あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
snowboard

スノボ初心者がチェックしておきたい持ち物を紹介!便利な持ち物も紹介

スポシル編集部

公開日 :2018/11/30

更新日 :2019/03/14

毎年冬になると「今年こそはスノーボードに挑戦したい」と思う方も多いのではないでしょうか。しかしこれまでスノーボードの経験がないと何から何まで揃えればいいのか分かりませんよね。特にスノーボードは小物などを合わせると持ち物が多いですし、もし忘れ物なんかがあると一気にテンションも下がってしまいます。

目次

スポンサードサーチ

初心者向けのスノボの持ち物!

必須の持ち物!

スノボを始めるにあたりまず必要なのが、ボード、ビンディング、ブーツの3点セットとウェアです。ただこれらのアイテムはすべてレンタル可能なので最初はレンタルで十分でしょう。次に自分で準備すべき必須のアイテムとしては、グローブ、ゴーグル、ニット帽の3アイテムです。

グローブは寒さ対策やブーツをビンディングに取り付ける際に必要となります。ゴーグルは紫外線や照り返しから目を守るため、視界をキープするためにも必要となります。ニット帽も寒さ対策や転倒時頭部を保護するためにも必要となります。

持っておくと便利な持ち物!

次に必須アイテムではないのですが持っておくと便利なアイテムを3つご紹介します。

まずはケツパッドです。特にスノボ初心者やまだ経験の浅い人は必須アイテムに近いかもしれません。とにかく最初のうちはよく転ぶのでケツパッドがあれば転倒しても痛みが軽減されますし、ウエアが濡れても冷たさを感じにくくなるので持っておくと便利です。

次にフェイスマスクです。フェイスマスクは寒さ対策にも紫外線対策にもなるので特に女性にはおすすめです。

そして3つ目はパスケースです。パスケースはウエアに装備されているものもありますが、リフト券以外に小銭なども入れておけるので持っていて損はないでしょう。

宿泊する際に必要な持ち物!

せっかくスノボに行くなら泊りがけで行きたいですよね。ここでは宿泊する際に必要な持ち物をご紹介します。

まずは下着や着替え、靴下やパジャマなどの衣類です。とくに下着や靴下、着替えは多めに持っていくと良いでしょう。次にタオル類です。宿泊先についている場合もありますが、フェイスタオルがあるといろんな場面で使えるので一枚持っておくと便利です。

あとは洗面用具です。これも宿泊施設についている場合もありますが念のため持っていくと安心です。

初心者女子向けのスノボ持ち物!

必須の持ち物!

ここからはスノボ初心者女子に必須のアイテムをご紹介していきます。道具やウェア以外にも欠かすことのできないアイテムはいくつかあるので是非チェックしてみてください。

まずは日焼け止めです。ゲレンデの紫外線反射率はかなり高いので、後から後悔しないためにも日焼け止めは必ず持っていきましょう。

次にリップ・ハンドクリームです。ゲレンデでは紫外線や寒さの影響で唇や肌が乾燥しやすいので、リップ・ハンドクリームも忘れず持っていきましょう。

持っておくと便利なアイテム!

ここでは持っておくと便利なアイテムをご紹介します。

まずはポケットティッシュです。いろんな場面で役に立つので一つ持っておくと良いでしょう。次にホッカイロです。滑り出して体があったまってくれば必要ありませんが、滑る前はとても寒いので持っておくと便利です。

あとは絆創膏やシップ類です。慣れないブーツを長時間履いていると靴擦れができてしまったり、普段使っていない筋肉を使うことによって筋肉が悲鳴をあげてしまうので絆創膏やシップは持っておくと良いでしょう。

宿泊する際に必要なアイテム!

ここでは女性が宿泊する際に必要なアイテムをご紹介します。

まずはパジャマや下着、着替えはスノボに限らず旅行には必須アイテムですね。寒い時期の宿泊になるのでなるべく厚手のものを選びましょう。

次にタオルやバスタオルです。宿泊施設によっては用意がない場所もあるので事前に確認しておくと安心です。

最後に洗面用品やブラシ、髪を結ぶゴムなどのヘアケア商品、化粧用品も忘れずに持っていきましょう。

スポンサードサーチ

リュックに上手に収納できる方法を紹介!

いざスノボに出かけようと思ってもたくさんの荷物をうまく収納できなければテンションも下がってしましますよね。ここではリュックに上手に収納できる方法をご紹介します。

まずウェアですが上下をきれいに畳んで重ねます。それから海苔巻きのように丸めてパッキングするとコンパクトになります。丸めたウェアの間にゴーグルや帽子を入れておけばよりスペースをうまく使うことができます。

またウェアは濡れることを前提にビニール袋に入れて収納しておくと良いです。ウェアさえコンパクトに収納できればあとは他の荷物もうまくまとめることができるでしょう。

まとめ

今回スノボ初心者が最初に用意すべきアイテムを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
最初のうちはボードやビンディング、ブーツなどの道具に関してはレンタルで十分でしょう。レンタルできるものはなるべくレンタルした方が金銭的な負担も軽く済みますし一歩目のハードルも下がりますからね。ただレンタルできないアイテムで初心者には必須のアイテムもあります。

このアイテムがあるかないかでスノボの楽しさが変わってくるかもしれません。ぜひ今回紹介したアイテムを参考にして思いっきりスノボを楽しんでみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定