あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
skateboard

小さいスケボー【ミニクルーザー】人気おすすめ10選紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/09/28

更新日 :2020/08/10

小さいスケボーであるミニクルーザーの選び方と人気おすすめ10選を紹介していきます。

初めてミニクルーザーを購入する方は何を基準に選べば良いのか困ってしまいますよね。

そんな方にメーカーの特徴も紹介しているため、ミニクルーザーを選ぶのに参考になるような内容になっております!
初めてミニクルーザーを購入する方にぜひ読んでいただきたい内容となっております!

目次

スポンサードサーチ

小さいスケボーとは?普通のスケボーの違いはどこ??

以下の3つ点から小さなスケボーの特徴を解説します。


  • 小さいスケボーとは?

  • 小さいスケボー【ミニクルーザー】のウィールとデッキとは?

  • 乗り方の違い!段差は越えられる?

小さいスケボーとは?

小さいスケボーというと、普通のスケボーよりサイズが小さいことが想像できますよね。
では、小さいスケボーとは一体何なのでしょうか?

一般的に小さいスケボーと言われるスケボーはミニクルーザーと呼ばれているものに当たります。
ミニクルーザーはデッキがプラスチックでできており、普通のスケボーよりも小さいため、コンパクトかつ軽く、持ち運びに便利です。

そのため、持ち運びやすさを重視したい方におすすめです!

小さいスケボー【ミニクルーザー】のウィールとデッキとは?

前述した通り、ミニクルーザーのデッキはプラスチックでできております。

持ち運びに便利といった特徴の他に、デッキテープが付いていないため、ものを傷つけにくいといったメリットもあります。

ミニクルーザーのウィールの特徴として、幅と直径が大きい点が特徴的です。
そのため、走行性が高く、走りに安定感があるため、スピードが出た際も安心です!

乗り方の違い!段差は越えられる?

ミニクルーザーと普通のスケボーでは乗り方にも違いが出てきます。

ミニクルーザーはデッキが小さいため乗りこなすのには練習が必要になってきます。
また、ソフトウィールが使用されているため、走行中はうるさくなく、スケボーでの走行中の騒音が気になる方はおすすめです!

小さいスケボーの定番!ミニクルーザーの代名詞ペニーの乗り方

ビデオプロダクションFESNを運営する森田貴宏氏とペニーを運営する藤倉誠氏によるクルーザーを乗りこなす基本やテクニックを紹介している動画です。

乗り方のポイントは、トラック上部ではなくトラックの間に両足を配置させて乗り、つま先とかかとの交互に重心移動させることで前進していきます。

パンピングのコツについても解説していますが、ただ足裏の重心移動をすれば良いのではなく、足首・膝・股関節など全ての関節を駆使して力を伝えていくことが上手に乗りこなすコツとして説明しています。

スポンサードサーチ

小さいスケボーの人気おすすめメーカー

スケボーを手にしたことがない人や初心者にとっては、おすすめとされるメーカーの情報を必要とします。

小さいスケボーの製造や販売に評判が高いおすすめメーカーを3社紹介します。
メーカーごとのデッキやウィールの特徴を押さえて購入のポイントをつかんでおくことをおすすめします。


  • penny(ペニー)

  • Globe(グローブ)

  • Stereo(ステレオ)

penny(ペニー)

ペニーはクルージングを有名に仕立て上げた超有名メーカーです。

そのため、ペニーという言葉を聞いたことない方は少ないのではないでしょうか?
ペニーはミニクルージングを有名にしたということもあり、デザインが豊富です!

カラフルで奇抜なデザインのペニーもあれば、単色で落ち着いているデザインのペニーもあるため、デザインも楽しみたいという方におすすめです!

Globe(グローブ)

Globeはプラスチックタイプのデッキだけでなく、ウッド調デッキのミニクルーザーも出しております。

そのため、シックな雰囲気を楽しみたい方はおすすめです。
また23インチと26インチのクルージングがあるため、自分の目的にあったクルージングを選んでみてください!

Stereo(ステレオ)

Stereoのミニクルザーはとってもシンプルなデザインです。
デッキが軟らかく、ウィールベースが短めな点が特徴です。

そのため、操作性が高く、小回りやポンピングがしやすいといったメリットが挙げられますが、安定性が低いといったデメリットもあります。

乗りこなすには技術が必要であるため、上級者でターンを楽しみたい方におすすめのミニクルージングと鳴っております。

小さいスケボー【ミニクルーザー】人気おすすめ10選!

上記で取り上げたおすすめメーカーの小さいスケボーだけでなく、おすすめのミニクルーザーを10点紹介していきます。

デッキのデザインやトラック・ウィールの特性にも目を付けて、乗り心地の良いミニクルーザーを手にしてください。

ペニー GRAPHICS Complete 22インチ POSTCARD SERIES

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 57cm×15cm
ウィール 59mm
素材 プラスティック、ポリウレタン、アルミ

リバイバルスケートボードブームの火付け役

ペニーの1970年代スケートボードのリバイバルモデルとして販売されているミニクルーザーです。

様々種類のあるスケートボードの中でも、現在のミニクルーザー・リバイバルスケートボードブームの火付け役ともなっており、ちょっとした移動にも手軽に使えて便利です。

ウィールは59mmサイズでスーパーソフトであり、多少荒れたコンクリートやアスファルトなどの悪路でもスムーズで快適な乗り心地を体感できます。女性にとっては目にも鮮やかなファッションアイテムとして人気もあります。

Penny Skateboard ペニー スケートボード クラシック2

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 57cm×15cm
ウィール 59mm
素材 ポリウレタン、アルミ

軽量設計でスムーズな疾走感を味わえる

ペニーのミニクルーザー・クラシック2で、11種類に及ぶカラーバリエーションから選べるシンプルデザインになっています。

1970年代スケートボードのリバイバルモデルとして展開していますが、ミニクルーザーならではの持ち運びの便利さに加えて抜群の乗り心地を感じられます。

デッキはプラスティック製で軽量なだけでなく、適度なフレックス性も備えていることからスムーズな疾走を楽しめます。ミニクルーザーだからこそ、子供から大人まで楽しめる万能タイプです。

サイズ 23インチ×6インチ
ウィール 59mm
素材 プラスティック、スワローテール

従来品よりもコンパクトで使いやすさも向上

グローブのスケージュール・バンダムは、ミニクルーザーとして従来品よりも一回りサイズをコンパクトにしたことが特徴の一つです。

プラスティック製による軽量性によって持ち運びによる携帯性能は向上しており、コンパクト設計だからこそ女性でも子供で使いやすさもアップしています。

移動に便利なソフトウィールを採用することで、従来サイズにも劣らない快適なクルージングを楽しめます。また、スワローテールについてもオールドスクールな味が出ています。

バナナボード22インチダブルキック

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 57cm×15cm
ウィール 59mm
素材 プラスティック、メープル、アルミ

スケボー初心者・経験者両方に多くのメリットを与える

バナナボードの22インチミニクルーザーですが、7層のカナダのメープルデッキを採用した丈夫なデッキを採用しています。

プラスティック製が多い中で、頑丈でありながら重量とのバランス関係が良いため、不慣れな初心者にとってのスケートボードとしても重宝します。

またトリックを身に付けたい経験者にとっては、非対称の凹凸面の組み合わせにより、デッキに対する足に十分なロック感を与えてくれるため、新しいトリックを素早く習得する感覚を研ぎ澄ませられます。

ラングスジャパン(RANGS) スケートボード ラングスR2ミニクルーザー

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 22インチ×6インチ
ウィール 60mm
素材 PU、スチール、アルミ

オリジナルデザインが目を惹くミニクルーザー

ラングスジャパンが提供するミニクルーザーは、両面で楽しめるオリジナルデザインが映えるデッキが特徴です。

デッキ表面にはカラフルデザインで目を惹きますが、樹脂素材ででデッキテープが不要なため、メンテナンスや安全性にこだわりを持って製造されています。

ウィールには、高性能ABEC-7ベアリングを採用していることで快適な滑り心地である上に、PU素材を使用したウィールであるために耐久性と柔軟性に優れています。また室内での走行にも響かない静音設計になっています。

サイズ 57cm×15cm
ウィール 60mm
素材 ポリプロピレン

大口径でグリップ力を発揮するウィールを装備

東方興産から販売されているミニスケートボードは、1970年代のスケートボードブーム時代のペニータイプです。

ペニーの最大の特徴ともされている大口径で幅広なソフトウィールを装備していること、また強力なグリップ力を発揮するようソフトタイプのポリウレタン素材を採用したことで乗り心地がさらにアップしています。

荒れた路面でも安心して走行できるようウィールを支えるトラックには、特殊強化樹脂も使用してスケートボード本体の軽量化にもつなげられています。

サイズ 57cm×15cm
ウィール 59mm
素材 プラスティック、クロムメッキ、アルミ

世界初クロームメッキ採用で煌びやかなデザイン

カーネギーのミニクルーザーは、デッキにメッキ加工を施した煌びやかな装飾を施したデザインから選択可能です。

1999年にJD社からデビューして大ブレイクした「JD RAZOR」のスケートボードであり、デッキ部分は世界初のクロームメッキによるお洒落を盛り込んでいます。

本体重量は約1.8kgになりますが、プラスティックデッキの安定感とアルミトラックのサポートで荷重100kgまで耐えられる構造になっています。7種類のカラーから目を惹くデザインで注目を集められます。

スケートボード 22インチ ミニクルーザー F-scooter21-1

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 57cm×15cm
ウィール 59mm
素材 PU

高精度ABEC-11ベアリングを搭載

22インチサイズが程良いサイズとしてミニクルーザーを提供しており、コンパクトサイズだけでなくバッグに収納しても問題なく持ち運びできます。

大きな特徴としては、ウィールには高精度のABEC-11ベアリングが搭載されており、隙間なく精巧に設計されていることで実用範囲内では最高精度として提供されています。

精度アップのため性能が向上しただけでなく、走行時も静音で乗り心地も最高です。デッキに関しても柔軟性を備えていて、耐久性の良さにも評価が高いです。

BAYTTER ミニクルーザー コンプリート 22インチ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
サイズ 57cm×15cm
ウィール 59mm
素材 プラスティック、ポリウレタン、アルミ

性別・年齢・経験の有無によらず幅広く楽しめる

BAYTTERのミニクルーザーは、性別や年齢だけでなく初心者から上級者まで幅広く楽しんでもらえるよう提供されたクルージングスケートボードです。

3種類のデッキデザインから好みを選択でき、持ち運びの際も目を惹きますが、デザインパターンは熱圧着印刷仕様で色褪せや色落ちはしません。

ウィールはPU素材でABEC-11ベアリングを搭載し、走行時の安定感と耐久性には自信があります。
デッキは質の高い7層のメープルで加工されているので、悪路での走行でも足元からの弾力性をより感じられます。

トライウィール (TRY WHEEL) スケートボード クルーザー21インチ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
サイズ 53cm
ウィール 65mm
素材 バンブー、カナディアンメープル

バージョンアップを繰り返してきた3輪スケボー

従来のスケートボードとは異なる仕様であるトライウィールのミニクルーザーで、前輪を1つにした3輪スケートボードです。

トライウィールは波乗りに近い感覚を体験したいという思いで生まれたスケートボードであり、10年以上の期間でバージョンアップしてきた7代目を迎えています。

デッキはスリムボディでホイールベースが短く、走行時の小回りにも優れたモデ ルです。さらに厚みある65mmウィールを装着することでグリップ力も向上し、パワフルなライディングが行えるようになりました。

スポンサードサーチ

小さいスケボーペニーの売れ筋ランキングをチェック!

Amazon売れ筋ランキング楽天売れ筋ランキングYahoo!ショッピング売れ筋ランキング

まとめ

ミニクルーザーは従来サイズのスケボーよりもコンパクトで軽量であるため、使いやすさに評判があります。

女性や子供にも扱いやすい1台にもなるので、心地良く乗りこなせるよう機能性だけでなくデザイン性にも注目して、好みの1台を購入してみてください。

スポンサードサーチ

合わせて読みたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定