あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
swimming

水泳におすすめの時計10選!選び方やおすすめブランドの紹介あり!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/10

更新日 :2020/09/11

今回は、水泳で自身のラップタイムをカウントするために必要不可欠な水泳用の時計を紹介します。

水泳用の時計を購入する時、気になる機能性についての説明やサイズでの選び方、価格についての説明など、選び方の参考になる内容となっています。
また、水泳用時計を買う際におすすめしたいブランドについても紹介しています。

水泳時にラップタイムを意識する事で練習効果は高まります。

水泳用時計の購入を検討している方は是非とも購入時の参考にして下さい。

目次

スポンサードサーチ

水泳用時計の選び方を紹介!

水泳で使用したい時計は防水機能はもちろんですが、トレーニングに適した機能を求めたいものです。そこで、腕時計が持つトレーニングに特化した機能性や装着しても邪魔にならないサイズ感、購入に必要な価格について解説していきましょう。

水泳用時計の選び方を紹介します。


  • 機能性で選ぶ!カウントやラップ計測は必須??

  • サイズで選ぶ!

  • 価格で選ぶ!

機能性で選ぶ!カウントやラップ計測は必須??

水泳用の時計を選ぶ際に重要な要素として機能性が挙げられます。水泳用の時計を選ぶにあたり、当然ですが防水性は必須項目です。

防水性以外にも水泳用の時計を選ぶ際には意識したい機能性がいくつかあります。

まずはカウント機能。
GPS搭載による距離測定方法や、加速度センサーによって測定する方法など自動的にどれだけの距離を泳いだかを知る事が出来る機能を備えた水泳用の時計は便利です。

もちろん、アナログな方式として往復毎にボタンを押してカウントするタイプもありますが泳ぐ距離が長くなればなるほど、自分がどれだけ泳いだのかを把握するのは難しくなります。

泳いだ距離を正確に知る事は、適切なトレーニング量や目標した距離を知る為にはとても重要です。

また、ラップ計測が出来る機能も兼ね備えていれば目標設定や練習効果が具体的な数値として明確になります。測定機能として心拍数を計る機能を備えた水泳用の時計もあります。

ご自身の目的やトレーニング強度に合わせ、必要だと思う機能を備えた時計を選びましょう。

サイズで選ぶ!

水泳用の時計を選ぶ際にサイズも重要な要素です。

なぜ、サイズが重要になるのかと言うと日本では屋内プール施設で腕時計を付けたままの利用を禁止している場合が多い事が関係してきます。

腕時計を付けたまま泳いだ際に、周囲に誤って当たって怪我をしない為の配慮から禁止されているようです。通常の腕時計サイズから、かなり細身なタイプまで腕に巻きつける水泳用の時計は様々です。

中には、指に巻きつける小型サイズの水泳用腕時計もあります。
泳ぎに影響がありそうに感じますが、意外に気にならないという声が多いようです。

通常サイズは通っている施設では使用不可であれば、小さいサイズの水泳用腕時計の使用可否を確認してみましょう。

施設の着用可否や、自身の付け心地や泳ぎへの影響などを考慮して適したサイズを選ぶようにしましょう。

サイズで選ぶ!

水泳用の時計を選ぶ際にサイズも重要な要素です。

なぜ、サイズが重要になるのかと言うと日本では屋内プール施設で腕時計を付けたままの利用を禁止している場合が多い事が関係してきます。

腕時計を付けたまま泳いだ際に、周囲に誤って当たって怪我をしない為の配慮から禁止されているようです。

通常の腕時計サイズから、かなり細身なタイプまで腕に巻きつける水泳用の時計は様々です。

中には、指に巻きつける小型サイズの水泳用腕時計もあります。

泳ぎに影響がありそうに感じますが、意外に気にならないという声が多いようです。

通常サイズは通っている施設では使用不可であれば、小さいサイズの水泳用腕時計の使用可否を確認してみましょう。

施設の着用可否や、自身の付け心地や泳ぎへの影響などを考慮して適したサイズを選ぶようにしましょう。

価格で選ぶ!

水泳用の時計を選ぶ際、価格も重要になります。

一般的に、水泳用の時計は高価なものが多いため価格は非常に気になる項目だと思います。

やはり、高性能で多機能な時計になればなるほど価格は高くなる傾向にあります。

逆に、カウントは実際に自分でボタンを押して行うなど求める機能面を必要最低限にすることで価格を抑える事も可能となります。

機能性によって価格は変動するため、自分が求める機能と利便性を備えた時計の中で予算に応じて安いものを選ぶのも一つの方法でしょう。

水泳用時計の人気おすすめメーカーを紹介!

スポーツウォッチは多機能にもなっていることから、運動に欠かせないアイテムになっています。水泳でも同様ですが、取り上げるおすすめメーカー3社が提供している腕時計の特徴や水泳で使用する上でのメリットにも注目してみてください。

水泳用時計の人気おすすめメーカーを紹介します。


  • ガーミン

  • GanRiver

  • G-SHOCK

ガーミン

まずはガーミンの紹介をいたします。

1989年創業の比較的新しいメーカーですが、それもそのはず元々はGPS機器専門のメーカーでした。近年、GPS機器メーカーとしてのノウハウを転用したスポーツウォッチを展開しており、水泳用時計としても有名なメーカーの一つに挙げられます。

特徴はまさにGPS機能による自動カウント機能をはじめとした様々なデータ管理が付いている点と言えるでしょう。

パソコンとの連動機能を持った水泳用時計もあり、トレーニングデータを客観的に分析する事も可能となっています。

競技として本格的に取り組む方にとって、効率よくトレーニングを積む為に最適なメーカーと言えるでしょう。

機能性の豊富さがウリのガーミンですが、GPSは屋内プールではしっかりと計測が出来ない場合もあるのが注意点でしょうか。

GanRiver

続いてGanRiverの水泳用時計を紹介します。

手頃な価格感で多機能スマートウォッチが買えるという事で人気があるのがGanRiver製の時計です。

デザインも近未来的でスマートな印象を与えるものが多く、機能面においても過剰と思える程に数多く備えている時計が多いメーカーですね。

特徴は何と言ってもその価格。

GanRiver製の水泳用時計を他メーカーと比べた場合、非常に安価であると言えます。

スマートフォンとの連動機能を備えたタイプもあり、普段使いから陸上競技系スポーツや水泳まで幅広いシーンで使える時計が多いですね。

難点として、スマートフォンと連動させる場合にダウンロードするアプリを入れるとスマートフォンのバッテリー消費が非常に激しいという声があります。

スマートフォンと連動を考えている人は注意が必要ですね

G-SHOCK

最後にG-SHOCKを紹介します。

もはや、ダイバーズウォッチの定番と言えるG-SHOCKです。

特徴は名前の通り頑丈さと防水性にあると言えるでしょう。

万が一G-SHOCKを付けたまま、泳いでいた腕が硬い場所に当たってしまったとしても壊れる可能性は極めて低く、深く潜ったとしても問題の無い防水性を備えた時計です。

価格帯としては、少し高くなってしまいますが加速度センサーを備えたタイプもあるため機能面も求める場合は検討しても良いかもしれません。

基本はカウントやラップ計測は手動になる事が多くなりがちなG-SHOCKですが、耐衝撃と防水性においては他メーカーと比べても頭一つ出ている印象です。

タフな環境で水泳をする方や、機能面より安心して長く使える水泳用時計をお探しの方におすすめのメーカーです。

注意点としては、どちらかと言えばゴツい見た目でしっかりとした腕時計タイプが多いためジムなどで禁止されている場合はまず使用出来ない時計です。不安な方は使用施設で確認をしっかりとしてから購入を検討してください。

スポンサードサーチ

水泳用時計の人気おすすめ10選!

上記で紹介したおすすめメーカーも取り上げながら、水泳で使用できるおすすめ時計を10点紹介していきます。

防水機能やトレーニングサポートだけではない、スマートフォンとの連携もできる新型時計にも注目したので、シンプル機能から多機能まで好みの腕時計を見つけてみてください。

素材 シリコン、化学強化ガラス
ブラック、ホワイト
防水性 5ATM

心拍数・泳いだ距離・スイム効率など様々な情報を記録

ガーミンのスイム専用腕時計ですが、手首に装着して水泳している間に様々な情報を記録・更新していく機能に長けています。

手首から計測できる項目は、水泳時の心拍数・泳いだ距離・ストローク数などを全て数値化される上に、SWOLF(スイム効率)も測定されます。

タイムを競うだけでなく、泳ぐペースを維持するために必要なドリル練習を計測する機能も搭載されています。記録された数値は、ガーミンコネクトでのオンラインコミュニティで無料で分析が可能であり、個人に合わせてカスタマイズされたワークアウトの生成にもつなげられます。

素材 シリコン、ポリカーボネート、アルミニウム
ブラックストレート、ブルーシルバーなど4種類
防水性 50m

充実した生活を送るために心身を計測

ガーミンのvivosmart4には、水泳をはじめとしたフィットネスをサポートするアイテムになってくれます。

腕時計は薄型で防水機能に長けており、フィットネスとウェルネスの両機能を搭載することで、より健康的な活動に結び付けられます。

主に、心拍数を計測し、水泳やランニングなどの有酸素運動のアクティビティタイマーも搭載しています。また、1日のストレス計測やリラックスタイマーとしての機能もあるので、装着者の心の面にも寄り添ってライフスタイルのフォローも行ってくれます。

そのため、活動に適したタイミングだけでなく、休息を必要とするタイミングも通知します。

GanRiver スマートブレスレット カラースクリーン

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
重量 23g
ブラック、ブルー、レッドなど7種類
防水性 IP68等級

記録された毎日の運動量を追跡できる

腕時計型スマートウォッチになるガンリバーのブレスレッドであり、記録された毎日の運動量を追跡できる機能が搭載されています。

運動におけるカロリー消費・運動距離などを随時記録されますが、スマートフォンとペアリングさせて運動データを専用アプリで同期できます。

水泳など水中で使用しても可能な防水機能も採用されており、熱い湯で使用する以外であれば取り外し必要はありません。また、本体裏側のセンサーのライトで体中のヘモグロビンに光を当てて、血流状態から心拍数や安静時における心拍数を過去4時間にまで遡って記録できるので、県子管理にも適しています。

素材 樹脂、アルミ、無機ガラス
ブラック
防水性 20気圧

基本性能をさらに追及した新スタンダードモデル

耐久性の高さで有名なG-SHOCKの中でも、基本機能を追求した新スタンダードモデルになっています。

水泳など水中で使用するにも20気圧防水による安心感があり、世界6局の標準電波を受信して時刻を自動修正する機能も標準搭載されています。そのため、水泳時の装着はもちろんのこと、タイム計測を行うアイテムとして使用する人も多いです。

外観はG-SHOCKらしい大型ケースになってはいますが、モード切替に必要なボタン操作も大型で扱いやすいこともポイントの1つになります。

また、ライトには発光時間の切り替えが行える白色高輝度LEDで視認性と照度にも長けています。

素材 樹脂、無機ガラス
ブラック
防水性 20気圧

60本のラップタイムをメモリー保存

G-SHOCKのシリーズの中で、水泳・モトクロスなどタイムを競う競技で数多くの支持を受けるLスペックです。

日々のトレーニングにおけるタイム計測を記録できるようラップ計測機能を充実させ、計測タイムを60本記録できるメモリーを搭載しています。

加えて、運動シーンなどで煩わしい時計操作をする必要がないよう、腕を傾けるだけで発光する高輝度のオートLEDライトで照らしてくれます。

Lスペックはエクストリームスポーツシーンで活躍するアスリート向けのモデルとして有名でもあり、常にタフなスポーツシーンに映えるデザインと実用的なスペックを両方備えた1本になっています。

素材 グラスファイバー、強化ポリマー
ブラック、ホワイト、レッド
防水性 WR30

様々な検出データを自動記録

ポラールのバンテージMは、水泳トレーニングで常に意識しておきたい心拍数・泳法・距離などを、自動的に検出と記録を行います。

特に、泳いだ距離と泳法によるストローク数については、オープンウォータースイミングでも記録されるので、環境や状況に左右されずにデータを収集してくれます。

スポーツウォッチの多くに搭載されている血流検知については、今まで搭載されていた緑色LEDに赤色LEDも採用した合計9個のLEDセンサーで、深層の血流も検知できるようになりました。

高精度GPSと光学式心拍センサーを同時使用で、最大30時間の記録が可能できる容量も確保されています。

素材 シリコン、グラスファイバー、ポリカーボネート
ブラック、アイボリーホワイトなど4種類
防水性 30m

タッチスクリーンで簡単に画面操作

ポラールのA370は、手首に装着するだけで心拍数・1日の歩数・消費カロリーを計測する正確さが大きな特徴です。

水中での使用においても30m防水性能を施しており、常時トレーニングで装着していても邪魔にならないスマート設計になっています。

時計の操作はカラータッチスクリーンで、素早く画面の切り替えを行えます。
トレーニングで使用するにあたっては、ポラール独自のトレーニング機能を搭載し、腕時計からのトレーニングガイダンスにより効率的に取り組めます。

運動後の疲れを取り除く睡眠についても、PolarSleepPlusにより睡眠の質をさらに高めるための分析機能で把握できます。

CASIO 腕時計 スタンダード HDA-600B-7BJF

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
素材 樹脂
ブラック
防水性 10気圧

レトロ感があるスタンダードモデル

カシオの水中装着・使用に支障がないスタンダードモデルですが、腕時計の外観としてはセレクトショップで取り扱いがあるほどのレトロな腕時計タイプとして人気が高いです。 

重厚感ある黒のフレームにアナログ式のおしゃれな雰囲気を味わえる腕時計で、年齢や性別を問わずに幅広くおすすめできます。

見た目によらず20g未満の超軽量で頑丈でもあり、10気圧防水で水中での使用に臆することもありません。

水泳といったトレーニング用としてだけでなく、家事による水仕事が多い人が装着したまま使用しても問題がないよう、日常的に問題なく装着を続けることが可能です。

素材 樹脂
ブラック
防水性 10気圧

女性・子供に装着しやすいシンプルデザイン

カシオのダイバールックは女性用・子供用として装着しやすいシンプルなデザインで提供されています。

女性や子供が装着しても負担がない軽量スタイルで、水仕事や水泳にも支障がない10気圧防水になっています。スキューバダイビングでは使用を避けるべきですが、水泳などでの瞬時にかかる水圧に関しては、極端に神経質になる必要はありません。

時計盤はサーモンピンクで、時計針には夜間の視認性に問題がないよう蓄光塗料を施した夜光機能になっています。ただし、あくまで蓄光塗料のため、長期使用に伴って夜光機能は徐々に減退していくことは考慮に入れてください。

重量 40g
ブラック
防水性 5ATM

トレーニング指数と疲労指数の把握で健康管理

Iwonfitの新型スマートウォッチであり、水泳・ランニングなどのトレーニング指数だけでなく、心拍数の変動から疲労指数の計算もされます。

トレーニングに関してはストップウォッチやタイマーとして使用できるだけでなく、搭載された10種類のタイミングモードで運動目標に必要な正確な時間設定も行えます。

装着によって疲労度合も記録されますが、トレーニングと関連付けて運動のダメージを避けられるよう、一日の身体状況を把握しやすくします。

時計に蓄積された記録は、スマートフォンとも接続可能であり、専用アプリを使用することでスマートウォッチ1つで連絡機能も管理できます。

まとめ

ウォーキングやランニングに次いで、水泳は有効な有酸素運動の一つですが、様々な機能を搭載している時計を装着することで、トレーニングの質を上げられます。

タイム計測・健康管理など必要とする機能を吟味して、トレーニングに適した腕時計を探してみましょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定