あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
surfing

初心者におすすめのサーフィンロングボードを紹介!気になるメーカーも紹介!!

スポシル編集部
更新日 :2018/10/29

ここでは、サーフィンの初心者におすすめのサーフボード6選を紹介しています。サーフボードの種類によってそれぞれ特徴が違うため、選び方を間違わないためにも参考にしてください。

目次

スポンサードサーチ

初心者にはロングボードがおすすめ?

ロングボードのメリットとは?

ロングボードのメリットは、どのボードよりも安定することです。そのため、サーフィンの初心者向けのボードでもあります。
サーフィンは波の影響を受けやすいスポーツでもあるため、波が強すぎたり、弱すぎると楽しむことが難しいスポーツでもあります。

しかし、ロングボードならどのような波でも安定して乗ることができるため、小回りして楽しむ場合は以外は、ロングボードがおすすめです。一般的にロングボードは3m近いボードのことを示しています。

ロングボードのメリットとは?

上記の説明だけ聞くとボードを使えば楽しむことができると思いこんでしまう事もあります。サーフィン自体を楽しむことはできますが、持ち運びする際に苦痛を感じてしまう場合があります。

上記でも紹介したようにロングボードは3m近くの長さになるため、他のボードに比べると重さや持ち運びにくさはデメリットになります。ロングボードを購入しようと考えている人は、メリットだけではなくデメリットのことも把握しておくことで購入後に後悔することを予防できます。

結局初心者にはロングボードが良い?

上記のメリットデメリットを参考にすると、初心者の方にはロングボードが選ぶことをおすすめします。
デメリットである運びにくさは、複数で運んだり、ボードの持ち方を身につければさほど苦になりません。サーフィンの初心者の方は、まず波に乗る楽しさを体験することが一番なため、安定して乗ることができるロングボードがおすすめです。

初心者の中でも数回サーフィンを行った人は、ショートボードとロングボードの中間の長さのファンボードを選ぶこともおすすめします。ファンボードは、運びにやすく、ショートボードより安定するため、数回波に乗る感覚があれば乗りこさすことも可能です。

初心者におすすめのサーフボードメーカーとは?

ボルコム

ボルコムのメーカーは、サーフボードよりサーフィンで使用する水着の方が販売に力を入れているメーカーです。
その他のメーカーもサーフィン用の水着を販売していますが、ボルコムの水着ははっ水性の機能が付いています。そのため、海の中に入っても、濡れにくく、乾きやすいです。
サーフィンを楽しんだ後に休憩するために砂浜に座ることもありますが、水に濡れていないため砂が水着につくことがありません。着変えることが面倒な人はそのまま車に乗って変えることも可能です。すぐに帰りたい人におすすめの水着でもあります。

Rash

Rashはデザイン性が高いサーフボードを多く取り扱っています。サーファーにとってサーフボードは波に乗るためだけのアイテムではなく、ファッションアイテムの一つでもあります。

そのため、サーファーの中にはデザインでサーフボードを選ぶことも少なくありません。見た目から入りたい人はRashが販売しているサーフボードの中から選ぶことで、自分好みのサーフボードを見つけることが可能です。

また、サーフボードはそのまま使うのではなく、使いやすくそれぞれがアレンジする場合も多いため、おしゃれに決めたい人は購入後もよりおしゃれなボードにするように心がけましょう。

ビラボン

ビラボンの特徴は、サーフィン用のボードだけではなくスキーやスノーボードなどさまざまなスポーツで使用するボードを販売している大手メーカーです。
しかし、海外のメーカーであるため、日本でビラボンのサーフボードを使用している人は少ないです。

そのため、周りとは違うサーフボードを使用したいと考えている人はビラボンのサーフボードがおすすめです。全く入手することができないわけではないため、努力と辛抱次第で入手することは可能です。

大手メーカーが販売・開発をしているため、品質や性能を安心することができるメリットがあります。

スポンサードサーチ

初心者におすすめのサーフィンロングボード人気6選!

ロングボード9’0 クリアセット●サーフボード◆SCELL サーフィン

Amazonで詳細を見る

ホワイト 重量 9.8 Kg
サイズ 9’0(274cm)・22 1/4(56cm)・厚み2 3/4(6.9cm) 素材

ロングボード9’0 クリアセット●サーフボード◆SCELL サーフィン 初心者7点SETのおすすめポイント

  • 波乗りを「楽しめる」「続けられる」といったテーマを基にシェイプ歴30年の東島善寿が監修したボード
  • 誰もが楽しめるように乗りやすさを追求しクラシックなアウトラインに若干ロッカーをつけることにより操作性が向上
  • 9フィートで短めのロングボードなので扱い易い

ロングボード9’0BD赤 初心者8点セット●サーフボード【SCELL】

Amazonで詳細を見る

ホワイト 重量 9.8 Kg
サイズ 長さ 9’0(274cm)幅 22 1/4(56cm)厚み2 3/4(6.9cm) 素材

ロングボード9’0BD赤 初心者8点セット●サーフボード【SCELL】のおすすめポイント

  • バフ仕上げ(ポリッシュ加工)で美しいフォルム
  • イージーなテイクオフを実現しつつ機動性も追及した初心者から中級者向けのロングボード
  • 誰もが楽しめるように乗りやすさを追求し早いテイクオフと操作性を実現

ESSENCE SURF BOARDS エッセンス サーフボード SOFT BOARD 8’0

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ピンク/ターコイズ 重量 3.85kg
サイズ 8’0″×23″×3_3/4″ 素材

ESSENCE SURF BOARDS エッセンス サーフボード SOFT BOARD 8’0のおすすめポイント

  • ぶつかっても怪我をしづらい
  • キッズやスクール、初めてサーフィンを始めるときに最適なソフトボード
  • 中上級者なら、小波の時の遊び用の1本としてもオススメ

【ソフトボード】FROW 9’0 青●ロングボード SOFT サーフ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブルー 重量 9.8 Kg
サイズ 長 274cm ・幅 58cm ・厚 8cm 素材

【ソフトボード】FROW 9’0 青●ロングボード SOFT サーフのおすすめポイント

  • 浮力がかなりあるのに軽いので女性や子供でも楽々パドル
  • ボードコントロールが出来ない初心者の方の練習に最適
  • 柔らかい素材で軽いので安全性が高い

WOWSEA サップ インフレータブル スタンドアップパドルボード 2人乗

Amazonで詳細を見る

ブルー 重量 140-150kg
サイズ 10’6 (320cm)×32″ (81cm)×6″ (15cm) 素材

WOWSEA サップ インフレータブル スタンドアップパドルボード 2人乗のおすすめポイント

  • 付属の手動ポンプで空気を入れて膨らませて(推奨圧力:12-15psi)、そしてセンターフィンを装着するだけの簡単組み立て
  • ゴムボードと同じ材質なので、万が一ぶつかってもケガの少ない安心構造
  • パドルボードの空気を抜きクルクルと折畳み、コンパクトで持ち運びも簡単で、収納にも場所を取らない

サーフボード ラハイナ/LAHAINA 7’2 ファンボード グリーンマーブル

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

グリーン 重量
サイズ 21.4cm×52.1cm×6.67cm 素材

サーフボード ラハイナ/LAHAINA 7’2 ファンボード グリーンマーブル 初心者から中上のおすすめポイント

  • PUフォームからEPSフォームに素材の変更を行い、軽量化、強度アップ、操作性の向上させました
  • 昨年のモデルより扱い易くなったLahaineサーフボード

まとめ

サーフィンの初心者の人が快適にサーフィンを行うためには、ボード選びが重要です。そのため、それぞれのボードの特徴をしっかり把握してからサーフボード選びをしましょう。ここでは、初心者向けのサーフボード6選を紹介しています。サーフィンの初心者の人はぜひ参考にしてください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike