あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skiing

スキーのカービングについて解説!練習方法も動画付きで紹介

スポシル編集部
更新日 :2018/11/30

みなさん、「カービング」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。現在主流となっているスキーは「カービングスキー」ですが、この「カービング」とはいったいなんなのでしょうか?

目次

スポンサードサーチ

カービングスキーとは?

カービングスキーは、1990年代に登場したタイプのスキーです。対してそれまでのスキー板は「ストレートスキー」と呼ばれるようになりました。

その名前が表すように、ストレートスキーはスキーを表から見たとき、サイドカーブが緩く、ほぼ直線なのに対し、カービングスキーはしっかりと曲線を描いています。

つまり、スキー板のトップとテールは太く、センターは細いくびれの形状になっているということです。これがどういう効果をもたらすかといいますと、ターンをするときに、まずトップとテールが雪面にかかり、そこからスキー板をたわませることで、より円弧の小さい実用的なターンをすることができます。
スキー板をたわませなくとも、サイドカーブが小さいので傾けるだけでターンは一応できてしまいます。

ストレートスキーでは、ターンは横にずらしながら行わないといけなかったのですが、カービングスキーではブレーキとなるその要素なくターンをすることができるのです。

カービングターンとは?

カービングは英語ではcarvingというスペルで書かれ、これは「削る」「切る」といった意味があります。ですので、雪を切るような、エッジで彫りこむようなターンとなります。

カービングターンとは逆に、雪を押し出して、ずらすターンをスキッディングターンと言います。

このことから、カービングターンはスキーのエッジを雪面にしっかり食い込ませ、しっかりとスキー板に重さを載せることでそのエッジをずらさずにスキーのサイドカーブでターンをしていく技術だといえます。

スポンサードサーチ

カービングスキーはこんな方におすすめ!

カービングスキーは簡単にターンができるので、スキーを始めたばかりの初心者の方におすすめです。また、ターンがしやすいということは、急斜面などでも変わらずにターンができるということなので、スキー上級者の方にもおすすめできます。

今はカービングスキー全盛期の時代なので、スキーメーカーも初心者用の板にも上級者用の板もカービングスキーとなっています。よって、上級者から初心者までお勧めできるといえるでしょう。

カービングスキーでののターン練習方法を紹介!

スキーに重さをのせる

まずカービングターンに必要な要素はスキーに重さをのせる、特に外スキーへの荷重が必要です。人によって、「スキーを踏む」「荷重」といった表現がされますが、どれも同じことを指しています。なぜスキーに重さをのせることが必要かというと、次の段階でターンの外方向に足を出していく動きがあるのですが、重さをのせないままだとずるずるとスキーが滑ってしまいます。ですので、スキー板には自分の重さをのせるようにしましょう。

参考動画はこちら↓

この動画は、カービングターンの動画ではないですが、重さをのせるということがどういう動きになるか、かなり動きを分解して解説しています。

この動画でも紹介されている横滑りをぜひ皆さん実践してみてください。

角付けの感覚を覚える

次に重要なのが角付けの感覚です。角付けは強すぎてもだめですが、感覚として身につけておく必要はあります。この感覚が一番重要といっても過言ではないでしょう。

ここでしっかりと雪面に板を噛ませることによって、ずれないカービングターンが可能となります。

参考動画はこちら↓

この動画は英語ですが、練習方法など、見るだけでわかりやすいところもあるので参考になります。しっかりと腰を落とし、足を内側に倒しこむことでカービングを可能にしています。まずはこの動画のように1ターンずつ練習していきましょう。

ポジショニング

最後のポイントは、ポジショニングです。前述のポイントがわかったところで、それらを実際のターンに取り入れていきましょう。スキーを思い通りに動かせるポジションというのはなかなか難しく、スキーの真上にいることが大事です。

その時に、前後や左右のバランスが悪いと、うまく荷重や角付けができません。主に気にするべきは腰の向きになります。腰が内側に回るのが一番よくありません。

参考動画はこちら↓

この動画ではそれを両手を使って矯正しています。これはかなり大げさな動きなので実際の滑りでここまでやらずともよいですが、練習ではこのくらい意識してみても良いでしょう。

ポイント

  • まずは外スキーにしっかりと重さをのせる
  • 角付けの感覚を身につける
  • 上二つがいつでも行えるようなポジションに乗り続ける

スポンサードサーチ

まとめ

ここまでがスキーのカービングの解説となります。カービングは上級者向けの技術であり、今回はかなり核の部分を書きましたので、まずは自分の弱点を直してからトライすることをおすすめします。自分の欠点が見つかっている人は、なぜその動きが出てしまうのかを考えてみるとよいかと思います。

スキーは一連の動きなので、何個かの欠点が全部連動しているということが多々あります。そのうえで、カービングという引き出しを持てるとかなり滑りの幅が広がるでしょう。

世の中にはいろいろな解説動画などがありますが、伝え方は違えどほとんどが今回書いた内容につながってくるのではないでしょうか。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXとはどんな競技でどんな種類があるの?初心者でもできる?
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】サッカーにおけるインターセプトを成功させるためのコツとは?練習方法やパスカットとの違いについても徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス所属 金子翔太監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【V・ファーレン長崎 米田隼也選手 監修】現代サッカーに求められるミッドフィルダーとは?
特集記事おすすめ記事
【競技外編】ライブ配信をするハンドボール日本代表×現役中の兼業も考えるプロサッカー選手~another sports アナザースポーツ~
サッカーサッカーおすすめ記事
【アルビレックス新潟 早川史哉選手 監修】技術と賢さがあるからこそできる術。サッカーにおける本当のマリーシアとは?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike