あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snowboard

スノーボードのターンを習得して雪を舞いあげろ!ターンのコツや練習方法を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回の記事では、スノボーのターンに関する説明と、初心者やこれから始める人に向けたターンの基礎やカービングターンのコツを紹介しました。今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

目次

スポンサードサーチ

スノボのターンの種類!

ブレーキをかけながら曲がるS字ターン

スノボのターンは様々な種類のターンがあります。まず、一つ目はエッジでブレーキを聞かせながら行うターンです。こちらは、スピードを抑えるながら、曲がる際に使います。ブレーキをかけながら曲がるターンは比較的難易度が低く、初心者の方でもできます。

早ければスノボ歴1日でも可能です。安全にスノーボードを楽しみたい場合には、必要な技術となってきます。

スピードを落とさず曲がれるカービングターン

ターンのもう一つの種類としてカービングターンというものがあります。カービンングターンは、ブレーキをかけながら曲がるS字ターンよりも難易度が高く、エッジを立てる事でスピードを落とさずに曲がることのできるターンとなっています。そのため、スピード感のあるスノーボードを楽しみたいかたは、カービングターンを練習する事でスノーボードの楽しみかたが一つ増えていきます。

初心者必見!まずはS字ターンのコツを紹介!

まずは初心者向けにブレーキをかけながら曲がるS字ターンのコツを紹介します。

目線を下げない!

S字ターンをやる際にうまくできるようになるためのコツは3つほどあります。一つ目に目線を下げないことが大切になってきます。目線を下げてしまうと、必然的に頭が下がるため良い姿勢ではなくなってしまいます。下を向いてしまうと、衝突の危険も増えますし腰が下がってしまうため、うまい体重の載せ方ができません。

理想的な見る場所としては、進行方向の5m~10m先を見ることで頭が下がってしまうのを防ぐことができます。また、スノーボードにおいて目線というのはものすごく重要になってきて、グラトリやパークスタイルにおいても大切になっています。

ターンの方向に肩を開く!

S字ターンをやる上で肩の動きもものすごく重要になってきます。肩を開くことで、自然な体重移動が可能となり、これまでヒールからトゥに重心を載せ替えるのが苦手な方に関しても肩を意識することで一気に良い方向を向くことができます。スノーボードでは、下半身が重要と勘違いされがちですが、上半身の動きかたも同じくらい重要になってきます。下半身と上半身の連動でうまくいくため、試してみてください。

膝を伸ばしすぎない!

S字ターンにおいて、膝を伸ばしすぎないことも重要です。膝により、バランス感や衝撃の吸収をすることが可能なため、膝を伸ばしすぎているかたは、少しやりにくくなっているかもしれません。そのため、自分の膝の状態を意識してみてください。また、膝を軽く曲げることで、怪我のリスクを下げてくれるため、おすすめです!

スポンサードサーチ

カービングターンのコツを紹介!

スピードを落とさず曲がれるカービングターンのコツを紹介します。

上半身の安定性

カービングは上半身の安定性が大切となっています。上半身がブレブレだと安定かんのない滑りになってしまいます。多くのカービングターンを見てきて、やはり綺麗なカービングだと感じる時は、上半身が固定されているような形になっています。

簡単にいうと上半身は固定された姿勢のまま、下半身と重心と板の反発のみでターンしているというイメージです。体幹部分を意識して滑る事で安定したカービングターンをすることができます。

膝の上下

カービングターンでは、膝の上下でターンの切り替えを行います。膝の屈伸でターンの切り替えを行わないと上半身のブレに繋がってしまいます。そのため、膝の屈伸運動を鍛えて安定したカービングターンを手に入れましょう。

また、スピードをだすカービングターンでは、衝撃吸収の役割も担っています。スピードが上がるに連れて、軽い凹凸でも飛んでしまったりすることで膝が使えないと安定しません。

重心

トゥターン

トゥターンの重心で重要なことは、板のエッジをつま先で踏み込むイメージで行うことがおすすめです。ありがちなミスで上半身を雪面につけようとする方もいますが、通常ではそのイメージだとエッジが抜けてしまいます。そのため、エッジを抜けないようにするには、エッジを雪面に押し込むイメージが大切です。最初は少しずつの角度からやっていきましょう。

ヒールターン

ヒールターンも同じように、エッジをかかとで踏み込むイメージが大切です!かかとで踏み込む事で、トゥターンと同じようにエッジの抜けを防止します。また、ヒールターンはトゥターンに比べて難しくエッジが抜けやすいため、姿勢と重心、膝の使い方を上達させておきましょう。

まとめ

今回はスノボのターンに関して説明しました。これからS字ターンやカービングターンを始めたい人やすでに始めているけど、上達のスピードが遅いと感じる方に向けた記事となっています。ターンの説明から上達するためのコツなどを紹介しました。
自分にあった練習方法や、安全に楽しむ方法を見つけて、ターンでゲレンデを100%楽しめるスノーボーダーになりましょう!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike