あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボで立てない方必見!スノボの立ち上がり方を動画付きで解説

スポシル編集部

公開日 :2018/11/30

更新日 :2019/02/09

せっかくスノボに来たのになかなか立ち上がることができずにムダな時間を過ごしたことはありませんか?
慣れないうちは転んだり一度座ってしまうと立ち上がるまでに時間がかかってしまいます。ただちょっとしたコツを掴めば簡単に立ち上がることができるようになります。

目次

スポンサードサーチ

なぜスノボ転倒時に立てないのか?

立てない理由!

スノボ初心者にとって転倒はつきものですが、転倒した後なかなか立ち上がることができないってことはよくあります。

立ち上がれなくなる理由はいくつかありますが、一番大きな理由としては立ち上がる際ボードの裏面をすべて斜面にくっつけてしまっていることです。

ボードの裏面をくっつけたまま立とうとすれば、ボードが滑ってしまい踏ん張りがきかずにバランスを崩してしまうのでなかなか立ち上がることができなくなってしまいます。

立てない人の共通点!

転倒してなかなか立ち上がれない人の共通点は2つあります。

まず1つ目は立ち上がろうとするときにボードとお尻が離れてまっていることです。ボードとお尻が離れていると腕の力や体の反動が使いにくくなるので立ち上がるのが難しくなります。

そしてもう一つはボードの裏面がすべて斜面にくっついていてボードが非常に不安定になっているということです。立ち上がる時足元が不安定だとバランスをとるのが難しいので結果立ち上がることができなくなります。

スノボ時の転倒時に立てない際の対処法!

片手でエッジをつかんで立ってみよう!

まだ慣れてないうちは両手の反動だけでは立ち上がれなかったり、立ち上がろうとするとボードが勝手に滑ってバランスを崩してしまうことがしばしばあります。
そんな時はまず片方の手でつま先側のエッジを掴み、もう片方の手で雪面を押しながら体の反動を使って立ち上がってみましょう。

そうすることで立ち上がる時ボードが滑るのを抑えることができ、足元が安定することでバランスがとりやすく体の反動も使いやすくなります。

参考動画はこちら↓

方向展開を覚えてつま先側で立ち上がろう!

方向展開の方法!

ヒールエッジを使った立ち方がうまくいかない場合はトゥサイドのエッジを使って立ってみましょう。

トゥサイドのエッジを使う場合は体を山側に向ける必要があります。ここで体の向きを転換させる方法をお伝えします。

まずボードを履いたまま雪面に仰向けに寝転がり、背中は雪面にくっつけたまま下半身をひねってボードの向きを変えていきます。

ボードと下半身の方向転換がうまくいったら、上半身もひねって向きを変えれば方向転換は完了です。

参考動画はこちら↓

つま先側での立ち方!

一般的にヒールエッジを使った立ち方よりもトゥサイドのエッジを使った立ち方の方が楽に起き上がれます。

ここでトゥサイドを使った立ち方をマスターしておきましょう。

まず山側を向いた状態でつま先側のエッジを使って体を起こしていきます。両手とトゥサイドエッジの3点で雪面をしっかりと押さえつけ、素早く立ち上がります。

腰の位置がボードの真上まできたら雪面から手を離し、上半身をゆっくりと起こしていきます。

立ち上がることができたらつま先に体重をかけボードが動かないようにしましょう。

参考動画はこちら↓

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスノボ初心者の立ち上がり方ついて解説してきましたがいかがだったでしょうか?

立ち上がり方をマスターしていれば転倒しても怖くありません。それどころかムダに疲れることもないですしよりスノボを楽しむことができます。

立ち上がり方はつま先側のエッジを使う方法とかかと側のエッジを使う方法がありました。特につま先側のエッジを使った方法はカンタンにマスターできるので、ここでしっかりと身につけてスノボライフをエンジョイしてください。

ディスクリプション
この記事はスノボ初心者がうまく立ち上がるためのポイントを紹介しています。立ち上がり方にはつま先のエッジを使った方法とかかと側のエッジを使った方法があります。立ち上がり方をマスターしておけば転倒しても怖くはないですし、よりスノボを楽しむことができます。スノボ初心者の方は是非参考にしてみてください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike