あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
swimming

水泳におけるバックのコツを紹介!上手に泳ぐためのポイントはタイミング??

スポシル編集部

公開日 :2018/10/24

更新日 :2019/03/14

バックを泳ぐコツを解説していきます。
プルとキックのコツだけでなく、タイミングや浮き上がりの際に注意したいポイントなども紹介しているため、バック強化やバックに挑戦してみたいという方はぜひ最後まで読んでみてください!

目次

スポンサードサーチ

バックとは?

水泳でよく言うバックとは背泳ぎのことを指します。競泳界では背泳ぎというよりもバックというケースが多いため、知らなかった方は覚えておきましょう!

バックのコツを紹介!【ストローク編】

ここではバックのコツをそれぞれのパートに分けて紹介していきます。

エントリー

エントリーは手が入水する動作を指します。
エントリーは手のひらが外に向いた状態で、小指から行います。

キャッチ

キャッチは手の入水後の動作を指します。
入水後、キャッチする際は小指と薬指に軽く力を入れ、進行方向とは反対の方向に手のひらを向けてください。

プル

プルはキャッチ後に行う、水をかく動作になります。
この時、肘をしっかりと立てましょう。

また、肘を立てると肘の位置が体よりもしたの位置にきます。この時に体をひねらないでプルを行ってしまうと、肩を痛めてしまう原因にもなるため、必ず上体をプルの行っている方向に傾けてください。
この体を傾ける動作をローリングと言います。

プッシュ

プッシュはプルの後に行い、プルでかいた水を進行方向とは逆の方向に押し出す動作を指します。
プッシュはしっかりと水を押し出すために腕を完全に伸ばしきりましょう。

リカバリー

リカバリはープッシュ後に行う、手を前に戻す動作を指します。
親指を上にした状態で水から手を抜き、手を前に戻します。この後はエントリーに戻ります。

リカバリー時は反対側の手がプルを行っているため、リカバリー側の手は上に傾いています。
この時もしっかりとローリングを意識し、無理のないストロークを心がけてください。

スポンサードサーチ

バックのコツを紹介!【キック編】

キックは足の付け根から!

キックは足の付け根からおこないましょう。膝下だけでキックをうってしまっている方も少なくないのですが、膝下だけで行ってしまうと、キックの回数が増えて進まない上に余計疲れてしまいます。

そのため、足の付け根から動かし、膝を中心として鞭のようなしなるキックを意識してみてください。

膝を曲げすぎない

上記の鞭のようなしなるキックとかぶる部分ではありますが、膝は曲げすぎないようにしましょう。
膝を曲げすぎてしまうとふくらはぎが水の抵抗を受けてしまい、せっかく出たスピードを緩めてしまいます。

そのため、膝の曲げすぎには注意しましょう。

タイミングを合わせよう!

キャッチとキックは左右反対!

キャッチとキックを同時に行うことでタイミングを合わせていきましょう。
右手でキャッチした時に左足でキック、左手でキャッチした時に右足でキックする意識を持ってみてください。

最初は難しく感じますが、慣れてしまえば意識しなくともこのタイミングで泳げるようになります。

プッシュでリズムをとろう!

背泳ぎのリズムはプッシュでとりましょう。水泳においてリズムよく泳ぐことは呼吸を整えるという意味でも大切になってきます。

また、背泳ぎに限らず泳ぐ際はプッシュでリズムを取ることをおすすめします。

スポンサードサーチ

バックの浮き上がりはこうやれ!

まずはルールを理解しよう!

背泳ぎに限らないルールになりますが、スタート・ターン後の潜水(浮き上がり)は壁から15m地点までしか行ってはいけないというルールがあります。
そのため、いくら呼吸がもつからといって潜水を15m以上おこなってしまうと失格になってしまいます。

水面に出る前に一掻き!

浮き上がりで水面から手を出す際は、手が出る前に一かき入れ、勢いをつけましょう。
タイミングとしては片方の手がプッシュを行うのと同時にもう片方の手が水面から出るイメージです。

良い浮き上がりを行うためにも浮き上がり前の一かきは忘れないようにしましょう。

鼻で息をはこう!

浮き上がり時は水中で上を向いている状態になります。なにもしないと鼻に水が入ってしまい、鼻が痛くなってしまいますよね。
それを防ぐために浮き上がり時はしっかりと鼻から息を履きましょう。

まとめ

いかがでしたか?
背泳ぎのコツや浮き上がりに関して解説しました。水泳はプルとキックがそれぞれ単体で早くとも、タイミングを合わせることができなければスイムで良いタイムにつながりません。

そのため、プルとキックを強化するのに加え、タイミングを合わせる練習もしっかりとおこなってください!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike