あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
tennis

【プロも愛用!】テニス用ガット人気おすすめ10選!選び方とおすすめメーカーも紹介!!

スポシル編集部

公開日 :2018/09/28

更新日 :2020/07/27

テニスをする際に一番大事なアイテムとなるテニスラケット。
そのラケットのガット部分について説明と商品の紹介をしていきます。

ガットは切れることもよくあるものなので、お気に入りのものを一つ見つけることができると今後買う際に楽になるでしょう。

また、色々な種類のガットがあるので、色々なものを試してご自身にあったものを探すのも良いかもしれません。

ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

テニス用ガットの選び方のポイント

テニス用ガットは種類や素材の違いは多いものの、選び方の基準がよく分からない方も多いはずです。

使用するラケットやプレーなどの特性をきちんと掴むことで、選ぶべきガットも決まってきます。
テニスが上手くなる速度にも影響するかもしれないテニス用ガットについて紹介します。

素材

テニスのガットにはナチュラル、ナイロン、ポリエステルと様々な種類のガットがあり、特徴もバラバラです。

そんなガットを選ぶ際に注意しておきたいのが、それぞれのガットの特徴と自分のプレースタイルが合うかどうかです。

パワーで攻めるタイプなのか、技術を駆使してスピンを巧みに使うのかなど、人それぞれであるためガットを選ぶときは特徴を押さえておきましょう。

ナチュラルガット

ナチュラルガットは、牛の小腸の部分で高い弾力があるものを加工した天然素材を使用しています。

他のガットと違って性能に優れていることが大きな特徴になります。
性能の中でも、ボールを打ち返すときの反発力や方向性に力を発揮してくれます。

ただし、他のガットよりも切れやすいので、他のガットより耐久性が劣る上に、雨などの水分に素材が劣化しやすくなることも注意しないといけません。

加えて、価格そのものも高めなので、テニス初心者や趣味で楽しむ方というよりは、プロでテニスをやっている方が購入することが多いようです。

ナイロンガット

ナイロンガットは、化学繊維で加工されており、価格が安く一般的に使われているガットです。

ナイロンの構造が多岐に及ぶため、反発、耐久、スピンなどプレーに及ぼす性能も多岐に渡ります。

また、ナイロンガットには、多数の細いナイロンを束にしたマルチフィラメントと、太めのナイロンに細目のナイロンを巻き付けたモノフィラメントの2種類があります。

2種類のフィラメントの違いは、ボールの反発や方向だけでなく、スピンのかけやすさにも影響が出る特徴があります。

価格が安い分、手を伸ばしやすいので、ガットの性能や機能にこだわらないなら、ナイロンも選択肢の1つです。

ポリエステルガット

ポリエステルガットは、ナイロンガットと製造はよく似ていますが、弾力は少ない性質を持っています

他のガットと違い、耐久性が高く、反発力の低さから強いスピンをかけてもガットが切れにくい特徴があります。

一度張ったポリエステルガットのまま、しばらくそのまま使用を続けても問題ないので、購入する費用を節約できます。

ただ、ポリエステルガットは切れにくくても、ラケットの張りが時間経過ともに緩んでくるので、定期的にメンテナンスをしたり、ガットそのものを貼り替える必要が出てきます。

素材別のガットについて詳しく知りたい方はこちら↓↓
テニスガットの素材別人気おすすめ12選!種類ごとの特徴やテンションの決め方まで徹底解説!

太さ

ストリングにはゲージと呼ばれる太さに特徴があります。

例えば、同じ素材のガットでも、1.2mm、1.25mm、1.3mmなどの種類のゲージが存在します。0.05mmずつの違いになりますが、細いストリングはボールに回転がかかりやすいので、ラケットでのガットが動く範囲が大きくなります。
加えてボールを打ち返した時の感覚も飛ばしやすいものになっています。

一方の太いストリングはあまりボールに回転がかかりにくいので、ラケットでのガットが動く範囲が小さいです。

動きが少ない分、ボールをしっかり打ち返す感覚を強く感じることができます。

太さで比べると、太いストリングの方が、細いものよりも耐久性にも長けていますが、ナイロン系やポリエステル系などのガットの素材とも合わせて、プレーに最適なストリングを選ぶことが大切になります。

ラケットへ張るテンションが重要

プレースタイルやガットの好みが決まれば、ラケットへ張るテンションが重要になります。

ガットの素材とも関係がありますが、基本的にテンションを低くした場合、ラケットを軽めにスイングしただけで、ボールを遠く飛ばせます。

ただし、ハードヒットには適さないため、コントロールに比重は置きにくいです。

一方、テンションを高くした場合、ラケットを速くスイングすると、ボールの切れが向上します。
また、ハードヒットの時より緩めにスイングすると、スピンはかかりにくいです。
ただし、ガットへのテンションが高く、ハードヒットすることは、それだけ腕の衝撃が重くかかることになることには注意が必要です。

ガットの素材に関しては、各種構造が違えばガットそのものの硬さも違ってくるので、プレー時にもテンションの高低に影響が出ること意識することは大切です。

ガット張替え時期の目安は?

テニス用ガットは、どれだく長く使っても約3か月ほどでガットが持つ反発力などの機能を失う基準とされています

もちろん、ラケットに張った直後からになるので、ボールの飛ばし具合が良くない、ガットそのものが変色している、張りが緩い、スピンなどの回転のかかりが良くない、このような変調が見られたら、張り替えの合図になります。

時間経過だけでなく、継続的に使用していると劣化は早まってきます。
加えて、劣化したガットをそのまま使用し続けると、プレー時のパフォーマンスが下がるだけでなく、手首や肘など体の部位を痛めてしまう原因にもなりかねません。

ラケット使用時に、上記の違和感を感じたら、ガットを張り替えるタイミングであることを知っておくと良いでしょう。

スポンサードサーチ

ガットの張替え方

ラケット楕円形の下側に小さな山(コブのようなもの)の数で多少張り方に違いはあります。

ガットを張り替える時はラケットを固定しますが、強すぎるとラケットにストレスを与えるので、少し余裕を持たせるくらいで構いません。

張り替え用のガットをラケットの長さに合わせて15本準備した上で、1本張りで張り替えを行います。

このとき、ガットを縦通しから始めますが、必ず中央から始めて、縦の中央4本分を先に張ります。それができたら、縦の残りを張り終えていきます。

縦のガットを張り終えると、余分なガットをそのまま横に通していきます。
この時に注意するのは、横のガットは先に通した縦のガットに上下交互に機織のように通していきます。

横のガットを通せたら仮留めを行うことで固定し、結んで張り替えを進めていきます。ガットの種類の中で、慣れてないうちは、ナイロンガットから始められるのがおすすめです。

テニス用ガットの人気おすすめメーカー

テニス用ガットに種類があるのと同じく、生産しているメーカーも豊富にあります。

使用しているラケットのメーカーにもよってくると思いますので、下記の3社のメーカーの特徴や機能性などに注目して、メーカーごとのガットについて紹介します。

テニスのプレースタイルやガットの特徴にも目を付けて、購入時の参考にしてみてください。

人気おすすめメーカーを以下の3つのポイントから解説します。


  • テクニファイバー

  • バボラ

  • ヨネックス

テクニファイバー

テクニファイバーは、1978年に誕生したフランスのスポーツメーカーであり、ポリウレタンを利用した最初のガットを製造したことによって、ガットメーカーとして有名にもなっています。

ポリウレタン系のガットの代表では「ブラックコード」が有名で、ハードヒッターに適しているだけでなく、スピン量をコントロールしやすい特徴があります。

また、ガットの中でも柔らかさに長けたTGVや、ナチュラルガットの性能を超えたと称される評価も出た「X-ONEバイフェイズ」は、テクニファイバーのテニス用ガットの中では最上位モデルとして位置づけられています。

価格の相場は種類や性能の違いによって様々ありますが、3,000円を平均的な価格相場として捉えておくとよいでしょう。

バボラ

バボラは本社がフランスにあるテニスラケット専門のメーカーですが、テニス用ガットの研究や開発に力を入れていました。

元々は弦楽器の弦を生産していたメーカーでもあるので、ガットに対する評価はバボラという声が多くあるようです。

スピンの掛けやすさや、ボールコントロールしやすいことが特徴として挙げられ、ハードヒッターにはおすすめできるガットを数多く扱っています。

豊富にあるガットの種類に問わず人気商品があり、その中でもポリウレタン系のガットでは「ブラスト」があり、ナダル選手が使用していることでも有名です。

価格帯は、標準的には3,000円が相場になりますが、上位クラスになると10,000円の超えるガットも扱っています。

ヨネックス

ヨネックスは日本の東京都に本社がある有名スポーツ用品メーカーで、バドミントンでは耳するスポーツメーカーだと思いますが、テニスでは大坂なおみ選手が契約するスポンサー企業としても注目されています。

あまりテニス用ガットで有名なメーカーではないですが、ボールに対する反発力よりはボールを捕える打球感覚に重視したガットが多いです

繰り返すハードヒットに対しても反発力が変化しにくいポリエステル系のガットの開発にも熱を入れています。

ハードヒッター向けのガットが多く、プロ選手でも使用が多くなってきています。価格帯は3,000円が平均の相場になっており、練習量をこなす学生や部活動では、2,000円を下回るリーズナブルなガットも販売されています。

ヨネックスのガットの詳細はこちら↓↓
ヨネックスのテニス用ガット人気おすすめ10選!【2019年最新版】

スポンサードサーチ

テニス用ガットの人気おすすめ10選

テニス用ガットには人気のメーカーがあります。ラケットに張って使用するので、ラケットのメーカーに合わせて使用する方もいると思います。

ただ、テニス初心者やガットの知識に疎い方の場合、張り替えを必要とする時にガットを選ぶ基準が分かりづらい方も少なくありません。

紹介するおすすめメーカーの情報を元に、自分に合ったテニス用ガットを選んでみてください。

ブラック
サイズ ゲージ:1.25mm 長さ:200m
重量 18.1g
素材 ポリエステル+シリコン・コーティング

このバボラのテニス用ガットは、プロテニスのナダル選手が使用するモデルのガットとしても有名です。

ゲージは1.20mmから1.35mmと幅広く、長さも200mとたっぷり仕様で販売されています。

素材はポリエステルを使っていますが、八角形仕様にすることで、スピンのかけやすさやコントロールのしやすさの向上が期待できます。

またRPMブラストと呼ばれる技術により、ガットにシリコンコーティング行っています。
そのため、スピンなどのコントロールにより磨きがかかるようになってきます。

エックスワンバイフェイズ X-ONE BIPHASE 12m

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ナチュラル(NA) /レッド(RD)
サイズ ゲージ:1.24mm 長さ:12m
重量 18.1g
素材 ナイロン、ポリウレタン

このテクニファイバーのテニス用ガットは、フランス原産のナイロン系ガットに近い感覚で使用できるガットになります。

ゲージは1.18mm、1.24mm、1.30mmと3種類ですが、打球感などの違いを感じやすいと思われます。

素材はナイロンがメインですが、マルチフィラメント系でかつ特殊ファイバー構造仕様に造られています。

そのため、打球感の柔らかさだけでなく、打ち返した反発力だけでなく、耐久性も高い性能を維持できるよう工夫がされています。

ハードヒッター向けのガットですが、打ち心地も良くしてくれるガットとしておすすめできます。

バボラ(BabolaT) プロハリケーンツアー(200m)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
イエロー
サイズ 120/ゲージ,130/ゲージ
重量 18.1g
素材 ポリエステル テクノロジー:高性能ポリエステル

このバボラのテニス用ガットは、素材がポリエステルであり、モノフィラメント系に加工したストリングスになっています。

ゲージの種類も豊富で、1.20mmから1.35mmに及び、長さも200mで販売されているガットです。

高性能ポリエステルという技術を採用することで、ラケットに張った打球感は柔らかさを持ちながら、反発力もあるので、扱いやすさの評価が高いガットになります。

ガットの形状は八角形を採用していることで、スピンの効果も出しやすいストリングスです。

値の張る価格帯になってはいますが、素材を加工したことで生まれる特徴と、ゲージの豊富さなども考えると、重宝するガットとしておすすめします。

Yonex(ヨネックス) エアロンスーパー 850

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ホワイト/イエロー/ブラック/ピンク
サイズ ゲージ:1.24mm 長さ:12m
重量 40.8g
素材 芯糸/ハイポリマーナイロン:マルチフィラメント、側糸/ハイポリマーナイロン:ダブルワインディング加工

ヨネックスのガットですが、日本製で芯糸と側糸とで編み込まれた加工を行っているガットです。

ガットのゲージは1.30mmで、素材はハイポリマーナイロンですが、芯糸と側糸でフィラメントが異なります。

芯糸は毛髪より細い繊維を多くより合わせてマルチフィラメントになっており、側糸をダブルワインディング加工で製造しています。

そのため、ボールに対する球持ちが良い上に、打球感も柔らかいのが大きな特徴になります。
ナチュラル感覚を維持し打球感もさわやかにしてくれることを意識したテニス用ガットです。

ナチュラル
サイズ ゲージ:1.24mm 長さ:12m
重量 4.54g
素材 天然繊維(牛腸)

バボラのテニス用ガットは、フランスを原産国とする天然繊維を用いたガットになります。
ゲージに特徴があり、1.25mmのゲージだけではなく、契約しているプロ選手の要望の元で開発されたスペシャルゲージが推しになっています。

ガットの材質は牛腸の天然繊維を素材で、BT7テクノロジーといったストリングの原料を変更することで耐久性を上げる技術が使われています。

反発性を重視するプレーヤー向けで、ボールを打った際の感触を感じられるおすすめのガットです。世界的にも高評価のガットの1つともされています。

テクニファイバー(Tecnifibre) テニス ガット エックスアール3 XR3 12m

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ナチュラル/レッド
サイズ ゲージ:1.25mm,1.30mm 長さ:12m
重量 40.8g
素材 ナイロン、ポリウレタン

テクニファイバーのテニス用ガットは、フランスを原産とし3モノフィラメントを構造としたガットです。

ゲージは1.25mmと1.30mmから選択でき、12mの長さで販売されています。
素材はナイロンポリウレタンにより、価格も2,000円前後と他のガットよりも低価格帯で手に入るのが魅力です。

このガットは、モノマルチと呼ばれる1本の芯に周りを編み込む構造で作られています。
そのため、ボールを打ち返した時の打球感をしっかり感じられるだけでなく、打球感の柔らかさも合わせて感じられるストリングになっています。

Yonex(ヨネックス) ポリツアープロ 200Mロール

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
イエロー
サイズ ゲージ:1.25mm,1.30mm 長さ:200m
重量 18.1g
素材 モノフィラメント ポリエステルストリングス

このヨネックスのテニス用ガットは、ポリエステル素材で打球の反発感を強く感じられるガットです。ゲージは1.20mmから1.30mmとあり、長さは200mと豊富ですが、価格は高めになっています。

このガットを使う特徴としては、ボールを打ち返す際に必要となるコントロールを繊細に行える期待が持てます

ドロップショットやボレーのようなコントロールを付けたい場合は、性能を発揮しやすいと思います。

一方、スピンなどの回転を必要とする打ち方は、技術を習得していないと難しいため、初心者などが手にする場合は、ボールコントロールを付けるにはおすすめできるガットになってきます。

ブラック
サイズ ゲージ:1.22mm~1.24mm(17GA.) 長さ:12.2m(40FT.)
重量 40.8g
素材 共重合ポリエステルモノフィラメント、特殊加工

ゴーセンのテニス用ガットは、日本製で耐久性を推しにしている特長を持つガットです。

太さは1.22mm~1.24mmであり、素材は共重合ポリエステルモノフィラメントをもとにした特殊加工を施しているガットになります。

キャッチコピーに「独自形状が超攻撃型ボールを生み出す」と称したくらいなので、対象は学生プレーヤーだけでなくハードヒッターとなっています。

ただし、注意点としては、高温多湿になる場所が極端に弱点となり、長時間放置を避けるよう取り扱いとして触れているので、高い耐久性の質を落とさないためにも管理には気を配る必要があります。

LUXILON(ルキシロン) テニス ストリング ガット 4G

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
イエロー
サイズ ゲージ:1.25mm 長さ:12.2m
重量 40.8g
素材 ポリエーテル・エーテル

ルキシロンのテニス用ガットですが、ベルギー製のポリエーテル素材によるモノフィラメント系ガットになります。

カラーは際立つゴールドで、太さは1.25mmと1.3mの選択になります。
特徴は、ガットを張った際のテンションを維持する性質が高いことから、テニスプレー時の質も下がらないメリットがあることです。

特に、ボールを打ち返すパワーだけでなく、ガットを張った初期のラケットから伝えられる打球感をキープしてくれる持続性が持ち味です。

このパワーと打球感を維持する次世代ポリストリングと呼ばれる性質がガットの特徴を最大限に引き出してくれます。

ヨネックス(YONEX) テニス ストリング ポリツアープロ POLYTOUR PRO

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
フラッシュイエロー/グラファイト/ピンク
サイズ ゲージ:1.25mm 長さ:12m
重量 40.8g
重量 ハイポリマーポリエステル、モノフィラメント

このヨネックスのテニス用ガットは、ハイポリマーポリエステルとモノフィラメントによる素材で製造されています。

この素材はナイロンよりも硬いプラスチックの一種で使われているので、高い耐久性に優れていることが特徴です。

ガットを張った時の緩みを抑える構造になっており、ポリエステル単一によるストリングで作られています。

ガットの長さは12m、太さは1.25mmと1.30mmの2種類から必要なスタイルに合わせて選択できます。

高い耐久性を誇るガットではありますが、その分長さが12mで短めなので、練習での消耗品というよりは試合で使えるよう準備しておきたいガットになります。

ガットの売れ筋ランキングもチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
テニスガットの選び方と各メーカーの特徴、人気おすすめのガットを紹介しました。

ガットは素材によって大きく変わってきます。
ぜひ自分のプレースタイルや目的に合わせてガットを選んでみてください!

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定