あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
snorkeling

シュノーケリングのフィンの選び方と人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/29

更新日 :2019/04/19

本記事ではシュノーケリングフィンの選び方やおすすめ商品について紹介します。

シュノーケリングはフィンがなくても楽しますが、フィンをつけることで行動範囲が広がります。
そのため、より水中の景色を楽しむことができるようになります。

しかし、自分に合ったフィンをつけていないと途中で取れてしまったり、快適に景色を楽しめなくなってしまいます。

そこで本記事では、シュノーケリングを楽しむためにフィンを選ぶ時に注意するポイントを
①フィンのタイプ
②自分の足のサイズ
③フィンの長さ
の2軸に絞って解説していきます。

また、SUPOSHIRU編集部がおすすめするシュノーケリング用フィンも紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

スポンサードサーチ

フィンがあると便利!!

まず、なぜシュノーケリングにフィンが必要かを説明します。
シュノーケリングは海中を潜って魚や景色を楽しむものです。もちろん、何も足につけずに、泳いでも浅瀬の波のないところであれば楽しめます。
しかし、フィンをつけることですばやく動け、行動範囲が広がります。
そして、余裕を持って魚や景色を楽しめます。

そうして上達していけば、シュノーケリングからダイビングへの発展も見込めます。
フィンをつけて優雅に水中を楽しみましょう。

シュノーケル用フィンの選び方!

タイプで選ぶ!

シュノーケリングのフィンは、フルフットタイプとストラップタイプの2つに分けられます。ここではそれぞれの特徴を紹介します。

フルフットタイプ

フルフットタイプは足を入れる穴しかなく、サイズ調節ができないタイプです。主に素足で着用します。
サイズ調節ができないという点は一見デメリットに見えますが、言い換えると使用中にずれることがないため、1度フィットするフィンを見つけてしまえば、足のサイズが変わらない限り長く使用することができます。

さらに、サイズがピッタリなフィンのフィット感はストラップタイプよりも高く、使用時の安定感は抜群です。ボートシュノーケリングなど、すぐに海に入る必要があるシュノーケリングに向いています。

ストラップタイプ

ストラップタイプは、かかと部分にストラップやバネが付いていて、サイズ調節が可能なフィンです。ダイビングブーツを履いた上から装着します。
フルフットタイプに比べて、サイズ調節が可能な分、着脱がしやすいのが特徴です。

安定感はフルフットタイプにはかないませんが、しっかりと調節すればきちんと使用できます。ビーチでの使用など、移動を伴うシュノーケリングにおすすめです。

自分の足のサイズに合わせて選ぶ!

フィンを購入する際にまず注意したいところが足のサイズが合っているかという点です。
小さすぎるフィンを選んでしまうと、指先が痛くなってしまいます。
反対に大きすぎると、ブーツ内で足が泳ぎフィンの能力を活かせないため、うまく泳げません。やはり、自分の足のサイズに合ったフィンを選ぶ必要があります。

その際に気をつけたい点が、フィンのサイズは~cmではなく、S・M・L・XLという分かれ方をしている点です。そしてその分かれ方もメーカーによって微妙にことなるため、自分に該当するサイズをしっかりと確認しましょう。

フィンの長さで選ぶ!

初めてシュノーケリングフィンを購入する際に見落としがちなポイントが、フィンの長さです。
サイズやデザインがしっくりきていても、長さを間違えると使いづらくなってしまいます。
フィンの長さを選ぶ際のポイントは、脚力と、泳力です。一般的にフィンの長さが長いほど重く、すばやく泳げます。

しかし、脚力が少ない方や、泳力がない初心者の方がいきなり長いフィンを装着してしまうと、思ったように動けず、上手に泳げないばかりか、溺れてしまう危険性があります。
そのため、まずは短めのフィンを装着し、なれてきてもっと潜りたいと感じたら長めのフィンを使用すると良いでしょう。

スポンサードサーチ

シュノーケリング用フィンの人気おすすめメーカーを紹介!

AQA(エーキューエー)

AQA(エーキューエー)のドルフィンカラーは、フルフットタイプのフィンです。
フルフットタイプの特徴であるフィット感は抜群で、多くのダイバーに使用されています。
シンプルなデザインながら、カラーバリエーションが豊富な点も支持を集める理由と言えるでしょう。
劣化防止加工が施され、耐久性にも優れたモデルです。
初めてシュノーケリングフィンを購入したい方におすすめです。

Hele i Waho(ヘレイワホ)

Hele i Waho(ヘレイワホ)のシュノーケリング用コンパクトフィンは、ストラップタイプのフィンです。
まず、ストラップタイプの弱点であるフィット感の弱さを、力が伝わりやすい設計にすることで改善しました。
また、推進力を低下させてしまう無駄な抵抗を減らし、フィンキックをサポートしてくれます。
サイズもコンパクトで扱いやすいフィンです。
初心者の方や、のんびりとシュノーケリングを楽しみたい方におすすめのフィンです。

リーフツアラー

リーフツアラーのRF0106は、ストラップタイプのシュノーケリングフィンです。
軽量型のフィンですが、推進力が高く子供から大人まで使えるフィンです。
また、適応できるシチュエーションも海水浴から岩場まで様々で、どこでも使えるフィンといえます。
サイズもコンパクトであるため、旅行の際の持ち運びに大変便利なフィンです。
ただコンパクトなだけでなく、推進力、蹴り心地もよいため、なれている方でも物足りなさを感じさせません。
幅広い層におすすめできるフィンです。

シュノーケリングのフィンの選び方と人気おすすめ10選!

enkeeo フィン シリコン材質 推進力抜群 ストラップタイプ 着脱簡単 軽量 コンパクト 全4色3サイズ

Amazonで詳細を見る

ブラック 重量 1.06㎏
サイズ 44.2 x 21.5 x 7.7 cm 素材 シリコン

enkeeo フィン シリコン材質 推進力抜群 ストラップタイプ 着脱簡単 軽量 コンパクト 全4色3サイズ のおすすめポイント

  • フットポケットの材質もシリコンなので、柔らかくて履き心地が良いです。小さくて軽量でありながら、装着したまま上陸しやすいのもメリット
  • 長いタイプより大きすぎず、小回りが利いて使いやすくて初心者に向け
  • 硬すぎず、水の抵抗に負けることもなく、スイスイ進むことができるので、長く泳げ、シュノーケリングが楽しめます

enkeeo スノーケル・マスク・フィン 3点セット 強化ガラスレンズ 三面鏡・一眼レンズ ドライトップ ストラップタイプ 着脱簡単 軽量 コンパクト シリコン材質 収納袋付き

Amazonで詳細を見る

ブラックレッド 重量 1.67㎏
サイズ 45 x 27 x 9.4 cm 素材

enkeeo スノーケル・マスク・フィン 3点セット 高強化ガラスレンズ 三面鏡・一眼レンズ ドライトップ ストラップタイプ 着脱簡単 軽量 コンパクト シリコン材質 収納袋付き のおすすめポイント

  • 小さめブレード・フルフット。履き心地が良いし、推進力も優れています
  • 三面鏡・一眼レンズ・ テンパードガラス製。飛散防止および耐衝撃性で水の抵抗に負けることはなく安心して使えます
  • ドライトップタイプ

DOUPRO シュノーケルマスク フルフェイス ソフト鼻部分 180°超広角 エアバッグ設計 防曇設計 GoProカメラマウント付属 ユニセックス 耳栓付き

Amazonで詳細を見る

ブルー 重量 848g
サイズ 25 x 17.5 x 12 cm 素材 シリコン

DOUPRO シュノーケルマスク フルフェイス ソフト鼻部分 180°超広角 エアバッグ設計 防曇設計 GoProカメラマウント付属 ユニセックス 耳栓付き のおすすめポイント

  • シュノーケルマスクは180度のクリアなワイドビジョンがあるので、景色を見逃しません
  • マスクの鼻部分はソフトの設計で、水中でも鼻をつまむことができ、耳の圧力のバランスを保つことができます
  • 一体式構造で完璧に顔に合わせて濡れを防ぐと同時に取り付けが心地よい

シュノーケル マスク シュノーケリング セット

Amazonで詳細を見る

ブラック 重量 422g
サイズ 33.9 x 24.1 x 6.9 cm 素材 シリコン

シュノーケル マスク シュノーケリング セットのおすすめポイント

  • 水漏れしない
  • 強化ガラスを採用されているので、耐衝撃、耐圧力、飛散防止で安全です
  • 初心者でも使える

Zenoplige フィン シュノーケリング 初心者向け 推進力抜群 ストラップフィン 着脱簡単 軽量 快適 大人 メンズ レディース 子供

Amazonで詳細を見る

ブラック 重量
サイズ 素材 PE、PPとシリコンの混合素材

Zenoplige フィン シュノーケリング 初心者向け 推進力抜群 ストラップフィン 着脱簡単 軽量 快適 大人 メンズ レディース 子供のおすすめポイント

  • シュノーケルやスキンダイビング、ドルフィンスイム、スイミングをしたい、海外旅行に持っていきたい方にピッタリなコンパクト
  • 軽量タイプのストラップフィン
  • 自然なキックのために予め曲げられて、キックの頻度を高め、推進力を向上させ、泳ぎやすさをサポートします

リーフツアラーストラップフィン RF0103

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 771g
サイズ 39.2 x 26.3 x 10.4 cm 素材 本体/PP・エラストマー、バックル/POM、ストラップ/シリコーン

リーフツアラーストラップフィン RF0103のおすすめポイント

  • 子どもから大人まで使える
  • 海水浴から砂浜、岩場まであらゆるシチュエーションで使用することができる
  • 蹴り心地がいい

AQA(エーキューエー) フィン ドルフィンカラー フルフットタイプ KF-2118G

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量 1.1㎏
サイズ 54 x 27 x 16 cm 素材

AQA(エーキューエー) フィン ドルフィンカラー フルフットタイプ KF-2118Gのおすすめポイント

  • 手ごろな価格
  • 初心者におすすめ
  • 進みやすい形

arena(アリーナ) フィン 水泳 練習用 FAR-6927 (S~Lサイズ)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量
サイズ S:22.5-24.5cm、M:25.0-26.5cm、L:27.0-28.0cm 素材 シリコン

arena(アリーナ) フィン 水泳 練習用 FAR-6927 (S~Lサイズ)のおすすめポイント

  • 右足・左足それぞれに合うように設計されており、足首の自由度を上げるオープンヒールタイプのフィン
  • 短いブレードがキック頻度を高め、ブレードの傾きは推進力を引き出します
  • キック力強化により良いトレーニング効果をもたらします

Arkmiido シュノーケルセット スノーケリング 3点セット

Amazonで詳細を見る

ブラック 重量 1.35㎏
サイズ 45 x 26 x 9 cm 素材 シリコン

Arkmiido シュノーケルセット スノーケリング 3点セットのおすすめポイント

  • 曇り止め耐衝撃強化ガラスレンズ付きマスクと、フルドライスノーケルと、調節できるストラップ式フィンがある3点セット
  • 簡単自由に水の中の世界を探検できます。様々な魚と遊んだり、綺麗な珊瑚礁観賞したり、体を鍛えることもできます
  • 100%シリコン製と強化ガラスがはまっており、人間工学に応じ、フィット感も、気密性も良いです。50メートル潜っても水が入りません

Hele i Waho/ヘレイワホ シュノーケルセット 『100% ドライスノーケル』付き 3点

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

ブラック 重量
サイズ 素材 シリコン

Hele i Waho/ヘレイワホ シュノーケルセット 『100% ドライスノーケル』付き 3点 のおすすめポイント

  • シュノーケリングにおすすめ
  • コストパフォーマンスがいい
  • 初心者でも使える

スポンサードサーチ

まとめ

シュノーケリングをする際にフィンを使うことで行動範囲を広め、より快適に楽しめます。
サイズ、タイプをしっかり考慮しまずは短いフィンから始めていきましょう。
また、デザインやカラーも数多く出ているためお気に入りのフィンを見つけてみてください。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

全身の悩みを足元から改善!世界初のコンディショニングインソール!

立方骨を支えることで運動性と安定性の両立を実現

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

TENTIAL ZEROの特徴を紹介!

  • 足の疲れ、痛みを軽減
  • しっかりした歩行、蹴り出しをサポート
  • 通気性が高く、ムレを防止
  • 関節痛、腰痛が改善したご愛用者も多数
  • 足底筋膜炎の痛みを軽減
購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike