あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

爽快!スノーボードのカービングターンのコツと練習方法を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回の記事では、カービングターンのコツをわかりやすく紹介します。すでにスノボーは始めているけどカービングターンができない方に向けた記事となっています。
今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

目次

スポンサードサーチ

カービングターンってなに?

カービングターンというのは、エッジを立ててスピードを落とさずにターンを行うことです。カービングターンでは、板の捻れ(トーション)やエッジの使いかたを覚えることができるため、安定した滑りを行うことができます。また、トーションやエッジの使いかたは、グラトリ、パークスタイル、フリーライディングなどスノーボード全般で使用されるため、カービングターンは必ず習得しましょう。

カービングターンのコツとは?

両足でしっかりとエッジを抜けないようにしよう

カービングターンのコツの一つとして両足でしっかりとエッジを抜けないようにするということがあります。特にヒールターンで使用するのですが、後ろ足に強く力を入れてしまい、つま先側が固定されないから抜けてしまっている人をよく見かけます。しかし後ろ足のみに力を入れていることがエッジを抜けている原因と気づけてる方は少ないです。

腰の落とし方に注意しよう

カービングターンで重要になってくるのは、腰の落とし方です。よくあるミスでヒールターンの際に腰を落とすというよりも、引き腰になってしまい、エッジが抜けやすい姿勢になってしまっていたり、トゥターンの際に腰を曲げすぎていて、体がくの字になってしまい、かっこいいカービングターンとは言えません。腰を曲げるというイメージよりも、膝を軽く曲げて踏ん張ることで、自然と雪面に近く倒せるカービングを行うことができます。

目線を気をつけよう

カービングターンでは、目線も重要になってきます。ターンに入る前に目線を先行動作として入れておくことで余裕のあるターンを可能にしています。目線を上げていないと、引き腰にもなってしまうため注意が必要です。カービング以外にもスノーボードにおいて必ず目線は重要になってくるため、目線をあげることは必ず意識しましょう。

スポンサードサーチ

カービングターンの練習方法を紹介!

最初はトゥターンから極めよう

カービングターンは最初にトゥターンから練習を始めましょう。ヒールターンに比べ、トゥターンのほうがやりやすいため、習得も早いです。トゥターンを習得することで、カービングのイメージも膨らみヒールターンを習得したい時にも役立ちます。

広いターンをまずはしてみよう

カービングターンを練習する際には、最初は広いターンから始めましょう。カービングではターンの切り替えが難しくなってきます。最初はターンの切り替えを行わない広いターンを覚えましょう。また、長い間エッジに乗ることができるため、体重のかけ方や姿勢に注意しながら練習することができます。ヒールとトゥの両方を広いターンをする中でやってみてください。広いターンのさいは、あまり倒さずに滑ることができるため、少しずつ円弧を小さくしていきましょう。

倒せるだけ倒してみよう

ある程度カービングターンができるようになってきたら、自分の限界の倒せるところまで倒してみましょう。最初はエッジが抜けてしまったりするのですが、自分の中で改善点を見つけルことが重要です。角度がつけばつくほど、エッジが抜けやすくなるため、強い踏ん張りが必要になります。また、倒せるといっても腰を曲げるのではなく、しっかりと、腰はあまり曲げないイメージで滑ってみてください

カービングターンをする際の注意点

コントロールできるようになったらスピードを上げよう

カービングターンをする際に注意しなければいけないのは、カービングはなかなかコントロールが難しいため、スピードを出していてコントロールができなくなったら大けがや接触の原因となります。そのため、最初にスピードはあまり出さずに練習して少しずつスピードを上げていきましょう。早いスピードでゲレンデを滑るのは最高に楽しいですが、危険も伴うため、自分のレベルにあったスピードを意識しましょう。

後ろを必ず確認してターンしよう

カービングターンは、コントロールの難しさだけでなく、周りからするとスピードが早く怖いイメージがあります。そのため、ターンをする前に必ず後ろを確認して接触を防ぎましょう。カービングでは、とっさに方向転換したりブレーキをかけるのが難しいため、早めに危険を感じ取り、防がなければいけません。安全にカービングを楽しみましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスノボのカービングターンを上達するためのコツに関して説明しました。すでにスノボーは始めているけど、カービングターンができない方に向けた記事となっています。
今回紹介したコツを参考にしてゲレンデを100%楽しめるスノーボーダーになりましょう!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike