あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
サッカーsoccerおすすめ記事

【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?

米田隼也
更新日 :2019/04/17

ゲームを支配するためには中盤の構成力は重要です。ただ単に上手ければ、強ければ良いということではありません。各ポジションには重要な役割があります。それぞれのポジションが機能的に噛み合った時は、非常に素晴らしいサッカーを展開できます。

そのようなサッカーを目指すべく、それぞれのポジッションの役割や特徴について考えていきます。また、時代背景から見えてくる今後必要とされる能力を分析し、ミッドフィルダーに対する理解をより深めます。

奥深いミッドフィルダーの世界を繙き、よりサッカーを楽しめるようになってもらいたいです。

目次

スポンサードサーチ

サッカーにおけるミッドフィルダーとはどんなポジション?


サッカーではミッドフィルダーとは中盤のポジションのことです。オフェンスとディフェンスをつなげるポジションでゲームをスムーズに行えるかどうかは中盤によるところが大きいです。

基本的にバランスよく攻守に関わります。その中でも、例えばOMF(オフェンシブ・ミッドフィルダー)は他の中盤の選手よりも攻撃的に振る舞うことが求められます。DMF(ディフェンシブ・ミッドフィルダー)は守備的なタスクを与えられながらゲームメイクをしなくてなりません。 他にも多くのポジションがありゲームを支配する上では非常に重要なポジションとされています。
 
現代サッカーでは攻守の切り替えも早く、中盤での攻防は非常にシビアとなっています。厳しいプレッシャーの中でもプレーできるテクニックと、連続した激しい動きに対応出来る運動量が求められます。

ミッドフィルダーの種類


ここまではミッドフィルダーの大まかな役割についてご紹介しました。しかし、一口にミッドフィルダーといっても、実はその中にまた細かいポジションがあるのです。そのポジションによって役割も変わってきます。ここからは、ミッドフィルダーの種類についてご紹介していきます!

オフェンシブ・ミッドフィルダー(OMF)


オフェンシブ・ミッドフィルダーはコートの中央よりもやや前目に位置する攻撃的ポジションです。フォワード(トップ)の1つ下の列に位置するトップ下の選手もOMFと言っていいでしょう。このポジションの選手は、チャンスメイクはもちろんのこと自分でも得点することができるといった攻撃面の能力が高い選手が多いです。

ディフェンシブ・ミッドフィルダー/ボランチ(DMF)


ディフェンシブ・ミッドフィルダーはコートの中央からやや下に位置するポジションです。ボランチとも呼ばれ、オフェンシブ・ミッドフィルダーと比べると、攻撃的よりかは守備的なポジションです。ミッドフィルダーの役割である相手のゲームメイクを阻止が主な仕事で、相手の攻撃の芽を摘みます。

コートの中央に位置するといっても、相手の攻撃の芽を摘むためにサイドまで果敢にディフェンスしに行くこともあり、非常に多くの運動量が求められるポジションでもあります。

サイド・ミッドフィルダー/ウイング(SMF/WG)


サイド・ミッドフィルダーはコートの両側に位置するポジションです。ウイングとも呼ばれ、サイドの攻撃・守備ともに行います。攻撃ではサイドを駆け上がりゴール前にボールを放り込み、守備では、自陣まで戻ってボールを奪いにいきます。とにかく攻撃と守備の切り替えが重要なポジションで、常にアップダウンを繰り返しています。そのため、運動量があるというのが前提のポジションです。

スポンサードサーチ

オフェンシブ・ミッドフィルダー(OMF)に求められる役割と能力


OMFは前線と中盤をつなぐ役割を果たし、自ら得点を奪うことも求められます。バイタルエリアと言われるDFラインとMFラインの間のエリアでのプレーが多くなります。このゴールに直結しやすいエリアで違いを見せ、攻撃のタクトを振るのがOMFです。

①受ける技術

②シュート精度

③チャンスメイク

①受ける技術


OMFはバイタルエリアでのプレーが大きな役割です。バイタルエリアは相手のプレッシャーも非常にシビアです。このエリアを使わせまいと、相手はDFラインとMFラインの距離を近づけスペースも消してきます。

常にプレッシャーを受けやすいこのエリアでボールを受けることができれば、ドリブル突破・スルーパス・ミドルシュート、ゴールに直結するプレーが可能です。

プレッシャーを嫌がりブロックの外で受けても、相手の守備組織は崩れません。効果的な攻撃をするため、相手の急所とも言えるバイタルエリアでボールを受ける技術は相手に脅威を与えます。

②シュート精度


やはり攻撃の中心としてプレーする選手であるため、ゴールを奪うために精度の高いシュートは持っておきたいです。

レススペース・レスタイムのゴール前付近で、プレッシャーを受けながらも正確にゴールに蹴り込むシュート精度はOMFに必須です。

また、現代サッカーでは守備戦術の向上でなかなか最終ラインを突破することは困難です。そのような状況において特にミドルシュートは非常に有効な攻撃手段です。

ミドルシュートが打てると相手は警戒してシュートブロックのためDFラインを崩してでもブロックにきます。そうすることでスルーパスやワンツーでの突破など、攻撃の選択肢も更に増えてきます。

③チャンスメイク

どのような方法でも良いので、チャンスメイクする力をOMFは兼ね備えてなくていけません。例えば、相手のバイタルエリアでボールを受けることができたとしても、その後に安易なプレーに終始したり、安全なプレーしかできなければゴールは奪えません。

トップ下を置く場合、1トップを採用することが多くなります。攻撃の場面で違いを作れないトップ下だと、1トップ頼りになってしまい得点力はガクッと落ちます。相手にとっては非常に楽な状況となってしまいます。

ドリブル突破でも良いですし、スルーパスの精度でも、ゴール前での突出したアイディアでも構いません。何か、違いを作れる武器が必要です。ゴールを奪うために自分の武器を駆使して、違いを作れる選手がOMFとして求められます。

ディフェンシブ・ミッドフィルダー/ボランチ(DMF)に求められる役割と能力


DMFは守備の中心的な役割をしながらゲームメイクすることが主な役割となります。

中盤の攻防がよりシビアになっている現状に対応すべく、フィジカル的にも技術的にもより高いものが求められます。戦術の多様化とともに、より攻撃的に振る舞えたり、アスリート要素の高さが求められたりと様々なタイプDMFが出てきました。

①運動量
②ゲームを読む力
③ボールキープ力

①運動量

DMFには絶対的に豊富な運動量が求められます。主に守備的な役割が多くなりますが、それでも攻守両面で積極的に関わることが必要です。攻撃になれば様々な場所に顔を出し、ボールがうまく循環するようにボールを動かします。

守備になれば危険なスペースを埋めます。そこからボールを奪いに前線まで出て行くシーンもあれば、DFのサポートのためDFラインに加わることも必要です。

動画の山口蛍選手はゴール前の危険な位置を察知し、ボールを奪い、奪ったあとは再びボールを受けに顔を出しに行っています。ボールを受けてはいませんが、山口選手の運動量によって味方にスペースを作り出しています。

②ゲームを読む力

DMFは攻守にわたってボールに関わる機会が多いポジションです。いるべき時にいるべき場所にいなかったり自分勝手なプレーをしてしまえばたちまちゲームは壊れます。

攻撃の時にはボランチがパスによって攻撃の方向・タイミングを決めることが多いです。その時に判断を間違えてしまえば攻めれなくなるだけではなく、ボールを失ってしまい、危険な状況すら作りかねません。ゲームの流れを無視した自分勝手なパスは自らを苦しめるのです。

ゲームの流れを読み、次々と先手を取ってプレーできることがゲームの主導権を握ることに直結します。ゲームメイクを担うボランチとしては必須の能力です。

③ボールキープ力

DMFがしっかりとボールをキープできると味方は積極的に攻撃に参加することができます。サッカーではボールを安心して預けることできる選手がいると助かります。

なぜならその間にポジションを取ることができるからです。ボランチがボールをキープし味方が理想のポジションを取れることで、自分たちが狙いとする攻撃ができるのです。

また、DMFがボールを失ってしまえば相手にとっては攻略すべきは最終ラインのみ。味方にとっては危機的な状況になってしまいます。攻守において大きな影響を与えるDMFのボールキープ力は積極的に高めていきたい力です。

サイド・ミッドフィルダー/ウイング(SMF/WG)に求められる役割と能力


以前までのサイドの選手はサイドで幅を取り、サイドライン上でプレーすることが主な役割でした。しかし、今では外に張るだけではなく、中入っていきゲームの組み立てに参加することなども求められます。非常に役割が多様化しているポジションです。

①突破力

②シュート力

③守備的センス

①突破力

チームによって様々な役割を課されるSMFですが、攻撃時の突破力は求められる能力です。縦に突破するにせよ、中でドリブルで侵入するにせよ、そこで相手をはがせることで大きなチャンスにつながります。

サイドはボールを失ったとしても、その後のリスクは中央に比べれば少ないです。だとすれば積極的に突破にかかり、チャンスを作ろうとするサイドプレーヤーの方が相手は嫌でしょう。そこに突破力が備わっていれば尚更です。攻撃の突破口となるべく突破力は備えておきた能力です。

②シュート力

SMFはチャンスメイクだけではなくシュートを打つシーンも多いポジションです。最近は利き脚とサイドを逆にした選手配置にするチームも多くあります。それはカットインからのシュートでゴールを狙えることが一つの理由です。

また、一方のサイドがカットインしてくるシーンでは、相手DFはボールサイドに引っ張られるため、逆サイドのMFはフリーになりがちです。

また、クロスボールの時にはFWが相手DFと潰れて、逆のSMFにボールが溢れてくることも多いのです。そこで高いシュート力を持っていればゴールを奪うことができます。FWだけでなくサイドにシュートがうまい選手がいるチームは得点もそれに伴って増えます。

③守備的センス

以前に比べてSMFは守備時に求められることがかなり増えました。攻撃も高度化している現代サッカーでは、DF時に単にSBをマークするでけでは不十分です。様々な相手に対してプレスに行けたり、カバーできたりする中間ポジションの獲得が必要なのです。

状況次第では外に大きく開いたCBに対してプレッシングを行わなければなりません。ボランチがサイドに引っ張られればそのカバーリングのため中央のスペースを埋めます。SBがCBのカバーに入ればそのスペースを埋めるべく最終ラインに加わります。

中間ポジションを取り、状況に応じて守備ができるセンスが今のSMFには必須になりつつあります。そうした守備に関するセンスが不足しているため、出場機会を得られない選手もいます。そのような現状がそのことを如実に物語っています。

スポンサードサーチ

【種類別】に世界と日本を代表するミッドフィルダーの選手たちを紹介!


各ポジションで活躍する選手は特徴は違えど自分の色を持っています。チームの役割を理解しながらも違いを見せつけ、チームの中心として活躍する選手がトップレベルの領域へと近づくことができます。そんな選手たちを海外・日本でそれぞれ見ていきます。

オフェンシブ・ミッドフィルダー(OMF)編


攻撃の中心を担うOMF。フィニッシュの部分で違いを見せつけることが求められます。プレースピードが高速化している現代サッカーでは、アスリート的な要素も兼ね備えてなくてはいけません。テクニックとフィジカルを備えた選手が国内外で活躍しています。

【世界・海外】驚異のダイナミズム デブルイネ選手

デブルイネ選手は得点力抜群なOMFです。彼の武器は何と言ってもそのダイナミズムにあります。

抜群の走力を持った180cmの大きな選手がゴールに向かってスプリントする姿は圧巻です。高い技術も伴っているため、中途半端なプレッシャーではまず止めることは不可能です。

そして、両足から繰り出される強烈かつ高精度のキックも大きな武器です。相手GKにわずかなポジショニングミスや判断ミスがあれば、デブルイネ選手はいとも簡単にシュートを突き刺します。そのシュートは「無慈悲」と表現できるほどの凄まじい破壊力があります。

また、裏に抜け出しそのままのスピードでクロスを上げるのも得意な形として持っています。そのクロスもシュート同等の鋭さがあります。特にGKとDFラインの間に流し込む高速クロスは、中途半端に触ろうものならクリアしきれず、オウンゴールしてしまうほどのパワーです。

規格外のパワー・ダイナミズムでデブルイネ選手は世界トップレベルの相手ですら圧倒していきます。

【日本・Jリーグ】現代型ファンタジスタ 家長 昭博選手

家長 昭博選手は海外でのプレー経験もあるJリーグ屈指のOMFです。彼が優れている点は攻撃時のイマジネーションと屈強のフィジカルを活かしたプレーです。意表をつくスルーパスであったり、ドリブル突破で多くのチャンスを作り出します。

また、柔らかなクロスボールや強烈なミドルシュートなど彼の左足からは高精度かつ多様な種類のボールが蹴られます。

そして、そのようなプレーを支えるためのフィジカルの強さ。テクニカルな選手はフィジカル的に不安を持つ選手も少なくありません。しかし家長選手は違います。ボディコンタクトもとても強く、奪いにきた相手を弾き飛ばすほどです。競り合いながらも軸がぶれずにプレーすることができるため、ゴール前などの厳しいエリアでもプレー精度を落とさずに、決定機を作り出せます。

テクニックかフィジカルかというような二元論で考えるのではなく、両方を兼ね備えることでピッチでより輝くことができるということを教えてくれます。


ディフェンシブ・ミッドフィルダー/ボランチ(DMF)編


DMFもやはり時代の流れとともに役割が多様化してきています。戦術が多様化・高度化してきており、基本はある中で各チームによってDMFに求めるタスクに違いはあります。DMFを務める選手を見ることでチームカラーを伺うこともできます。

【世界・海外】いぶし銀 パレホ選手

パレホ選手は日本ではそれほど知名度は高くないかもしれませんが、DMFとしての完成度はとても高い選手です。

彼は攻撃時に様々なアイディアを用いてゲームメイクすることが抜群に上手です。自分自身がDFラインからボールを引き出すこともできますし、DFラインに加わりCBをフリーにしてもち上がらせることもできます。

ボールと自分との関係だけではなく、敵・味方・スペース、あらゆることを考慮してゲームメイクを行えます。なので、チームは効率的に安全に前線までボールを運ぶことができます。ボールを運ぶ際も高いテクニックを持っている為、相手からのプレッシャーを受けてもキープすることができます。

派手ではありませんが、非常に合理的・効率的なプレーを武器にゲームをコントロールします。

【日本・Jリーグ】レジスタ 大島 僚太選手


大島選手はとてもテクニックが高いDMFです。とにかく守備を!という従来のDMF像からは若干違う印象を受けるかもしれません。大島選手は厳しいエリアでもボールを受けることができ、展開することができます。

普通の選手ならボール受けれなかったり、受けたとしても失ってしまうような場面でも彼は受けて打開してしまいます。

それを可能とするボールコントロールの技術は芸術的です。ワントラップで完全にボールの勢いを殺し、次のプレーがしやすい場所に完璧に置きます。その時に体も同時に反転させたりして、狭い局面でも前向きの状態を作り出します。身体操作を伴った抜群のテクニックで、中盤でボールを支配します。

守備力も決して低くないですが、ボールロストの機会を極限まで減らし、守備の機会を減らす。「攻撃は最大の防御」という視点で、守備面でも貢献できる選手です。

日本人の武器となり得る要素を兼ね備えてプレーする大島選手から、多くのことが学べます。

サイド・ミッドフィルダー/ウイング(SMF/WG)編


SMFはサイドのスペースをうまく使いながらチャンスを作り出すことを求められます。しかし、現代サッカーではそれだけでは不十分です。中にポジションを取って攻撃の起点になるなど、多くのことが求められるよになってきています。

【世界・海外】オールマイティーサイドハーフ  フランク・リベリー選手

フランク・リベリー選手はSMFとして非常に完成度の高い選手です。SMFとしての攻撃のオプションをほぼ網羅していると言っても過言ではありません。外に開いてボールを受ければ、1vs1のドリブル突破から一気にゴールに迫ることができます。
 
中にポジションを取ってボールを引き出すプレーも一級品です。一瞬で前を向いたかと思えばゴール前に侵入していきます。豪快なミドルシュートや繊細なスルーパスを出すことができ、違いを作り出すことができます。

高い技術があるからといって独りよがりになることもありません。SBとの連携の高さも特筆すべき点です。オーバーラップしてきたSBのスピードを全く落とさせることないタイミングでパスが出せますし、SBを囮にドリブル突破することも彼の得意なプレーです。

SMFとして高いレベルで様々なオプションを持っているリベリー選手はSMFとして完成形です。

【日本・Jリーグ】堅守のドリブラー 乾貴士選手

乾貴士選手は日本人には難しいと言われてきたスペインで活躍する日本を代表するSMFです。

彼はドリブルスキルなど、そのテクニックの高さが注目されます。しかし、乾選手がこうして世界で活躍できるようになった大きな要因は守備力の高さです。

彼は守備時にはあらゆるプレーが可能な中間ポジションを正確に取ることができます。必要によっては相手CB・SBへのプレス、ボランチのカバー、SBのカバーを正しく行えます。

彼がいる時といない時では、守備時の精度・強度は異なり、試合の流れにも大きく影響するほどです。特に乾選手がいる・いないの変化は日本代表戦でも見られ、彼の守備戦術の理解の高さが伺えます。
 
彼が守備能力をスペインに行って飛躍的に高めたように、他の選手もそれは絶対に可能なはずです。高い攻撃力と守備力を持ち合わせたSMFに成るべく、彼のプレーは参考にすべきです。

V・ファーレン長崎 米田隼也選手にSPOSHIRU編集部が聞いた!


SPOSHIRU編集部がこの記事の監修者である米田選手にミッドフィルダーについて色々とお聞きしました!

ミッドフィルダーで意識していること






SPOSHIRU編集部



Q.米田選手がミッドフィルダーのポジションを任された時、意識していることは何でしょうか?







米田選手



僕がミッドフィルダーとしてプレーする時に意識していることはチャンスメイクすること、ゴールを奪うこと、ボールを奪うことを特に意識してプレーしています。



どんなミッドフィルダーになりたいか






SPOSHIRU編集部



Q.米田選手はどんなミッドフィルダーになりたいでしょうか?







米田選手



アシストができて得点も決める力があり、相手との駆け引きが上手なミッドフィルダーになりたいです。



以下の動画は米田選手の素晴らしいコントロールからの反転シュートです。このゴールはとても難易度が高いゴールです。相手に奪われない位置にコントロールし、相手に寄せられる前に素早く反転しながらのシュートはどうしても慌ててしまい、枠外や相手にぶつけてしまうことが多いからです。

このような形からもゴールを奪えることは他のミッドフィルダーの選手とのポジション争いで勝っていく上で非常に重要なことです。

スポンサードサーチ

【記事まとめ!】この記事で覚えて欲しい3つのポイント



ここまでミッドフィルダーについて紹介してきましたが、この記事で覚えて欲しいポイントは以下の3つです。

①ミッドフィルダーはゲームを支配するために重要なポジション

②時代の変化とともに役割は多様化・高度化している

③ポジション理解を深め、さらに長所を磨くことでトップレベルに近づける

この3つを覚えていただけたら、あなたの「ミッドフィルダー」はアップデートされたでしょう。

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike