あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snorkeling

シュノーケリングセットの準備はこれで万全!選び方と人気おすすめ10選を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/29

更新日 :2019/03/14

シュノーケリングを楽しむときは、水中において、視界の確保や呼吸手段、移動手段を確保するために必ず専用の道具を使用します。
各パーツ、快適性や機能性、安全性に優れていますが、大事なことは自分の体型やレベルにあった用具を揃えられるかどうかです。

目次

スポンサードサーチ

シュノーケリングに必要なものは??

シュノーケリングに必要な用具は、シュノーケルマスク・シュノーケル・フィンの3つです。
シュノーケリング用のマスクは、一般的なゴーグルとは違い鼻までカバーされています。
これは呼吸をシュノーケルで行うため、普段呼吸に使う鼻をすっっぽり覆うことで安全にシュノーケルをおこなうためです。
また、ゴーグルより大きく作られているため視野が広くなるのも魅力の1つとなっています。

シュノーケルは、口元から水上にだす長い筒のことで形状は様々。潜ったままでも呼吸を可能とする道具です。
呼吸のためにわざわざ水面に顔を出す必要が無いので、長い時間観察を楽しむことができます。

フィンは、つま先に大きなヒレがついている水中用の靴です。
行きたい場所に素早く移動できるほか、キックによる体力の消耗を防いでくれます。

シュノーケリングを楽しむには、水の中で安全に過ごすために道具選びが重要です。
必ずマスク・シュノーケル・フィンの3点を準備しましょう。

シュノーケリングセットの選び方!

マスクを選ぼう!!

一眼レンズ

一眼レンズの特徴は、レンズに仕切りがないという点です。
レンズの面積が大きくなることで視野が広くなるため、水中にいながら広い角度で景色を楽しむことができます。
ただし、一度水が入ってしまうと二眼レンズより排出しにくいのが難点。慣れるまでにじかんがかかります。

二眼レンズ

二眼レンズの特徴は、レンズが二つにわかれており、左右のレンズに度が違うレンズを入れられるという点です。
近眼や老眼など、目が悪い人にはこの二眼レンズがおすすめ。一眼レンズより面積が小さいため水の排出がしやすいのも魅力となっています。

また、二眼レンズタイプには視野を広げるためにサイドビュー付きモデルがあるほか、一眼レンズに比べてデザインやカラーのラインナップも豊富です。

シュノーケルを選ぼう!!

長さ・太さで選ぶ!

シュノーケルのタイプには、ストレートタイプのJ型、口元部分が蛇腹になっている蛇腹タイプ、顔の形状にそって筒が曲がっているラップアラウンド型などがあります。

シュノーケルを選ぶ際はまず形に目が行ってしまうものですが、自分の肺活量にあった長さと太さをチェックする必要があります。

肺活量が多い方は空気を沢山取り込める筒が太いものを、肺活量が少ない女性や子供は細い筒がおすすめです。

長さは短いほどシュノーケリングはしやすくなりますが、短いとちょっとした波で水が入ってきたり、深く潜ることができないのが難点となります。
一方、長すぎると水の抵抗を受けやすいためシュノーケリングしにくくなります。

水が入りこむ対策には以下のポイントに注意してシュノーケルを選ぶとよいでしょう。

その他の部位で選ぶ!

シュノーケルを選ぶ際、長さと太さに加えてチェックしておきたいのが排水弁の有無やドライトップ、マウスピースなどの性能です。

ホースの下に排水弁があるタイプのシュノーケルは、シュノーケル内の水を外に排出し、外の水の侵入を防ぐ役割をしてくれます。
初心者や子供が使用する場合は排水弁のあるタイプがおすすめです。

マウスピースの大きさも肝心です。50㎜前後が一般的ですが、口が小さい人用に45㎜前後のタイプもあります。

またシュノーケルのなかには、筒の上部に浮力体が取り付けられているものがあり、これをドライトップと呼びます。
水につかると弁がしまる構造となっており、シュノーケルが思わず水中にはいってしまっても呼吸時に水を飲んでしまうリスクを軽減することができます。

シュノーケルは呼吸を行う重要な道具です。自分のレベルにあったタイプを選び、身につけるようにしましょう。

<h3フィンを選ぼう!!

フルフット型

フルフット型は、靴を履くようにすっぽり足を中に入れて着用するタイプです。
足首周りがゴム素材でできており、着用後は密着。
フィンが足に一体化している感覚で使用することができるので、水をける力がフィンにダイレクトに伝わります。
デメリット点をあげるとすれば、脱着が不便な点でしょう。

ストラップ型

ストラップ型はかかとにストラップがついており、足の大きさに合わせて調節してフィットさせるタイプです。
マリンシューズやソックスの上から着用できるため、脱着が簡単。子供が使用する際はストラップ型の方が便利でしょう。

スポンサードサーチ

シュノーケリングの人気おすすめメーカーを紹介!

ReefTourer(リーフツアラー)

ReefTourerは、ダイビング機材トップブランドとして世界中のダイバーから支持されている国内ブランドTUSAを手がけているタバタという会社が、シュノーケル専用に立ち上げたブランドです。
安全性・耐久性・利便性はもちろん品質がよく、リーズナブルな点が魅力的なメーカーとなっています。
ReefTourerのシュノーケリング2点セットは、シリコン素材で肌に優しい柔らかフィットが特徴。
フィンは硬い素材と柔らかい素材を融合することで、小さいブレードでも十分な推進力を実現。

初心者が安心して使用できるモデルを多く送り出しています。

Hele i Waho(ヘレイワホ)

Hele i Wahoはハワイ発祥のブランドです。ダイビングやサーフィン、インストラクターでもあるクリエイターが手がけています。
初心者でも安心して長く使える機能性・安全性・デザイン性・素材にこだわって作られています。

Hele i Wahoのシュノーケリング3点セットは、水中に潜った状態で息をまちがって吸ってしまっても、ホースに水が入ってこない仕組みとなっています。
そのため、初心者や子供でも安心してシュノーケリングを楽しめるほか意図的に潜る人にもおすすめなモデルとなっています。

AQA(エーキューエー)

AQAはマリンスポーツ用品の老舗メーカー株式会社キヌガワが手がけているブランドです。
シュノーケリングを日本に根付かせるため、シュノーケリングにまつわる全てのアイテムを自分たちで製品化。長い時間と労力をかけて数多くの製品を送り出しています。

中でも、最も力を入れているのが子供用のアイテムです。きめ細やかな製品づくりを徹底し、安全性・快適性を向上。2015年に登場した、ワンランク上のシュノーケリングを体感できるシリコンマスク「オルカ」は海を存分に楽しめる優れた機能を備えています。

シュノーケリング セット

MRG シュノーケリング 3点セット シュノーケル マスク フィン

Amazonで詳細を見る

ピンク 重量 約1.3kg
サイズ [マスク]17×10cm、[シュノーケル]13×44cm、[フィン]46~51×17.8~19.1cm 素材 シリコン/強化ガラス

MRG シュノーケリング 3点セット シュノーケル マスク フィンのおすすめポイント

  • シリコンタイプのダイビングマスクとシュノーケルはフィット感も抜群
  • シュノーケリングなどに欠かせないアイテム3点セット
  • フィン(足ひれ)を装着すると効率よく水中を移動することができる

enkeeo スノーケル・マスク・フィン 3点セット

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック×レッド/ブラック×シルバー/ブラック×ブル-/ブラック×ブラック 重量
サイズ フィン「子供」15.5~19.5cm、「成人S/M」22~25cm 、「成人L/XL」26~29cm 素材 シリコン/天パートガラス

enkeeo スノーケル・マスク・フィン 3点セットのおすすめポイント

  • 多目的に使用可能な、オリジナルエコバッグとのセット!自社ブランドタグ付き
  • 本格的なドライトップになっていて、深く潜っても水が入ってこないので息がしやすい
  • フィン:バックルからストラップを外さないままで直接に調整して着脱ができる

Usnork シュノーケルマスク ダイビングセット パノラマ

Amazonで詳細を見る

ブルー/ピンク/ブラック×グリーン/ホワイト×ブルー 重量 930g
サイズ S~XL 素材 シリコン

Usnork シュノーケルマスク ダイビングセット パノラマのおすすめポイント

  • 優れた鮮明さ、十分な視角とより良い視認性を実現
  • トップクラスの防水機能 この機能は高波やダイビング中の管への水の侵入を防ぐ様に設計
  • 最高のパノラマビューイング 180度の最大限の視角

enkeeo マスク・スノーケル2点セット

Amazonで詳細を見る

シルバー×ブラック 重量 671g
サイズ 素材 テンパードガラス/シリコン

enkeeo マスク・スノーケル2点セットのおすすめポイント

  • 収納袋のみならず、防水型のスマホケースと非常に柔軟なスイミングキャップも付き、お買い得
  • 耐久性に優れたテンパードガラス
  • 安全無毒なシリコン素材を採用

Arkmiido シュノーケルセット スノーケリング 3点セット

Amazonで詳細を見る

ブラック×ブルー 重量
サイズ S~XL 素材 強化ガラス+シリコン+PVC

Arkmiido シュノーケルセット スノーケリング 3点セットのおすすめポイント

  • シリコン製マスクの気密性は極良いので、50メートル潜っても水が入らない
  • 曇り止め強化ガラスレンズ‐クリアな視野
  • スノーケルの接合部パイプもマウスピースも食品級安全シリコンで、マスクとストラップも柔軟なシリコン材質なので、安全無毒

Grebarley シュノーケルセット

Amazonで詳細を見る

レッド 重量 299g
サイズ 素材 シリコン/強化ガラス

Grebarley シュノーケルセットのおすすめポイント

  • Grebarley シュノーケルセット
  • 普通のガラスより視野が広くて、曇りにくく、子供向けで使いやすい
  • 男女兼用で、もっとよい密閉性と快適性がある

Hele i Waho/ヘレイワホ シュノーケルセット

Amazonで詳細を見る

クリアブルー×ブルー/クリアピンク×ピンク/スモーク×ブラック/ネイビー×オフホワイト/フラッシュピンク×スカイ 重量
サイズ S~XL 素材 シリコン

Hele i Waho/ヘレイワホ シュノーケルセットのおすすめポイント

  • よりコンパクト&スマートに!付け心地と視界にこだわって進化したベーシック一眼レンズマスク
  • フィット感あり、無臭のシリコン製マスク
  • しなやかなブレードと心地よい推進力のフィン

Integityスノーケルセット

Amazonで詳細を見る

イエロー/ブルー 重量 798g
サイズ 素材 スムースラバー(首内側)

Integityスノーケルセットのおすすめポイント

  • 耐久性に優れ、割れにくいガラスは水中の硬いものや鋭いものなどから身を守り、水泳やシュノーケリング時の安全性を高めている
  • 耐久性に優れ、割れにくいガラスは水中の硬いものや鋭いものなどから身を守り、水泳やシュノーケリング時の安全性を高めている
  • たった1回の速やかな吐き出しでバルブを開き呼吸チューブから水を押し出し、吸入によりバルブが閉じる

U.S DIVERS(ユーエスダイバーズ) アドミラル4点セット(スノーケルセット)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

イエロー 重量 1.36kg
サイズ S~L 素材 ガラス/シリコーン

U.S DIVERS(ユーエスダイバーズ) アドミラル4点セット(スノーケルセット)のおすすめポイント

  • 広い視界を確保できる大きいガラスレンズ
  • スノーケル/水面ではオープンになりスムーズな呼吸ができる機能
  • 持ち運びに便利なショートブレードタイプ

GULL(ガル) 【GULL】マンティス5 ブラックシリコン + カナールドライSP スノーケル2点セット

Amazonで詳細を見る

プラストブラック 重量
サイズ 素材 シリコン

GULL(ガル) 【GULL】マンティス5 ブラックシリコン + カナールドライSP スノーケル2点セットのおすすめポイント

  • マンティス5とカナールドライSPのマスク、スノーケル2点セット
  • ソフトに顔にフィットする為、顔に跡が付き難くい
  • 男性向けの商品

スポンサードサーチ

まとめ

シュノーケリングで使用するマスク・シュノーケル・フィンには各々いくつかのタイプがあり、初心者から上級者、性別や年齢に応じて使用するタイプは様々です。
それぞれのパーツにおいてどのタイプが自分に合っているかを考慮し、バラで購入するのもよいですが、人気のメーカーで揃えて購入するのもよいでしょう。

自分にあったシュノーケリングセットを選び、安全にシュノーケリングを楽しみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike