あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボのハーフパイプについて紹介!動画付きで解説

スポシル編集部

公開日 :2018/11/30

更新日 :2019/03/14

ハーフパイプはオリンピックの正式種目にもなっているため、華麗な技を見てカッコいいと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、実際にハーフパイプをやろうとするのはハードルが高すぎると考えている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ハーフパイプに挑戦したいと考えている中級者に向けて、ハーフパイプの魅力やメリットを徹底解説します。ハーフパイプを滑るコツも紹介していきます。初めてハーフパイプに挑戦する人は参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

初心者には危ない?スノボのハーフパイプとは?

ハーフパイプとはどんな競技?

ハーフパイプとは、半円状に作られたコースを左右交互に高く飛びあがって技を競い合うコースです。ハーフパイプの半円状の壁は約7メートル近くあるため、スピードをつけて滑走することで5メートル以上も飛び上がるスノーボーダーもいます。
ハーフパイプは決まると最高にカッコ良く、注目を浴びるのにもってこいの競技です。しかし、度胸試しのつもりでハーフパイプに挑戦するのは無謀すぎます。
また、ハーフパイプのコースはアイスバーンのように固められているため、転倒したときに大ケガにつながる可能性があります。

ハーフパイプの魅力は、何と言っても技が決まったときのカッコ良さです。高く飛び出した時にグラブが決まったときの爽快感や華麗にスピンが決まったときの高揚感はたまりません。
ハーフパイプを成功させるためには、恐怖心に打ち勝つことと基本姿勢やカービングができていることが条件となってきます。基本ができていない状態でハーフパイプに挑戦すると、間違いなく痛い目を見ます。
ハーフパイプに挑戦する前に、しっかりとハーフパイプの滑り方を学ぶことが大切です。

ハーフパイプのメリット!

ハーフパイプを滑れるようになると、地形への適応能力が高まるというメリットがあります。
ゲレンデで滑るときには、平面を前後左右の重心移動を使って滑走していきます。一方で、ハーフパイプでは前後左右だけではなく、上下の立体的な動きが必要になってきます。
つまり、急なコブやくぼみなどバランスを崩しやすい場所でも、膝や上半身のクッションを使って切り抜けることが可能になります。また、スピードのコントロールも上達し、グラトリやジャンプのレベルアップにもつながります。

ハーフパイプの滑る際の必要条件!

カービングができているか!

ハーフパイプを滑るためには、カービングができていることが必須です。ハーフパイプは、半円を抜けて飛び出していくためのバーチカルという部分が垂直になっているため、スピードを落とさないように滑らないと半円を抜け出すことができません。
ハーフパイプでは、ボードをスライドさせていくような滑り方では失速してしまい、バーチカルを上り切れずに転倒したり、ジャンプ力が足りずに半円の継ぎ目であるリップに腰や背中を強打してしまったりする恐れがあります。

カービングターンについての動画はこちら↓

アプローチ姿勢を覚えているか!

ハーフパイプに挑戦する前に、アプローチ姿勢がしっかりとできるか確認しておくことが重要です。勇気を振り絞ってみたはいいものの、ハーフパイプのボトムに対して垂直に突っ込んでいくようなアプローチでは危険すぎます。
まずは、ハーフパイプの形に沿って平行に滑りながらアプローチ姿勢を作っていきます。
壁の縁に沿うように少しずつ進みながら、上半身を谷の方に向けて倒していきます。同時に膝をゆっくり曲げながら低い姿勢を作り、リップに差し掛かったら頭と上半身をボトムに対して落としていくイメージです。

スポンサードサーチ

スノボのハーフパイプの滑り方を紹介!

まずは机上でイメトレ!

ハーフパイプに挑戦する前に、机上でイメトレすることが大切です。どんなスポーツでも、体の動かし方をイメージできていないと実際に動かすことが難しくなります。しっかりとイメトレができていれば、その分上達も早くなります。
まずは、ハーフパイプ初心者向けの動画やDVDを何度も観て、映像を目に焼き付けます。次に、映像を観なくてもハーフパイプを滑っている映像をイメージし、自分の体を重ね合わせるように実際にハーフパイプを滑っている感覚やスピード感を思い浮かべます。
イメトレをしっかりしておくことで、実際にハーフパイプのコースを前に立ったときに、体が自然と動きやすくなります。実際にプロのスノーボーダーも大会前にイメトレをして、本番の感覚を何度も確かめていると言われています。
それほど頭の中で何度も練習しておくことは大切です。

パイプ内をチェック!

パイプ内をチェックすることは、初心者上級者に関わらず大切なことです。同じハーフパイプの形状であっても、気温や雪の状態によって滑走感が全く違ってきます。また、パイプ内の整備がしっかりされているか、整備される前の状態なのかによっても変わってきます。
まずは、パイプ内をゆっくりと抜けていく感覚で、ボトムやバーチカルの状態を確認していきましょう。この時に、パイプ内が整備不足だったり苦手な雪質だったりした場合には、あえて挑戦しないことも大切です。

ドロップイン!

ドロップインとは、ハーフパイプのリップからパイプ内に入っていくことを言います。ドロップインがしっかりできるかどうかがとても重要です。ドロップインには、フロントサイドから進入する方法とバックサイドから入る方法に2種類があります。
フロントサイドでドロップインする際には、ハーフパイプに対して平行に滑りながら胸と頭をボトム側に倒していくのがコツです。慣れてきたら軽くオーリーしてボトムに進入していくとスピードに乗りやすくなります。
バックサイドで進入する場合は、膝をしっかり落としながらかかと側のエッジを立ててボトムに降りると同時に、体重をボードの重心にかけてスピードをつけていくのがポイントです。
ただし、バーチカルを滑っていく際にエッジに体重が残っていると尻もちをついてしまうことが多いため、注意が必要です。

ドロップインの方法についての動画はこちら↓

ドリル!

ドリルとは、パイプ内を木の葉がひらひらと舞うように交互に滑り降りてくることです。通常の木の葉滑りと違うところは、ボードをスライドさせないことです。ポイントはスピードが落ちないようにしっかりとエッジを立てて重心をキープすることです。
ドリルでは、ドロップインではレギュラースタンスで進入し、最初のバーチカルを抜けた後はスイッチスタンスで滑ることになります。つまり、ゲレンデでスイッチスタンスを練習して、直滑降やカービングができていることが必須です。

ドリルについての 動画はこちら↓

トランディションでターン!

トランディションとは、パイプ内のボトムという底の部分と壁であるバーチカルの間のことを指します。トランディションは、着地後にフロントサイドとバックサイドを切り替えるための場所でもあります。
トランディションでターンするためには、カービングが必須と言えます。着地後に乗っているエッジから中心に重心を移してから、スムーズに反対側のエッジに体重を移してターンしていきます。
カービングターンで逆エッジを起こしてしまう人は、ハーフパイプに挑戦する前にレギュラーとスイッチスタンス両方でカービングターンがしっかりできるように練習しましょう。

トラディションターンについての動画はこちら↓

まとめ

今回はハーフパイプに挑戦したい人のために、滑り方と練習法について紹介しました。ハーフパイプに初めて挑むときはものすごく怖いというイメージがあり、なかなか一歩踏み込めない人が多いのではないでしょうか。
ハーフパイプは基本動作やカービングができていれば、順を追って練習することで飛ぶことができるようになります。グラブやスピン系のトリックには程遠くても、バーチカルからリップを抜けて着地できた時の爽快感はたまりません。ぜひチャレンジしてみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike