あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
softball

人気ソフトボールバット「カタリスト」の魅力や特徴とおすすめ5選!

スポシル編集部

公開日 :2018/09/30

更新日 :2020/09/25

今回はソフトボールバットの種類の一つである「カタリスト」の選び方の解説とおすすめ商品の紹介をしていきます!

カタリストはジュニアから大人まで幅広く支持を受けているバットです。

ぜひこの記事を参考に自分に合ったカタリストを見つけてみてください!

目次

スポンサードサーチ

ソフトボールバット「カタリスト」とは?!

カタリストはカーボン素材で作られた高反発性バットです。年度ごとにリニューアルされており、主に練習用として使用されます。

最近では試合用としても認められているらしく、これから使用する人が増えていくのではないかと思われます。

カタリストのような複合バットと呼ばれるバットは芯に当てる感覚を身につけるためや、フォームの調整などの目的で使用されています。
1本当たりの値段が高価なため、チームで1本用意されていたりします。

ソフトボールバット「カタリスト」の選び方を紹介!

長さで選ぶ!

長さによってバットの重心の位置がが異なり、振りやすさにも違いが出てきます!

自分の置きたい重心の位置は自分のプレイスタイルに関係してくるので、バットの長さ選びは非常に大切です!

グリップの太さで選ぶ!

上で説明した、重心の位置とグリップの太さは密接に結びついています!

細いグリップほどバットのトップに重心がきます。逆にグリップが太くなると、ミドルの位置か手元に重心がきます!

パワーヒッターであれば、細め、アベレージヒッターや短距離バッターには太めのグリップがおすすめです!

重さで選ぶ!

非常に大切なこととして、自分のやっと振れる程度の重さのバットを選ぶとよいです。
言い換えると、自分の力が最大限込められるバットを選びましょう。

余裕のある力で触れてしまうバットを使ったとしても、打球は飛びません。

おもいっきり飛ばしたければ、自分の力に合ったものを選びましょう!

スポンサードサーチ

2020年最新モデル「カタリスト2」!

まず、カタリスト2について解説します。カタリストとは、ルイスビル・スラッガーというアメリカのメーカーが製造をしているバットで、高い反発力や、その反発力から生み出される飛距離に定評があります。

こちらの動画では、86cm、710gの新型カタリスト2を使用し、普段と使用しているバットとの違いを感じながら説明をしています。その中で、カタリスト2の特徴として挙げられているのは、トップにしっかりとバランスがあり、振りぬきのしやすさがあるということです。

さらに、しっかりと打球を弾き、飛距離も期待できます。しかし、いくら振りぬきやすいと言ってもバットの重さに身体が振り回されてはいけません。しっかりと振りぬけるスラッガータイプや、ボールを遠くまで飛ばしたいというような、飛距離を求める方に、強くおすすめすることができます。

ソフトボールバット「カタリスト」のおすすめシリーズを紹介!!

【ルイスビルスラッガー】カタリストⅡTi トップバランス(ゴム3号)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー 赤/白
サイズ 83cm~86cm
重量 620g~770g
素材 カーボン

遠くへ飛ばしたい、飛距離を求める方へ

トップバランスのカタリスト2は、ヘッドが効いているため飛ばし屋と呼べる方におすすめできるバットです。

また、バットスイングが速く、しっかりと振りぬくことができるスラッガータイプにもおすすめすることができます。

さらに、長さや重量も幅広く、豊富な選択肢があるため、男性、女性のプレーヤーどちらにもおすすめすることができます。高い反発力を追求すると同時に、高い耐久性も持ち合わせているので、おすすめすることができます。

【ルイスビルスラッガー】カタリストⅡTiセミトップバランス(革・ゴム3号)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー 赤/白
サイズ 83~84cm
重量 680g/710g
素材 カーボン

状況に応じて打ち分けたい選手へ

こちらはセミトップバランスのカタリストです。重心がトップバランスよりも手元に近づくためにスイングしやすいという特徴がありますです。

そのため、ひたすら飛距離を追い求める選手ような選手よりは、鋭い打球で野手の間を抜く打球を放ちたいと考えている選手や、状況に応じたバッティングをしたいと考えている選手におすすめすることができるバットです。

選択できる幅は2種類ですが、オールマイティに役割をこなすことができるバットといえます。

【ルイスビルスラッガー】カタリストⅡTiミドルバランス(ゴム3号)

Amazonで詳細を見る
カラー 黒/白
サイズ 84cm
重量 680/710g
素材 カーボン

バットコントロールを求める巧打者へ

バットの重心がより手元に近くなり、カタリストシリーズのなかでも、より高い操作性をもつバットです。

重心が近い分、重量以上に軽く感じるため、イメージよりも軽く振りぬくことができます。

その分、バットコントロールもしやすく、確実にバットに当てるようなバッティングをしたい選手や、初めてカタリストを使用する選手におすすめできます。また、女性のプレーヤーにもおすすめすることができます。選択できるスペックは重量が違う2種類ですので、カタリストのエントリーモデルとしても使用するのも良いでしょう。

【ルイスビルスラッガー】カタリストⅡTi (少年用)

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー
サイズ 76cm~80cm
重量 540g~600g
素材 カーボン

少年の部活動でもカタリストを使用したい方へ

初めてカタリストを使用する少年には、少年用のカタリストがおすすめできます。

バットも軽く、大変扱いやすいサイズですので、初めてカタリストを使用するお子さんにおすすめすることができます。また、女の子も、しっかりと振り切ることができるサイズと重量ですので部活動でバットが必要な時に購入するのも良いでしょう。

540gから選ぶことができるため、子どもの体格に合ったバットを選びやすいことが特徴です。さらに、ミドルバランスの少年用カタリストもあるので、選択肢の幅は広いと言えます。

【ルイスビルスラッガー】LXT セミトップバランス(革・ゴム3号)

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー
サイズ 83cm/84cm
重量 690g/720g
素材 カーボン

飛距離と打つ楽しさを追い求めたい方へ

LXTはカタリストではありませんが、LXTはスイートスポットが広いため、ボールを遠くへ飛ばしやすいことが特徴です。

他にもしなりを効かせたバッティングがしやすいことや、手のしびれを軽減する技術が搭載されています。

そのため、打つ楽しさを追い求めている選手におすすめで、中級者から上級者までと幅広く使用することができます。また、セミトップバランスのために、重量以上に振りぬきやすいイメージでスイングできるため、女性で、飛距離を求める方にもお勧めすることができるバットです。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はこれから使用される機会が多くなるであろう複合バットカタリストのおすすめの選び方と商品紹介をさせていただきました。

自分のバッティング能力がまだまだだと感じている方は試しに買ってみて、打つ感覚を身につけてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定