あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボの重心のかけ方を解説!動画付きで解説

スポシル編集部

公開日 :2018/11/30

更新日 :2019/03/14

スノボに慣れてきていざゲレンデで滑ってみたけど、スピードが出すぎて止まれなくなったりターンの入り方がうまくいかなかったという経験はありませんか?

目次

スポンサードサーチ

スノボのスピードを抑えるのはコツ!

なぜスピードが出てしまうのか?

滑っているうちにスピードが出てしまったり、なかなかターンに入ることができない理由として後ろ足に重心がかかっていることが挙げられます。後ろ足に重心がかかってしまうと山の斜面の角度も手伝って、ボードが曲がりボードの前方部分が浮いてしまいます。

そうなるとブレーキの役目を果たすエッジと雪面との接触部分が少なくなり、スピードを抑えることができずに結果的にスピードが上がってしまいます。

スピードがコントロールできない場合は重心の位置を確認してみましょう。

前足に重心を置く!

前足に重心を置くメリットとして「ボードの前方部分をしっかり雪面につけることができる」点と「ボード全体のエッジをうまく使うことができる」点があります。

特にボード前方部分のエッジをうまく使うことができればスピードをコントロールすることができ、ターンの入りもスムーズに行うことができます。

スピードがうまくコントロールできないときやターンの入りがうまくいかないときは重心をなるべく前足にかけるようにしましょう。

前足に重心を置く練習方法!

前足に重心を置く練習方法としては「前足:後ろ足=7:3」くらいのイメージでやるとちょうどいいと思います。
ただ7:3のイメージで練習していてもいざゲレンデで滑ってみるといつの間にか3:7くらいになってしまうことはよくあります。

とくに斜面の傾斜がきついときや斜面の状況があまりよくないときにはついつい後ろ足に重心がかかってしまいます。

そのため初心者のうちは8:2から9:1くらい極端に前足に重心を置く練習をしておいた方がいいかもしれません。

参考動画はこちら↓

エッジを活用しスピード軽減!

エッジとは簡単に言うと車のブレーキのようなものでボードと斜面との摩擦を調節することでスピードを抑えることができます。

つまりエッジをある程度使いこなすことができれば、どんな斜面でも自在にスピードを操ることができるようになります。エッジをかけるポイントは重心をゆっくりと移動させることです。

視線はなるべく落とさずに曲がりたい方向を見ながら徐々に重心を移動させていけばエッジの効いたターンができるようになります。

参考動画はこちら↓

重心を後ろ足に置くことは間違い!

重心を後ろ足に置くデメリット!

重心を後ろ足に置いてしまうとボードの前方が浮いてしまいエッジが効きにくくなります。
スノボで滑る際強く意識してほしいのが重心の位置です。

特に初心者の方は恐怖のあまり重心が後ろ足に乗りやすくなってしまいます。これだとボード前方のエッジをうまく使うことができなくなるのでどんどんスピードが上がっていき、ボードをコントロールするのも難しくなります。

スノボは滑るだけではなく飛んだり回転したりといろんなことができますが、重心を意識するだけで面白いように上達することができます。

どんな場面でも常に重心の位置を確認するようにしましょう。

初心者の方は真ん中に重心を置く!

スノボは体重移動によって滑ったりターンをすることができます。体重移動をスムーズにうためには重心の位置がとても大切になります。

特に初心者のうちは重心が後ろ足に乗りやすいのでスピードが出やすかったりターンがしにくかったりします。どのスポーツにおいても基本は大切ですがスノボにおける基本とは重心を真ん中に置くことです。

どんな斜面であっても重心がブレなければ自分の思うような滑りができます。慣れるまではとにかく重心の位置を意識して取り組んでみてください。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスノボ上達には欠かせない重心の置き方についてお伝えしましたがいかがだったでしょうか?

初めのうちは恐怖心からついつい重心が後ろ足に乗ってしまいやすいのですが、これだとスピードを抑えることもボードをコントロールすることも難しくなってしまいます。
重心は常に真ん中もしくは前足にかけるようにして、ボード全体のエッジをしっかりと雪面につけることを意識してみてください。

重心が安定するようになれば面白いように上達していきますよ。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike