あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
skateboard

自分のスケボーを改めて考えてみませんか?スケボーインチ人気おすすめ10選を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/09/30

更新日 :2020/09/20

スケートパークなどで颯爽とスケボーを乗りこなしている姿をみて「カッコイイ!」と思いますよね。

スケボーはスポーツ競技としての認知度も上がっていて、2020年に予定されていた東京オリンピックでは新たな競技として採用されていました。

オリンピック種目としは「パーク」と「ストリート」の2種目が行われる予定でした。

複雑な形状のコースで技を競うのがパーク。

街の中を滑るようなコースで技を競うのがストリートです。

両種目とも男子、女子で採用されていました。

オリンピックをきっかけにスケボーを始めてみたくなる人も増えることでしょう。

この記事では、特にスケボー初心者の方に向けてスケボーのサイズ(インチ)の選び方についてくわしく解説していきます。

目次

スポンサードサーチ

スケボーのインチとは?

スケボーのインチは、デッキの長さや幅のことを指しています。

インチをセンチに換算すると、1インチ=2.54cmです。

デッキの幅は、7.5~8.25インチまであります。

自分の足のサイズも考えて、幅を考えることと、自分のやりたい技も考えた上で、選択してください。

初心者で何もスタイルが決まっていない場合には、7.625~8インチの間を選ぶと乗りやすいです。

デッキの測り方は、真ん中でメジャーを当ててみるとわかります。

cmをインチに換算すればよいだけです。

細めのサイズは板を回転させる技に適しているが、安定感が劣ります。

逆に、太めのサイズは安定感のあるスピードでスケーティングに適していますが、回転技には向いていません。

スケボーインチの選び方

スケボー初心者にとって難しいのが「何インチのデッキを選べばいいのか?」ということです。

ここでは、これからスケボーを始めたいという方のために、スケボーのデッキの選び方について3つのポイントから解説していきます。


  • サイズは足の大きさで選ぼう

  • 男性は8インチ前後

  • 女性は7.75インチ前後

サイズは足の大きさで選ぼう

スケボーのサイズの選び方については、結論を言ってしまうと足の大きさで選ぶといいでしょう。

スノーボードやスキーのサイズの選び方は身長で決めますが、スケボーの場合は、それらとは異なり足のサイズで決定します。

スケボーを選ぶ際に、デザインや素材などの外見の部分で気に入ったものを選ぶことも大切ですが、最も重要なのはスケボーのデッキの幅のサイズです。

なぜかというと、スケボーの上に乗せるのは足なので自分の足の大きさに合ったスケボーのサイズを選ぶことで乗りやすさや技のやりやすさが大きく変わるからです。

男性は8インチ前後

スケボーのサイズ選びの目安としては、男性の場合は8インチを基準とすると良いでしょう。

特に初心者の方には8インチのスケボーサイズがおすすめです。

8インチというサイズは、スケボーのサイズとしては太めといえますが、初心者のときから8インチを選んで練習していくことにはメリットがあります。

初心者が8インチを使うメリットとしては、どのブランドでも8インチ以上のサイズのスケボーが主流になっているため、それよりも小さい7インチ台のスケボーとなると選択肢がかなり狭まってしまうのです。

しかし足のサイズが大きい人の場合は、無理をして8インチを選ばずにもっと大きなサイズを選ぶようにしましょう。

女性は7.75インチ前後

スケボー初心者には8インチのスケボーがおすすめだと上述しました。

しかし女性の場合は、8インチだと少し大きすぎる可能性が高いです。

一般的には、女性のスケボーのサイズの選び方としは7.75インチ前後がおすすめされています。

女性や子供の場合は、足のサイズも小さく力も弱いです。

そのような理由から7.75インチ以下のスケボーを選ぶと良いでしょう。

女性や子供でも、足の大きい人の場合は7.75インチ以上のスケボーサイズの方が合っていることもあるので注意しましょう。

スポンサードサーチ

インチ(サイズ)について

ここまでスケボーのサイズの選び方について解説してきました。

ここでは、スケボーのデッキのインチについて小さいデッキを選んだ場合と大きいデッキを選んだ場合の2つのポイントのメリットやデメリットなどについて解説していきます。


  • 小さい場合

  • 大きい場合

小さい場合

スケボーのデッキのサイズで小さめの部類に入るのは、男性の場合が7.75~8インチくらい、女性の場合が7.5~7.75インチくらいです。

現在では、どのブランドでも8インチが主流となっているので購入にするときにデザインや素材などの選択肢が多いのはメリットといえます。

また、小さめサイズのデッキの方がフリップなどの技を行う際に回しやすく感じるといった声が多いようです。

デメリットとしては、大きめサイズに比べると安定感に欠けるといわれています。

大きい場合

スケボーのデッキのサイズで大きめの部類に入るのは、男性の場合が8~8.25インチくらい、女性の場合が7.75~8インチくらいです。

特にスケボー初心者の場合は、8インチのサイズを選ぶことが一般的とされています。

大きめサイズのスケボーを使用するメリットは、デッキの幅が太いので安定しやすいところです。

少し大きめのサイズの方が安定感があり、オーリーやランプの練習がしやすくなります。

デメリットとしては、小さめサイズに比べるとフリップを行う際に回しずらいというところが挙げられます。

まとめ

どうしてスケボーをするのか考えたことありますか。その目的は人それぞれです。

プロスケーターになりたいと思っている方もいるでしょう。

子供が使っているスケボーに試しに乗ってみた大人がハマってしまったということもあるでしょう。

小学生中学年ぐらいであれば、大人と共用のインチにすることもできます。

初心者の人がどんどん上達してくると、達成感を味わって自分の気持ちが大いに充実してきます。

そうすると、段々道具にこだわりを持ち始めます。

デッキの幅が7.5~7.625インチは比較的に細めで軽いため、板を回転させる技に適していると言われています。

太めの8~8.25インチは重さがある分、スピード感が出るスケーティングになります。

自分がオーリーやフリップなどの技をしたいのかを、ザーッとスピード感を持って滑りたいのかによってデッキのインチに違いが生じてきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定