あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
swimming

水泳の上達にはパドル?パドルの人気おすすめ10選から使い方まで紹介

スポシル編集部

公開日 :2018/09/27

更新日 :2020/08/09

水泳を上達させるにあたり、必須のアイテムであるパドル。

筋肉強化や、正しいストロークをするのを助けてくれるアイテムです。この記事ではそのパドルの選び方のポイント、人気のメーカーなどを紹介しています。

メーカーさんや初心者の方用、上級者の方向け用でも重視している性能が違うため、ぜひご自身にあったパドルを見つけて、上達に役立ててください。

どのパドルを選んでいいのかわからない方のために、おすすめ10選も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

水泳用のパドルとは

出典:amazon.co.jp

水泳用のパドルとは、水をかくために手のひらに取り付けて使う、水泳の練習用の用具のことです。

パドルの語源は英語のpaddleで、英語のpaddleの意味にはカヌーを漕ぐときの擢(かい)や、かいで漕ぐこと、又は、かい状のものを表します。

パドルには穴があるもの、ないもの、形状がプラスチック製の板、またはグローブ製、シリコン製で指に装着するものなどいろいろな種類があり、水泳ストロークの筋力アップ、そしてその水泳者にあった理想的なストロークを実現させる手助けをしてくれます。

水泳の練習にパドルを使うと得られる効果

水泳の練習をする上でかかせないであるパドル。

水泳を本格的にやりたい方には必須のアイテムです。そんなパドルを使用することによって得られる、本格的にやりたい上級者の方だけでなく初心者の方も押さえておきたい効果を、以下の3つのポイントから解説します。


  • 水を掻く感覚を掴める

  • ストロークの技術練習

  • 筋力強化

水を掻く感覚を掴める

パドルをつけることで、水を掻く面積を広くすることができます。

そのため水を掻く力は大きくなりますが、掻く間隔を感じることができるようになります。特に、感覚が鈍感な小指の方にも相応の負荷がかかるため、手のひら全体の感覚をつかみやすくなります。

どのように水をとらえるかによって、手のひらでの水の感じ方が異なるため、この感覚をもとに手のひらの動きを効率的にして行けば、泳ぎのテクニックを向上できます。

ストロークの技術練習

パドルをつけると掻く面積が大きくなるため、推進力が大きくなります。

そのため水泳において重要である、”伸び”の感覚をつかむことができます。また、入水して水をかく寸前の動作、キャッチの感覚もつかむことができます。

パドル使用時、入水時の角度がおかしければ、パドルと指の間に水が入り取れそうになります。取れないような角度を練習して見つけることで正しいストロークの仕方を学ぶことができ、上達につなげることができます。

筋力強化

パドルを使う主な目的は上記に記したとおりですが、パワーアップをはかる目的でも使われます。

パドルを取り付けることで水の抵抗力が大きくなるため、ストローク時に、より大きな力が必要となります。そのため筋力のパワーアップをはかる目的で使用することができます。

パドルには色々な種類がありますが、比較的面積が広い構造のパドルや、曲面を持たせた構造のバドルなどは、水をしっかりつかむことができると同時に水の抵抗も大きくなるため、パワーアップ増強により重点を置いた用具と言えます。

スポンサードサーチ

水泳用パドルの選び方

水泳時に使用することで様々なメリットが期待できるパドル。

そんなパドルを実際に購入する際、これだけは外せないというポイントをいくつか紹介します。ぜひご自身にあったものを見つけて、効果を実感してくださいね。


  • サイズで選ぶ!筋肉に合わせて選ぼう!!

  • 種類で選ぶ!目的に合わせて選ぼう!!

サイズで選ぶ!筋肉に合わせて選ぼう!!

まずはサイズでパドルを選んでみましょう。

筋力アップが目的であれば特にサイズは気にしておきたいポイントです。
サイズが大きければ大きいほど水を多くつかむことができますが、その分パワーがないと水を書くことができません。

パワーアップを行いたいからといっていきなり大きなパドルを選ぶのではなく、徐々に大きくしていってパワーアップを図りましょう!

種類で選ぶ!目的に合わせて選ぼう!!

パドルには目的に応じた種類があります。

指先で水をキャッチする感覚を得るためのパドルやキャッチした水を全身でかくためのパドルなど、様々です。

また、布製で手袋のように装着するパドルは、泳いでいる時にも外れることがないためおすすめです!

水泳用パドルの人気おすすめメーカーを紹介!

さまざまなメーカーで製造、販売されているパドル。その中でも特におすすめのメーカーをいくつか紹介します。

メーカーによって重視している性能が違うため、ぜひこの記事を参考にしてご自身にあったものを購入してくださいね。


  • スピード

  • アリーナ

  • ミズノ

  • SOLTEC-SWIM:(ソルテックスイム)

スピード

スピードからはキャッチの強化やストロークフォームの向上を狙ったパドルが販売されています。

手にフィットするような形状をしているため、使用感も良いです。ストロークのフォーム確認やキャッチの強化を図りたい方におすすめのパドルです。

アリーナ

アリーナのパドルもキャッチやストローク強化向けのパドルが特徴的です。

しかし、パドルが平らになっているため、使用感はやや低いです。手袋のようにはめる布製のパドルもあるため、泳いでいる時に外れることがなく、パドルが割れる心配もないため、安心して使うことができます。

ミズノ

ミズノのパドルはキャッチに特化しております。

不思議な形をしたパドルは長時間の使用にも適したつくりになっており、ひたすらキャッチの練習をおこないたい方におすすめです。

ゴムチューブをさす穴も複数あるため、自分にあったポジションでパドルをつけることができます。

SOLTEC-SWIM:(ソルテックスイム)

SOL INTERNATIONAL株式会社は、ソルテック・スイムをブランド名として水泳での特化した商品を幅広く展開しているメーカーです。

水泳用品・トレーニング用品の輸入専門店であり、日本初の水泳選手向けトレーニング用品の開発にも取り組んでいます。

ハンドパドルから定番のストロークメーカーまで、幅広いラインナップを取り揃えており、泳法やレベルにあったパドルを選ぶことができます。自分で色をカスタマイズできる商品もあり、自分好みの商品を見つけやすい事が魅力であるメーカーです。

スポンサードサーチ

水泳用パドルの正しい使い方

水泳用パドルとは、一般的にはプラスチック製の板で手のひらがすっぽりと隠れるくらいの大きさで手に装着するためのゴムが付いている、プル練習用のアイテムの1つです。

水泳ストロークの筋力アップ、そしてその水泳者にあった理想的なストロークを実現させるための手助けをしてくれます。

ただ、パドルは手の向きがいい方向を向いていても悪い方向を向いていてもある程度の推進力がえられてしまうため、普段よりも掌の向きに気を付けて泳ぐことが重要です。正しくは動画を参照してください。

水泳用パドルの人気おすすめ10選!

選び方や人気のメーカーはわかったけど結局どの商品を購入すればいいのかわからない...という方のために!

パドルの人気おすすめ10選を紹介しています。
この商品を購入しておけば間違いなしの商品ばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

サイズ #0(パープル):ジュニアサイズ 小学生用、#1(ライトブルー):中学生以上/成人スイマー用、#2(イエロー):中学・高校生以上の競技レベルスイマー用、#3(レッド): 競技レベルスイマー用。(アメリカ製従来品)、#4(ネイビー):競技レベルスイマー用。(アメリカ製従来品)、#05(オレンジ):高学年〜中学生スイマー
素材 >パドル:プラスチック樹脂 ゴム:天然ゴム

長年愛されてきたパドルの定番品

スイマーのレベルに関わらず、長年みなさまに愛用されているオールマイティーなパドル定番品です。

20年間に渡りアメリカ、日本を始め世界中の多くのスイマーの基礎づくりとして愛されてきたストロークメーカーパドルがリニューアルしたモデルです。

日本国内で生産開始することで、従来品に生じていた歪みやズレをほぼ完璧に取り去り、さらに優れたものとなりました。米製元祖パドルと同じく、全4泳法のストローク練習に使用可能で、ストロークの基礎作りと筋力作りに最適です。

サイズ W14.5×H12cm
素材 ABS樹脂

水のキャッチ感覚を育てる画期的パドル

指先を含む手全体での水のキャッチ感覚を育てる、画期的なフィンガーパドルです。

親指から小指まで5本の指をすべてカバーすることで、水のキャッチ感覚を鍛えます。固定用のゴームはストロークメーカーNEOと同じゴムを使用できるように設計されているため、柔らかい天然ゴムでストレスなく固定できます。

またストロークメーカー使用時ほど腕肩に負荷をかけたくない時にもおすすめのパドルです。カラーバリエーションも8色あるため、カスタマイズして自分だけのパドルを作ることができます。

サイズ S(ブルー)=全長13cm/M(レッド)=全長15cm/L(グリーン)=全長17cm
素材 (本体)エラストマー、(固定用ゴムチューブ)天然ゴム

森隆弘選手とのコラボ開発で実現したモデル

元五輪代表の森隆弘選手とのコラボ開発で実現したパドルです。

ストローク中の手のポジションが傾くと、パドルが横向きに滑ってしまい水がかけなくなる事を利用してプルフォームを整えるパドルです。

自分にあったストローク、体重移動の確認、ハードトレーニングセットとして使用することで、自分自身の泳ぎの感覚や体の使い方を身に着けることができます。また、先進のプラスティック素材=エラストマーを採用しているため、手になじみやすく、ラバータッチがより安全で安心して使うことができます。

FINIS(フィニス) 水泳 ISOハンドパドル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S,M
素材 ABS樹脂

二通りの使用法!さまざまな効果が期待できるパドル

ゴムストラップ無しのアイソパドルは、パドルを左右入れ替えて装着することで、二通りの使い方をすることができます。

具体的には、右手はイエロー、左手はグレーを装着することで、上腕三頭筋、僧帽子を集中的に鍛えてフォレンジック修正につなげることができます。

右手はグレー、左手はイエローを装着すると、胸部筋、二頭筋、三角筋を集中的に鍛えることができます。メモリーポジティブテックニックという正しいストロークをマスターする事で、ストラップ無しでも手の中に収まる仕組みになっているため、自然に正しいストロークができるようになるのが魅力です。

MIZUNO(ミズノ) エクサーフィンガーパドル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S(107×148mm)/M(121.5×168mm)L(136×188mm)
素材 ABS樹脂

大手スポーツブランド、ミズノのフィンガーパドル

大手スポーツブランド、ミズノのフィンガーパドルです。

5本の指と掌で水をつかむ感覚を身に着ける事を目的に作られており、肘や肩への負担が少なく、スムーズに水をキャッチできます。特に入水からキャッチを磨くのにおすすめです。

長時間使用しても疲れにくい、手にフィットする設計になっています。そのため長時間練習することができ、パワーアップにもつながります。往来のフィンガーパドルよりもコンパクトであるため、使用しやすいという声も多いです。

サイズ L
素材 ポリエチレン

大きな穴が特徴のハンドパドル

中央に空いた大きな穴が特徴的なハンドパドルです。

パドルの板面で水をしっかりとらえながらも手のひらに水を感じることで、普段の感覚を損ないにくい形状になっています。
サイズはM、Lの、2サイズ、カラーバリエーションはピンク、黒の2色展開です。

大きさが大きい場合があるので公式サイトの際すん方法に従い、しっかりと採寸してから購入することをお勧めします。また、素材が柔らかい素材ではないため、市民プールなどに持ち込みできないことがあります。こちらもしっかり確認することをお勧めします。

Speedo(スピード) BioFUSE フィンガーパドル

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブラック
サイズ F

グリップ力抜群のフィンガーパドル

Speedo最先端の人間工学を踏まえ開発された、Speedo バイオフューズシリーズの商品です。

手の指先部分に装着することでストロークに負荷がかかり、しっかりと水をとらえる感覚がよりわかりやすくなります。

指先にフィットする構造がグリップ力を向上させてくれるため、力を正しい方向に流すことができます。軟性資材と一体化したフィンガーパドルであるため、けがの心配も少ないです。ブラック×クリアグリーンの新カラーリングを採用しています。

ブラック/ブルー
サイズ S~L

ウェットスーツ素材のパドリンググローブ

安全なウェットスーツ素材のパドリンググローブです。

プラスチック等とは異なり繊維素材ですので、肌あたりが柔らかく、また周囲の方へけがをさせてしまう心配もありません。

市民プールなどでも着用可能なことが多いです。強力な推進力を発生させるオープンタイプのパドルグローブであるため、装着して泳ぐことによってパドル筋の強化を図ることができます。

水泳、サーフィン、ボディーボード時などのパドリング力をアップさせ、遊泳速度の強化が可能となります。また、パドルグローブの手首はマジックテープでしっかり固定でき、着脱も簡単です。

サイズ F
素材 ポリプロピレン

世界基準のトレーニングパドル

世界で戦うスイマーになるために、最高峰のサポートグッズを開発するという目的で作られたこちらのモデル。

柔軟性のあるパッドで水を掴む感覚を得やすく、レース時に近いストロークピッチで練習ができる軽量のパドルです。

さらに、裏側のくぼみで水を大きく捉えることができるので、パワートレーニングにも最適。ムダな手首の返りを防止した形状にもなっており、テクニックの向上に適した世界基準のトレーニングパドルです。

ブラック/オレンジ
サイズ S170mm×120mm(子供用)M185mm×128mm(女性用)L210mm×140mm(大人用)

水切りのシャープさが特徴!安定性抜群なパドル

手のひらに沿った湾曲形状でズレ難く、力がしっかり伝わるため、ゆったりとしたストロークでも驚異の推進力を生み出してくれます。

厚み3mmの樹脂製で水切りのシャープさが特徴で、抵抗が少なく、お子さまの腕力でも体への無理な負担がありません。

無駄な水流は受け流し、直進安定性を重視したフィンが綺麗なストロークを作るのを助けてくれます。また、固定用のチューブはずれにくく、しっかり固定してくれます。始めたばかりの小さなお子様にお勧めの商品です。

スポンサードサーチ

水泳練習用具の売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?

水泳用パドルの選び方や各メーカーが販売するパドルの特徴を紹介しました。
目的によって選ぶパドルが大きく異なってきます。

この記事を参考にぜひ自分にあったパドルを見つけてくださいね!

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定