あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
fitness

ウォーキングにおすすめステッキ人気10選!使い方も解説

スポシル編集部

公開日 :2018/11/20

更新日 :2020/09/28

ウォーキングをしたいけれど、足腰負担をかけたくない人や、通常のウォーキングよりも効果を上げたい人もいるでしょう。
そんな人におすすめなのがステッキを使ったウォーキングです。

この記事では、ポールウォーキングとノルディックウォーキングの違いや効果を解説しながら、それぞれに適したウォーキングステッキの形状やおすすめメーカーを紹介していきます。

実際に人気のウォーキングステッキ10選も紹介するので、この記事を読んで自分に合ったベストなステッキを見つけてみて下さい。

目次

スポンサードサーチ

ウォーキングステッキとは

ウォーキングの時に両手に持つステッキをウォーキングステッキと言います。
登山の時に使うトレッキングステッキは足場の悪い場所を進む時などに体重をかけて使うことが多いですが、ウォーキングステッキは「上半身の運動量を増やす」ということをメインに作られています。

もちろんウォーキングステッキも、歩き方によっては足腰の負担を減らすという目的もあります。
詳しい違いは後で解説しますが、ウォーキングステッキは目的に合わせて異なった形状をしており、それぞれに使い方が違うことも大きな特徴と言えるでしょう。

ポールウォーキングとノルディックウォーキングの違い

ステッキを使ったウォーキングには、「ポールウォーキング」と「ノルディックウォーキング」の2種類があります。

それぞれステッキの使い方と歩き方、期待できる効果が全く違うので、ここではその違いについて解説していきましょう。


  • 歩き方

  • 効果

歩き方

【ポールウォーキング】
両手にステッキを持って歩く歩き方でまず想像しやすいのが、足を踏み出す時にステッキを足の前方につくやり方です。
この歩き方をポールウォーキングと言います。
ポールウォーキングは上半身は直立しており、普通の歩き方とあまり変わりません。

【ノルディックウォーク】
これに対し、ノルディックウォークは、スキーのクロスカントリーの夏場の練習として取り入れられたものが原型です。
クロスカントリーを想像するとわかるように、ステッキを足より後ろについて押し出す力を前へ進む力に変える歩き方がノルディックウォークになります。
そのため、ノルディックウォーキングの際には体が少し前傾するような歩き方になるでしょう。

効果

歩き方の違いからもわかるように、ポールウォークとノルディックウォークでは効果も全く違います。

【ポールウォーキング】
ポールウォーキングは元々はお医者さん発案の膝や腰に負担をかけずにウォーキングする方法です。
そのため、ダイエットや脂肪燃焼と言うよりは、健康維持のためにするものと言った意味合いが強いでしょう。
しんどくないので誰でも気軽に始められます。

【ノルディックウォーク】
一方、ノルディックウォーキングは上半身を使ってポールで地面を後ろに押しながら進むので、想像以上に早歩きになるのが特徴です。
有酸素運動の効果に加えて、上半身を大きく使うので消費カロリーも増えるので、ダイエットやトレーニングとしての効果が大きくなります。

スポンサードサーチ

ウォーキングステッキの選び方

ここでは、ポールウォーキングをするかノルディックウォーキングをするか決めたうえで、ウォーキングステッキを選ぶ際のポイントを解説していきます。
自分の体に合っているか、歩く場所に適しているか考えながら参考にしてみて下さい。


  • 長さで選ぶ!

  • 機能性で選ぶ!

  • デザインで選ぶ!

長さで選ぶ!

ウォーキング用のステッキの選び方に自分の体形や身長にステッキの長さが適しているかを確認する必要があります。ステッキが適した長さではないと、十分に体重を分散させることができず、ステッキを使ってもウォーキングしにくくなります。

そのため、購入する際に自分の身長に合った長さに調整してもらう事をおすすめします。購入する前に実際に使用することで自分に合った長さを把握することができます。
また、ステッキの長さを調整できるタイプもあるため、購入の際に検討してみてはいかがでしょうか。

機能性で選ぶ!

ウォーキング用のステッキには、さまざまな機能が付いているため、用途に合った機能を選ぶことをおすすめします。ステッキを使用してウォーキングすることで膝や腰の負担を軽減することができますが、手が痛くなってしまう場合もあります。

そのような場合にはソフトグリップのステッキがおすすめです。握る部分にソフトな素材が取り付けられているため、長時間使用しても手が痛くなることを予防できます。

また、握り手の部分を清潔な状態を維持したい人には、抗菌素材が使われているステッキがおすすめです。

デザインで選ぶ!

ウォーキングステッキに実用性だけを追求してしまう場合もありますが、ステッキもおしゃれアイテムの一つでもあります。そのため、ウォーキング用ステッキをデザインで選ぶこともできます。

最近では柄物のステッキも多く販売しているため、好みのデザインを見つけることができます。また、ステッキというと一本足を想像してしまいますが、地面と接触する部分が4本足のデザインもあります。

特殊なデザインですが、より安定してステッキを使用することができるメリットがあります。主に、腕や足の力が弱っている高齢者の方におすすめのデザインです。

ウォーキングステッキの人気おすすめメーカー

ウォーキングステッキを発売しているメーカーは、各社ポールの素材やグリップ、底のゴムなどに様々な工夫を凝らしています。
それぞれの特徴を紹介していきながら、おすすめの人気メーカーについて解説していきましょう。


  • DABADA

  • IREGRO

  • BEATON JAPAN

DABADA

DABADAが販売しているウォーキング用のステッキの特徴は、さまざまな地面の状態でも使用することができることです。ステッキの先端を交換することで、舗装された道やぬかるんだ道、雪道でも快適にウォーキングすることができます。

そのため、DABADAが販売しているステッキを持っていればさまざまな場所で使用することができます。先端の交換も簡単で、突き刺してから回すだけで取り付けることができます。さまざまな場所でウォーキングしたい人におすすめです。

IREGRO

IREGROが販売しているウォーキングステッキには、カーボンの素材で作られている場合はあります。カーボンの素材は軽い、強度もあるため、軽量かつ頑丈なステッキに仕上がっています。

ステッキ自体の重さがあると、腕の力が必要となりますが軽量化されているため、腕の負担を軽減することができます。

軽量化を重視してしまうと耐久性が衰えてしまう場合もありますが、カーボン製なため使用中に折れたりすることがなく、安心して使用することができます。また、3段に縮めることができるタイプもあり、コンパクトに持ち運ぶことができます。

BEATON JAPAN

BEATON JAPANが販売しているウォーキング用ステッキで人気があるのが二本杖です。ステッキというと片手だけで使用するイメージがありますが、二本杖の場合は両手にそれぞれステッキを持ってウォーキングを行います。

一本のステッキより腕や体の負担を軽減することができ、バランスを取りやすいメリットがあります。また、握力を極力使用しないように、握る部分にストラップが取り付けられています。

ストラップを手首に付けることで、ウォーキングしている最中に手から離れてしまう事を予防することができます。

スポンサードサーチ

ウォーキングステッキの使い方(ポールウォーキング)

ポールウォーキングで足腰や手首に負担をかけずに歩くためには、正確なフォームを身に着けることが大切です。

①基本は肘は直角に曲げます。
②腕が後ろにいく時は肘を突き出し、前に出すときは上に振り上げず肘の高さで前に出すイメージです。
③ステッキは地面と垂直を意識して、肘を後ろに引いたときも腰の横あたりに来るようにしましょう。
④ストラップでしっかり固定してグリップは軽く握るのもポイントです。
⑤目線は遠くして歩幅はやや広めにし、ステッキは反対の足のかかとの位置につきましょう。

ウォーキングステッキの人気おすすめ10選

後半は、ここまで紹介したメーカーの商品も織り交ぜながら、人気のおすすめウォーキングステッキを10個紹介していきます。

ポールウォーキング用とノルディックウォーキング用をバランスよく紹介していくので、どちらもしたい人も自分に合うステッキ選びの参考にしてみて下さい。

DABADA(ダバダ) 軽量アルミ製 トレッキングポール

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 56.5cm(収納時)-120cm
素材 アルミニウム合金
重量 約230g

付け替え可能でコスパ良し

ゴム底を何パターンも使い分けられる汎用性の高さと低価格さ、折りたたんだ時のコンパクトさで人気のウォーキングステッキです。

グリップ部分はコルクになっているので長時間握っていても汗ばみにくく、疲れにくいでしょう。
先端には手首を守るサスペンション付きで負担も少なく、初心者には特におすすめです。

ただ、安い分ポールに傷がつきやすかったり、底のゴムがすぐに摩耗したりと劣化も速いので、長く使えるものではないと思っておいた方が良いでしょう。

IREGRO トレッキングポール

楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 65cm(収納時)-135cm
素材 高級カーボン
重量 約190g

軽くて丈夫なカーボン製ポール

ポールの素材がカーボンで190gと超軽量ながら丈夫なステッキです。
先端のゴムの付け替えが可能で、ポールウォーキングとしてだけではなくトレッキングポールとしても人気です。

ゴム底がスニーカーの裏のように凹凸があるのでしっかりとグリップが効き、足腰への負担を減らしながらも、体重のかけすぎによる事故も防げるでしょう。

長さ調節はクイックロックになっているので歩きながらの微調整がしやすく、最長135㎝まで伸ばせるので身長が190㎝以上ある長身の人でも問題なく使えます。
収納時は63㎝とやや長めなのが欠点です。

[HAWK GEAR (ホークギア)] ノルディックポール

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 55cm(収納時)-125cm
素材 EVAアルミ
重量 200g

軽くてコンパクト!手首への負担も少ない

ゴム底が取り換え可能なのでポールウォーキングにもノルディックウォーキングにも対応できます。
軽量で丈夫なEVAアルミ製ですが、平地用に作られているので、力をかけすぎると曲がりやすく、トレッキングポールとしての使用は出来ません。

たたむと55㎝とコンパクトで収納が楽でしょう。
アンチショック機能つきであるうえに、グリップが低反発ウレタンなので手や手首への負担も少なくて済みます。
組み立て式でパーツが多めなので、使える形になるまで少し苦労するかもしれません。

La-VIE(ラヴィ) ウォーキング ノルディックポール

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 79-140cm
重量 約260g

初心者が始めやすい価格と機能

ノルディックウォーキング用のステッキです。
260gと少し重いので、力のない人には少し負担かもしれませんが、価格が手ごろでノルディックウォーク初心者や入門者が試しに買ってみるにはちょうど良いでしょう。

サスペンションやぬかるみに対応できるバスケットもついているなど、値段のわりに申し分ないスペックを備えています。
ストラップが太くしっかりと装着できるのでステッキが手から離れても落としてしまう心配もありません。
長さが最短でも79㎝なので、置き場所を確保しておく必要があるでしょう。

MIZUNO(ミズノ) 折りたたみ式 ウォーキングポール ノルディックウォーキング

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 93-112cm(収納時39.3㎝)
素材 アルミ合金
重量 約255g

安心の品質と持ち運びに便利なコンパクトさ

スポーツメーカー大手のミズノが発売しているウォーキングステッキで、ディフェンシブタイプとしてSG認定を受けている安心の品質です。

ノルディックウォーキング用のステッキですが、ゴム底は円形になっているのでどの角度になっても使え、ポールウォーキングにも使えます。
長さ調節はロックを解除するだけでワンタッチでできて便利です。

ストラップが短く手の甲に密着するのでステッキとの一体感を感じられるでしょう。
収納時39㎝と持ち運び安いですが、重さが1本あたり約255gなのでやや負担になるかもしれません。

nite(ナイト) ノルディックウォーキングポール インターナショナル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 95~120cm、収納時:約84cm
素材 カーボン
重量 180g

本格的なノルディックウォーカーのためのフルカーボンステッキ

ノルディックウォーキングに慣れてきて、本格的なステッキが欲しくなった人におすすめなフルカーボンのノルディックウォーク専用ステッキです。

フルカーボンだけあって1本あたり180gと超軽量で負担は少なくて済み、剛性も抜群です。
手首のストラップもグリップと手が密着するように作られており、手の動きとステッキの動きがバッチリ連動してくれるでしょう。
値段が1万円を超えてしまうことと、収納時84㎝と長めなのが欠点です。

長さ 86-120cm
素材 アルミ
重量 約235g

しっかりお手入れすれば10年は使える品質が売り

長い間ノルディックウォーキングを趣味として楽しみたい人におすすめな高品質ステッキです。
ストラップにしっかりと手を固定できるので、グリップを軽く握るだけで簡単にステッキに力が入ります。
振動も少なく快適に前に進めるでしょう。

商品を買うときにステッキの手入れ方法を書いた説明書がついてくるのも嬉しいポイントです。
長さ調節はワンタッチロックでしっかりと閉まりますが、目盛りが5㎝単位でしかついていないので左右の微調整が難しいかもしれません。

MIZUNO(ミズノ) アルミ製 ウォーキングポール ノルディックウォーキング ショートタイプ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 85-105㎝
素材 アルミ合金
重量 235g

連盟認定品の安心感

全日本ノルディックウォーク連盟の認定を受けている品質の高いウォーキングステッキです。
ステッキの長さはダイヤルで微調整でき、ロックの解除もワンタッチなので、自分に心地よい長さに調節しやすいでしょう。

実寸目盛りの他に、目安として身長目盛りもついているので慣れていない人でも扱いやすくなっています。
底は丸いディフェンシブタイプのゴムになっています。
ストラップが短いのでグリップと密着しやすくステッキの扱いも楽です。

BEATON JAPAN トレッキングポール ウォーキングポール T型

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 51-110㎝
素材 アルミ
重量 350g

T字型で安定感抜群

手首にも優しく体重をかけやすいT字型のウォーキングステッキです。
I字型のステッキのように柄を直接握るためのグリップもついているので状況に応じて使い分けが可能でしょう。

長時間のステッキ使用が多くなる人におすすめです。
バスケット付きなのでぬかるんだ道でも問題なく使えます。
3段階調節で最短51㎝になるので収納にも場所を取りません。
ゴム底が摩耗しやすいので、代わりのゴムを予備で買っておくことをおすすめします。

シナノ(SINANO) レビータ 2S A/S ウォーキング ポール

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
長さ 85-120cm(収納時60㎝)
素材 アルミ合金
重量 250g

手首に優しい機能が散りばめられたステッキ

手首の負担を減らしたい人におすすめなウォーキングステッキです。
アンチショック機能が2段階についているのでしっかり衝撃吸収して優しい反発で手首を守ります。
グリップを握った時の角度にも工夫がされており、手首が自然な角度になるように設計してあるのが特徴です。

グリップとストラップの間に手を通しやすく、通気性も確保できます。
グリップが細めに作ってあるので手が小さい人でもしっかりと握れますが、手が大きい人は握り心地が悪いと感じてしまうこともあるので注意が必要です。

スポンサードサーチ

ウォーキング用品の売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

ポールウォーキングとノルディックウォーキングの違いを解説し、ステッキの選び方を解説しました。
ウォーキングステッキはウォーキング中の体だけでなく健康も支えてくれます。

この記事で紹介したメーカーやおすすめ商品も参考にしながら、ステッキを使ったウォーキングを始めてみましょう!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定