あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
swimming

平泳ぎを泳ぐためのコツを紹介!上手に泳ぐための方法を徹底解説!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/24

更新日 :2019/03/14

4泳法の中で一番簡単で疲れにくそうに見える泳ぎが平泳ぎですよね。しかし、いざ泳いでみるとかなり難しい泳ぎであることがわかると思います。
そこでこの記事では平泳ぎのコツを紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

平泳ぎは泳法の中でもっとも難しい?

個人による違いはありますが、結論からいうと、平泳ぎは4泳法の中でもっとも難しい泳ぎと言っても過言ではありません。
特にストロークとキックのタイミングを合わせるのが難しいと感じる方が多いのではないでしょうか?

しかし、他の泳法と共通する動作もあるため、難しいと言っても、コツをつかめば泳げるようになります!
以下では練習の仕方なども紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください!

平泳ぎのコツを順を追って解説!【ストローク編】

キャッチ

平泳ぎに限らず、ストロークには3つの手順があります。
ここでは平泳ぎのストロークの手順とポイントを紹介紹介していきます。

キャッチはストロークで一番最初に行う動作で、次の動作であるプルにつながる大切なポイントになります。

キャッチを行う際は小指と薬指を意識してみましょう。少し力を入れてみるのも良いかもしれません。
この時、肘を立たせることも意識してみてください。そうすることで、プルをスムーズに行うことができます。

プル

次にプルです。
プルにはアウトスイープとインスイープがあります。
アウトスイープでもっとも意識したいポイントは肘を立たせることです。肘を立たせることで、しっかり水をつかむことができ、推進力をうむことができます。
また、肘を立たせることが難しい方は手のひらの向きに注目してみてください。手のひらが自分の体の方向を向いていればしっかりと水をつかむことができます。

インスイープでは脇を閉める、または肘を中に入れることを意識してみてください。この時、上半身は起こしすぎないようにしましょう。
上半身を起こしすぎると、腰が落ちてしまい、体全体が沈んでしまいます。

キャッチからプルの動作は、アウトスイープまでバタフライと同じです。そのため「バタフライは泳げるけど平泳ぎは苦手」と言った方は途中までバタフライのストロークを意識してみると上手にできるかもしれません!

リカバリー

最後にリカバリーです。
リカバリーはプルで掻いた手を前に戻す動作になります。
アウトスイープが終わったら脇を閉めた状態で両手を前に突き出しましょう。
この時、肘は必ず水中に入っているかを注意してください。
ポイントとして、手をだけを突き出すというよりかは、上半身ごと前に向かう感覚で行ってみると上手にできるかもしれません。

スポンサードサーチ

平泳ぎのコツを紹介!【キック編】

ここでは平泳ぎのキックについて以下を解説します。

  • 足首と股関節をやわらくしよう
  • 足を引く際のポイント
  • 蹴る際のポイント
  • キックの注意点

足首と股関節をやわらくしよう

前提として、平泳ぎのキックには足首と股関節の柔らかさがポイントになります。
可動域が広ければ広いほどキックでのキャッチが行いやすいです。
そのため、キックのポイントを抑えながらも足首と股関節を柔らかくするストレッチも行っていきましょう!

足を引く際のポイント

足を引く際はかかととかかとが軽く触れている状態で膝を曲げます。この際、無理にかかとをくっつける必要はなく、かかとが脚の付け根に近づいてきたら徐々に離してしまって大丈夫です。

ポイントとしては、しっかりと脚を引ききることです。推進力を高めるためにも、中途半端に足を引かず、お尻まで引きましょう。

蹴る際のポイント

水を蹴る際は脚をムチのようにしならせるような感覚で行ってみてください。
その際、足首部分だけで蹴るのではなく、脚全体で水を蹴る感覚を意識しましょう。
キックのフィニッシュ時には足を伸ばしきり抵抗をなくしましょう。

キックの注意点

あおり足

あおり足とは、平泳ぎのキック時に足が伸びている状態をさします。あおり足だと水を足の裏でなく足の甲で蹴ってしまい、推進力がかけてしまいます。

そのため、平泳ぎのキック時には足がしっかりと曲がっているかを確認してみてください。
足首が硬いと足首を曲げるのが難しくなります。そのため、平泳ぎのキック上達のためには足首が柔らかくしておきましょう!

フィニッシュ時のキック

平泳ぎのキックのフィニッシュ時に注意して欲しいポイントがドルフィンキックを打っていないかです。
キックのフィニッシュ時は足を伸ばし静止させましょう。

キックを打つことで推進力を高めることができますが、ここでキックを打ってしまうと泳法違反になってしまいます。
どんなに良いタイムが出ても記録が残らなければ意味がありません。そのため、フィニッシュ時にドルフィンキックを打ってしまわないよう注意してください。

平泳ぎの息継ぎのポイントを紹介!

息継ぎ時は顔を立たせすぎない

息継ぎの際は顔を立てすぎないようにしましょう。顔を立てすぎると上半身も立ってしまいます。
そうなると腰が沈むと同時に体全体も沈んでしまい、息継ぎができなくなってしまいます。
そのため、息継ぎの際は顎を引いた状態で、目線だけ前を向きましょう。

口で吸って鼻ではこう!

呼吸のは口で吸って鼻ではくことを意識してみてください。
鼻ではく際は、一瞬で終わらせるのではなく、リカバリーで手を前に伸ばすと同時に行ってみましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
平泳ぎのポイントをストロークとキックに分けて解説しました。
この記事で紹介したポイントを抑えていたとしてもすぐには上達しません。練習を重ねることが大切です。
そのため、すぐにできるようにならなくても、安心して練習を繰り返してください。

また、水中だけで行うのではなく、陸で鏡を見ながら自分のフォームを確認することも大切です。
フォームに自信がない方はぜひ実践してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定