あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボのフリースタイルについて解説!動画付きで解説

スポシル編集部

公開日 :2018/11/30

更新日 :2019/03/14

スノーボードにはたくさんの楽しみ方があります。最初にターンを覚えてある程度コースを滑れるようになったら次のステップにチャレンジしてみたくなりますよね。
カービングスキルを高めてキレッキレのターンをしてみたり、パークでかっこよくジャンプやトリックを決めてみたり、まだ誰も滑っていないパウダーを攻めてみたりと。

目次

スポンサードサーチ

スノボのスリースタイルとは?

フリースタイルとは何か?

スノボにはフリースタイルとアルペンスタイルの2種類があり、一般的にスノーボードというとフリースタイルを指します。フリースタイルとはハーフパイプやトヨタビッグエアーなどのエアーを行うときに使用するスタイルです。

一方アルペンスタイルとはスキーの大回転競技をイメージしてもらうと分かりやすいのですが、斜面を猛スピードで滑走しタイムを競うスタイルです。
エアーやトリックなどいろんな技ができるのがフリースタイル、滑りを極めるのがアルペンと覚えておくといいでしょう。

アルペンとの違いとは?

ここではフリースタイルとアルペンスタイルの違いや特徴をご紹介します。まずボードのアイテムの違いですがアルペンスタイルは板のウエストが細くショートとロングの2種類があります。

ブーツは硬くスキーのブーツに近い感じです。そしてバインディングはステップインが多く両足とも進行方向を向いているのが特徴です。

一方フリースタイルは板の形状はアルペンよりも太くブーツはソフトで自由度が高いです。バインディングの向きはほとんどが横向きです。アルペンとフリースタイルでは目的が違うのでそれぞれの特徴に合わせた構造となっています。

アルペンとスノボはどちらが初心者におすすめ?

初心者にとってアルペンとフリースタイルどちらがおすすめかというと、「人によって違う」という答えになってしまいます。なぜかというと人によってスノボでやりたいことが変わってくるからです。
例えばハーフパイプやエアーなど滑り以外でもいろんなことをやりたいのであればフリースタイルがおすすめですし、とことんライディングを極めたいのであればアルペンスタイルがおすすめです。つまり自分がスノボで何をしたいかによっておすすめが変わるということです。

フリースタイルの種類を紹介!

フリーライディング!

スノボの基本はフリーライディングにあるといっても過言ではありません。フリーライディングとは名前の通りゲレンデを自由に滑走することです。フリーライディングの醍醐味は、ターンを刻みながらゲレンデに合わせていろんな技を織り交ぜ自在にライディングすることです。

実はゲレンデ内にはわざわざパークに行かなくても楽しめるポイントがたくさんあります。ゲレンデごとの特徴を攻略しながら滑走を楽しむのがワンランク上のフリーライディングの楽しみ方です。

参考動画はこちら↓

パークスタイル!

ある程度ランディングのスキルを身につけたら次にチャレンジしたいのがパークです。パークとは名前の通りフリースタイルの公園であり遊園地のような場所です。最近は初心者でもエントリーしやすいパークが数多くあります。パークでは自由にアクションを楽しむことができますが利用するうえで2つだけ大事なルールがあります。
まずはジャンプなどの着地点に立ち止まらないことです。着地点に立ち止まると事故やけがにつながる可能性が高くなるのでもし転んだときは素早く避けるようにしましょう。そしてもう一つが前の人を追いかけたりしないことです。パークは基本的に自分のペースで滑っていいので前の人が遅くても待ってあげるくらいの余裕を持っておきましょう。

参考動画はこちら↓

バックカントリー!

ゲレンデを滑るだけでは物足りない、ゲレンデにはもう飽きたという中上級者におすすめなのがバックカントリーです。バックカントリーとは裏山を意味し、人工的に作ったゲレンデとは違い自然の雪山を滑ります。

もちろんリフトなどはないので、自力で山を登らなければなりません。

さらにゲレンデと違いパトロールスタッフがいない大自然の雪山で行うレジャーなので、当然リスクもありますしすべてが自己責任になります。それでもバックカントリーの感動を一度味わえば、誰もが雪山の虜になること間違いないでしょう。

参考動画はこちら↓

グラトリ派!

手軽で安全に楽しめることからグラトリは老若男女問わずとても人気があります。グラトリとは平らな斜面で繰り出すトリック全般のことをいいます。

板をバターナイフのように扱うことからバタートリックともいわれています。具体的にはボードを回転させたり、ノーズかテールどちらか先端を浮かせたり、ボードを斜面に押し付けたり、あるいは複数のアクションを組み合わせてみたりとそのバリエーションはスノーボーダーのアイデア次第で無限に広がります。

参考動画はこちら↓

スポンサードサーチ

まとめ

今回はフリースタイルスノーボーディングで人気の4つのスタイルをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
あくまでスノーボードは自由な遊びです。細かいルールや決まりは一切ないので自分の好きなスタイルで好きなように楽しめばいいと思います。
今回ご紹介したようにスノボにはただ滑るだけではなく、ゲレンデごとの特徴を攻略したり、パークでエアーやトリックをしてみたり、誰もいないバックカントリーで思いっきりパウダーを満喫したりと様々な楽しみ方があります。
ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてより充実したスノボライフを送ってください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike