あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
soccer

サッカーのおすすめジュニアベンチコート!人気商品や激安商品・選び方などを解説!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/01

更新日 :2020/12/14

今回の記事ではサッカーにおすすめのジュニアベンチコートを紹介します。

ベンチコートはどれも同じように感じてしまいがちですが、それぞれ特徴があります。

激安商品からおすすめのブランドまでジュニアベンチコートについて詳しく説明します!

この記事で、お気に入りの商品を見つけてみてください!

目次

スポンサードサーチ

サッカージュニアベンチコートの選び方を紹介!

サッカーのジュニアベンチコートはタイプや機能性、ブランドなどから選ぶことができます。

以下それぞれの選び方について詳しく解説します。

タイプで選ぶ

サッカージュニアベンチコートの選び方の1つとしてタイプで選ぶという方法があります。

ベンチコートのデザインはどれも同じように見えますが、デザインの違いが顕著に現れるのは丈の長さです。

丈の長さが長いデザインのものはロングコート型、短いものはハーフコート型です。ロングコート型とハーフコート型のデザインについて以下詳しく説明します。

ロングコート

膝下、脛の辺りまで丈のあるジュニアベンチコートはロングコートデザインと言えます。

下半身までカバーされているため防寒性は強いです。

一方で、歩くことには問題はないですが、着用したまま運動をしたい方などにはあまり向きません。

ハーフコート

膝上辺りまで丈があるデザインのものをハーフコートデザインと言います。

このタイプのデザインはジュニアベンチコートを着用したまま運動をしたい方にはおすすめです。他方、ロングコートデザインの商品と比較して防寒面で劣ってしまうというデメリットもあります。

このように、着用スタイルに応じてデザインで購入するジュニアベンチコートを選ぶことが可能です。

機能性で選ぶ

ジュニアベンチコートはその製品に使われている素材によって機能性に大きな違いがあります。

自分のスタイルにあった機能性を持ち合わせる商品を選ぶことはジュニアベンチコートではとても重要です。

ベンチコートは機能性に着目して分類すると、ダウンコートタイプとボアコートタイプに分けることができます。それぞれの機能性の違いについて以下詳しく説明します。

ダウンコートタイプ

コート内部の羽毛が使われているベンチコートがこのダウンコートタイプです。

羽毛の割合が高いほど価格は高くなりますがその分防寒性も高くなります。

羽毛が使われているため自宅で丸洗いできないところや、ボアコートタイプと比較すると値段が高いというデメリットがあります。

ボアコートタイプ

コート内部が綿、裏地がボアやフリース素材になっているのベンチコートです。

ダウンコートタイプに比べると防寒性は劣ってしまいます。

しかしダウンコートタイプと異なり自宅で丸洗いができるというメリットがあります。また、羽毛が使われるダウンコートタイプのベンチコートと比較して価格が安いです。

このようにダウンコートタイプとボアコートタイプでは価格や防寒性、洗濯のしやすさに違いがあります。

ブランドで選ぶ

サッカーのジュニアベンチコートを選ぶ際にブランドで選ぶという方法があります。

ベンチコートは、特に寒い時期には着用頻度が高いアイテムとなるためお気に入りのブランドの製品を着用することをおすすめします。

サッカー用のベンチコートメーカとしては、アスレタ・ナイキ・アディダス・アンブロなどが人気です。どのブランドも様々な製品を販売しているため、好みのデザインの物を見つけ出すことができるのではないでしょうか。

サッカージュニアベンチコートの人気おすすめブランドを紹介

ATHLETA(アスレタ)

ATHLETAは1935年ブラジルで誕生したスポーツブランドです。かつてはサッカーブラジル代表のユニフォームサプライヤーも務めていた企業で、ロゴの3つの星はブラジル代表がATHLETAを着用してワールドカップで優勝した回数を表しています。

クールなデザインを武器に、日本でも男性を中心に人気を集め今では代表的なスポーツブランドとしての地位を築いています。

ATHLETAのベンチコートはスタイリッシなデザインのベンチコートを数多く提供しているため、オシャレにこだわりたい方には特におすすすめのブランドです。

NIKE(ナイキ)

バルセロナのユニフォームサプライヤーも務めるNIKEは、サッカー界で最も高いシェアを占める大人気のブランドです。

絶対に外さないデザインや機能性を誇る製品を揃えていることが強みです。

とにかく外さないものを身に付けたい人におすすめのブランドです。

Adidas(アディダス)

ドイツに本社を置くアディダスはオシャレなデザインが多いことで人気を集めるスポーツブランドです。

Adidasのベンチコートはサッカーをするときだけでなく、普段の外出の際にも着こなせるようなデザインのものが多いです。

そのため日常生活の防寒としてもベンチコートを使いたい方に特にオススメのブランドです。

Umblo(アンブロ)

Umbloはイングランドで誕生した、高性能な商品を数多く揃えるブランドとして有名です。

AdidasやNIKEと比較するとマイナーなブランドです。そのため、他の人と着るものが被りたくないと考える方にもおすすめできます。

以上の4つのブランドはそれぞれ数多くの人気商品を提供しています。そのためどのブランドを選んでも外すことはないと言えるでしょう。ぜひ自分にあった好みの製品を選んでください。

スポンサードサーチ

ジュニアベンチコートで激安商品を手に入れるには?

先ほど紹介したジュニアベンチコートの人気ブランドが販売する商品は機能性やデザイン性が高い商品が多い分高額なものが多いです。

では、ジュニアコートを激安で手に入れるにはどのような方法があるのでしょうか?

以下、ジュニアコートの激安商品を手に入れる方法について詳しく説明します。

ヤフオクやAmazon(アマゾン)を活用する

ジュニアベンチコートを激安で購入するためにはヤフオクやAmazonなどのインターネット通販サービスを用いて購入することをおすすめします。

特にヤフオクでは、良質な中古品の出品も多いです。ジュニア世代では体の成長も早く、すぐにサイズが小さくなってしまい買い替えにコストがかかってしまいがちです。

最新のデザインにこだわりがなく、機能性が高ければ十分だと考える方にはヤフオクなどを用いて良質な中古品を購入することをおすすめします。

サッカーのジュニア用ベンチコート人気おすすめ10選!

カラー ネイビー、ホワイト
サイズ 130cm・150cm・160cm
重量 990g
素材 ポリエステル

屋外で吹き付ける冷気をシャットアウト

アディダスのベンチコートの中では、状況に左右されずに着用できるベーシックデザインになっています。

サイズは130から160までの3種類から選べ、子供の成長段階に合わせたサイズ合わせも可能です。
屋外での風と寒さにさらされることによって体を冷やさないように、ロングパデッドコートになっています。

冷気の入り口になる首元・手口などをボア仕様になっていることと、クライマストームを搭載することでコート全体が防風性に優れていることは見逃せません。

カラー ブラック、ネイビー
サイズ 140cm、150cm、160cm
重量 640g
素材 ポリエステル

ミドル丈でも暖気をコート外へ逃がさない

ミドル丈サイズの男子用コートでありますが、プーマではハーフタイプジャケットを開発においては人気のブランドとして注目されています。

中綿を使用しているため、コート内の暖気をコート外へ逃がさずに屋外での着用でも寒さで体が冷えることが少ないです。
雨や雪などの打ち付ける水分に対しても、撥水機能で染み込むことがありません。

フロントとバックにワンポイントロゴをあしらっていますが、視認性に優れるよう再帰反射材を使用しています。

カラー ブラック、ネイビー
サイズ 120cm~160cm
重量 800g
素材 ポリエステル

オーソドックスなシンプルデザイン

フード付きロングパテッドコートですが、前部は胸元にワンポイントロゴと両脇にカラーインパクトがありますが、後部はシンプルな無地デザインです。

オーソドックスなカラーデザインで無難に着用可能なため、サッカー・フットサルだけに及ばず、様々なシーンで着こなしやすいです。
手首部分はゴム仕様で風の入り口を塞ぐ上に、両サイドポケットも付属されています。

フードはボタン式で着脱可能なので、風雨をしのぐに手放せないアイテムです。

カラー ブラック
サイズ 140cm・150cm・160cm
重量 820g
素材 ポリエステル

ボタンとファスナーの二重構造で防寒対策

サッカーでのウォーアップ時に体を冷やさないためにも欠かせないロングコートですが、寒さを凌ぐための細かな配慮がなされています。

前部はボタン式かまたはファスナー式の一方のみが多い中で、ファスナーとボタンによる二重構造で寒さをシャットアウトすることがありがたいです。
外部からの防寒だけでなく、コート裏地は起毛素材で温もりをコート内に貯め込みます。

アップ時に発した体の熱を外側へ逃がさない細かな配慮が、子供の体を冷えから守ります。

カラー レッド・ブルー・イエロー
サイズ 150cm・160cm
重量 680g
素材 ポリエステル、ポリウレタン

視認性に優れるカラーデザイン

巷に溢れるロングコートは黒地に落ち着いたトーンのデザインが多いですが、色仕様がカラフルに映えるデザインになっています。

下半身の動きを制約しないハーフタイプコートですが、男女関係なく着用できるよう、レッド・ブルー・イエローの3色から選択可能です。
フード・袖・胸部を、視認性に優れるライトカラーで加工しています。

寒さ対策にもなるよう厚みある保温性にも高い効果があるので、デザイン性が高い1着としてプレゼントしてみてください。

ATHLETA サッカーウェア ベンチコート ジュニア

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック、ネイビー、チャコール
サイズ 140cm・160cm
重量 998g
素材 ポリエステル、ナイロン

重厚なデザインで保温性に優れる

重厚なシックなデザインに、左胸と背中上部にメーカーロゴがワンポイントとしてあしらわれています。

コート全体に光沢感があるロングコートで、小学校高学年の子供であれば、膝丈までを覆えるサイズとして検討してみてください。
秋から冬にかけた寒さが身びしくなる時期に必要とされる防寒力の高さに人気があり、中綿による厚みを利かせたコートが保温します。

重厚なイメージとは違い、体の動きを制約しない軽量さも好まれているポイントです。

CHAMPION 中綿ジャケット ハーフコート

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック、ネイビー
サイズ 130cm~160cm
重量 520g
素材 ポリエステル

ロング丈に裏起毛で温もりキープ

130cmから160cmまでの4サイズから選択できるハーフタイプコートです。

ブラックにブルーであしらったシックなデザインと、ネイビーとレッドによる対照的なデザインの2種類から選択できます。

冷気の入り口の1つであるコートの前面は、ファスナーに加えてマジックテープで開閉口を覆える仕様です。寒さに晒されるフィールド横で待機している際も、コート裏面に施された起毛素材の採用で、ロング丈で体の温もりを体全体でキープできます。

Kappa ジュニア ハーフコート 中綿コート

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック、ネイビー
サイズ 130cm~160cm
重量 380g
素材 ポリエステル

幼稚園児からサイズ対応可能

ハーフタイプのベンチコートですが、最小の130cmは幼稚園児や小学校低学年の子供を対象に着用可能です。

使用されている中綿には、防寒性と保温性を両立できるように、子供を寒さから守る耐性に優れています。

サッカーなどの屋外スポーツともなれば、雨などの悪天候に見舞われますが、コート表面に施した撥水加工がコート内部に水分が染み込みません。
また、状況に合わせてフードを取り外しできるため、天候や環境に合わせて使いやすさが発揮されます。

カラー ブラック
サイズ 140cm・150cm・160cm
重量 900g
素材 ポリエステル

立体裁断で動きに制限なし

ウォーミングアップだけでなく、トレーニングでも動きに制限が加わらないよう、裁断と法制に工夫が施されています。

縫い合わせによる各パーツを体の曲線に合わせた立体裁断を採用し、関節などの動きや伸縮にも突っ張りがありません。
着脱の開閉部分はファスナーのみとなりますが、合成素材の中綿が運動で生じた熱を閉じ込めてくれます。

ハーフコート仕様であるため、ショートランなどの走り込みにおける激しい動きにも煩わしさがありません。

スポンサードサーチ

ジュニア用ベンチコートの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

今回の記事ではサッカーのおすすめジュニアベンチコートの人気商品や激安商品・選び方などを詳しく説明しました。

ベンチコートは商品ごとにデザイン性や機能性などに大きな差があります。

そのためご自身にあった商品をしっかりと吟味して購入することをおすすめします。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定