あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

いち早くスノーボードを上達するためのコツを紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回の記事では、スノボーの上達するためのコツをわかりやすく説明します。今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

目次

スポンサードサーチ

スノボを上達したい方はこれを意識しろ!

今回はスノボーが上達したい方に向けて、上達するためのポイントを紹介します。ポイントを参考にしてスノボをいち早く上達しましょう。

自分の動画を撮影して改善点を見つけよう

スノーボードをしててよくあることで、自分の中ではできているのに、周りから見たらできてなかったり、できていてもぎこちない場合があります。自分の中でできていると思い込んで、そのまま進めていては成長が止まってしまいます。

そのため、自分のスノーボードの姿を動画に納めて、なんども見直して自分のダメな部分を理解する必要があります。一人でスノボの練習をしている場合は、スマホを置いて撮影して、リフトに乗らずに撮影しましょう。自分を客観的に見ることが重要となってきています。自分の動画で改善点を探して、改善点を意識することが重要になってきます。

上手い人と滑ってみよう

スノーボードをしていて、いち早く上達したい肩の適した練習方法としては、うまい人と一緒に滑ることをおすすめします。上手い人を滑る事で、自分の滑りとの違いをしっかりと見つけることができます。上手い人との違いを見つけるためには、しっかりと自分の滑りを見て理解していなければいけません。スノボーが上手い人は人は話しかけにくいオーラが出ていますが、話してみるとイメージとは全く違う優しい人が多いです。

人脈を作る事で周りにもうまい人が増えるため、たくさんの技術を盗むことができます。
あまり、スキー場で話しかけたりするのが苦手な方はできる限り、友達で自分より上手い人と行くことをおすすめします。
また、話しかけるタイミングが難しいという方はリフトに一緒に乗ることもおすすめです。タイミングを見計らって勇気を振り絞って話しかけてみてください。

たくさんゲレンデに行こう

スノーボードを上達する上で、たくさんのゲレンデに行くことも上達するための一つの方法です。自分が楽しいとかかっこいいと思えるジャンルを見つけることで、今後の練習する内容も変わってきます。また、スキー場によってジャンルに適した環境などがあります。パークスタイルを今後練習していきたいのに、パークがあまり無いところで滑っていても良いとは言えません。

そのため、たくさんのゲレンデに行ってみて自分の今後やりたいジャンルに適したスキー場を選ぶことが重要になってきます。また、上手い人が多いゲレンデなどもおすすめです。少し気が引けてしまいますが、やはり身近に上手い人の滑りを見れることは貴重な体験です。そのためスキー場にたくさん行って自分のしたいスノーボードができるゲレンデを見つけてみてください。

オフトレでオフシーズンも上達!

オフトレを行うことで、スノボーシーズン以外のオフシーズンでも上達することができます。オフシーズンでライバルと差をつけましょう!

グラトリのオフトレ

グラトリのオフトレは、様々な種類がありますが芝トレと、オフシーズン施設でのオフトレを紹介していきます。

芝トレ

一般的なグラトリのオフトレは、芝トレになっています。芝トレというのは、芝生の上でボードを足につけて、回転技をしたりプレスなどの体の形を覚えるために行う練習方法です。芝トレを行うことで、正しい形のプレスや弾きかた、体の捻りかたなどをトレーニングで行うことができます。

雪山に行く前に軽くやってみるのも良いかもしれません。また、芝トレには、注意点がありスノボーのエッジは想像以上に鋭いものです。そのためしっかりと周りをみてやらないと危ないのと、エッジで芝生のコンディションを悪くしてしまう可能性があります。そのため、何かカバーをつけて行うのもおすすめです!

オフトレ施設の活用!

グラトリの上達に置いてオフトレ施設の活用もおすすめです。夏のシーズンでも、ピスラボでゲレンデを作っているところや、スノーヴァなどの室内スキー場があります。グラトリをやる際にあまり適さないと考えている方もいますが、実際の雪よりはやりにくいですが、できないわけでは無いため練習になります。一度オフトレ施設に行ってみて決めてみるのもおすすめですね。

ジブ・キッカーのオフトレ

オフトレ施設を活用!

ジブ、キッカーなどのパークスタイルの方々もオフトレ施設の活用が大切になってきます。オフトレ施設はたくさんあり、室内スキー場や、屋外のキッカージブが置いてある施設など様々です。初めはなかなか入りにくい雰囲気などがあるかもしれませんが、一度入って滑ってみましょう。スキー場に比べてアットホームな雰囲気もあるため、一度上手い方々に話しかけてみるのもおすすめです。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスノボの上達するためのコツを説明しました。これからスノボーを始めたい人やすでに始めているけど、なかなか上達ができないと感じる方に向けた記事となっています。
今回紹介した上達のコツを参考にしてゲレンデでたくさん上達した技術を披露してみましょう

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike