あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
snowboard

分かりやすすぎ!スノボブーツケースの選び方から人気おすすめ10選の紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/29

更新日 :2020/11/03

今回は、スノボブーツを収納するブーツケースの選び方から人気おすすめ10選の紹介をしていきます。スノボに行く際、ブーツをどこに収納していけばいいか、わからないですよね。そこで今回その疑問を解消していきます。

目次

スポンサードサーチ

スノボブーツケースとは?

スノボブーツケースとは、その名の通りスノボで使用するブーツを持ち運ぶための収納ケースです。
ブーツのみを収納できるシンプルなものや小物類を収納できるもの、ボードなどの大型アイテムもまとめて収納できるものなど様々なタイプが存在しています。

スノボブーツケースはどう選ぶ?タイプ別に紹介!

スノボブーツケースは持ち運び方によって様々な種類が存在します。大量の荷物を持ち運ぶ必要があるスノボでは、ブーツというそこそこの大きさのアイテムを持ち運ぶためのケースは他のアイテムとの兼ね合いが重要となってきます。

手持ち型

手持ち型のスノボブーツケースは主に片手で持ち運べる程度の大きさであり、基本的にはスノボブーツと多少の小物類を収納できるようなシンプルなケースです。

大きさは片手で持ち運べるサイズであり、スノボブーツを収納するために三角形ないし立方体のバッグとなっています。

ブーツだけを収納するだけなら三角形で充分ですが、空いたスペースを埋める意味でも立方体に近い形状のものが多いです。この場合ブーツの収納スペース以外にも小物類を収納できるスペースが空いており、ボード本体を除いた最低限のアイテムなどを一括で収納できるようになっています。

ブーツ収納スペースと小物類の収納スペースを仕切りで分けているタイプの場合はブーツの汚れなどを気にせず運べるためオススメです。

リュック型

リュック型のスノボブーツケースは背中に背負うタイプであり、比較的大容量かつ両手が自由になるというメリットがあります

大容量なために大量のアイテムを詰め込むことができ、スノボブーツ以外のアイテムも多くを同時に収納することができます。特に大容量の製品はヘルメットやプロテクター、ウェアなどのかさばるアイテムも収納可能であり、ボードケースと合わせて大量の荷物を持ち運ぶことができます。

リュック型の場合は容量も当然ながら、フィット性や背面部の通気性などが背負い心地に関わってくるため重要となります。例えどれだけ大量のアイテムを収納可能であっても、背負い心地が悪ければ体に負担をかけることになるため、しっかりとサスペンションやベルトといった細かい部品もチェックしましょう。

キャリーケース型

キャリーケース型のスノボブーツケースはケース下部にキャスターが配置されており、手で引いて荷物を運ぶことができるケースとなっています。キャスターによって地面を転がして持ち運ぶことができますが、実際に使用するとなるとキャスターを使う機会は案外少ないです。

耐久性や騒音などの問題によってキャリーケースとして使う機会は少なくなりがちであり、そのため多くのキャリーケース型は「キャリーケース型としても使える手持ち型及びリュック型」などの2WAY、3WAYタイプのケースであることが多いです。

状況に応じて持ち運び方を変えられるため、キャリーケース型としての形態も持っているブーツケースを選んでおくのは損になりません。

スポンサードサーチ

スノボブーツケースの人気おすすめメーカーを紹介!

スノボブーツケースは主にウィンタースポーツ用品メーカーが取り扱っています。また、ボードスポーツメーカーなども独自に開発しており、機能性はもちろん、デザイン面でもメーカーごとの特色が大きく異なってきます。

バートン

スノボ界の王様と言っても過言ではないバートン。

このバートンのスノボブーツケースは、非常に種類が多いです。ショルダーバック型や、リュック型、一般的なケースなど。また、デザインも非常に豊富です。無地のかっこいいデザインから、柄物でメンズにもレディースの方にも使用できるアイテムがそろっています。

なので、幅広い年齢層の方におすすめです。

ロキシー

レディースに非常に人気のロキシー。

このロキシーのスノボブーツケースは、とにかくデザイン性に優れています。女性が好む派手な柄物のデザインが多く、鮮やかでおしゃれです。

また、収納スペースも多くあるので、ブーツ以外にも収納可能なので、レディースの方におすすめです。

スノボブーツケースのおすすめ10選を紹介!

ここからは人気オススメのスノボブーツケースを10個紹介していきます。
タイプの違いや収納スペースの広さ、持ち運びのしやすさなど様々なポイントで選ぶ必要があるため、これまでの記事を是非とも参考にしてみてください。

バートン スノーボード BOOTER PACK 40L

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ポートロイヤルスラブ、マルチ、オレンジ、クラシックブルー、ブラック
サイズ 54×29×25cm
重量 1.4kg
素材 ポリエステル、ポリウレタン

ブーツやメット、アウターまで収納できる大容量リュック

スノボブーツだけでなく、ヘルメットやアウターなどのアイテムも収納可能な大容量のリュック型スノボブーツケースです。

全体で40Lという大容量になっており、メインコンパートメントにはスノボブーツ以外にもヘルメットやゴーグルなどのアイテムを収納することができます。小物類やアウターなどの別に収納したいアイテムに関しては内側のメッシュポケットやサイドポケットにそれぞれ収納することができます。

ボード用のストラップも付いているため、スノボアイテム全てをこれ一つで持ち運び可能となります。

バートン スノーボード Boothaus 2.0 Large 60L Duffel Bag

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
カラー カタログカレッジプリント、フレイムスカーレット、トゥルーブラック
サイズ 61×33×31cm
重量 0.9kg
素材 ポリエステル、ポリウレタン

カジュアルに荷物を運べるダッフルバッグ

防水加工が施された大型メインコンパートメントに各種ジップポケットを配置した手持ち型スノボブーツケースです。

メインコンパートメントには防水加工が施されており、スノボで濡れたウェアやゴーグルなどのアイテムをまとめて収納することができます。ブーツは専用のメッシュターポリン製ポケットに分けて収納することができ、汚れを他のアイテムに移すことはありません。

普段は手持ち型ですが、取り外し可能なショルダーストラップも付いているため、ショルダーバッグとして使用することも可能です。

バートン スノーボード Wheelie Locker Board Bag

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ 160-187×32×29cm
重量 4.7kg
素材 ポリエステル、TPE

ボードも収納可能なスノボ用キャリーバッグ

ボードも収納可能な大型のキャリーケース型スノボブーツケースです。

ボード本体を収納可能な細長い形状のキャリーバッグであり、181cmまでのボードを複数枚ケースに入れて持ち運びできます。
ブーツケース部分は取り外し可能であり、個別に持ち運ぶことも可能です。

キャリーケース型としての伸縮するハンドルが配置されていますが、それとは別にサイドにも手持ち用のハンドルが付いており、状況に応じて持ち運び方を変えることができます

ロキシー スノーボード NORTHA BOOT BAG

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
サイズ 38×36×28cm

デザインが特徴的なブーツケース

鮮やかなプリントとロゴデザインが特徴的な手持ち型スノボブーツケースです。

立法系に近い形状の手持ち型ブーツケースであり、片手で気軽に持ち運べるサイズとなっています。
デザインは黒地に特徴的なプリントとブランドロゴとなっており、非常に鮮やかな仕上がりです。

容量は31Lとそこそこであり、ブーツ以外にもゴーグルやグローブなどの小物類を収納することができます。
取り外し可能なショルダーストラップも付いているため、普段の移動時はショルダーバッグとしても使えます

ロキシー スノーボード BOARD SLEEVE BAG

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 160×34×8cm
素材 ポリエステル

ブーツも収納可能なスリムボードケース

ボタニカルデザインが目を引くスリムなフォルムをしたリュック型スノボブーツケースです。

スノーボード本体を収納しながらも、ブーツを始めとした他のアイテムも収納できるリュックとなっています。全体的な厚さを抑えてスリムなフォルムにしており、場所を取らないように設計されています。
真ん中部分が膨らむようになっており、ブーツなどのかさばるアイテムも収納することができます

リュック型ですが、サイドのハンドルやショルダーストラップによって持ち運び方を変えることも可能です。

カラー TSP、ACM、BTP、HXN、B4B、DSL、BLK、GLY
サイズ 48×36×33cm
重量 0.9kg
素材 ポリエステル

背面パッドで簡単にブーツを履けるリュック

背面側に大きく開くパッド入りパネルを配置することで中身の出し入れとブーツの装着がしやすいリュック型スノボブーツケースです。

大きく開くパッド入り背面パネルが配置されており、中身のブーツを取り出してそのままパネルの上でそのブーツを履くことができるよう設計されたリュックです。
同じく場所を取るヘルメットも専用ポケットが用意されており、スノボアイテムを一気に持ち運ぶことができる一品となっています。

カラーバリエーション豊富であり、お好きなデザインを選べます。

カラー ブラック、グレー、グリーン、ブルー
サイズ 34×33.5×48cm
重量 1kg

コンパートメントが複数配置された大容量リュック

ブーツ専用の背面コンパートメントに加え、大容量のメインコンパートメントを配置したリュック型スノボブーツケースです。

2つの大容量コンパートメントが配置されており、背面側はブーツ専用スペース、フロント側にはアウターやグローブなどのアイテムをまとめて収納できるメインコンパートメントという設計になっています。

テープで補強されたショルダーストラップはバッグ全体の重さに耐え、バッグを背負う体への負担も軽減してくれます

カラー ブラックタン、オールレッド、カーキ、ブラウン
サイズ 35×49×11cm
素材 ナイロン

ブーツを守るクッション入りブーツケース

ブーツを互い違いに収納することで最大限省スペースを実現した手持ち型スノボブーツケースです

シンプルな手持ち型ブーツケースであり、ブーツ以外のアイテムを収納するスペースはパスケースなどの小物類用のファスナーポケットに絞って配置された、最小クラスのブーツケースに設計されています。

ケース内にはブーツを衝撃から守るクッションが入っており、耐久性や防水性なども優れているため気軽にブーツを持ち運べるケースとなっています。

VAXPOT スノーボード ブーツケース VA-3254

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ 35.5×26×30cm
重量 320g
サイズ ポリエステル

シンプルなメッシュ素材の巾着バッグ

極めてシンプルなメッシュ素材製の巾着状の手持ち型スノボブーツケースです。

ブーツケース本体はメッシュ素材の巾着であり、使用しない時はコンパクトに折り畳んで収納することができます。開口部は巾着状に大きく開くためブーツも取り出しやすいです。

メッシュ素材を採用することで通気性を大きく向上させており、使用後のブーツから発生するムレを解消してくれます。
ケース内部には防水・防汚加工が施されており、使用後も簡単に汚れを洗い流すことができます

スポンサードサーチ

まとめ

以上、スノボブーツケースの選び方から人気おすすめ10選の紹介でした。

みなさん、いかがでしたか?
スノボブーツケースはの特徴や、選び方のコツを知ってもらえましたか?

今後、スノボブーツケースは購入を考えている方は、是非今回紹介した選び方を参考にして選んでみてください。

合わせて読みたい!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定