あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccerおすすめ記事

【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】サッカーの試合で観客を沸かせろ!華麗な足技であるシャペウのコツや方法を徹底解説!

米田隼也
更新日 :2019/03/17

サッカーのドリブルは、数多くの華やかなドリブル技がありますが、ブラジルの選手が得意とし、ネイマール選手もよく使うシャペウと言う技があります。

サッカーとフットサルの両方でプレーされている技で、何か華麗な技を覚えたいプレイヤーにとてもおすすめなドリブル技です。

特にフットサルでは、有効なテクニックです。フットサル場でシャペウを披露するフットサラーも珍しくありません。

今回の記事は、シャペウのコツとやり方をご紹介します。

目次

スポンサードサーチ

シャペウとは?


シャペウとは、ポルトガル語で「帽子」という意味です。サッカーでは、ドリブルのフェイントの1つです。ボールを浮かせて、相手の頭上を越すドリブル技です。

1958年のW杯決勝で、ブラジル代表でサッカーの神様と言われるペレが相手デュフェンスの頭を越すドリブルを魅せ、そのプレーを「シャペウ」と呼んだのが始まりと言われています。

シャペウはこんな時に使おう!


シャペウは自陣で使うような技ではありません。なぜなら、ボールを浮かして相手を抜こうとする技なので、奪われるリスクが高いからです。

そのため、なるべく相手陣で使いたい技です。また、ボールがバウンドしている時にするとやりやすい技です。ネイマール選手のような技術が高い選手は地面に転がっているボールでもシャペウをすることができますが。

また、試合を決めるような技ではありませんが、シャペウで相手を抜くことができると、会場の観客を沸かせることができます。

しかし、サッカーの一番の目的は勝つことであるため、会場を沸かせたいがためにシャペウばかりを狙い、成功すればよいですが、失敗すればチームのためのプレーとは言えないため、試合の状況や使うべきシーンを把握したうえで、挑戦すべき技 でしょう。

スポンサードサーチ

シャペウのやり方は1つだけじゃない!?


シャペウのやり方は、1つだけではなく様々なやり方があります。シャペウを用いるプレイヤーはそれぞれ自分にあったシャペウを使います。

バウンドボールをシャペウ

これが一番ノーマルなシャペウのやり方になります。

バウンドボールをシャペウする形になるので、浮かすことに難しさはありません。ですが、タイミング重要です。相手が食いついていないのにシャペウをしても抜くことはできません。

動画のように相手が食いついた瞬間にシャペウを仕掛けましょう。

浮き玉をファーストタッチでシャペウ

この動画は浮き玉をファーストタッチでシャペウするやり方です。こちらも、もともと浮いているボールをシャペウする形になるので、浮かすことに難しさはありません。

ですが、先ほどと違うのは勢いのある向かってくるボールをダイレクトでシャペウするので、非常にコントロールが難しいです。ですが、寄せてくる相手はこちらがトラップする瞬間を狙ってくるので、それを逆手にとって、ファーストタッチでかわすことができれば、入れ替わってチャンスを作ることができます。

ドリブルで引いてからシャペウ

ドリブルしている時にシャペウをしたい場合は動画のように、一度自分の方向へ引いてからシャペウをするやり方があります。

このやり方のポイントは2つあります。
1つは自分の方向にボールを引くことでボールが浮かしやすくなることです。もう一つは、自分の方に引くことで、相手をこちら側に引きつけることができます。そうすることで相手のベクトルをこちら側にさせ、背後のスペースを使いやすくすることができます。

シャペウを成功させる3つのコツ!

シャペウは、練習で出来ても実践で使うのはなかなか難しいと思います。そのため、これからシャペウを成功させる3つのコツを紹介します。ポイントは以下の3つです。

①膝下を伸ばす

②相手をよく見る

③失敗を恐れな

①膝下を伸ばす


つま先で足をボールの下に入れ、膝下を伸ばす感覚で、ボールを蹴り出せば、バックスピンがかかりながら上に上がります。

つま先を軸に固定し、膝を押し込む形で一気に伸ばして、つま先をスナップさせます。逆に、膝下を振ってしまうとボールが前に飛んでしまい、真上にあげることが出来ません。

慣れがとても必要で、反復練習が必須ですが、膝下を伸ばす感覚を意識しながら取り組み、力みをなくすことが出来れば、自然とできるようになります。

②相手をよく見る


シャペウは闇雲に使っても、ボールロストするだけで、味方選手に迷惑がかかってしまいます。相手が詰め寄ってくるところ、タイミングを外して、一瞬で抜き去る必要があります。

その為、相手がどう詰め寄ってくるか、瞬時に判断する必要があります。タイミング外すことが出来ても、相手にぶつけてしまったら、一気に大ピンチになるので、リスクを多少考えて、プレーする必要があります。

シンプルですが、慌てず、相手との距離感を計るのがコツです。そうすれば、本来の自分のシャペウを発揮できることでしょう。

③失敗を恐れない

精神論ですが、サッカーにおいて高度な技を実践で使うのには、失敗を恐れないメンタリティが必要です。

シャペウは、失敗してしまうと、相手に奪われてしまう決してリスクが低いとは言えない技ですが、思い切って大胆にシャペウを披露するのが大切です。ミスを恐れていたら、出来るプレーもできなくなってしまいます。

ただ精神論だけでは成功させることができませんので、実践で自信を持って使うためにも練習は必要です。

スポンサードサーチ

世界の超絶シャペウを見てみよう!

シャペウは、文章を読むより、映像を見ていただいたほうがイメージしやすいと思います。シャペウを用いたゴール集の動画をご用意しましたので、是非そちらを観ていただいて、イメージを蓄えていたいただければと思います。

映像の中で、自分に向いていそうなシャペウがあると思います。見つけていただけると嬉しいです。

V・ファーレン長崎 米田隼也選手にSPOSHIRU編集部が聞いた!


SPOSHIRU編集部がこの記事の監修者である米田選手にシャペウについて色々とお聞きしました!

米田選手が思うシャペウが上手な選手は?






SPOSHIRU編集部



Q.米田選手が思うシャペウが上手な選手は誰でしょうか?







米田選手



ネイマール選手です。サッカーを楽しむ遊び心と相手との駆け引き、それを実行させる技術の全部があるからこそできる技だと思います。



スポンサードサーチ

【記事まとめ!】この記事で覚えて欲しい3つのポイント


ここまでシャペウのとはどういった技なのか、どんな場面で使うべきか、成功させるコツなどを紹介してきましたが、この記事で覚えて欲しいポイントは以下の3つです。

①シャペウは試合の状況や使うべきシーンを把握したうえで挑戦すべき技

②シャペウのやり方は1つだけじゃない

③シャペウを失敗を恐れず使うために練習を積み重ねる

この3つを覚えていただけたら、あなたの「サッカーにおけるシャペウ」はアップデートされたでしょう。

合わせて読みたい!


SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike