あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

【サッカーの新ルールを徹底解説!】キックオフって何人でやるの?どこに蹴ってもいいの?

浅岡大貴

公開日 :2019/03/24

更新日 :2019/03/24

サッカーの試合を始める際に最初にしなければいけないプレーがキックオフです。サッカー中継などを見ているとサークル内にいる選手に対しパスをしてから始まるのが一般的ですよね。しかし、必ずしもセンターサークルに二人いなければいけないということはありません。誤解しがちなキックオフについてわかりやすく解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおけるキックオフとは?

キックオフとは、サッカーにおいて前半、後半、延長戦さらには得点後のシーンにおいて最初にボールを蹴りだすプレーのことです。

サークル内にいる自分のチームの選手に対してパスを出しスタートすることが一般的です。

キックオフはボールを自陣にいる味方に下げてから試合を始めるというチームが多いと思いますが、ただ下げて始めるのではなく、キックオフの特徴を利用した戦術を用いてキックオフを始めるチームもあります。

またキックオフ前のカウントダウンによって会場を盛り上げるということも近年の試合では増えてきました。

キックオフに対して理解を深めることは、サッカーを楽しむ引き出しが増えると言っても過言ではありません。

キックオフのルール

キックオフには様々なルールがあります。そこでこの記事ではキックオフに関する6つのルールを紹介していきたいと思います。

①キックオフをする順番

②キックオフを始める選手は1タッチしかできない

③センターサークル内には何人入ってもよい

④キックオフはどの方向に蹴ってもよい

⑤キックオフを蹴る選手に限り相手コートに入れる

⑥キックオフでゴールを狙える

①キックオフをする順番

試合開始前にコイントスを行い、攻める方向とキックオフをするチームを決定します。コイントスに勝った方が攻める方向を決定し、負けた方が前半のキックオフの権利を得ます。前半開始時にキックオフをしなかったチームは、後半開始時にキックオフを行います。また、コートチェンジをして攻める方向も前後半で変わります。

②キックオフを始める選手は1タッチしかできない

キックオフを始める選手は1タッチしかできないというルールがあります。 キックオフも、フリーキックやコーナーキックと同様にプレースキック(試合が停止した状態から地面に置かれたボールを蹴るプレーの総称)であるからです。そのため、ドリブルでキックオフをすることはできません。

③センターサークル内には何人入ってもよい

センターサークル内には何人入っても構いません。よくサークル内は2人でないといけないと思われがちですが、1人でも大丈夫ですし、極端なことを言えば11人全員がいても問題はありません。

④キックオフはどの方向に蹴ってもよい

キックオフを始める際はボールはどの方向に蹴っても始めても問題ありません。

前にも後ろにも蹴っても大丈夫です。2016年にルールの改正があり、それ以前はボールは前に蹴りださなかったらやり直しとなるルールがありました。そのため、キックオフ時にはセンターサークル内には2人でないといけないと思われがちなのですね。

⑤キックオフを蹴る選手に限り相手コートに入れる

キックオフする際は両チームの選手とも自陣コートにいなければなりません。 しかし、キックオフを蹴る選手に限り、センターラインを越えて相手陣地に入ってキックオフをすることができます。

これは先ほど説明した、キックオフはどの方向に蹴ってもよいというルールにより、もし、キックオフを後ろに蹴る場合には相手コートに入らないと難しいためです。

⑥キックオフでゴールを狙える

なかなかサッカーの試合で見ることはありませんが、キックオフでゴールを狙うことができます。

以前はキックオフでゴールを狙うことは禁止されていました。また「8人制サッカー」でもキックオフでゴールを狙うことができません。

スポンサードサーチ

審判のジェスチャー

キックオフの際の審判の動きを解説します。

主審はボールを持ってセンターに向かいます。副審はゴールネットのチェックに行き、ポストやバーとネットの間に隙間がないかなどをチェックします。チェックがOKであれば出身とアイコンタクトをし片手を軽く上げて合図をします。

主審は、ベンチや予備ボールなどのチェックを行う第4の審判とのアイコンタクトも必ずします。その後自身はキーパーに向かって手を上げ確認を取り、キーパーも手を上げOKであればいよいよキックオフです。

全ての準備が整ったらキックオフのホイッスルを吹きます。笛を持っていない側の手を攻撃方向に伸ばすのもよく行われているジェスチャーです。

キックオフシュートの数々

先ほどルールの紹介で「キックオフでゴールを狙うことはできるが、あまりサッカーの試合では見られない」と説明しました。しかし、「あまり」ですので、ないこともないのです(笑)

キックオフからゴールを奪うことができれば、それほど楽なことはないですよね。ボールを持った時の攻撃におけるプレーの優先順位は「まずゴールを狙うこと」です。

キックオフシュートを狙うことほどプレーの優先順位を強く意識したプレーは他にはありません。とはいえ、キーパーの位置をよく見て、センターサークルからゴールに届くまでのシュートを打てる技術がなければ、選択すべきプレーではないと思います。キックオフシュートでゴールを決めたいという選手は世界のキックオフシュートの動画を参考にしてみるのもいいかもしれません。

スポンサードサーチ

キックオフから最短時間でのゴールは何秒?

キックオフは相手選手が自陣コートに全員入っているので、キックオフからすぐにゴールをすることは難しいです。なぜなら、試合の始まりであるため相手も体力はフレッシュで集中しているためです。

では、キックオフから最短時間でのゴールは何秒でしょうか?

Jリーグにおけるキックオフからの最短ゴールは、2014年3月22日に記録した松本山雅FCの岩上祐三選手の7秒です。

キックオフがゲームの勝敗を左右する

とりあえず、「キックオフはボールを自陣にいる味方に下げて、そこからボールを繋いで試合を始める」というチームが多いと思います。

しかし、戦略なしにキックオフをするのはゲームに負けてしまう可能性を高めてしまいます。

なぜなら、戦略なしにただボールを自陣に下げて繋ぐだけでは勢いを持ってボールを奪いきた相手にボールを奪われピンチになってしまう、もしくは、試合の流れを相手に持っていかれてしまうからです。

自分たちのマイボールで始まったキックオフなのに、相手の勢いにのまれて試合開始早々に失点してしまうということはよくあるのではないでしょうか?

サッカー選手たちの間では「試合の入りでゲームが決まる」という言葉をよく使います。当たり前のことですが、キックオフから試合は始まっているのです。

ですので、キックオフも戦略のひとつだという意識を持って、どうやってキックオフをするかチームとして考えをもって試合に臨むべきです。

青森山田高校は動画のように全選手がセンターラインに並び、キックオフで下げられたボールをキーパーが相手コート奥深くに蹴り込み、一気に押し込んで試合を始めるという戦略を取っています。この戦略が良いか悪いかは別として、 チームとして統一された意図や戦略を持ってプレーするということは大切です。

スポンサードサーチ

観客をワクワクさせる!キックオフのカウントダウン

スタジアムによっては、キックオフのカウントダウンの際に様々な演出が行われることがあります。

特に大きな大会のキックオフカウントダウンは、観客をわくわくさせる仕掛けがたくさんあります。皆さんもたくさんの試合を観戦し、色々なカウントダウンを味わってみてはいかがでしょうか。

【記事まとめ!】この記事で覚えて欲しい3つのポイント

ここまでキックオフのルールや、キックオフの特徴を活かした戦術、会場を沸かせるためのカウントダウンなどを紹介してきましたが、この記事で覚えて欲しいポイントは以下の3つです。

①キックオフはどの方向に蹴ってもよい

②Jリーグでのキックオフから最短時間でのゴールは7秒

③キックオフでゲームの勝敗が左右する

この3つを覚えていただけたら、あなたの「サッカーにおけるキックオフ」はアップデートされたでしょう。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定