続する仕様です。耐久性にも優れているため、何年にもわたって使用することができます。

スポンサードサーチ

厚さ別にヨガマットを紹介!

まとめ

3mmヨガマットは平均よりも薄めのヨガマットです。そのため、ヨガスタジオやジムに持ち運んで使用するのに向いています。

素材によっては耐久力やグリップ性に優れているものも存在することを頭に入れながら、自分に合った商品を選びましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定