あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccer

サッカーのおすすめジュニアベンチコート!人気商品や激安商品・選び方などを解説!

スポシル編集部
更新日 :2018/10/01

今回の記事ではサッカーにおすすめのジュニアベンチコートを紹介します。ベンチコートはどれも同じように感じてしまいがちですが、それぞれ特徴があります。激安商品からおすすめのブランドまでジュニアベンチコートについて詳しく説明します。

目次

スポンサードサーチ

サッカージュニアベンチコートの選び方を紹介!

サッカーのジュニアベンチコートはデザイン機能性、ブランドなどから選ぶことができます。以下それぞれの選び方について詳しく解説します。

デザインで選ぶ

サッカージュニアベンチコートの選び方の1つとしてデザインで選ぶという方法があります。ベンチコートのデザインはどれも同じように見えますが、デザインの違いが顕著に現れるのは丈の長さです。

丈の長さが長いデザインのものはロングコート型、短いものはハーフコート型です。ロングコート型とハーフコート型のデザインについて以下詳しく説明します。

ロングコート

膝下、脛の辺りまで丈のあるジュニアベンチコートはロングコートデザインと言えます。下半身までカバーされているため防寒性は強いです。一方で、歩くことには問題はないですが、着用したまま運動をしたい方などにはあまり向きません。

ハーフコート

膝上辺りまで丈があるデザインのものをハーフコートデザインと言います。このタイプのデザインはジュニアベンチコートを着用したまま運動をしたい方にはおすすめです。他方、ロングコートデザインの商品と比較して防寒面で劣ってしまうというデメリットもあります。

このように、着用スタイルに応じてデザインで購入するジュニアベンチコートを選ぶことが可能です。

機能性で選ぶ

ジュニアベンチコートはその製品に使われている素材によって機能性に大きな違いがあります。自分のスタイルにあった機能性を持ち合わせる商品を選ぶことはジュニアベンチコートではとても重要です。

ベンチコートは機能性に着目して分類すると、ダウンコートタイプボアコートタイプに分けることができます。それぞれの機能性の違いについて以下詳しく説明します。

ダウンコートタイプ

コート内部の羽毛が使われているベンチコートがこのダウンコートタイプです。羽毛の割合が高いほど価格は高くなりますがその分防寒性も高くなります。羽毛が使われているため自宅で丸洗いできないところや、ボアコートタイプと比較すると値段が高いというデメリットがあります。

ボアコートタイプ

コート内部が綿、裏地がボアやフリース素材になっているのベンチコートです。ダウンコートタイプに比べると防寒性は劣ってしまいます。しかしダウンコートタイプと異なり自宅で丸洗いができるというメリットがあります。また、羽毛が使われるダウンコートタイプのベンチコートと比較して価格が安いです。

このようにダウンコートタイプとボアコートタイプでは価格や防寒性、洗濯のしやすさに違いがあります。

ブランドで選ぶ

サッカーのジュニアベンチコートを選ぶ際にブランドで選ぶという方法があります。ベンチコートは、特に寒い時期には着用頻度が高いアイテムとなるためお気に入りのブランドの製品を着用することをおすすめします。

サッカー用のベンチコートメーカとしては、アスレタナイキアディダスアンブロなどが人気です。どのブランドも様々な製品を販売しているため、好みのデザインの物を見つけ出すことができるのではないでしょうか。

このように、ジュニアベンチコートの選び方には様々な方法があることがわかりますね。自分のスタイルに合わせてお気に入りの1着を選びましょう。

サッカージュニアベンチコートの人気おすすめブランドを紹介

ATHLETA(アスレタ)

ATHLETAは1935年ブラジルで誕生したスポーツブランドです。かつてはサッカーブラジル代表のユニフォームサプライヤーも務めていた企業で、ロゴの3つの星はブラジル代表がATHLETAを着用してワールドカップで優勝した回数を表しています。

クールなデザインを武器に、日本でも男性を中心に人気を集め今では代表的なスポーツブランドとしての地位を築いています。

ATHLETAのベンチコートはスタイリッシなデザインのベンチコートを数多く提供しているため、オシャレにこだわりたい方には特におすすすめのブランドです。

NIKE(ナイキ)

バルセロナのユニフォームサプライヤーも務めるNIKEは、サッカー界で最も高いシェアを占める大人気のブランドです。絶対に外さないデザインや機能性を誇る製品を揃えていることが強みです。とにかく外さないものを身に付けたい人におすすめのブランドです。

Adidas(アディダス)

ドイツに本社を置くアディダスはオシャレなデザインが多いことで人気を集めるスポーツブランドです。Adidasのベンチコートはサッカーをするときだけでなく、普段の外出の際にも着こなせるようなデザインのものが多いです。そのため日常生活の防寒としてもベンチコートを使いたい方に特にオススメのブランドです。

Umblo(アンブロ)

Umbloはイングランドで誕生した、高性能な商品を数多く揃えるブランドとして有名です。AdidasやNIKEと比較するとマイナーなブランドです。そのため、他の人と着るものが被りたくないと考える方にもおすすめできます。

以上の4つのブランドはそれぞれ数多くの人気商品を提供しています。そのためどのブランドを選んでも外すことはないと言えるでしょう。ぜひ自分にあった好みの製品を選んでください。

スポンサードサーチ

ジュニアベンチコートで激安商品を手に入れるには?

先ほど紹介したジュニアベンチコートの人気ブランドが販売する商品は機能性やデザイン性が高い商品が多い分高額なものが多いです。では、ジュニアコートを激安で手に入れるにはどのような方法があるのでしょうか?以下、ジュニアコートの激安商品を手に入れる方法について詳しく説明します。

ヤフオクやAmazon(アマゾン)を活用する

ジュニアベンチコートを激安で購入するためにはヤフオクやAmazonなどのインターネット通販サービスを用いて購入することをおすすめします。特にヤフオクでは、良質な中古品の出品も多いです。ジュニア世代では体の成長も早く、すぐにサイズが小さくなってしまい買い替えにコストがかかってしまいがちです。最新のデザインにこだわりがなく、機能性が高ければ十分だと考える方にはヤフオクなどを用いて良質な中古品を購入することをおすすめします。

サッカーのジュニア用ベンチコート人気おすすめ10選!

adidas トレーニングウェア エッセンシャルズ ロングボアコート BVA39 [ボーイズ]

Amazonで詳細を見る

カレッジネイビー/レイピンクF16 重量 998g
サイズ j100〜j120 素材 ポリエステル

(アディダス) adidas トレーニングウェア エッセンシャルズ ロングボアコート BVA39 [ボーイズ]のおすすめポイント

  • 急な天候変化にも対応する高撥水
  • 丈夫で破れにくい素材のスポーツウェア
  • 冬場の暖かさにこだわって開発されたブライトツイルコート

KELME 冬着 サッカー訓練 子供ロングコート

Amazonで詳細を見る

ブラック/グリーン 重量
サイズ 130〜160cm 素材 ポリエステル

KELME 冬着 サッカー訓練 子供ロングコートのおすすめポイント

  • 防風パッカのデザインで、風と雪の防止が可能
  • リブ付き袖口のデザインで、快適で防寒効果が抜群
  • 保温コットン採用

ATHLETA(アスレタ) ジュニア ベンチコート 04114J

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 998g
サイズ 140 素材 ポリエステル

ATHLETA(アスレタ) ジュニア ベンチコート 04114Jのおすすめポイント

  • シンプルなデザイン
  • 裏地のナイロンで保温性アップ
  • 様々なシーンで活用可能!

(ミズノ) MIZUNO トレーニングウエア ボアコート [ジュニア]

Amazonで詳細を見る

ディープネイビー 重量 998g
サイズ 130〜160 素材 ポリエステル

(ミズノ) MIZUNO トレーニングウエア ボアコート [ジュニア]のおすすめポイント

  • 100年の歴史を誇る日本最大のスポーツメーカーからの商品
  • シンプルなデザイン
  • ボア素材採用

(アンブロ) UMBROトレーニング JRロングコード UCA1740J 【キッズ】

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ネイビー・ブラック 重量 998g
サイズ 130〜140 素材 ポリエステル

(アンブロ) UMBROトレーニング JRロングコード UCA1740J 【キッズ】のおすすめポイント

  • 防風、はっ水性に優れる【エスエルリップ】を採用
  • 中綿には軽量かつ高水準の保温性を誇る【エアロカプセルガンマ】を採用
  • 人気のブランド

[アシックス] トレーニングウエア Limo Jr.ロングコート 2034A006 [ジュニア] キッズ

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック・ブルー 重量
サイズ 130〜160 素材 ポリエステル

[アシックス] トレーニングウエア Limo Jr.ロングコート 2034A006 [ジュニア] キッズのおすすめポイント

  • 体の熱を逃がしにくく、保温性に優れる
  • 信頼ある日本のメーカーからの逸品
  • LIMOシリーズのキッズウェア

(アディダス) adidas KIDS SHADOW ロング パデッドコート

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量
サイズ J120〜J130 素材 ポリエステル

(アディダス) adidas KIDS SHADOW ロング パデッドコートのおすすめポイント

  • 冬場に重宝するロングパデッドコート
  • 通気性、撥水性に優れた素材を使用
  • マジックテープ式クロージャーの内ポケット

(ミズノ) MIZUNO トレーニングウエア ボアコート 32JE6950[ジュニア]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック・ディープネイビー 重量
サイズ 130〜160 素材 ポリエステル

(ミズノ) MIZUNO トレーニングウエア ボアコート 32JE6950[ジュニア]のおすすめポイント

  • 真冬に嬉しいボアコート採用
  • 風の進入を防ぎ、ウエア内を快適な状態に保つ防風性能採用
  • 世界的にその性能の高さが認められているプロスポーツアイテム

(プーマ) PUMA トレーニングウェア ベンチコート 594298 [ボーイズ]

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック・ブルーデプス 重量
サイズ 130〜160 素材 ポリエステル

(プーマ) PUMA トレーニングウェア ベンチコート 594298 [ボーイズ]のおすすめポイント

  • 吸水速乾機能採用
  • 生地には業界初のスポーツテーピング機能を搭載
  • 夜間ランニング時の視認性と安全性を高めるリフレクティブロゴとディテール

(アンブロ) UMBRO サッカー ハーフベンチコート UBA1633J [ジュニア]

Amazonで詳細を見る

ブルー・ブラック・ネイビー 重量
サイズ 130〜160 素材 ポリエステル

(アンブロ) UMBRO サッカー ハーフベンチコート UBA1633J [ジュニア]のおすすめポイント

  • 防風・はっ水性に優れた【エステルミニリップ】を採用
  • 裏地にマイクロフリースを素材を使い、温かみのある着心地
  • 高機能な商品で世界中の強豪チーム・選手をサポートするフットボールブランドからの逸品

スポンサードサーチ

まとめ

今回の記事ではサッカーのおすすめジュニアベンチコートの人気商品や激安商品・選び方などを詳しく説明しました。ベンチコートは商品ごとにデザイン性や機能性などに大きな差があります。

そのためご自身にあった商品をしっかりと吟味して購入することをおすすめします。

 

 

新しいスポーツ観戦スタイル!【ビデオオンデマンド】

「好きなスポーツを好きなときに、好きな場所で見たい」
スポーツ好きなあなたはそう思ったことありませんか?

ここでは、スポーツを長年愛してきたスポシル編集部がおすすめするビデオオンデマンドサービスを紹介いたします。

忙しくてなかなかスポーツ観戦に行けない方、ファンのチームの試合を見逃したくない方 、ぜひこの際にお試しを。

ダゾーン(DAZN)まだ使ってないの?

DAZNDAZN

年間6000以上のスポーツを楽しめる 。それが皆さんご存知ダゾーン(DAZN)です。

なんと9台のカメラを駆使し、最高のカメラアングルで配信しています。鬱陶しいCMも入らないため、快適にスポーツ観戦を楽しむことができます。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
です。

テレビのCMでは知ってはいたけど、まだ加入していないというそこのあなた。スポーツ好きはもう使っています。 無料トライアル

無料トライアルではじめる

スカパー

スカパースカパー

スカパーは約70チャンネルの中から好みのチャンネルを1チャンネルから選んでお楽しみいただけるサービスです。お手続きはカンタン!ご自宅のテレビやレコーダーに既にチューナーが内蔵されているので、お申込み後、約30分 でご視聴いただけます。

スカパーのおすすめポイントとして、

  • 加入月視聴料0円
  • 4K画質で楽しめる
  • 2週間お試し体験
が挙げられます。

スポーツのみならず、バラエティなどほかのジャンルの番組を見たい方におすすめです!

2週間お試し体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【東京五輪サッカー日本代表候補の三笘薫選手監修】現代サッカーのドリブラーをタイプ別に徹底分析!あなたは何タイプのドリブラー?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike