あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
trekking

トレクスタのトレッキングシューズ人気おすすめ10選!トレクスタの特徴を徹底解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/26

更新日 :2019/03/14

トレクスタのトレッキングシューズ(登山靴)は多機能でデザインも豊富です。

目次

スポンサードサーチ

トレクスタのトレッキングシューズの特徴とは

外国人の足型向け?それとも日本人向け?

日本人の足は外国人と比べると足幅が広くて甲が薄いという特徴があります。

足幅とは親指と小指の付け根の部分(でっぱっている所)の幅のことを言い、足の甲とは上から見て足首から指の付け根までの部分の事を言います。

さらに足の型を分けると「エジプト型…足の親指が一番長い」「ギリシャ型…足の人指し指が親指より長い」「スクエア型…足の指がほぼ同じ長さ」という種類に分けられます。

日本人はエジプト型が7割~8割の割合で多いと言われています。トレクスタは世界各国の人々の足の特徴や傾向に合わせて作られています。

特に国内販売されているものは、日本人の足型にフィットするように作られているものが多いので日本人向けであると言えるでしょう。

足なじみが最高

トレクスタは靴を履いた瞬間に足なじみの良さがわかります。
独自の技術と構造で快適さを最大限に引き出します。特に2万人もの足のデータを取り、そのデータを元に指の付け根の凹凸や土踏まず、靴のラインをリアルに再現しています。
また、世界各地のエリアごとに足がなじむトレッキングシューズを再現しています。とくにつま先の特徴的な形は5 本の指で地面をしっかりとつかむ感覚があります。

もちろん、日本人の足の特徴や傾向を盛り込み、製品開発では様々なロケーションからデータを集め、徹底的に現場からの声をフィードバックし、最新のテクノロジーを活かして作られています。
それにより砂浜を素足で歩くような感覚にも似た繊細な感覚が伝わってきます。

手を使わず紐を締めることができる画期的シューズ

トレクスタにはハンズフリー(手を使わない)で紐を締めることができる新しく画期的なシューズがあります。

紐がある靴のメリットは、微調整が可能なため足へのフィット感を感じることができます。
ただ、登山中の斜面で靴の紐がほどけるのは大変危険です。紐がほどけたことに気づかずに歩き続けるのはもちろん、傾斜のきつい斜面で靴の紐を結び直そうと立ち止まり、しゃがむとバランスが崩れ転倒につながります。
斜面で立って座るという動作は平面と比べると負荷も大きくなります。また、狭い山道で立ち止まるのは他の登山者の方への迷惑にもなりかねません。

トレクスタのハンズフリーは踵を立て靴底のホイールを回すことで靴紐が調節できるので危険を回避できるほか、両手がふさがっている時などにも活躍する機能です。さらに靴の着脱のしやすさも加わり足全体の負荷の軽減にもつながります。

トレッキングで使用するシューズの選び方!

撥水性で選ぶ

スニーカーなど街歩き用の靴を選ぶときにはあまり気にはしないかもしれませんが、登山では山道の状態によってトレッキングシューズの選び方が変わります。

雨が降っているときはもちろん、降りやんだあとの山道には注意をしたいところです。水たまりやぬかるみが現れ、草木が水滴で濡れていることがあります。山道は不安定なことが多いので、トレッキングシューズを選ぶ時は撥水性で選ぶことが重要です。

撥水性の高い靴は、外からの雨や水の侵入を防ぎ、内部の汗を外に放出してくれるため、ドライで快適な靴内を保つことができます。
快適なトレッキングシューズを装着することは安全な登山にもつながるため、撥水性の高い靴を選ぶことは重要なポイントです。

デザインで選ぶ

トレクスタのトレッキングシューズは機能と合わせてデザインにもこだわったシューズがたくさんあります。

デザインはシューズ選びの際に一番に目がいくポイントです。服装などのファッションに合わせ、シューズのデザインを選択するのも楽しみの一つと言えるでしょう。登山人口の増加に合わせ、メンズのデザインだけでなく、レディースもおしゃれで個性的なデザインが年々増えています。

もっとデザインにこだわりたい!という方には、靴紐を自分好みに変えるのもおすすめです。山小屋などでの休憩時、自分のシューズの目印にもなります。

山道のぬかるみなどでトレッキングシューズは汚れやすいため、あえて汚れの目立たないデザインを選ぶ人も多いです。

天候や場所で選ぶ

靴が濡れると履き心地が悪くなり不快な思いをするだけでなく、転倒の危険性や靴自体が重くなり歩きにくく、足の疲労やケガのリスクにもつながります。
山の天候は非常に変わりやすく、急に霧が発生したり雨が降ってきたりします。また、雨が上がり山道を歩くとぬかるみや水滴が残っています。
また、雨だけではなく湿度による朝露などが草木に残っており、それで衣服や靴などが濡れてしまいます。

登山といっても、ハイキングコースのような登山初心者が気軽に行ける場所と、綿密な計画を立てて準備する上級者向けの場所があります。
上級者であっても天候は選べず、四季によっても天候の条件は変わります。
上級者で経験を積めば積むほど天候や場所でのトレッキングシューズ選びの重要性はわかるでしょう。

あらかじめ登山をする場所の経路などを把握しておいてからシューズ選びをするのも良いでしょう。

スポンサードサーチ

トレクスタトレッキングシューズ人気おすすめ10選!

[トレクスタ] TrekSta エボリューションⅢGTX

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

BR/Brick 重量 570g (片足/26cm)
サイズ 22.5cm 素材 メイン素材: ゴアテックス、ソール素材または裏地: 合成底

[トレクスタ] TrekSta エボリューションⅢGTXのおすすめポイント

  • 長期にわたって愛されているトレクスタのベストセラーモデル。
  • ハイカットとミッドカットの中間ほどの深さで、安定感と軽快さのバランスがよいのが特長
  • テックスのライナー、耐久性とグリップ力に優れたハイパーグリップソールなど機能面も充実

[トレクスタ] ハイキングツイスト2GTX BK135

Amazonで詳細を見る

バーガンディ 重量
サイズ 22.5cm、23.0cm 素材 メイン素材: スプリットレザー/ナイロン、ソール素材または裏地: ハイパーグリップ

[トレクスタ] ハイキングツイスト2GTX BK135のおすすめポイント

  • 足首のホールド感が高く、安定性に優れたハイカットブーツ
  • アッパーはナイロンやレザーで構成され、衝撃を受けやすいつま先部分はしっかりと補強
  • アウトソールにはグリップ力や耐摩耗性に優れたハイパーグリップを使用

[トレクスタ] TrekSta FP-0401MID GTXライト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

CH/LM、NB/PK 重量
サイズ 素材 メイン素材: ゴアテックス、ソール素材または裏地: 合成底

[トレクスタ] TrekSta FP-0401MID GTXライトのおすすめポイント

  • 初めてトレッキングシューズを履く方でも違和感が小さく、軽めのハイキングから中級山岳の小屋泊まり登山まで使えます。
  • アウトソールは“FP-0504″と同様、粘度の異なるラバーを組み合わせて、滑りにくさと安定性を両立
  • 防水透湿素材であるゴアテックスを搭載しているので、ドライな靴内環境を実現

[トレクスタ] Treksta エボリューション

Amazonで詳細を見る

ラグーン、CHXマルーン、ネイビー、オレンジ (200) 重量
サイズ 22.5cmから25.0cm 素材 メイン素材: スプリットレザー/高強度ナイロン、ソール素材または裏地: ハイパーグリップ

[トレクスタ] Treksta エボリューションのおすすめポイント

  • ハイカットとミッドカットの中間くらいの深さで、安定感と軽さのバランスが絶妙
  • ゴアテックスファブリックのライナー、耐久性とグリップ力に優れたハイパーグリップ・ソールなど機能面も充実
  • 日本人の足型に合いやすい3E靴幅設計を採用

[トレクスタ] TrekSta FP-0504 HI GTXライト

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

BR/OR、BR、GY/RD、YW 重量 420g (片足/22.5cm)
サイズ 23.0cmから28.0cm 素材 メイン素材: ゴアテックス、ソール素材または裏地: 合成底

[トレクスタ] TrekSta FP-0504 HI GTXライトのおすすめポイント

  • アウトソールは粘度の高いラバーと硬いラバーを部位によって使い分け、滑りにくさと安定性を向上
  • さまざまなシーンで幅広く使え、コストパフォーマンスにも優れた一足
  • 従来のトレクスタの同タイプブーツに比べて2ランク硬いシャンクを使用

[トレクスタ] TrekSta NEST MTR2

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

グリーン、ライムイエロー、ブラック 重量
サイズ 22.5cmから28.0cm 素材 メイン素材: ゴアテックス、ソール素材または裏地: 合成底

[トレクスタ] TrekSta NEST MTR2のおすすめポイント

  • ハイキングからトレイルランニングまで幅広いシーンで使えるシューズ
  • 一体化したアウト・ミッド・インソールを通じては、地面の感触を足裏全体で捉えることが可能
  • 防水透湿素材であるゴアテックスを搭載しているので、悪天候時でもドライな靴内環境を実現

トレクスタ EVOII GTX EBK160 ダークブラウン トレッキングシューズ 登山靴 メンズ 27.0cm

Amazonで詳細を見る

ダークブラウン 重量
サイズ 27.0cm 素材

トレクスタ EVOII GTX EBK160 ダークブラウン トレッキングシューズ 登山靴 メンズ 27.0cmのおすすめポイント

  • ソフトなパッド類を使用していることもあり、足入れのよい良好なフィット感
  • ミッドソールは加水分解しないゼログラビティソールで軽量化も追及。
  • ハイキングからライトな小屋泊まり登山などに向いています。

[トレクスタ] TrekSta NESTカラコルムGTX

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ネイビー、パープル、レッド、Yグリーン、ダークブラウン 重量
サイズ 22.5cmから27.5cm 素材 ゴアテックス

[トレクスタ] TrekSta NESTカラコルムGTXのおすすめポイント

  • 小屋泊まりや軽量テント泊縦走にも使えるミッドカットブーツです
  • 見た目から受ける印象よりもヘビーな山行に対応する本格派です。アッパーには上質なスエードを使い、シンプルでありながら質感の高い仕上げ
  • 履き込むほどに天然素材ならではの味わいが出てくるのも特徴

[トレクスタ] TrekSta Sync Mtn Low GTX

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 390g×2(27.0cm)
サイズ 25.5cmから28.0cm 素材 ゴアテックス

[トレクスタ] TrekSta Sync Mtn Low GTXのおすすめポイント

  • 立体成型のミッドソールやしっかりとしたヒールカップによって、見た目以上に安定感のあるシューズ
  • アウトソールにはアイスロックを採用しているので雪道や凍結路でも滑りにくく、安定した歩行をサポート。
  • アッパーには軽く通気性の良いメッシュを使用

(トレクスタ) Treksta TREKSTA ネバドLOWレースGTX

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブルー 重量
サイズ 25.0cmから28.0cm 素材

(トレクスタ) Treksta TREKSTA ネバドLOWレースGTXのおすすめポイント

  • アッパーはシンサティックレザーとメッシュを使用し通気性と耐久性を両立
  • ライニングにはGore-Texを採用し、足型は定評のあるNESTFITを採用
  • 足入れ感が高い防水ローカットアプローチシューズは幅広いアクティビティにお勧め

まとめ

以上がトレクスタのトレッキングシューズ人気おすすめ10選になります。

トレクスタのデザイン性、独自の機能、自分の足型に合うシューズの選び方、トレッキングシューズを購入する時のポイントなどを紹介しました。

トレクスタのトレッキングシューズは、機能性やデザインや価格などシーンによって選ぶ種類が多いため、購入を検討されている方は今回紹介した内容を是非参考にしてください。自分に合ったトレッキングシューズを選び、楽しい登山ライフをお過ごしください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike