あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
surfing

サーフィンにおすすめのGoProを紹介!撮影方法も徹底解説!!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/29

更新日 :2019/05/15

goproはアクションカメラとして、サーフィン中の撮影や水の中での撮影で大活躍します。高画質の4K動画が撮影でき、静止画も最新iphone並みに綺麗です。手持ちの撮影はテクニックを必要としますが、手軽で始めやすいメリットがあります。

目次

スポンサードサーチ

GoProの撮影方法とは?

手持ち

goproをハンドグリップで使うことで、落下するリスクが減り、安定性が良くなります。操作性が向上することで、簡単に被写体をとらえることができます。

浮力機能がついたハンドグリップなら、水の中にgoproを落としても水の中に沈む心配がありません。3WAYハンドグリップでは、延長アームとしても使用でき、三脚として活躍することができます。

デメリットとしては、棒が加わる分サイズが大きくなるという点が挙げられます。また、ハンドグリップを別途購入する必要があるため、コストが多くかかってしまいます。

ボードに固定

サーフボードマウントは、強力な両面テープでサーフボードに固定するタイプが一般的で、平面な場所であればどこでも取り付け可能です。水に強い両面テープを使用しており、万が一剥がれたとしてもサポートマウントが付いていれば安心です。

手振れの心配がなく、比較的安全にgoproを使った撮影が行えるメリットがあります。また一方で、カメラの位置が低いため視点がかなり低くなってしまい、迫力のない映像になってしまうデメリットもあります。

口にくわえる?

マウスピースマウントは、最も目線に近く、迫力ある撮影ができるメリットがあります。ボードにマウントした撮影や、手持ちの撮影も出来るため汎用性があります。口から離れてもリーシュ(紐)が首に巻かれているため、無くす心配はありません。

マウスピースマウントは、長時間マウスピースを咥えているため口が疲れるデメリットがあります。また、息がかかりハウジングが曇りやすい傾向があります。gopro本体を上向きにすると鼻にあたって邪魔なため、下向きにすることが大切です。

GoProがサーフィンの撮影におすすめな理由とは?!

画質が綺麗

gopro hero6の動画画質は、hero5が4K30fpsだったのに対し、4K60fpsというなめらかな4K動画が撮影可能になりました。
スローモーション撮影の画質は、1080pで240fpsのフルHD画質となり、十分きれいな動画を残すことができます。静止画の画質はiphoneXの外側カメラの画質と変わらず1,200万画素です。焦点距離がiphoneXで29㎜、gopro hero6で15㎜となり、goproなら優れた広角撮影が可能になります。

goproでは、GPRというRAWの形式で保存することができ、画像加工ソフトで編集しやすいメリットもあります。

防水

hero6とhero5は、本体のみで水深10mまでの防水性能を備えています。また、super suit(スーパースーツ)を利用することで最大60mの水深まで使用できます。耐衝撃性がアップし、ホコリ・砂利・小石の侵入を防ぐ点もメリットです。

防滴性能はgopro独自のテストで評価しているため、IPX(IECによる防水規格)等の規格に該当する防水性ではありません。super suitをすることで40g程度重くなってしまう点はデメリットでもあります。

アクション向き

hero7では「hyper smoth」機能によって、徹底した手振れ補正が行えます。「time warpビデオ」により、長時間の映像をSNSに合わせて自分好みの簡単編集が行えます。

12種類のボイスコントロール機能があり、声によって撮影や機能の切り替えなどが行えます。言語も7種類認識可能です。

goproをスマホをWi-Fiで繋いでデータ転送を簡単に行うことができます。撮影動画をスマホですぐに確認できるため、アクションカメラとしての利便性があります。

スポンサードサーチ

サーフィンにおすすめのGoProを紹介!

ブラック
サイズ 26.2 x 11.7 x 7.6 cm
重量 490g
素材

GoPro HERO5 Black CHDHX-502のおすすめポイント


  • かつてないほどパワフルで操作が簡単な防水カメラ

  • ハウジングなしでも10m(33ft)まで防水

  • 写真やビデオをクラウドへ直接、自動的にアップロードし、どこからでも映像を表示、編集、シェアできる

ブラック
サイズ 3.2 x 6.2 x 4.5 cm
重量 472g
素材

GoPro HERO6 BLACK CHDHX-601-FWのおすすめポイント


  • 大幅に改善され安定感抜群の滑らかな映像を実現

  • スマートフォン上でQuikStories映像に変換

  • 音声コントロールと耐久性に優れた防水デザイン

ブラック/シルバー/ホワイト
サイズ 幅 62.3 x 高さ 44.9 x 奥行き 28.3mm
重量 240g
素材

GoPro HERO7 ブラック CHDHX-701-FWのおすすめポイント


  • GoPro史上最も先進的なモデルで超⾼性能な撮影能⼒とハウジングなしでも優れた耐久性と防⽔性を発揮

  • 自動制御を駆使し最⾼の瞬間を自動的に捉える

  • ライブストリーミングとGoProアプリで、素晴らしい瞬間をダイナミックにシェア

ブラック
サイズ 幅 74 x 高さ 75 x 奥行き 40 (mm)
重量 220g
素材

GoPro Fusion 360° カメラ CHDHZ-103-FWのおすすめポイント


  • 一度に全方位を撮影するため、周囲のすべてを捉えた驚きの360度映像を実現

  • どんな角度からでもベストショットを抜き出して、スマートフォン上で従来型の素晴らしいビデオを作成するオーバーキャプチャ

  • 継ぎ目のないVRコンテンツを堪能できる

GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Session CHDHS-501-JP

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブラック
サイズ 25.1 x 18.4 x 7.4 cm
重量 390g
素材

GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Session CHDHS-501-JPのおすすめポイント


  • 新機能のリニアビュー(Linear-View)設定を追加し、広角でもゆがみのない動画と静止画撮影が可能

  • 手ぶれ補正を搭載し高画質動画撮影をよりアクティブに楽しめる

  • クラウドへのオートアップロード、ボイスコントロール(7ヶ国語)対応

GoPro ウェアラブルカメラ HERO CHDHA-301-JP

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
グレー
サイズ 3.9 x 7.1 x 6.75 cm
重量 110g
素材

GoPro ウェアラブルカメラ HERO CHDHA-301-JPのおすすめポイント


  • 40m防水でありながら、わずか110gの軽さというコンパクト設計

  • 一度のボタン操作で瞬時に電源オン+録画スタート

  • GoProスタイルの動画を簡単編集、世界とシェアできる

GoPro ウェアラブルカメラ HERO+LCD (タッチディスプレイ搭載)CHDHB-101-JP

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
グレー
サイズ 67.5x71x39 mm
重量 128g
素材

GoPro ウェアラブルカメラ HERO+LCD (タッチディスプレイ搭載)CHDHB-101-JPのおすすめポイント


  • 最高の瞬間を捉え、その場でプレイバック

  • タッチディスプレイを装備し1080p60 のビデオと 8MP の写真を撮影可能

  • 40 m (131’) まで対応の防水性を備え、ボタン一押しで電源を入れて撮影を始めることができる

まとめ

goproは、サーフボードで臨場感ある動画を撮影したい人には必要不可欠と言えます。手持ちタイプは手振れの問題や、サーフィン中の撮影の難しさがデメリットですが、手軽に高画質撮影を楽しむことができます。ボードにマウントするタイプは、目線より低いものの邪魔にならず撮影できます。

マウスピースタイプでは、見た目の悪さを抜きにすればかなりサーファー目線の撮影ができるためおすすめです。防水性やデータ転送の利便性など、サーフィンでこそ本領を発揮するgoproの魅力を是非使って実感してみて下さい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike