あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
volleyball

バレーボールシューズの選び方とおすすめ12選!タイプ別に紹介!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/07

更新日 :2020/03/19

自分に合ったバレーボールシューズを選ぶことで、試合や練習でのベストパフォーマンスにつながります。

そのためしっかりと考えて選ぶことが重要です。

この記事ではバレーボールシューズの選び方やタイプ別の特徴、タイプごとのおすすめシューズをご紹介しています。

シューズを選ぶ際の参考になるためぜひご活用ください。

目次

スポンサードサーチ

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズを選ぶときにはいくつか気を付けるべきことがあります。

見た目のかっこよさやオシャレさだけで選んでしまうと自分に合わずに後悔してしまう事もあるでしょう。

バレーボールシューズの選び方のポイントを3つ紹介します。


  • ローカットかハイカットか
  • ポジションやプレースタイルで選ぶ
  • メーカーで選ぶ

ローカットかハイカットか

バレーボールは横移動・前後移動に加えて、ジャンプの動作が伴う激しいスポーツなので足へかかる負担は大きく、特に足首の捻挫をしてしまう人が多いのです。

捻挫ぐせがあったり、足首を守ってケガを予防したい人にはハイカットシューズがおすすめでしょう。

ハイカットシューズを履くと足首は安定しますが、横に動きにくく重いと感じる人もいます。

逆に足首を自由に動かしたいと思う人はローカットシューズの方が良いでしょう。

足首がある程度自由に動かせて程よく守るミドルカットというのもあります。

ポジションやプレースタイルで選ぶ

ポジションやプレーの内容によってもバレーボールシューズの種類は異なります。

ウィングスパイカーは大きく助走を取って全身でジャンプする必要があります。

そのため着地の時の衝撃は大きく膝を痛めやすいので、クッション性のあるシューズを選ぶようにします。

また、ウィングスパイカーはレシーブする必要もあるので足首もある程度動かしやすい方が良いでしょう。

ミドルブロッカーはアタックの時に大きな助走はいらない代わりにブロックのために横に移動してブロックの動作は最も捻挫しやすいポジションです。

そのため足首をしっかり守るシューズがおすすめで、ウィングスパイカー同様ジャンプをするのでクッション性のあるシューズを選びます。

リベロやセッターなど機動性が必要なポジションでは足首が動かしやすく、グリップ力がしっかりしている軽いシューズがおすすめです。

メーカーで選ぶ

日本で人気のバレーボールシューズのメーカーはミズノとアシックスです。

デサントや、アディダスナイキもバレーボールシューズを展開していますが、種類の多さはミズノとアシックスが圧倒的に多いでしょう。

ミズノとアシックスは全日本チームにシューズを提供しているので品質は間違いありません。

アシックスはシューズカラーのカスタマイズができるのでオリジナルシューズを作ることもできます。

ミズノはポジション別におすすめのシューズを知ることができるので選びやすく便利です。

デザインで個性を出したいという人はナイキのバレーボールシューズを通販で取り寄せることも可能ですが、日本人の足のタイプを考えると合わない人も多いでしょう。

ミズノの方が幅広なシューズが多いですが、こればかりは履いてみないとわかりません。

バレーボールシューズ人気おすすめ10選

[ミズノ] バレーボールシューズ サンダーブレード 2
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 人工皮革・合成繊維
ソール素材または裏地 合成底

部活で使う初めての1足に

サンダーブレード2は初級者向けに作られているモデルです。

この靴はしっかりと地面を捉えられるように靴底がフラットになっているので初心者でも感覚が掴みやすいでしょう。

また、左右に動くときに最も力のかかる前足部の外側が張り出していて、グリップが効きやすくなっています。

靴幅も標準より広めの2.5Eになっており、適度な余裕があって履き心地が良く疲れにくいでしょう。

エントリーモデルながらデザインがかっこいいのもおすすめポイントです。

[アシックス] バレーボールシューズ GEL-ROCKET 9
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 人工皮革+合成繊維
ソール素材または裏地 合成樹脂(インナーソール)、ゴム底

初心者が動きやすい靴

全ての機能をまんべんなくカバーした初級者用モデルがGEL-ROCKET 9です。

アッパーにはメッシュ面積が広いので蒸れにくく長時間の練習でも快適でしょう。

横方向へのグリップ力を高めるために靴底のサイドは反りあがっているので切り返しもしやすいでしょう。

アシックスオリジナルの衝撃吸収素材GEL内臓でクッション性も十分あり、見た目はシンプルですがエントリーモデルとしては申し分ない機能を備えています。

価格が抑えめなのも初級者には有難いポイントです。

[デサント] バレーボールシューズ STELLA DIVA LO 3 メンズ
原産国/地域 中国
メイン素材 合成繊維,合成皮革
ソール素材または裏地 ゴム底

ジュニアから使えるエントリーモデル

初級者の中でもママさんプレーヤーやジュニアなど、筋力がない人にはデサントから出ている軽量モデルSTELLA DIVA LO 3をおすすめします。

ローカットなので動きやすく、靴が重いと感じることはないでしょう。

19.0㎝から26㎝まで展開しているのでジュニアは成長に合わせて同じモデルを使うことも可能です。

シンプルなデザインですがピンクと黒の組み合わせなど、女性がうれしいカラーも取り入れています。

メッシュ部分の面積が広いので軽くて通気性が良い一方で耐久性はイマイチと感じる人もいるかもしれません。

[アシックス] バレーボールシューズ V-SWIFT FF MT 2
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 合成繊維×合成樹脂+人工皮革
ソール素材または裏地 合成樹脂(インナーソール)、ゴム底

スピードバレーのためのグリップと耐久性

近年のスピードバレー化に対応したのがV-SWIFT FFシリーズです。

スピードに対応するためにアシックス本来のグリップの良さを最大限生かすようなソールの作りになっています。

また、着圧技術が向上したおかげで縫い目を少なくして軽量化でき、それでいて耐久性も持たせることに成功したシューズです。

アッパーのメッシュだけでなくソール中側部・前足部にも通気孔を作ってあるので長時間蒸れずに快適でしょう。

V-SWIFT FF MT 2は軽量を実現したミドルカットモデルで、足首を守りながら軽やかなスピードバレーを展開したいアタッカーにピッタリです。

[アシックス] バレーボールシューズ SKY ELITE FF MT ミッドカット メンズ
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 合成繊維×合成樹脂+人工皮革
ソール素材または裏地 合成樹脂オーソライト(インナーソール)、ゴム底

上級者が100%を出すためのシューズ

安定感があるけれど軽くて動きやすく、トップアスリートの激しい動きにも満足に対応できるシューズがSKY ELITE FF MTです。

アシックス独自の軽量クッション素材がミッドソールの広い範囲に使われており、着地の衝撃のみならずジャンプ時の踏み込みもしっかりと出来るでしょう。

また、かかと部分に大きなプロテクターがあり、安定した着地を可能にしています。

アッパーにも補強が施され、通気性を確保しながら横ブレも防ぎ、スムーズな動き出しをサポートしてくれるでしょう。

[アシックス] バレーボールシューズ COURT SELFIT レディース
原産国/地域 インドネシア
メイン素材 人工皮革製+合成繊維製
ソール素材または裏地 ゴム底

女性に嬉しいクッション性とフィット感

バレーは筋力がなければ足腰の関節に大きな負担がかかってしまうスポーツで、特に女性は膝を痛めやすいでしょう。

中級レベルの女性や、ママさんプレーヤーにおすすめしたいのがクッション性とフィット感を追及して作られたCOURT SELFITです。

踏みつけ部分とかかと部分に2種類のクッションシステムを採用していて足腰に優しく、中足部分のねじれ防止プレートで安定感もあります。

紐を締めた後にマジックテープのベルトを締めることでフィット感と安定感が増し、靴との一体感を感じられるでしょう。

[ミズノ] メンズ Wave Tornado X2 Mid Volleyball Shoes [並行輸入品]
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 合成繊維・人工皮革
ソール素材または裏地 合成底

打数の多いスパイカーに軽さを与えるシューズ

年齢や性別に関わらず、中~上級者の打数が多いアタッカーにおすすめなのがWave Tornado X2 MIDです。

デザインは少しゴツいと感じるかもしれませんが、軽くてクッション性が抜群なのでジャンプの時に本当に飛んでいるかのように感じられます。

ソールはパターンをいくつも組み合わせ、横移動・ジャンプ・切り返しなどそれぞれの動きに最適になるように配置してあります。

グリップ力があるのでジャンプの踏み込みにも安定感があるでしょう。

[ミズノ] バレーボールシューズ ウエーブモーメンタム MID(現行モデル)
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 合成繊維・人工皮革
ソール素材または裏地 マイルドクッションインソール、合成底

ジャンプをモーションごとに支える構造

ジャンプ時のクッション性と着地の安定性を両立させたのがウエーブモーメンタムMIDです。

このシューズのすごいところは助走の力をジャンプに変えるのをスムーズにアシストしてくれるところでしょう。

ソールのかかとの部分の丸みとミッドソールに採用された2種類の素材が助走の力を逃がすことなくジャンプに伝えてくれます。

また、履き口がブーティ構造になっており、履きやすくホールド感があるでしょう。

見た目のかっこよさも華のあるアタッカーにはうれしいポイントです。

[アシックス] バレーボールシューズ NETBURNER BALLISTIC FF MT ミッドカット メンズ
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 合成繊維×合成樹脂+合成繊維+合成皮革
ソール素材または裏地 ゴム底

全てのプレーをカバーしてくれるオールラウンドモデル

中級以上のオールラウンドプレーヤーには全方位にまんべんなくスペックを高めたNETBURNER BALLISTIC FF MTがお勧めです。

アシックスのランニングシューズにも使われている軽量クッション素材フライトフォームが採用され、軽量ながらクッション性と軽さを追及しています。

クッション性に関しては衝撃級取材GELを力のかかる場所に配置して増強させています。

ソールは樹脂で補強して素早い切り返しがしやすくしてあるので、レシーブの反応に足がしっかりついてきてくれるでしょう。

[ミズノ] バレーボールシューズ ロイヤルフェニックス 2

[ミズノ] バレーボールシューズ ロイヤルフェニックス 2

Amazonで詳細を見る
原産国/地域 ベトナム
メイン素材 合成繊維、人工皮革
ソール素材または裏地 ゴム底

素早く動きたいプレーヤー向け

リベロやレシーバーなど素早い動きを追及するプレーヤーは軽くグリップ力のあるロイヤルフェニックス 2を試してみて下さい。

360度全方位にスムーズに動き出せる母指球部、地面の感覚を掴みやすくし、素足感覚で動き出しをサポートする薄型フラットソールなど、バレー職人向けのモデルと言えるでしょう。

素早い反応に靴がしっかりついてくるようにアッパー部分にも耐久性素材が使われています。

クッション性も十分ありますが、何度も激しいジャンプを繰り返すアタッカーには向かないので注意です。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい

まとめ

バレーボールシューズの選び方を紹介してきました。

自分に合ったシューズを見つけることは、怪我の防止になるだけでなくパフォーマンスを上げることに繋がります。

この記事を参考にしていただき、お気に入りのバレーボールシューズを見つけてください。

バレーボールもより楽しくなりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定