あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
swimming

水泳のトレーニングに欠かせないプルブイの人気おすすめ10選!おすすめメーカーも紹介

スポシル編集部

公開日 :2018/09/30

更新日 :2019/06/25

プルブイの選び方と人気おすすめ10選を紹介していきます。

さまざまなメーカーよりプルブイが販売されていますが、何を基準に選べば良いか迷ってしまいますよね?そんな方に各メーカーの特徴なども解説しました。

そのため、初めてプルブイを買う方やプルブイの買い替えを検討している方にぜひ見ていただきたい内容となっております!

目次

スポンサードサーチ

プルブイの使い方を解説!


ここではプルブイの基本的な使い方である以下に付いて解説していきます。

  • ビート板として使おう!

  • 足に挟んで腕の力だけで泳ごう!


初めてプルブイを使用する方はぜひ参考にしてみてください。

ビート板として使おう!


一つ目はビート板として使用することです。

プルブイの種類によって大きさは異なるため、普段使用しているビート板よりも小さいこともあるでしょう。
その分浮力が落ちてキックがしにくくなってしまうと思います。

しかし、その分腹筋を使用するため、より「スイム」に近い状態でキックをすることができます。
そのため、トレーニングの一貫として、浮力の少ないプルブイのキックに慣れてみてください。

また、基本的にプルブイは大きなビート板よりコンパクトであるため、持ち運びにも便利で、遠征などに非常におすすめです。

股に挟んで腕の力だけで泳ごう!


プルブイのもっともポピュラーな使い方が股に挟んで腕の力だけで進むことです。
泳ぎに必要な腕力の強化やフラットな姿勢の維持が目的になります。

キックはできませんが浮力があるため、正しい姿勢で泳ぐことができます。
しかし疲れてくると腰が落ちてきてしまうので、常にフラットな姿勢で泳ぐことを意識することが大切です。

足に挟んで泳いでみよう!


股に挟んでフラットな状態で泳ぐことが完璧な方はプルブイを足に挟んで泳いでみてください。
股に挟むより泳ぎにくく、非常に腹筋を使います。

しかし、もっとも理想な状態はプルブイをつけなくとも足が浮いてフラットな姿勢を保てる状態であるため、理想の姿勢を目指すために、足にプルブイを挟んで泳ぐ練習も必要です。

この使い方は上級者向けの使い方になりますが、気になった方は難しさを体験するためにも、1度チャレンジしてみてください。

プルブイの効果とは?


浮力の高いプルブイですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか?

実際にプルブイありとプルブイなしで、腕の力だけで泳いで見るとプルブイの効果を実感することができます。

プルブイは浮力があるため、股に挟んでいるだけで腰が浮いてくれます。
しかし、プルブイなしでは浮力がないため、足が沈んでしまうのです。

足が沈んでしまうとそれにつられて上半身も少し沈んでしまうため、正しい姿勢で泳ぐことができません。

そのため、プルブイはキックをせずとも正しい姿勢を維持するためにつける道具と位置付けることができます。

スポンサードサーチ

水泳のプルブイの選び方を紹介!


ここでは以下のプルブイの選び方について解説していきます。

  • 浮力で選ぶ!

  • 持ちやすさで選ぶ!

  • デザインで選ぶ!

浮力で選ぶ!


プルブイによって浮力は違います。
まずは浮力が一番あるプルブイがおすすめです。

理想はプルブイがない状態でキックをしなくても下半身が水面にフラットな状態で泳げることです。
そのため、腹筋や腰を使いながら腰の位置を高くし、少しずつプルブイの浮力を下げていきましょう。

持ちやすさで選ぶ!


プルブイは水泳の練習では必ずと言って良いほど使う道具です。
そのため持ち運びが便利であると嬉しいですよね。

もちろんプルブイが小さくなればなるほど浮力も落ちますが、移動を考えた際にはコンパクトであることがベストです。

今自分のレベルを考え、サイズと浮力のバランスを取りながらプルブイを選びましょう!

デザインで選ぶ!


プルブイにもデザインがあります。
大きく分けるとビート板としても使用できるデザインのプルブイとプルブイ専用のものがあります。

その中にもさまざまなカラーがあるため、自分の目的にあったタイプとカラーでプルブイを選んでみてください!

水泳プルブイの人気おすすめメーカーを紹介!


ここでは以下の水泳メーカーのプルブイについて解説していきます。

  • アリーナ

  • ミズノ

  • アシックス

アリーナ


アリーナは主にビート板としても兼用できるプルブイがメインです。
また、ビート板としても多様な使い方ができるプルブイもあるため、さまざまなアプローチの仕方でキックやプルの強化を行いたい方におすすめのプルブイです!

ミズノ


ミズノのプルブイもビート板兼用のプルブイです。
種類は少ないですが、カラー展開は豊富であるため、あなたにあった色が見るかるはずです。

太ももにフィットするよう形が工夫されているため、泳いでいる最中にプルブイがよく外れてしまう方におすすめのプルブイです!

アシックス


アシックスのプルブイはプルブイ専用です。
特徴として、ミズノやアリーナのビート板兼用のプルブイよりも浮力が低いため、上級者におすすめです。

カラーは3色しかないため、お気に入りの色が見つからない可能性がありますが、とにかく下半身の浮力を鍛えたいという方におすすめのプルブイです!

スポンサードサーチ

水泳プルブイ人気おすすめ10選!

MIZUNO(ミズノ) スイムグッズ プルブイ 85ZB75 28×24×6cm

MIZUNO(ミズノ) スイムグッズ プルブイ 85ZB75 28×24×6cm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
09:ブラック/27:ブルー/45:イエロー/65:ローズ/67:パープル 重量 90.7 g
サイズ 28×24×6cm 素材 発泡ポリエチレン

MIZUNO(ミズノ) スイムグッズ プルブイ のおすすめポイント

  • 太ももやふくらはぎに挟んでプルブイとしても使えるのはもちろんのこと、キック強化のためにビート板としても使用することができます
  • ひょうたん型、円柱型よりも足が閉じやすく、自然なフォームで泳げます
  • 水泳初心者から上級者まで使用できる水泳に必須の補助具・練習用品
アシックス(asics) プルブイ AC-002
ブルー/マルチ 重量 95.3 g
サイズ 高さ約15×長さ約23cm 素材 発砲ポリエチレン

アシックス(asics) プルブイ のおすすめポイント

  • 足にはさみやすい5段階設計
  • 浮いている姿勢を保ちやすくなる
  • 下半身を浮かせることにより、泳ぎが安定し、上半身の泳ぎの訓練となる
スピード 運動会小物 水泳水球競技 スイムトレーニング用品 エリートプルブイ (国内正規品)

スピード スイムトレーニング用品 エリートプルブイ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
レッド 重量
サイズ W110×H210mm 素材 EVA

スピード  スイムトレーニング用品 エリートプルブイのおすすめポイント

  • 使用する際の向きを変えることでトレーニングに求める浮力を変える事が可能
  • 大小のヒョウタン型を逆さまにすることにより、浮力の調整ができて便利です。
  • 挟み易さを良く考えた形状で、なおかつ、角が無いように、全周面取りされている
SPEEDO(スピード) Fastskin Training Aids プルブイ 練習 水泳 トレーニング SD97A21

SPEEDO(スピード) Fastskin Training Aids プルブイ 練習 水泳 トレーニング SD97A21

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
KR(ブラック×レッド) 重量 304 g
サイズ 21.8 x 16.4 x 10.6 cm 素材 EVA

SPEEDO(スピード) Fastskin Training Aids のおすすめポイント

  • 柔らかく、流体力学分析に基づき太ももに合わせた形状で、快適にトレーニングできるプルブイ
  • 軽すぎると水の流れに負けてぶれてしまいますが、このFastskinプルブイは安定感はありながら、泳ぎを妨げない適度な重量を維持
  • 手に取ったときは重い感じがありますが、プールでの使用すると泳ぎに適した重量感が、驚くほどスムーズなフォームをサポート
Soltec‐swim(ソルテック) 水泳 アクシスブイ イエロー 201409

Soltec‐swim(ソルテック) 水泳 アクシスブイ イエロー 201409

Amazonで詳細を見る
イエロー 重量 245 g
サイズ Medium 素材

Soltec‐swim(ソルテック) 水泳 アクシスブイ のおすすめポイント

  • 2WAY機能デザインのアクシスブイは下半身の浮力により泳ぎの基本姿勢を整えます。
  • キックの動作を取り除く事により上半身の動きにフォーカスし、姿勢を保つコアマッスルを鍛えます。
  • 人体に心地よくフィットする様設計された穴は、浮力に応じて足首でも膝でも装着可能な2WAYデザインになっています。
青×黒 重量 104 g
サイズ (約)14×21×12cm 素材 ポリエチレン18倍発砲

TOEI LIGHT(トーエイライト) ソフトプルブイXのおすすめポイント

  • 「ソフトプルブイX B-3473」は、プル(腕のかき)の初期練習に最適なフロートです。
  • 青/黒のツートンカラー。
  • 手の動きとか姿勢を良くすることにだけ集中できます。
EVERNEW(エバニュー) スイムブイ EHA076

EVERNEW(エバニュー) スイムブイ EHA076

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
重量 77.1 g
サイズ 直径7.5cm×長さ20cm×2ヶ 素材 発泡ポリエチレン

EVERNEW(エバニュー) スイムブイのおすすめポイント

  • 廉価版のブイをご用意
  • 水泳競技の練習に最適
  • 足に挟みやすく浮力が無いためプルブイが暴れることなくプル練習に集中できます。
asics(アシックス)  プルブイ AC-002.19 ピンク F

asics(アシックス) プルブイ AC-002.19 ピンク F

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ピンク 重量 86.2 g
サイズ F(高さ約15×長さ約23cm) 素材 発砲ポリエチレン

asics(アシックス) プルブイ  ピンク のおすすめポイント

  • 足にはさみやすい5段階設計のプルブイです。
  • 形状的に股の間にフィット
  • 見た目もピンクで可愛い
arena(アリーナ) ビート板 練習用 プルキックプロ FAR-6926 約24.2×19×5.8cm

arena(アリーナ) ビート板 練習用 プルキックプロ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
BLK(ブラック)/PNK(ピンク) 重量 163 g
サイズ F(約24.2×19×5.8cm) 素材 ポリエチレン

arena(アリーナ) ビート板  プルキックプロ のおすすめポイント

  • プルブイとビート版を兼ね、流線型のグリップと少ない浮力(約1.1kgf)が体幹強化によりよいトレーニング効果をもたらす。
  • 体幹姿勢保持強化をサポート。
  • 少ない浮力がハードなトレーニングに効果的。
asics(アシックス) キックブイ (DH575)
ブラック(90) 重量 95.3 g
サイズ F(たて約27×よこ約24×厚さ約5cm・浮力2.02kg) 素材 発砲ポリエチレン

asics(アシックス) キックブイ のおすすめポイント

  • アシックスのキックブイです。
  • 競泳選手に向けたキックブイ
  • キック板にもプルブイにも使用できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
プルブイの選び方や人気おすすめ10選を紹介しました。
メーカーによってプルブイの特徴は様々です。人によってプルブイを使う目的は様々であるため、ぜひこの記事を参考に自分の目的にあったプルブイを選んでみてください!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike