あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボーのオーリーを習得して楽しさ100倍!オーリーのコツやよくあるミスを紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回の記事では、スノボーのオーリーをわかりやすく説明します。初心者やこれから始める人に向けたオーリーのコツを紹介しました。今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

目次

スポンサードサーチ

オーリーってなに?

スノボーのオーリーとは簡単にいうと板のテール側を反発させてジャンプすることを言います。オーリーと言っても、意外と奥が深く簡単そうに見えて難しい技です。初心者のかたのオーリーをみていると、板を反発させてジャンプしている人は少なく、膝を使ってジャンプしているため、オーリーとは言えません。そのため、この記事をみてくれた人は、今のうちにしっかりとオーリーを身につけてスノーボードを楽しみましょう。

ノーリーとは違うの?

スノボのノーリーは簡単に説明するとオーリーの逆足で弾くイメージになっています。オーリーはテールで弾くに対して、ノーリーはノーズ側で弾きます。一般的にはオーリーの方が難易度が低いです。グラトリなどでは、ノーリーのほうがスピントリックの際に高い回転数ができるため必須な技術となっているため、グラトリをやりたい方はノーリーも練習しましょう。

オーリーのコツを紹介!

地形を使用して板の反発を感じよう

オーリーの最初の難関として、反発を感じれない場合が多いです。まず、反発を感じるために軽い地形を利用してオーリーの練習を始めてみることをおすすめします。また、反発には踏み込みが大切になってくるため、踏み込みのタイミングと力の量を意識して練習してみましょう。また、最初から高いオーリーは目指さず、低くても反発をしっかりと感じることが重要です。

肩を引き上げよう

オーリーのコツの一つとして肩をジャンプの瞬間に引き上げることが大切です。肩を引き上げるイメージだと、体全体を自然と引き上げることができ、高いオーリーを可能にします。また、ジャンプするという感覚では、足に力が入ってしまい自然なオーリーはできません。脱力をしながら、オーリーをすることを意識しましょう。

膝を極力曲げる

オーリーは飛ぶ前の動作として膝を極力曲げることも大切になってきます。特にキッカーなどの場合では、膝を極力曲げることで安定したランディングを実現しており、通常のオーリーでも同じことが言えます。しかし、膝を極力曲げると少し力んでしまうため、力まないように慣れが必要になってきます。

肩は開かない!

ストレートオーリーの際に重要になってくるのは、肩を開いたり閉じすぎたりしないことが重要です。肩を開いたり閉じたりすることで、板が横になってしまい、ストレートオーリーはできません。180などの回転技をしたい場合は逆に肩の先行動作により回転します。肩の使い方が上手ければ回転技に関しては、簡単にできることがあります。

スポンサードサーチ

オーリーでスノボの楽しみ方が増える!

地形でオーリー!

オーリーの楽しみ方の一つとして地形で遊ぶことができるようになります。これまで楽しめなかった、雪の壁やちょっとした凹凸でもオーリーをすることができれば、これまでの倍以上はスノーボードを楽しむことができます。また、ゲレンデ全体で遊ぶことができ、圧倒的な爽快感をえれます。

オーリーがある程度できるようになったら、地形などで少し遊んでみて、いつもとはちがうゲレンデの楽しみ肩をしてみてください。

キッカーでオーリー!

オーリーができるようになったということは、キッカーに入ることもできます。最初はランディングの方法や、スピードに関してわからない部分が多いため低いキッカーで楽しんでみてください。キッカーはグラトリや地形では体感できない浮遊感があるため、浮遊感に虜になってしまう方も多いです。キッカーでオーリーをして存分にスノーボードを楽しみましょう

オーリーでグラトリできるように!

グラトリでもオーリーはものすごく重要になってきます。オーリーができることで、弾き系のレパートリーを増やすことができます。初心者ならまずは、180などの回転数の低いものからチャレンジしていきましょう。そして少しずつ回転数を上げていき、完璧なスピントリックを身につけましょう。

まとめ

今回はスノボのオーリーに関して上達するためのコツを説明しました。これからスノボーを始めたい人やすでに始めているけど、オーリーができないと感じる方に向けた記事となっています。
今回紹介したコツを参考にしてゲレンデでオーリーたくさんしてみましょう

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike