あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボジャンプおための練習方法を解説!【動画付き】

スポシル編集部

公開日 :2018/11/30

更新日 :2019/03/14

スノボの花形と言ったらジャンプと答える人は多いのではないでしょうか。ゲレンデでカッコよくジャンプを決めることができたら、注目の的になること間違いなしです。しかし、ジャンプは準備不足でチャレンジすると、大きなケガにつながってしまいます。
そこで今回は、スノボのジャンプのために準備することについて徹底解説していきます。ジャンプは傍から見ていてできそうに思えても、実際に飛ぶとなると恐怖心が勝ってしまうものです。そんな人のためにも、ジャンプに慣れるための練習方法も紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

スノボのジャンプのための準備を紹介!

飛ぶことに慣れる!

ジャンプをするためにいきなりパークに入ってしまうのは無謀です。ジャンプ台に入る前にはスピードコントロールや重心移動がスムーズにできることが必須条件と言えます。まず、大きなジャンプ台を飛ぶためにはいくつか準備することがあります。
最初に飛ぶことに慣れることです。ゲレンデを滑っていて小さなコブを見つけたら、少し飛んでみることでジャンプに慣れることができます。また、コブをある程度スピードをつけて飛ぶ練習をすることで、ジャンプ台に入る際のスピード感に慣れることができます。

ウェーブでの練習!

ウェーブとは、コブが連続している場所のことです。ウェーブは重心移動や膝のクッションをうまく使えないと、コブに乗った瞬間に体が投げ出されてしまったりスピードコントロールができなくなったりします。
まずは、コブの形に合わせて膝をうまく使って衝撃を吸収できるように練習していきます。この時に、上体の位置は変えずにコブを上がるときは膝を抱えるように、下りるときは膝を伸ばすようにするとスムーズにウェーブを越えられるようになります。
また、体重を入れたり抜いたりする感覚が身についてくると、スピードコントロールも観についていきます。

ウェーブについての動画はこちら↓

ジャンプ台に慣れる!

ジャンプに挑戦する前に、ジャンプ台に慣れることはとても重要です。まずはジャンプをしなくても、スピードを調整しながらそのまま抜けていくのがおすすめです。何度もジャンプ台を抜けていくことで、ジャンプ台の形が把握できてスピード感にも慣れてきます。
ジャンプ台では頂点に向かって加速していくためのアプローチという場所でスピードをコントロールする必要があります。スピードを調整してから頂点に向かって上っていくトランジションという場所では、完全に飛ぶ体勢に入っていなければなりません。
スピードをコントロールしながらジャンプ台に入る練習をしていくと、次第にどのくらいのスピードで入っていけば大丈夫なのかコツがつかめてきます。そこまでくればジャンプ台の恐怖心はほぼなくなってきます。

スノボのジャンプの飛び方を紹介!

ここでジャンプの飛び方を順番に説明していきます。
最初に、ジャンプ台に対して恐怖心が残っていないか確かめます。怖いと考えてしまうと体が固まって思い通りに動けなくなってしまいます。また、腰が引けてしまうため、ジャンプの瞬間にバランスを崩して体が投げ出されてしまう危険があります。
飛ぶ準備が整ったら、真っすぐアプローチを滑っていきます。その際に何度かターンしてスピードを調整します。アプローチでスピードを調整して飛ぶ体勢に入っていくことが重要です。
次にトランジションで重心を低くして飛ぶ準備に入ります。頂点のリップに差し掛かったら、テール側が離れる直前に軽く地面を蹴ります。すると、安定した姿勢で飛び出すことができます。
空中に浮かんでいる間は、膝を抱えて低い体勢のまま着地点を見据えて着地に備えます。着地の瞬間に膝で衝撃を吸収しながら滑っていきます。

ジャンプのトレーニング法についての動画はこちら↓

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスノボでジャンプに挑戦する際のコツや練習方法について紹介しました。ジャンプがカッコよく決まればゲレンデでの注目を浴びること間違いなしです。まずは飛ぶこととジャンプ台に慣れることを目標にして、安全にジャンプを楽しみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike