あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボウェアの洗い方を紹介!知っておきたい洗う頻度やシーズン後のケアも解説!!

スポシル編集部

公開日 :2018/11/24

更新日 :2019/03/14

ウィンタースポーツが趣味という方にとって、寒い季節の到来は嬉しいものではないでしょうか。
スキーやスノーボードを楽しむ上で、スキーウェアやスノボウェアは欠かすことが出来ないアイテムの一つです。

目次

スポンサードサーチ

スノボウェアの洗う頻度とは?

スノボウェアはどれくらいの頻度で洗うべきなのでしょうか?

ゲレンデから帰宅すると、クタクタに疲れてしまいついウェアの手入れは疎かにしがちです。
すぐに滑りに行くから大丈夫?
いえいえ、スノボウェアの手入れはなるべくこまめに行いましょう。

可能であれば、一度着用する度にしっかりと洗って手入れをする事をおすすめします。

洗わずに放置してしまうと、泥や汗が落ちづらくなってしまうばかりではなくファスナーが目詰まりを起こして開閉しづらくなってしまいますよ。
また、濡れたままのスノボウェアを放置すると季節や保管時の温度によってはカビが生えてしまいます。

高い撥水性と通気性を兼ね備えたゴアテックス素材で作られたスノボウェアは洗ってよいのか迷ってしまいそうですが、問題なく洗えますよ。

こまめに洗濯をして、毎回綺麗なスノボウェアでゲレンデに向かいましょう。

シーズン中のスノボウェアの簡単な手洗い方法を紹介!

ウェアを洗う前に洗濯表示を確認!

まずはシーズン中にスノボウェアを手洗いする方法を紹介します。

手洗いをすべきか、洗濯機で洗えるかの判断基準はタグなどに表記されている取扱い絵表示を参考にして従うようにしましょう。

手洗いマークが付いている場合は手洗いでスノボウェアを洗っていきます。

絵表示で洗濯方法を指定されている、洗濯不可や絞り方の指定がされている場合は従うべきです。
付属品(ボタンや装飾)や素材が強い摩擦に弱いなど、洗濯絵表示で指定がある場合なそれぞれしっかりとした理由があるものです。

指定されている洗濯方法を無視して洗ってしまうとせっかくのスノボウェアが傷む可能性があるため注意しましょう。

簡単な手洗いの方法を紹介!

それでは、具体的なスノボウェアの洗い方を解説します。

準備するもの

  • スノボウェアが浸かる大きさの洗い桶
  • 洗濯洗剤(おしゃれ着用洗剤がおすすめ)
  • 30℃程度のぬるま湯

手順

  1. 洗い桶に30℃程度のぬるま湯を張って洗濯洗剤を加え、スノボウェアを漬けこみます。
    スノボウェアのポケットにリフト券などが入っていないかしっかりチェックしておきましょう。
  2. スノボウェアを押すように洗います。手のひらを使って、洗い桶の中で沈めては浮かすという作業を繰り返し行います。優しく、丁寧に2~30回繰り返しましょう。
  3. 脱水を行います。絵表示で絞りに関する指定が無ければ洗濯機の脱水を利用しましょう。絞りヨワクなどの指定がある際は、手絞りなら弱めに洗濯機で遠心脱水を行う場合は短時間にしましょう。
  4. すすぎを行います。2の作業同様に水だけですすぎます。水が濁らなくなるまで行いましょう。
  5. 直射日光を避け、2~3日影干しをしてしっかり乾かしましょう。

押し洗い方法を動画でチェック!

スポンサードサーチ

シーズン中のスノボウェアの洗濯機での洗濯方法を紹介!

洗う前の準備!

選択表示の確認!

スノボウェアを洗濯機を使って選択する方法を紹介していきます。

手洗い同様に、まずは洗濯方法をタグに書いてある絵表示を参考に確認しておきましょう。

手洗いの際に説明した内容と重複しますが、指定された洗濯方法に従わずに洗ってしまうと大切なスノボウェアを痛めてしまう可能性があります。

指定に従った洗濯方法で洗いましょう。

適切な洗剤を選ぶ!

スノボウェアを自宅で洗濯する際は、洗剤選びも適切に選びましょう。

白を基調としたスノボウェアであれば、絵表示に指定が無ければ洗濯洗剤をあまり気にしなくても大丈夫です。

柄物や絵表示に中性の指定があるスノボウェアに関しては、指定に従い中性洗剤を選ぶかおしゃれ着用の洗濯洗剤を選びましょう。

指定に従わないと色落ちや服の痛みを引き起こす可能性があります。

前処理をする!

前処理が必要な場合は、洗濯前にしっかりと前処理を行いましょう。

前処理が必要な時とは、部分的に汚れが目立つ場合です。
襟や袖部分が汚れやすい点は、普通の衣服と同様です。

目立つ汚れ部分は洗濯前におしゃれ着用洗剤を直接つけて前処理をしておきます。
汚れがひどい時は、漂白剤を塗布して前処理を行います。
漂白剤は「酸素系」を使いましょう。
「塩素系」は色落ちを引き起こす為、使わないようにして下さい。

洗う際の手順!

前処理が必要な場合は前処理を行い、洗濯機で洗っていきます。
洗濯前にポケットに異物が無いかチェックして、洗濯ネットに入れましょう。

洗濯ネットに入れたスノボウェアを洗濯機で洗いますが、絵表示で指定がある場合は指定に従ったコースで洗いましょう。

手洗いマークが指定されている場合は、手洗いをするか手洗いコースで洗濯します。
洗濯機弱水流マークが指定されている場合は、手洗いコースやドライコースで洗濯しましょう。

洗濯機を使ってスノボウェアを洗濯する場合は、洗濯ネットにしっかりと入れる点と洗濯方法の指定を表す絵表示に沿ったコースで洗う事に気を付けさえすれば、普通の洗濯と同じ感覚で洗えます。

参考動画として、ゴアテックス素材の洗い方を解説した動画を紹介します。

干す際の手順!

ウェアの形を整える!

洗濯機で洗い終わったスノボウェアは、速やかに洗濯機から取り出しましょう。

洗濯後に洗濯機に長時間放置してしまうと、洗濯じわや型崩れを起こす原因となってしまいます。

洗濯機からスノボウェアを取り出したら、まずはしっかりと脱水されているかどうかをチェックしましょう。

撥水加工が施されている、ゴアテックス素材が使用されているスノボウェアは洗濯機でしっかりと脱水処理しきれていない場合があります。

脱水が不十分と感じた場合は、大き目のバスタオルでスノボウェアを挟む様にしてしっかりと水分を取り除いていきましょう。

脱水処理を終えたウェアは、丸めたままにせずしっかりと広げて形を整えてあげましょう。

乾燥させる!

洗濯を終え、形を整えたスノボウェアは型崩れに注意しながらしっかりと乾燥させていきます。

乾燥させる方法は直射日光を避けて、陰干しにしましょう。
陰干しで2~3日かけてしっかりと乾燥させてください。

型崩れを避ける意味でも、しっかりと乾かす意味でも干す際は以下の事に注意しましょう。

ジャケットはしっかりとしたハンガーに吊るして、風通しを良くする為にファスナーは開けておく。肩部分を洗濯バサミなどでハンガーと固定して置くと良いですよ。

パンツは内側がしっかり乾くように、胴回り全体を洗濯バサミなどで止めて履いている状態に近い形で干しましょう。
乾きが悪いと感じた際は、裏返して内側もしっかりと乾かしていきましょう。

ウェアの保管方法!

せっかく綺麗に洗濯しても、保管方法が悪ければ意味がありません。
スノボウェアはしっかりとした保管方法で保管しましょう。

シーズン中で、すぐに袖を通す予定であれば湿気やホコリに気を付けて保管する程度で良いでしょう。
冬場であっても、暖房によって部屋の温度は高くなるため短期間であってもカビの発生は起こり得ます。湿度管理には特に気を遣いましょう。

シーズンオフで長期間の保管を予定している場合は、密閉性の高い収納ケースで保管する事をおすすめします。
長期間放置する事になるため、保管前の乾燥は念入りに行いましょう。

後述しますが、クリーニングに出した後であれば一度取り出して陰干しをしてから保管しましょう。

スノボウェアの着用前に撥水スプレーを噴射!

スノボウェアを着用する前には、撥水スプレーを噴霧しておきましょう。

撥水スプレーを噴霧しておくことで、スノボウェアの表面が濡れて身体が冷える事を防いでくれます。
特に濡れやすい部分としてお尻や裾、肩などは念入りに撥水スプレーを噴霧しておきましょう。

撥水スプレーの噴霧は、屋外で行いましょうね。
全体にまんべんなく噴霧して、風通しのよい場所で乾燥させると効果が発揮されますよ。
尚、スノボウェアの色や素材によってはシミや変色の恐れがあります。
目立たない部分で一度試し吹きをしておくと安心して使えますよ。

スポンサードサーチ

シーズン後はクリーニングに出すべき!

シーズンオフとなり、来シーズンまで長期間の保管をするタイミングでスノボウェアをクリーニングに出しておくと良いでしょう。

コストはかかってしまいますが、自宅で洗濯して落としきれていない汚れなどがあればプロのクリーニング屋さんに任せてしっかりと汚れを落としてから保管しましょう。

スノボウェアに限らず、衣服の汚れは時間が経てば経つほど落としにくい汚れとなります。

来シーズンも綺麗な状態でスノボウェアを着るためにも、汚れはしっかりと落としきってから保管したいものです。

尚、クリーニングから戻ってきたスノボウェアはビニールなどが被せられているかと思います。
そのまま保管したいところですが、一度ビニールから出して2~3日陰干しをしてしっかりと乾燥させてから密閉性の高い収納ケースなどに入れて保管しましょう。

溶剤やビニールで覆われていた事により籠った湿度をしっかりと乾かしておきましょう。

まとめ

スノボウェアの手入れ方法として、洗濯について紹介しました。

自宅で手洗いをする場合であっても、洗濯機を使って洗濯をする場合であっても自分でスノボウェアを洗濯する際は、タグに記載されている洗濯方法を表す絵表示をしっかりと確認するように心がけましょう。

また、シーズンオフで長期間保管する際は汚れをしっかりと落としきりましょう。
保管時の湿度管理を注意する事で、綺麗な状態で長くスノボウェアを着る事が出来ますよ。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike