あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccerおすすめ記事

【清水エスパルスの金子翔太選手監修】サッカーのダブルタッチはシンプルだが奥が深い!

金子翔太

公開日 :2019/03/26

更新日 :2019/04/24

サッカーの足技の一つであるダブルタッチについて解説します。ダブルタッチは一見シンプルな技ですが実は奥深い技でもあります。そんなダブルタッチのコツや練習方法、世界のトッププレーヤーなどの観点からダブルタッチを詳しく解説していきます。日頃のプレーや観戦にも応用できるのでぜひ覚えてみてください。

目次

スポンサードサーチ

ダブルタッチのやり方はシンプルだが

ダブルタッチとは相手DFを抜くためのサッカーで用いる足技の一つです。

ダブルタッチのやり方は相手がボールを奪いに足を出してきたら、右足のインサイドでボールを横にずらして、その相手の足を交わし、その後、左足のインサイドで前にボールを転がして相手を突破します。

ダブルタッチと言われているのは、2回ボールをタッチして相手を抜くからですね。

やり方はとてもシンプルな技ですが、相手が足を出したタイミングを狙って使う技なので、簡単に相手を抜くことができます。

そのため、世界のトッププレーヤーであるイエニスタ選手やメッシ選手も使う技で、そのようなハイレベルな試合でも使われている技なので、身につけることができればあなたが今よりも高いレベルでプレーすることになっても使うことができます。

また、ダブルタッチはシンプルが故に、タッチを工夫することで動画のようにさまざな形でダブルタッチをして相手を抜くことができるのも特徴です。

ダブルタッチを成功させる3つのコツ


ダブルタッチを成功させる3つのコツを以下で説明していきたいと思います。

一つ一つ解説していくので、ポイントを押さえながら練習してみてください。

①ダブルタッチのリズムを覚える
②1つ目のタッチはジャンプしながら
③2つ目のタッチで相手の前に入る

①ダブルタッチのリズムを覚える

ダブルタッチのポイントの1つ目はボールのリズムを覚えることです。

「タ・タン」というリズムでボールを移動させましょう。

「タ(右足でスライド)・タン(左足で前へ)」のリズムです。

ゆっくりとしたタン・タンのリズムでのダブルタッチでは相手に追いつかれます。

そのうえスムーズな動きになりにくいので、余計操作しづらくなってしまいがちです。

最初は慣れないかもしれませんがタ・タンという素早いリズムでボールを動かすようにしましょう。

勇気を持って素早くボールを移動させる事が一つ目のポイントです。失敗しても良いので思い切りやってみましょう。

②1つ目のタッチはジャンプしながら

2つ目のコツは「1つ目のタッチをジャンプしながら」ダブルタッチすることです。

1つ目のタッチをジャンプしながらすることによって、ダブルタッチの2つ目のタッチをスムーズに前に運ぶことができます。

なぜなら、ジャンプしながらタッチすることによって、一瞬両足が浮き、1つ目でタッチした足が2つ目のタッチで前に進むための軸足に素早くさせることができる からです。

慣れてきたらボールの移動幅を大きくしていきましょう。

ボールの移動幅を大きくしたダブルタッチができるようになると使えるようになると試合でも活用できる技になってきます。

素早くジャンプしながら大きめにというのがポイントです。

③2つ目のタッチで相手の前に入る

3つ目のコツは2つ目のタッチで相手の前に入ることです。

ダブルタッチで最も重要なのは2つ目のタッチ です。

2つ目のタッチで相手の前に入ることができなければ、その後、相手に追いつかれて再びボールを奪われる、もしくは、せっかく抜けたのに攻撃をもう一度やり直さなければいけなくなります。

場所やゴールと相手に対する角度、周りの状況にもよりますが、ダブルタッチ後に相手の前に入るには2つ目のタッチを抜いた相手よりも遠い所にタッチすることです。

なぜなら、2つ目のタッチが抜いた相手の近い所になってしまうと相手に取られる可能性が高くなってしまうからです。

しかし、遠い所にタッチすることができれば、ボールと相手の間に自分の体を入れることができ、相手にも取られず、抜くことができます。

仮に相手がもう一度奪い返しに来たとしても、相手は自分の後ろから奪いに来る形になるので、ファールをもらうことができます。

遠い所にタッチするためには、つま先の角度を調節して外側にボールをコントロールできるようにする必要があります。練習を重ねて、2つ目のタッチが上手くできるようになりましょう。

スポンサードサーチ

コーンの置き方を工夫したダブルタッチの練習方法

ダブルタッチの練習方法としては相手役をしてくれる人がいれば、それが最も良い練習方法ですが、相手役がおらず、一人で練習しなければならない、もしくは、一人で練習したいという人はコーンを使ってダブルタッチの幅を広げる練習方法をおすすめします。

しかし、ただコーンを立ててまっすぐ置いて、ダブルタッチの練習をしてもあまり意味がありません。

ダブルタッチの感覚を掴むという意味合いでの練習ならばいいでしょうが、試合を想定した練習とは言えません。

試合では相手がいるため、相手を想定した練習をする必要があります。

そのため、相手が足を出してボールを奪いに来たことを想定して練習をするために、コーンをねかせて並べてそれをダブルタッチでかわして行くという方法がいいと思います。

ねかせて並べることで1つ目のタッチの幅を大きくしなければならないからです。

そのため、この練習は1つ目のタッチの幅を広げるための練習になります。

できるようになってきたら応用編として、ねかせるコーンの本数を増やしたり、大きい幅だけ並べるのではなく、間に小さい幅のコーンも並べて、色々な幅でダブルタッチができるようにしましょう。

【応用編】シザースとダブルタッチの組み合わせ

ダブルタッチがある程度できるようになってきたら、応用としてさらにもう1つレベルの高いダブルタッチを身につけられるようにしましょう。

それは、シザースとダブルタッチの組み合わせ技です。

やり方は、

①シザースをする
②シザースで跨いだ足がダブルタッチの1タッチ目になるようにダブルタッチをする

です。

いきなりダブルタッチで抜きにかかるのではなく、はじめにシザースを入れることで、相手の重心を片方向に持っていきます。

そうすることで、、よりダブルタッチが抜きやすくなるのです。

動画のようにシザースのパターンはたくさんあるので、色んなシザースからダブルタッチをしてみましょう。

スポンサードサーチ

世界一ダブルタッチが上手いのはイニエスタ選手!

世界で一番ダブルタッチが上手い選手はイエニスタ選手だと言われています。

イニエスタ選手はパスを受けた後、ボールを取られないように相手の左方向へ右足のインサイドでタッチをしながら弧を描くようにドリブルしていきます。

そこから、相手選手が足を出して来たタイミングをみて、ダブルタッチをして一気にスピードをあげて相手を突破します。

右足のインサイドでタッチをしながらドリブルをする理由はいつ相手が足を出して来てもダブルタッチができるようにするためです。

ダブルタッチの前のタッチも工夫することが大事だとイニエスタ選手から学ぶことができますね。

清水エスパルスの金子翔太選手にSPOSHIRU編集部が聞いた!








SPOSHIRU編集部



Q.イニエスタ選手とマッチアップをして感じたことは?







金子翔太選手



イニエスタ選手とマッチアップして感じたのは①重心移動の上手さ②身体の軸&中心がまったくぶれてないことの2つですかね。あと、これは説明しにくい部分ですが、余計な力が身体に入ってなくて、動きがなめらか なんです。力の抜き方が抜群にうまいから、タッチとかも全くぶれないんです。あと、イニエスタ選手はテレビや外からみているとあまり速そうには見えませんが、実際にマッチアップしてみて、とてもターンやドリブルは速かったです。



スポンサードサーチ

【記事まとめ!】この記事で覚えて欲しい3つのポイント

ダブルタッチのコツや練習方法、応用編などを説明して来ましたが、この記事で覚えて欲しいポイントは以下の3つです。

①ダブルタッチはシンプルな技だがどのレベルでも使える技
②ダブルタッチで最も重要なのは2つ目のタッチで相手の前に入れるかどうか
③金子選手が感じたイニエスタ選手の凄さは「重心移動の上手さ」と「身体の軸」が全くブレないこと

この3つを覚えていただけたら、あなたの「サッカーにおけるダブルタッチ」はアップデートされたでしょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

外回りや立ち仕事での疲労を激減!特許技術採用のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

AspoleZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

AspoleZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減

【掲載メディア】

購入はこちら!

これはもうオーダーメイド。常識を蹴り飛ばしたサッカースパイク「蹴王」登場

BMZ_keiou

俊敏さに磨きがかかり、初速の勢いが爆発的に上がるサッカースパイク

蹴王の特徴は、以下の3点にあります。

  • 足指が自然に動く独自の構造設計で足が持つ本来の機能性を最大限に引き出す!
  • 足裏の運動をサポートし、足そのものを鍛え上げることで、運動中のトラブルを減らせる!
  • 五輪メダリストをはじめ、サッカー、野球、ゴルフなど多くのプロ選手愛用の国産メーカー!

日本有数のインソールメーカーだからこそできた、プレイヤーのことをとことん考え抜いた代物です。 ぜひその効果を自分の足で確かめてみよう!

詳しくはこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

【その他】

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike