あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
swimming

水泳の個人メドレーのコツを紹介!ペース配分も考えよう!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/24

更新日 :2019/03/14

個人メドレーについて、基礎知識やルールを紹介していきます。
個人メドレーに関するちょっとした疑問なども紹介しているため、気になる方はぜひ目を通してみてください。
また、コツなども紹介するので、水泳初心者から中級者までぜひ読んでいただきたい内容となっております!

目次

スポンサードサーチ

そもそも個人メドレーとは?

4泳法を泳ぐ種目

個人メドレーとは4泳法を連続で順番に泳ぐ種目です。
距離は200mと400mあり、それぞれ50m×4種目、100m×4種目となっています。

個人メドレーはIMと略されることが多いですが、あまり理解をせずいIMと言っている方も多いでしょう。
正式な名称はIndividual Medleyと呼ばれ、日本語訳でそのまま個人メドレーとなります。

IMについて疑問に思っている方がいたらぜひ教えてあげてくださいね!

個人メドレーの順番は?

個人メドレーの順番はバタフライ・背泳ぎ・平泳ぎ・自由形となっております。
メドレーリレーの順番とは異なっていますが、メドレーリレーは引き継ぎの関係で背泳ぎが一番最初に来ていると言えるでしょう。

個人メドレーのルールは?

個人メドレーのルールとして、それぞれの種目は順番ごとに泳がなければなりません。

また、個人メドレーの自由形は、自由と言ってもバタフライ・背泳ぎ・平泳ぎ以外の泳法で泳がなければなりません。犬かきなどで泳ぐこともできますが、やはりクロールがもっとも早泳法とされているため、個人メドレーの自由形ではクロールを泳ぐ方がほとんどでしょう。

個人メドレーのコツを紹介!

すべての種目で全力は効率が悪い?

すべての種目を全力で泳いでいると、最後のクロールではばててしまいますよね。
そのためすべての種目をフルパワーで泳ぐことはおすすめできません。

キックを頑張る種目、プルを頑張る種目といった風にそれぞれの泳法において頑張るポイントを使い分けて泳いでみてください。

得意な種目を伸ばそう!

不得意な種目を得意にするのは難しいですよね。
そのため、不得意な種目を無理に得意にするのではなく、まずは得意な種目を伸ばすことから考えてみてください。
得意な種目はより省エネで効率的に泳ぐ方法を模索して、他の選手との差を一気に伸ばしましょう。

不得意な種目は並までもってこう!

前述しましたが、不得意な種目を得意にすることは相当難しいことです。だからと言って不得意な種目をそのままにしていたらタイムの向上も限界がきてしまいます。
そのため、まずは不得意な種目を波くらいのレベルにするための練習をしましょう。

気持ちとしても不得意な種目をいきなり得意にするには気が乗りませんよね。
あまり気負わず練習をするのも大切です。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
個人メドレーについて、基礎知識やルール、ちょっとしたコツを紹介しました。
コツはもちろん、ルールもしっかりと押さえて個人メドレーの記録を残してください。
効率よく泳ぐことを目指して日々の練習を頑張ってくださいね!

 

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike