あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skiing

(初心者必見!)スキーの服装はこんなイメージ!スキーファッションアイテム人気おすすめ10選!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/31

更新日 :2020/01/16

今回の記事ではスキーの服装について詳しく解説します。スキーの服装は季節によって防寒度合いなどを変える必要があります。

目次

スポンサードサーチ

初心者必見!スキーウェアの選び方!

これからスキーに挑戦しようと考えている人はスキーウェアの選び方を把握しておくことをおすすめします。

適したスキーウェアを選ぶことができないと寒さを感じすぎてしまい、快適にスキーを行うことができません。

スキーを行う服装について知りたい人は参考にしてください。

アウターは、動きやすさ重視!

スキーウェアのアウターはできるだけ動きやすいものを選ぶようにしましょう。

保温性を重視するばかりでは体が動かしづらくなってしまい、快適にスキーを行うことができません。最近では薄手でもしっかり保温性に優れているアウターもあるため、おすすめです。

また、発熱する仕組みのアウターもあり、同じく保温性に優れていながら動きやすい特徴があります。

スキーは下半身だけではなく、上半身でバランスをとったりするスポーツであるため、上半身の動きやすさも求められます。スキー初心者ほど保温性を重視しすぎで動きにくくなりがちです。

動きにくくなることで怪我に直結してしまうこともあり、動きにくい場合はアウターを交換するようにしましょう。

インナーの種類!

スキーウェアの中にインナーがあり、さまざまなインナーが販売されています。

また、インナーといっても2種類に分けられており、それぞれ適したインナーを選ぶことで快適にスキーを行うことができます。

次に、ファーストレイヤーとセカンドレイヤーについて紹介します。

ファーストレイヤー

ファーストレイヤーとはTシャツのようなインナーを想像してもらえれば問題ありません。

しかし、一般的なTシャツのようにデザイン性に優れているわけではなく、無地に仕上げられている場合が多いです。ファーストレイヤーは直接肌に着用することが多く、汗を吸収しやすい特徴があるインナーがおすすめです。

スキーは寒い環境で行うため、汗はかかないと考えてしまいがちですが、激しく動くことで汗をかいてしまいます。汗をかいた状態が続いてしまうと汗がひいてしまい、一気に体温が奪われてしまいます。

そのような状況にならないためにも吸収性に優れていることは必須条件です。

また、汗を吸収することで発熱する素材が使用されているのであれば保温性にも優れるため、より快適になります。

セカンドレイヤー

セカンドレイヤーのことをミッドレイヤーとも呼ばれることがありますが、どちらも同じ意味であり、中間着のことを示しています。

上記で紹介したファーストレイヤーの上に着用するウェアであり、セカンドレイヤーの上にはアウターやジャケットを着用してスキーを行うことが一般的です。

ファーストレイヤーは地味なデザインが多いですが、セカンドレイヤーはさまざまなデザインが販売されていることもあり、おしゃれに決めることも可能です。

アウターやジャケットはスキーを行っている最中に脱いでしまうことはありませんが、休憩する際などには脱ぐ可能性があります。

そのため、周りの人に見られてもよいデザインを選ぶようにしましょう。保温性に優れている素材がおすすめです。

厚い靴下

スキーを行うのであればウェアだけではなく、靴下もスキー用を選ぶ必要があります。普通の靴下では保温性に欠けてしまうため、足が冷たくなってしまいます。そのため、スキーを行うのであれば厚手の靴下を履くようにしましょう。

スキーブーツは防水性であるため、普通にスキーを行っているのであれば靴下が濡れてしまうことはありません。

しかし、濡れることがなくても雪との距離が近いこともあり、一番冷えやすい部分でもあります。

また、転倒などを繰り返してしまうとブーツ内に雪が入ってしまい、靴下が濡れてしまうこともあります。

一度靴下が濡れてしまうといくら厚手の靴下でも役に立たないため、履きかえることをおすすめします。予備の靴下は必需品です。

フィット感でグローブは選ぶ!

グローブを選ぶ場合はフィット感に注目して購入することをおすすめします。

フィット感に優れていないグローブでは、握った際に不快感を感じてしまいやすく、スキーに集中することができません。また、正確にポールを操作することができにくいデメリットもあるため、フィット感に優れていることは重要です。

フィット感に優れているのであれば力を直接ポールに伝えることができ、握った際に不快感を感じてしまうこともありません。

転倒した際にグローブが脱げてしまうこともフィット感に優れていることで防ぐことができ、グローブ内に雪が入りにくくもなります。

手のサイズまで細かく把握できていない場合が多いため、実際に装着してフィット感を確認することをおすすめします。

ゴーグルは機能で選ぶ!

スキーのゴーグルは機能性で選ぶことが大切であり、機能が多く備え付けられていることで快適にスキーを行うことができます。また、サングラス機能があればより快適にスキーができ、安全性を確保することも可能です。

サングラス機能があることで太陽光が雪に反射してまぶしく見えてしまうことを防ぐことができ、視界を確保できます。まぶしいと目が痛くなるだけではなく、視界が極端に悪くなってしまい、怪我や事故の原因にもなります。

また、ゴーグル内が曇らないための曇り止めの加工がされていることも大切です。

上記でも紹介したようにスキーは汗をかいてしまうレジャーでもあるため、ゴーグル内が曇りやすくなってしまいます。曇ってしまうと視界が悪くなってしまい、トラブルの原因にもなります。

ユニクロでの購入がおすすめ!

スキーウェアを購入する際にどこのブランドがおすすめなのか気になる人も多くいるのではないでしょうか。スキー用品を販売しているブランドで購入することもできますが、ユニクロでも購入することができます。

ユニクロではスキー用として販売はされていませんが、十分代用することができ、保温性に優れていることや動きやすいなど特徴を把握しながら購入するようにしましょう。

ユニクロはさまざまな衣服を販売しているだけではなく、安く販売されている特徴があります。

そのため、安くスキーウェアを購入することができ、できるだけ支出を抑えることもできます。

若者向けのデザインが多いですが、さまざまなデザインがあることも人気の高い理由であり、スキーをおしゃれに行いたい人にもおすすめなブランドです。

スポンサードサーチ

初心者であればレンタルでもOK!

スキーは冬のレジャーであり、特定の場所でなければ一年中行うことはできません。そのため、本格的にスキーを行う人ではないとスキーウェアを着用する機会は少ないです。また、毎年スキーをする習慣がある人もより少なくなってしまいます。

あまりスキーウェアを着用する機会がないのであればレンタルすることも考えましょう。

スキーウェアをそろえるだけでもそこそこの金額になってしまうため、あまりスキーをする予定がない人や私服として着用できないウェアを購入しようとしているのであればレンタルのほうが断然お得です。

レンタルは着用したらそのまま返却してよいため、手間がかかりません。また、さまざまなサイズやデザインで販売されていることもあり、おしゃれに決めることもできます。

スキーウェアの人気おすすめメーカー!

Columbia

Columbiaはアメリカ発祥のスポーツメーカーです。

スキー用品にも力を入れておりウェアはもちろん手袋や帽子などのアイテムも数多く取り揃えています。

Columbiaの特徴は製品の配色や柄がとてもファショナブルで、普段着としても違和感なく着用できる点です。

スキー場でスキーはもちろん、おしゃれも全力で楽しみたい方に特におすすめのメーカーです。

THE NORTH FACE

THE NORTH FACEもアメリカ発祥のアウトドアブランドで、スポーツ用品はもちろんリュックなどの日常的に利用される商品も多数販売しており日本でも高い人気を誇るブランドです。

THE NORTH FACEのスキーウェアは機能性の高さとデザイン性の高さが魅力です。

スキー場でおしゃれを楽しみつつ実用的なウェアが欲しいという方にとてもおすすめのブランドです。

ミズノ

ミズノは日本が誇る大手スポーツ用品メーカーです。

野球やサッカーなどのメジャーなスポーツを中心に様々なスポーツの用品を販売しています。

ミズノのスキーウェアの魅力は圧倒的な機能性の高さです。

ミズノのウェアを着ておけば快適なスキーライフを送れるでしょう。

品質の高さを重視する方には特におすすめのメーカーです。

スポンサードサーチ

スキーファッションアイテム人気おすすめ10選!

ICEPARDAL(アイスパーダル) スキーウェア 上下セット

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S~L
カラー ICSKI-07
素材 ストレッチ素材

ストレスフリーのウェア

ICEPARDAL(アイスパーダル) スキーウェア 上下セットはストレッチ素材で作られていることもあり、着用時にストレスを感じてしまったり、動きにくさを感じてしまうことがありません。

そのため、快適にスキーを行うことが可能です。また、耐水性にも優れており、転倒してしまったり、雪が降る中でスキーを行っても濡れてしまうことがありません。

腕と肩の部分にだけ、柄が描かれているデザインに仕上げられていることで、可愛らしさを表現することも可能です。

PONTAPES(ポンタぺス) スノーボードウェア ワンピース つなぎ

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S~2L
カラー 8色

つなぎタイプのウェア

PONTAPES(ポンタぺス) スノーボードウェア ワンピース つなぎ 全8色はつなぎタイプのウェアであるため、上下がつながっている特徴があります。

着用する方法に慣れる必要はありますが、着用すれば普通のウェアとズボンのような着心地になっているため、違和感を感じてしまうことがありません。

つなぎであるため、ウェアとズボンとの境から冷気が浸入することがなく、保温性に優れている特徴があります。しかし、トイレなどは行いにくくなってしまいます。

PONTAPES(ポンタペス) スノーボード ウェア キッズ 上下セット

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 100~150
カラー 19色

子供と同じコーデができる

PONTAPES(ポンタペス) スノーボード ウェア キッズ 上下セットは子供用のウェアのセットであり、大人用も同じく販売されています。

そのため、子供とコーデすることができ、家族でスキーを行う場合におすすめのウェアです。

ウェアの裾とズボンの裾の長さを調整することができ、自身に適したサイズに変更することが可能になっています。

カラーやデザインのバリエーションが豊富に用意されていることもあり、好みのカラーのウェアを選ぶことができます。

VAXPOT(バックスポット) スキーウェア 上下セット

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ M~2L
カラー SL-BLK/BLK

コストパフォーマンスに優れている

VAXPOT(バックスポット) スキーウェア 上下セットは定番のデザインであり、シンプルに仕上がっているウェアです。デザインはシンプルですが、機能性には優れている特徴があり、高い撥水性があります。

また、販売価格が安く設定されていることもあり、コストパフォーマンスに優れている特徴もあることで、できるだけ安くスキーウェアを購入したい人におすすめです。

転倒してしまっても雪が浸入しにくい設計になっていることで転倒しやすい初心者の方でも快適にスキーが行えます。

VAXPOT(バックスポット) スキーソックス 2足組

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 15~22㎝
カラー SW-PNK
素材 アクリル、ポリエステル、ポリウレタン

保温性に優れている

VAXPOT(バックスポット) スキーソックス 2足組はスキー用のソックスであり、パイル編みがされています。パイル編みは保温性に優れている編み方であり、足を温かくすることができます。

入れ口にはやわらかいゴムが使用されているため、履きやすく、足首あたりにもゴムが内蔵されており、靴下がずれしまうことを予防できます。

スキーは足首をよく動かすレジャーでもあるため、靴下がずれやすく不快感を感じさせてしまう原因にもなっています。

OUTON メンズ スキーパンツ アウトドア

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ M 2L
カラー ブラック

風を通さない

OUTON メンズ スキーパンツ アウトドアは防風機能が備わっていることで、ズボン内に冷たい風が入ってくることがなく、体温が低下してしまうことを防ぐことができます。

また、雪が浸入しないスノーガードが付いているたため、より雪の浸入を食い止めることができます。

スキー板が接触しやすい内側の裾部分には耐久性に優れている素材が使用されていることで破れてしまったり、劣化してしまうことを防ぐことができます。

ポケットの数も多いため、便利性にも優れています。

ICEPARDAL(アイスパーダル) スキー ウェア

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S~L
カラー ホワイト

着脱可能なベルトがある

ICEPARDAL(アイスパーダル) スキー ウェアは全面に中綿が使用されていることで高い保温性を有しています。

そのため、あまり動くことがないゲレンデにいる場合でも寒さを感じてしまうことがありません。

また、あまり重ね着することが苦手な人でも温かくすることが可能になります。

着用するウェアの数や厚みを減らすこともでき、快適にスキーを行うことも可能です。着脱可能なベルトが取り付けられており、サスペンダーのような形状になっています。

EVOL(イボール) スキーウェア キッズ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 120~160㎝
カラー PGR/グレー
素材 ポリエステル100% 裏:ポリエステル100%

上下でデザインが違うつなぎ

EVOL(イボール) スキーウェア キッズは子供用のつなぎであり、おしゃれなデザインに仕上げられています。

一般的なつなぎでは上下でデザインが統一されている場合が多く、統一感を出すことが可能ですが、おしゃれに見せにくいデメリットがあります。

しかし、上下でデザインが異なるように作られており、一見つなぎのように見えない特徴もあります。

そのため、つなぎのデメリットでもあるデザイン性に欠けている部分を補うことができています。

43DEGREES スノーボードウェア バイカラー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ S~2L
カラー MWB Jacket
素材 4WAYストレッチ素材

軽量化されて、耐久性にも優れている

43DEGREES スノーボードウェア バイカラーは特殊なストレッチ素材が採用されているため、動きやすいだけではなく、軽く作られています。

そのため、動きやすさに優れており、さまざまな動作を行っても支障が出ることがありません。また、発熱する効果があるため、体を少し動かすだけでポカポカします。

早期に体を温めることができることもあり、寒さを感じてしまいやすい人におすすめです。

マットのように表面に仕上げられていることで擦れたときに発生する特有の音をたちにくくすることができます。

マルユキ スノーボードウェア スノーウェア 迷彩柄

Amazonで詳細を見る
サイズ S~2L
カラー アルファベッド迷彩

デザイン性に優れている

マルユキ スノーボードウェア スノーウェア 迷彩柄はデザイン性に優れている特徴があり、おしゃれに決めることができます。

メンズとレディースどちらでも違和感なく着用できるデザインでもあるため、おしゃれにスキーを行いたい人は購入してみましょう。

表面には優れた撥水加工が施されていることで雪などで濡れてしまうことがありません。また、汚れが付きにくい働きもあるため、転倒などで泥が付きにくいです。

袖口にはベルクロが取り付けられていることで風の浸入を防ぐことも可能です。

スキーウェアの売れ筋ランキング!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

スポンサードサーチ

まとめ

今回の記事ではスキーの服装について詳しく解説しました。これからスキーを始めたい初心者の方や、スキーに来て行く服装で悩んでいる方に特におすすめの記事です。

スキーの服装は滑る季節に合わせて選ぶように心がけましょう。

またスキーのウェアを選ぶ際は自分のスタイルにあったメーカーのものを選ぶことをおすすめします。

合わせて読みたい!

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike