あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノボのバインディングについて紹介!動画付きで解説

スポシル編集部

公開日 :2018/11/30

更新日 :2019/03/14

スノボを購入してからバインディングを調整していない人は、それが上達の妨げになっている可能性があります。スノボはバインディングを調整するだけで、疲れにくくなったり姿勢が維持しやすくなったりします。
そこで今回は、スノボを購入してからバインディングをそのままにしておく弊害やバインディングの調整方法についてわかりやすく紹介します。バインディングの調整はやり方がわかればどこでも簡単にできます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

スポンサードサーチ

バインディングをそのままにしておく弊害とは?!

ボードを購入してからバインディングをそのままにしておくと、様々な弊害があります。まず、スノボに繰り返し行くとねじの部分がゆるんでしまい、滑っている最中にセンターディスクが回ってしまう可能性があります。
また、シーズン後にバインディングを外さずに保管すると、板のひび割れや反りにつながってしまいます。さらに、ねじ山部分などに錆が発生してしまい、うまく調整ができなくなる可能性もあります。

バインディングの取り付け方を紹介!

取り付ける位置を決める!

バインディングのディスクプレートには、角度や取り付け位置を変えられる穴がいくつもついています。
まず、ボードの上に立ったときに重心が真ん中に来るようにバインディングの位置を決めます。ブーツを履いた状態でセンターの位置を決めないと、つま先とかかと側のどちらかに重心がかかりやすくなってしまうため、真っすぐ進みにくくなってしまいます。
次に、前後の足の幅を決めます。足の幅が広くなると重心が安定する反面、膝の筋肉がつかれやすくなります。一方で、足の幅を狭くすると腰や膝を落としやすくなるものの、安定性が落ちてしまいます。

バインディング取り付けの動画はこちら↓

ベースプレート開き取り付け角度を決める!

スタンス角度の決め方!

スタンスの角度は、できるだけつま先を進行方向に向ける方が滑りやすくなります。特に、初心者の方は、斜面に対する恐怖心を抑えるという意味もあります。スノボに慣れてきてターンが上達してきたら、後ろ足のつま先の角度を0度に近づけていくのがおすすめです。
つま先を進行方向に向けるセッティングは、スイッチスタンスで滑りにくくなるというデメリットがあります。ある程度上達してグラトリに挑戦したくなったら、自分に合う角度を試してみるのもおすすめです。

バインディングの角度についての動画はこちら↓

バインディングのセンターディスクの向きとは?

バインディングのセンターディスクは、ねじ穴が縦方向と横方向の2種類で取り付けることができます。センターディスクは、バインディング本体の歯車に合わせて角度を変更することができるため、縦方向と横方向のどちらで取り付けても大丈夫です。
センターディスクのねじ穴を縦方向で取り付けた場合は、つま先とかかとの重心位置を調整しやすくなります。また、ねじ穴を横方向で取り付けた場合は、スタンスの幅を調整するのに便利になります。

センターディスクの向きについての動画はこちら↓

ドライバーでネジを取り付ける!

バインディングのセンターディスクを取り付ける際には、プラスドライバーを使います。ドライバーはねじ山に合ったサイズを使わないと、ねじ山をなめてしまい取り外しできなくなる可能性があります。
センターディスクを固定する場合は、ねじを軽く回して仮止めしてから本締めをしていきます。3点で止めるタイプは時計回りに順に締めていきます。4点で止めるタイプは、十字を描くように順にねじを締めていくのがコツです。
バインディングをゲレンデで調整したい人には、コンパクトタイプのドライバーを携帯するのがおすすめです。もし、滑っている最中にセッティングが合わないと感じたら、すぐに調整できて便利です。

バインディング取り付けの動画についてはこちら↓

スポンサードサーチ

バインディングの外し方の紹介!

バインディングを外す際は、ブーツを乗せる部分のカバーを外す必要があります。カバーに爪を引っかける部分がある場合には、長めのマイナスドライバーを使ってめくるようにして外します。
また、ドライバーを入れにくい場合は、横側からドライバーでめくるようにしても外すことができます。その際に、急に力を入れてカバーを割らないように注意が必要です。ドライバーに力を入れてもねじが回りにくい場合は、潤滑油などをかけると回りやすくなります。

まとめ

今回は、スノボのバインディングについて紹介しました。今までボードを購入したままの状態で滑っていた人も、少し調整するだけで見違えるように滑りやすくなります。また、グラトリやジャンプにチャレンジしている人にもおすすめです。
ぜひ、自分のスタイルに合ったセッティングを見つけてみてください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
Fencing
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike