あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
other

【大人気】NIXONのリュック徹底解説&おすすめ14選

スポシル編集部

公開日 :2018/12/09

更新日 :2019/03/14

ニクソンのリュックは高いデザイン性と機能性で有名で、一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

目次

スポンサードサーチ

NIXON(ニクソン)とは?

NIXONってどんなメーカー?

ニクソンはアメリカの時計メーカーです。スケート・サーフィン・スノーボードのスポーツをする人達に向けて誕生しました。常にスタイルを持った生活を送ってほしいというコンセプトのもと、スポーツでは勿論のことフォーマルな場面でも使えるように作られています。

近年では、ニクソンが積み上げてきたノウハウを応用し、リュックやアパレルといった製品が作られるようになりました。時計同様に、高いファッション性と機能性が人気を集めています。

NIXONのリュックの特徴!

機能面

ニクソンのリュックの特徴として、色々な場面に役立つ機能が備わっていることです。例えば、通学やビジネスの場面では、教科書やPCなどを収納できる収納量高さ、中身を整理しやすいポケットの数々が役立ちます。リップストップという耐久性や型崩れしにくい素材を使い、丈夫な作りとなっています。

また、防水性に優れた生地を使っているので、雨や雪の日でも心配なく使うことが出来ます。汚れた時は、タオルで拭くと簡単に汚れがとれる点もいいですね。

こうした機能性の高さから、長く使うことが出来るという点も強みですね。

デザイン

ニクソンのリュックは、無駄な装飾品がなくシンプルでスタイリッシュなデザインでどんなコーデやシーンにも使えるということが特徴です。一流デザイナー達の手によって生まれたデザインは飽きを感じさせず長く使うことができ、男女問わず幅広い年齢層から人気を呼んでいます。

プライベートやスポーツなどのアウトドアの場面だけではなく、ビジネスの場面でも使うことができますね。

このように、汎用性の高いデザインがニクソンのリュック特徴であり、人気の理由かもしれませんね。

サイズが豊富

ニクソンのリュックはサイズが豊富にあります。用途や好みに合わせて選ぶことが出来ます。容量やサイズ、カラーがあるので、一つ一つ注意して見てみましょう。小さいリュックの容量は13リットルのものもあれば、30リュック以上のリュックもあります。自分がどのようなシーンで、どのようなものを入れるかによって判断したらいいと思います。

また、最近ではLCC(格安航空)が就航し、機内への持込が可能なサイズに適したリュックもあります。一般的に、54cm×36cm×20cmのサイズで、7kg以下という基準を満たせば持ち込めます。

ニクソンでは、容量が33リットルや30リットルで適切なサイズのリュックがあります。こうしたリュックは、海外旅行に行く際にもぴったりです。

価格帯

ニクソンのリュックの価格帯は約8000円〜15000円程で、お手頃の価格です。機能性、デザイン性を考慮すると安いのではないかと感じるくらいです。

価格は、容量やサイズ、機能性によって異なります。価格が高くなればなるほど、機能や素材が良くなりますが、12000円くらいのリュックが定番です。

NIXONのリュックの評判は?

最近では、学生からの人気を集めています。シンプルでお洒落なデザインがスタイリッシュな雰囲気を醸し出しているように感じる人が多いようです。

また、お洒落な人が持つリュックという印象が強く、持っているだけで話の話題になるようです。

リュックに迷っている人は、ニクソンのリュックを持って失敗することはないでしょう。一度見てはどうでしょうか。

こんな人におすすめ!

ニクソンのリュックはデザイン性と用途の合う人におすすめです。まず、ニクソンのリュックはシンプルなデザインと色が特徴です。こうした、派手で個性的なリュックよりスタイリッシュな雰囲気を好む人にはいいでしょう。

そして、荷物を多く入れたりアウトドア派の人に最適だと思います。ニクソンのリュックは容量の大きいものが多く、色々なシーンで使うことができます。そのため、あまり荷物を持ち運ばない人やリュックを使い分けたいという人にはおすすめではないです。

自分が何に使いたいのかを明確にして、リュック選びをしてみましょう。

偽物に注意!NIXONのリュックはどこで買える?

Amazonや楽天の通販サイト

Amazonや楽天などの通販サイトでも売られています。お手頃価格で購入できることもあるためチェックしたいですね。

後ほど、Amazonや楽天で購入できるおすすめの商品も紹介します!

実店舗

スポーツショップやヴィレッジヴァンガード、ロフトなどの雑貨屋でもよく見かけますよね。

実際に目で確かめ、試着できるのも実店舗で買う良いところです。

並行輸入品や正規輸入品とは?

並行輸入品とは、海外メーカーやブランドから正規のルート以外で輸入した商品のことです。正規店ではない会社や個人が輸入し、価格の安さがメリットとしてあります。

一方で正規輸入品とは、海外メーカーやブランドと正規の契約関係にある会社が輸入している商品です。アフターサービスが充実していることがメリットとしてあります。

安すぎるものは疑え!偽物に注意!

最近、こうした人気ブランドやメーカーの商品が格安で売られているという広告を目にします。期間限定や安心といった言葉を巧みに使い、購入に繋げようとします。

確かに、自分が欲しい商品が安く売られていると買いたくなりますが、基本的に偽物である可能性が高いです。生産地や生地が違ったり、時には販売会社が存在しないこともあります。

安すぎる場合には、その情報源は信憑性があるのかを調べたうえで購入するように心掛けましょう。

スポンサードサーチ

【ベストセラー】NIXONリュックで人気なのはこれ!

まずは、NIXONのリュックの中でも大人気なこの2つを紹介します!

  • LANDLOCK(ランドロック)
  • SMITH(スミス)

LANDLOCK(ランドロック)


スポーツや登山といったアウトドアから通学や通勤にも役立ちます。荷物を多く入れたいという人にはおすすめです。

SMITH(スミス)


ちょっとした旅行や買物には役立ちそうですね、ショルダーストラップはパットが付いているので肩への負担を軽減してくれるので、長時間の移動も安心です。スミスは男女問わずおすすめのリュックなので、是非一度ご覧になってはいかがですか。

【新作】NIXONの最新リュック4選





スポンサードサーチ

【レディース】NIXONで女性にもおすすめなリュックはこれ!





【通勤】社会人にもおすすめなNIXONリュック





スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたか。今回は、NIXON(ニクソン)の人気おすすめリュック大解説と題してニクソンの人気おすすめリュックの紹介と選ぶ際のポイントや注意点について解説しました。

一度は耳にしたことのニクソンですが、知らないことが沢山あったのではないでしょうか。これから、リュックを買おうとしている人や買い換えようと検討している人、是非ニクソンのリュックを見てみてはいかがですか?

自分は何に使うのか、どのような時に使うのかを明確にしたうえで、自分に合ったリュックを選びましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike