あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fitness

ウォーキング時におすすめのダンベル人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2018/11/20

更新日 :2020/07/27

普段のウォーキングだけでは物足りなくなっていませんか?
ウォーキングをある程度継続するといつも通りのウォーキングでは負荷を感じれなくなってしまったり、効果が現れにくくなっているかもしれません。
今回はそんなあなたにウォーキングで使えるダンベルを紹介します!
ダンベルを持つことで筋肉や体により強い負荷をかけることができるため、停滞期を受け出せると思いますよ!

目次

スポンサードサーチ

ウォーキングでダンベルを使って得られる効果を紹介

ウォーキングは大きな筋肉の集まっている下半身を使う有酸素運動なので、それだけでもダイエット効果は大きいですが、実は上半身の筋肉にはあまり負荷はかかっていません。
そこで上半身も一緒に鍛えてしまおう、というのがダンベルウォーキングです。
ダンベルを使うことで得られる体への嬉しい効果を3つ紹介し、それぞれ解説していきましょう。

消費カロリーが増える

先ほど述べた通り、ダンベルウォーキングでは、ダンベルを手に持つことで下半身の筋肉に加えて上半身の筋肉にもアプローチできます。
つまり、ダンベルを持っている分だけ消費カロリーが増えるのです。
負荷をかけながら腕を振って歩くので、上半身の筋肉の中でも大きい肩甲骨まわりの筋肉を動かすことが出来、ダイエット効果が高まります。
また、ダンベルを持つことで上半身と下半身をつなぐインナーマッスルも鍛えられるので、続けることで基礎代謝も上がっていくでしょう。

二の腕が引き締まる

ダンベルウォーキングで動くのは肩甲骨まわりやインナーマッスルだけではありません。
たるみが気になる二の腕にもしっかりアプローチしてくれるので二の腕が引き締まります。
二の腕を引き締めるコツとしては、歩くときに腕をしっかり後ろに振って、二の腕の後ろ側にある上腕三頭筋をしっかりと動かすことが大切です。
もちろん、二の腕だけでなく背中の筋肉や大胸筋も動いているので、ダンベルウォーキングをすると上半身がスッキリと引き締まってくるでしょう。

やり方次第でバストアップ効果も!

バストアップしたいと思っている人にもダンベルウォーキングはおすすめです。
しかし、ただ持って歩くだけでは残念ながらバストアップ効果はありません。
イメージは、ウォーキングをしながら筋力トレーニングをする感じです。
具体的には、ウォーキングの時に腕を前後に振るのではなく、お腹に力を入れながら腕を胸の前に出し、呼吸しながら交互に上下させるとバストアップ効果があるでしょう。
お腹周りにも効くので体にメリハリがつくことも期待できます。

ウォーキンング用ダンベルの選び方とポイントを紹介!

重さで選ぶ!

まずは重さで選びましょう。あまりに軽すぎても効果が小さく、実感することができませんが、重すぎると、歩行自体に支障をきたしますし、フォームが崩れてしまうために、腰や膝を痛めてしまう可能性があります。フォームを崩さずに使える程度の重さがベストです。男性でも1kg程度、女性なら500g程度で十分でしょう。

種類で選ぶ!

ダンベルにも種類があります。
手で持つタイプのものと巻きつけるタイプのものです。
手で持つタイプのものは持たなければいけませんがフォームを維持しやすいでしょう。
巻きつけるタイプのものは手首や足首に巻き付けることで、手を自由にすることができますが、安定性にかけるためフォームが崩れやすいです。
また、持つタイプならソフトタイプのものを選ぶと良いでしょう。長く持っても疲れにくく継続しやすいと思います。
自分にあった種類で続けられるのがベストですね。

値段で選ぶ!

値段も気にしてみると良いかもしれません。わざわざダンベルに数千円かけることは、だめではありませんがおすすめしません。それならば安いもので数種類の重さを買うことでステップアップしていくほうが効果的なウォーキングを継続できるでしょう。

スポンサードサーチ

ウォーキング用ダンベルの人気おすすめメーカーを紹介!

InField(インフィールド)

インフィールドはエクササイズ用品を取り扱っており巻くタイプのものや、持つタイプのものも取り扱っています。巻くタイプのものは鉄球の大きさを均一にしているためフィット感が抜群です。重さも様々あるため初心者からウォーキング以外のエクササイズ上級者まで幅広い方に使えるものが揃っています。

LITEC(ライテック)

ライテックもフィットネス用品を取り揃えています。ウォーキングに使えるダンベルという観点から見ると、巻くタイプのものはなく、持つタイプのもののみの取り扱いです。
ダンベルは輪っか状になっていて握りやすいように指形になっているため長く使っていても握ることの疲れを軽減してくれます。
値段も手頃で、初心者の方にオススメとなっています。

ウォーキングダンベルの人気おすすめ10選!

ダンベルにも色々タイプがありますが、ウォーキングとなると普通のダンベルトレーニングよりも使い勝手が大切です。
極端に言えば、水の入ったペットボトルを両手に持って歩けばそれだけで負荷をかけることはできますが、持ちやすさはイマイチでしょう。
ここからは、ダンベルウォーキングのときに人気のおすすめダンベルを10個紹介していくので、目的に合わせて使い分けてみて下さい。

SINTEX(シンテックス) ダンベル ウォーキングダンベル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

握力も一緒に鍛えられる

握力も一緒に鍛えたいと思っている人には、握って歩くタイプのダンベルがおすすめでしょう。
シンテックスのウォーキングダンベルは持ち手が波型になっているので握りやすく、ネオプレーンコーティングで握り心地もソフトです。
また、このコーティングのおかげで汚れにも強く、汚れてもすぐに洗えるというメリットがあります。
このタイプはずっと握っていないといけないので両手は塞がってしまいますが、リング状になっているので滑り落ちる心配はありません。

Reehut アンクルウェイト リスト 筋力トレーニング リストバンド

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

両手を塞ぎたくない人におすすめ

ウォーキング中に両手を塞ぎたくない人に人気なのが、伸縮性と耐久性に優れているReehutのアンクルウェイトです。
アンクルウェイトという名前からわかるように足首につける人もいますが、もちろん手首にも使えます。
ただ、女性など手首周りが細い人はギュッと締めても、ウォーキングの最中にダンベルがズレてしまうこともあるかもしれません。
カラーによって重さが違うので、好きな色を選べばよいというわけではない点には注意が必要です。

Sportneer 筋トレウェイト アンクルウェイト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

負荷を変えられるのがポイント

ダンベルの重さを変えたい人にはSportneerの 筋トレウェイトがおすすめでしょう。
こちらもアンクルウェイトですが手首にも使用可能です。
おもりの個数を重さを変えられるので負荷を徐々に上げていくことはもちろん、家族などと一緒に使用できるのでコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。
おもりは1つあたり300gで、負荷の範囲は片方0.4㎏~1.6㎏まで5段階で調節可能です。
マジックテープベルトなので着脱も簡単です。

エレコム エクリアスポーツ スリムダンベル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

薄いので女性におすすめ

特に女性には「あまりゴツいダンベルを持って歩くのは恥ずかしい」と思っている人もいるかもしれません。
エレコムのスリムダンベルは、名前の通りダンベル自体の厚みが23㎜と薄くスリムで、手の小さな女性でも握りやすいクビレのある棒状の可愛らしいデザインが特徴的です。
0.5㎏~2.0㎏まで4種類あり、薄いので重ねて持つことも可能ですが、ウォーキングの時に重ね持ちをするのは細々とした荷物が増えるという点であまりおすすめできません。
最も軽い0.5㎏サイズは700円を切る安さなので、コストパフォーマンスは抜群です。

秦運動具工業(HATAS) ボトルベル BTB-040

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

一石二鳥ダンベル

秦運動具工業のボトルベル BTB-040は、ペットボトルをそのままダンベルの形にした商品です。
水筒がわりにもなるので、余分な荷物が一つ減って一石二鳥なダンベルとも言えるでしょう。
水を満タンに入れて400gなので、両手を合わせると800g、つまり800mlまでの水分を同時に持ち歩くことができます。
当然ですが、水分補給をするごとに負荷が減ってしまうのには注意しましょう。
左右対称に飲むのも難しいかもしれません。
もちろん、砂などを入れれば負荷を大きくできますが、厳密に重さを調節するには毎回重さを図る必要もあるでしょう。

リーボック(Reebok) エクササイズ ダンベル ソフトグリップハンドウエイト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ソフトな握り心地で握り疲れない

グリップの心地よさで選ぶならリーボックのソフトグリップハンドウェイトがおすすめです。
鉄製のダンベルにスポンジ状のソフトな素材をコーティングしているので握りやすく、手もつかれません。
手の甲にマジックテープで固定できるのも嬉しいポイントで、ずっと握っていなくてもある程度は固定されます。
欠点としては片方1㎏・2㎏の二種類しかないので、軽い負荷でやりたい人には向かないでしょう。
また、機能的な分値段が高くついてしまうので、初心者には手が出しにくいかもしれません。

アディダス(Adidas) トレーニング ウエイト グローブ ADWT-10702

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

ダンベル感なしなグローブタイプ

アディダスからはグローブタイプのダンベルが発売されています。
手の甲部分におもりが入ったグローブをはめて歩くだけなのでダンベルだとわかりにくく、見た目を気にする人にはおすすめです。
指にはめて手首のマジックテープで固定するので、リストバンドタイプに比べると固定力も強くズレにくいメリットがあります。
また、両手のひらが塞がらないので水分補給やスマホの操作にも支障をきたしません。
欠点は汗に弱いことで、洗濯も出来ないことはありませんが手入れが面倒でしょう。

リーボック(Reebok) エクササイズ ダンベル リスト ウエイト

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

固定力も考慮したリストタイプのダンベル

リストダンベルはウォーキング中に動いてしまうのが気になる人も多いでしょう。
リーボックのリストダンベルは、親指を通す穴を作ることで固定力をアップさせています。
手首のおもり部分もマジックテープでの着脱なので簡単です。
ただ、使用時間が長くなると親指の付け根に負担がかかって靴擦れのような感じになることもあるので注意が必要でしょう。
フィット感があり、グレー×パステルブルーで見た目にも可愛いので、女性が持ち歩いてもごつく見えないところもポイントです。

タニタ(TANITA) タニタサイズ リングダンベル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る

握りやすくて可愛いケースもついてくる

タニタのリングダンベルの特徴は、女性受けの良いコロンとした丸い形が可愛く、ダンベルっぽさがないところです。
サイズも幅70×奥行34×高さ87mmと手のひらサイズで、ダンベルに空いているリングに親指を通すと、力を入れずぎず抜きすぎずのいい塩梅で握ることができるでしょう。
0.5㎏・0.7㎏・1.0㎏の3種類があり、2個セットになっており、収納や持ち運びに便利な手提げポーチもついてくるのも嬉しいポイントです。

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) リスト & アンクル ウェイト 2個組

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る

安さで選ぶリストウェイト

できるだけ安いリストウェイトを探している人には鉄人倶楽部のリスト&アンクルウェイトを試してみるとよいでしょう。
マジックテープの素材は薄くてやや硬くお値段なりと言った感じですが、本体は伸縮性のあるネオプレーン素材なのでフィット感はしっかりしています。
また、マジックテープの全長が20㎝程と少し短めなのも欠点です。
手首周りが太めな人や、足首に巻きたいと考えている人は長さをきちんとチェックするのがおすすめでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定