あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
snorkeling

シュノーケリングのウェットスーツの選び方と人気おすすめ10選を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/29

更新日 :2020/09/24

今回の記事ではウェットスーツの解説と、おすすめのウェットスーツ10選を紹介します。

シュノーケリングの際に、なぜウェットスーツを着用するのか気になったことはありませんか?

実はウェットスーツ着用によって、保温やけがの防止、浮力の調整などさまざまな恩恵を得ることができます。

また、ウェットスーツを着ていれば、冬のシュノーケリングも可能になります。

そんな便利なウェットスーツについて見ていきましょう。

目次

スポンサードサーチ

ウェットスーツ着用によってどんな効果があるか!?

ここではシュノーケリングにおけるウェットスーツの効果について紹介していきます。

以下について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。


  • 浮力の確保

  • 体温の維持

  • ケガを防ぐ

浮力の確保

まず紹介する効果は浮力の維持です。

ウェットスーツの生地には多くの空気が含まれており、その含有量は体重の10%程度と言われています。

そのため泳ぐ際の負担が減り、疲労軽減につながります。

ただし浮力が大きすぎて泳ぎにくい場合もあるため、ウエイトと呼ばれる重りをつけるのが一般的です。

体温の維持

次に紹介する効果は体温の維持についてです。

ウェットスーツと言われて思いつく効果がこの保温効果ではないでしょうか。

先ほど紹介したように、ウェットスーツの生地には多くの空気が含まれているため、断熱効果も高く、体温の低下を防ぎます。

長時間のダイビングは夏の場合もウェットスーツの着用がないと危険です。

冬でもウェットスーツを着用すれば短時間ならシュノーケリングが可能になります。

ウェットスーツの代表的な性能といっていいでしょう。

ケガを防ぐ

最後に紹介する効果はケガの防止です。

海にはとがった岩や貝など様々な危険があります。

裸でシュノーケリングをしたことのある方は、一度はケガをした経験があると思います。

陸上とは違い海では体の自由が利かないため、岩などにぶつかることも少なくはありません。

ウェットスーツの着用によって、ケガの多くは防げます。

クラゲの刺胞も防げるため、シュノーケリングをする際にはウェットスーツの着用をおすすめします。

シュノーケリング用ウェットスーツの選び方

ここではシュノーケリング用のウェットスーツの選び方を紹介していきます。

以下の選び方を解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。


  • タイプで選ぶ!

  • フィット感で選ぶ!

  • 厚さで選ぶ!

  • 生地で選ぶ!

タイプで選ぶ!

ウェットスーツは多くの種類があります。

上半身が分かれたものや、半袖・半ズボンのタイプなどがありますが、今回は代表的な2種類を紹介します。

フルスーツ

フルスーツとは、長袖・長ズボンの一体型のスーツで、ウェットスーツの中で最も多く使われているタイプです。

手首から足首までウェットスーツを着ることになるため、保温力と浮力に優れています。

初めてウェットスーツを購入するのならこのフルスーツがおすすめです。

ぴったりとしたサイズでないと動きづらいため、カスタムオーダーで購入する方が多いです。

1年を通して使用可能なスーツで、冬の使用も可能です。

ただし夏だとフルスーツの使用は暑いかもしれません。

シーガル

シーガルとは、半袖・長ズボンの一体型スーツです。

フルスーツに次いで使用者が多いスーツです。

このスーツは半袖タイプのため、動きやすく、熱を逃がしやすいことが特徴です。

春先から秋にかけてこのスーツは使用することがでます。

特に夏のシュノーケリングはシーガルでないと暑いかもしれません。

冬のシュノーケリングでは保温力が低く、腕が出るため使用は難しいでしょう。

寒い時期だけフルスーツを着用する方も多いです。

フィット感で選ぶ!

購入するタイプのウェットスーツも決めて、次にするべきことは適切なサイズの選択です。

大まかに着用できる洋服などとは違い、ウェットスーツは自分の体にぴったりのサイズでないといけません。

小さすぎると動きづらく、体を圧迫して長時間活動できません。

また、大きすぎても隙間から水や砂が入り動きづらくなります。

最近のウェットスーツは多くのサイズが販売されているので、自分に合ったサイズも見つかるでしょう。

しかし、最高にフィットするウェットスーツが欲しい方にはカスタムオーダーのウェットスーツの購入をおすすめします。

厚さで選ぶ!

ウェットスーツはさまざまな厚みで販売されており、厚みが異なることで耐久性や保温性に違いが現れます。

基本的に厚みがあれば保温性に優れており、薄ければ保温性に劣ってしまいます。

夏の季節には薄めのウェットスーツがおすすめで、冬であれば厚めのウェットスーツがおすすめです。

5mm以上が冬におすすめで3mm未満の厚さは夏に適しています。

厚みの違いによって体の動かしやすさも異なるため、季節と共にどのような目的でウェットスーツを購入するのかも決めておきましょう。

生地で選ぶ!

ウェットスーツはさまざまな素材で作られており、素材が違うことで機能性や着心地に違いが出ます。

起毛素材はスーツの内側に使用される素材であり、保温性に優れています。

そのため、冬にシュノーケリングをする際には必須の素材でもあります。

そのほかにはスキン素材やジャージ素材などがあり、スキン素材は撥水性に優れている代わりに、耐久性に劣っているデメリットがあります。

ジャージ素材は最もウェットスーツで使用されている素材であり、耐久性に優れています。

スポンサードサーチ

シュノーケリング用ウェットスーツ人気おすすめメーカーのご紹介!

ここではシュノーケリングにおすすめのメーカーを紹介していきます。

以下のメーカーについて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。


  • MORGEN SKY(モルゲンスカイ)

  • Hele i Waho(ヘレイワホ)

  • ZEAK(ジーク)

  • NeoSports(ネオスポーツ)

MORGEN SKY(モルゲンスカイ)

この会社はウェットスーツやシュノーケリングなどのマリンスポーツ用品を販売されている会社です。

アマゾンや楽天など大手通販サイトでも販売されています。

このメーカーは価格帯が安く、安価で高品質な製品を購入することができます。

フルスーツやシーガルでも5000円程度から購入することができ、安く道具をそろえたい方にはおすすめです。

価格は安いですが品質は高く、ネットでのレビューも高評価が多いです。

初めてウェットスーツを購入する方に一押しのブランドです。

Hele i Waho(ヘレイワホ)

Hele i Wahoとは、主にダイビング等のマリンスポーツ用品を販売している会社です。

日本のほかに、台湾、韓国、マレーシア、シンガポール、タイのアジア5か国に進出している先鋭的なメーカーです。

品質が高く多くの愛好者がいるメーカーですが、フルスーツが25000円、シーガルが20000円からと価格も上がります。

すでにスーツを持っており、新しいスーツが欲しい方や、高くても品質の良い道具が欲しい方におすすめのメーカーです。

ZEAK(ジーク)

ジークが販売しているウェットスーツの特徴は販売価格が安いことです。

1万円以下で販売しているウェットスーツもあり、気軽に購入することができ、マリンスポーツを楽しむことも可能です。

また、販売されているサイズの幅も広く親子そろって同じデザインのウェットスーツを購入することもできます。

販売価格が安いと品質に劣っていると思われやすいですが、サーフィンやシュノーケリングをしても問題ない程度の性能に仕上げられています。

NeoSports(ネオスポーツ)

ネオスポーツはアメリカのメーカーであり、1960年代からウェットスーツを販売しています。

長年の経験と知識の元ウェットスーツを販売しているため、高性能な仕上がりになっています。

そのため、高性能で品質に信頼をおきたいのであればネオスポーツのウェットスーツを購入することをおすすめします。

高性能な仕上がりになっていることもあり、世界中のプロダイバーが愛用しているメーカーでもあります。

本格的にシュノーケリングをしたい人におすすめのメーカーです。

シュノーケリングのウェットスーツの人気おすすめ10選を紹介

ウェットスーツといっても用途別で販売されているため、シュノーケリングを行うのであればシュノーケリングに適しているウェットスーツを購入する必要があります。

ここではシュノーケリングにおすすめのウェットスーツ10選を紹介します。

MORGEN SKY ウェットスーツ 2mm タッパー フロントジッパー 長袖ジャケット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ L~3XL
素材 ネオプレン

着脱がしやすい

高品質の素材が使用されていたり、3Dカッティングが行われていることでフィット感に優れているウェットスーツです。

年中着用することができるウェットスーツでもあるため、季節問わずシュノーケリングを行う人は購入を検討しましょう。

フラットロックステッチが採用されていることで着心地に優れ、不快感なくシュノーケリングを行うことができます。

また、フロント部分にジップが取り付けられていることで着脱が容易になるメリットもあります。

カラー ブラック
サイズ l~2XL
素材 ネオプレン

水が侵入しにくい

襟口・袖口・裾口にスキン素材が使用されていることでフィット感に優れ、水の侵入を抑える効果が期待できます。

ウェットスーツ内に水が侵入しにくくすることで体温が低下してしまうことを防ぎ、寒さを軽減してシュノーケリングを楽しむことが可能になります。

そのため、体温が低下しやすい冬の季節におすすめのウェットスーツです。

フルスーツタイプのウェットスーツであるため、全身を覆うことができ、クラゲなどで怪我をしてしまうことも防ぎます。

カラー ブラック
サイズ S、M、L、XL、XXL
素材 ネオプレン

立体裁縫が行われている

立体裁縫が行われていることで着心地に優れ、水の侵入を極力防ぐことができます。

そのため、長時間のシュノーケリングや冬の季節でも体温が奪われることを防ぎます。

両腕部分にはデザインが施されているため、無地のウェットスーツよりもおしゃれに決めることができます。

おしゃれにシュノーケリングなどのマリンスポーツを行いたい」人におすすめです。

胸部と背中部分にはラバー素材が使用され、耐久性と保温性に優れています。

カラー ピンク ブルー
サイズ S~XL
素材

生地が薄い

UVカット加工が施されているウェットスーツであるため、日焼けをしたくない人におすすめです。

比較的薄い生地で作られていることで伸縮性に優れており、快適な着心地です。

薄い生地であるため、ウェットスーツ自体が軽く、体が動かしやすくシュノーケリングや海水浴などでも活用することができます。

しかし、生地が薄いことはそれだけ耐久性と保温性に欠けることであるため、夏の季節限定のウェットスーツになります。

破れやすいため、岩肌などに気を付けるようにしましょう。

AIRFRIC(エアフリク) 3mm ウェットスーツ メンズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ S~3XL
素材 ストレッチネオプレン

柔軟性に優れている

ストレッチネオスプレン素材が使用されていることで軽量化、耐久性、保温性に優れているウェットスーツです。

そのため、さまざまなマリンスポーツで活用することができます。

半袖半ズボンタイプのウェットスーツであり、冬の季節には不向きですが、春から秋にかけて長い期間使用することが可能です。

裏地には空気を含むパイル起毛が使用されていることで保温性に優れています。

柔軟性に高いジップが使用されているため、シュノーケリングの動きに支障が出てしまうことがなく、ジップ部分が体にあたり不快感を感じてしまうことも防ぎます。

FELLOW ウェットスーツ スプリング メンズ 2mm

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ M / ML / MLB / L / LB / XL / XLB
素材

着心地に優れている

着用していることを忘れてしまうようなウェットスーツのコンセプトの元開発されているウェットスーツであるため、着心地に優れています。

最高峰の伸縮素材が使用されていることで200%伸ばすことが可能です。

そのため、あらゆる動作に対してもウェットスーツが伸びてくれるため、不快感を感じずにマリンスポーツを楽しむことができます。

ジップの内側にはカバーが取り付けられていることで肌とジップが直接触れ合うことがありません。

DEHAI 男女兼 フル ウェットスーツ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブルー
サイズ S M
素材

コスパ抜群

コストパフォーマンスに優れているウェットスーツであるため、安いウェットスーツを購入したい人におすすめです。

また、マリンスポーツ初心者の人にもおすすめで初期費用をできるだけ抑えたい人にもおすすめです。

防風機能が備わっていることで外気を取り入れにくくすることができ、陸上に上がった際に寒さを感じてしまうことを防ぎ、体温低下も防ぎます。

防水性と速乾性も備わっていることで快適にシュノーケリングを行うことも可能です。

MARES ROVER(マレス ローバー) 5mm ウェットスーツ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ M L
素材 ジャージ

保温性に優れている

ジャージ素材が使用されていることで耐久性に優れています。

厚さも5mmであるため、保温性に優れており、冬の季節でも快適にシュノーケリングを行うことができます。

手首と足首にはジップが取り付けられており、開閉することで着脱が容易になります。

厚さがあるジャージ素材では動きにくさが出てしまいやすいですが、ストレッチ素材も採用していることで動きにくさを軽減できています。

冬の季節でもシュノーケリングを行いたい人におすすめのウェットスーツです。

O'NEILL オニール ウェットスーツ 2mmスプリング

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ M L
素材 ネオプレーン

体が動かしやすい

ウルトラフレックス素材が使用されているウェットスーツなため、運動性を重視しています。

体が動かしやすくなり、さまざまなマリンスポーツで活用することができます。

ウェットスーツは体温を保ったり、怪我をしないために必要な物ですが、体が動かしにくくなるデメリットがあります。

しかし、ウルトラフレックス素材が使用されていることで、他のウェットスーツとは段違いに動きやすいです。

快適にシュノーケリングを行いたい人におすすめです。

O'NEILL オニール ウェットスーツ 2mmロンスプ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
カラー ブラック
サイズ M~XL
素材 ネオプレーン

ラバー素材が使用されている

表面がツルツルのラバー素材が広範囲に使用されていることで撥水性に優れており、水はけがいいです。

気温が寒く、水温が高いときにおすすめのウェットスーツであり、秋まで着用することができます。

撥水性や防水性に優れている特徴はありますが、耐久性が欠けてしまうため、傷つきやすく、裂けやすいです。

また、長期間愛用することで表面のラバー素材が劣化してしまい、ツルツルの質感がなくなってしまいます。

ラバー素材が使用されていることでフィット感には優れています。

スポンサードサーチ

まとめ

ウェットスーツのおすすめ10選を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

購入する際の参考にしていただければと思います。

価格帯や種類が多くあるのでどれを購入するか迷うかもしれませんが、初めて持つウェットスーツであれば、フルスーツかシーガルの安価な製品の購入をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定