あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skateboard

ペニーのスケボー人気おすすめ8選!新しく購入したい人はこれ!

スポシル編集部

公開日 :2018/09/30

更新日 :2019/05/28

おすすめpennyスケボーを紹介します!
pennyのスケボーは持ち運びのしやすい小さなサイズとおしゃれなデザインが特徴的です。クルージングメインの方には22インチを、トリックも決めたい方には27インチがおすすめです!

目次

スポンサードサーチ

pennyのスケボーって何?

pennyはブランド名!

pennyはオーストラリアのスケートボードブランドの名前です。プラスチック製の小さなスケートボードの火付け役になったブランドです。

小さくてオシャレ!

pennyの特徴はその小さいサイズにあります!また、専用パーツも豊富で、おしゃれにカスタマイズが可能です!

ミニクルーザータイプでとても小さい

pennyと言えば、デッキサイズ22インチのクルージング(街乗りに)用のミニクルーザータイプが有名です。22インチはセンチ表記にすると約57㎝です。女性の平均の腕の長さよりも短い程度ですね。
実は30インチ以上のスケートボードも販売されています。

パーツを組み合わせてオシャレにできる!

penny純正のパーツが豊富で、多彩なカスタマイズができます。特に、ウィールはカラーやデザインがたくさん種類があります。おしゃれなpennyはファッションアイテムにもなりますね!

pennyのスケボーの特徴

pennyの長所

小さくてとても軽い!

pennyのミニクルーザーの重量は約2㎏と、一般的なスケボーと比べるととても軽くなっています。これは、小さいだけでなく、デッキがプラスチック製であることにも起因しています。持ち運びに便利ですね!

走りやすい!

pennyのスケボーはクルージング用であるため、一般的なトリックに向くスケボーと比べてかなり走り心地が良いです。これは、pennyについているウィールが大きくて柔らかいからです。
路面が悪い場所でも快適に走れるため、街乗りに適しています。

pennyの短所

初心者には小さくて難しい

デッキの面積が小さいため、初心者は慣れるまでに時間がかかりやすいです。
特に、足の大きい大人の男性は窮屈に感じるかもしれません。

オーリーやトリックに向かない

小さなpennyではそもそも扱いが難しく、初心者が技をするのにはとても困難です。
小さいだけでなく、デッキの反り返りがノーズ(前側)にはついていないこと、デッキテープが標準装備でなく滑りやすいこともオーリーやトリックに向かない原因です。

スポンサードサーチ

pennyの乗り方

pennyに乗る時の基本的なスタンス

pennyはデッキが小さいため、一般的なスケボーよりも進行方向に対して足を横に向けて乗ります。
前足のつま先とウィールが上から見て接するように、また、後ろ足のつま先がテールの上になるように乗ると、乗りやすいです。一般的なスケボーと同じで、両足のかかと側を内側に向けたハの字型になるように乗りましょう。

プッシュの仕方

スケボーで最もスタンダードなトリックであるプッシュ。
pennyでも普通のスケボーとプッシュのやり方は変わりません。ただし、デッキが小さく、足の置き場が狭いため少しやりづらいかもしれません。軽くひざを曲げると、重心が下がり安定します。

pennyの基本のスタンスを意識しながら、少しづつ慣れていきましょう。

スラロームの方法

スラロームは左右にくねくねと曲がりながら前進する技術です。pennyでも普通のスケボーでもやり方は同じです。
曲がる方向に向かって体重をかけて、スケボーを傾かせることでできるようになります。

プッシュでスピードが出せるようになったら、挑戦してみましょう。

止まり方

前足はデッキにのせたままで、後ろ足を地面につけて止まります。この時、後ろ足は足底全体を地面につけ、摩擦を最大限利用するのがしっかり止まれるコツです。
バランスを崩さないよう、前足に力を入れましょう。また、一気に止まろうとせずに少しずつ減速するようにしましょう。

pennyの種類とは?シリーズを紹介!!

サイズの違いによる特徴

pennyはミニクルーザーが有名ですが、実際には、22インチ、27インチ、32インチ、36インチの4種類のサイズがあります。ここでは、サイズが小さい22インチと27インチのpennyを紹介します!

22インチのメリット・デメリット

メリット

  • 持ち運びがしやすい

デメリット

  • デッキ面積が狭く、乗りづらい
  • トリックを決めづらい

27インチのメリット・デメリット

メリット

  • 22インチよりもデッキ面積が広く乗りやすい
  • トリックも可能

デメリット

  • 22インチよりも持ち運びに不便、22インチよりも若干高い
  • 初心者には、乗りやすい27インチがおすすめです。通学などクルージングメインの方や、気軽に持ち運びたい方には22インチがおすすめできます

pennyスケボーのシリーズ

クラシックシリーズ

その名の通り、pennyの初期モデルです。デッキのカラーが9色ラインナップがあります。取り扱い台数が多く、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ネット価格で8000円程度です。22インチデッキで、最もリーズナブルに購入することができます。

オーガニックシリーズ

デッキのプラスチック素材が特殊で、そのまま土に埋めても微生物がプラスチックを分解してくれるというエコな素材で作られています。
カラーリングは全部で4色で、目に優しいことが特徴です。

ネット価格で9000円程度です。難点は在庫がない場合が多く、入手が困難であることです。

パステルシリーズ

パステルカラーのラインナップで、女性に人気なモデルです。コンプリートに付いてくるウィールもパステルカラーでとても可愛らしい仕様になっています。全部で4色あります。

こちらもネット価格で9000円程度ですが、現在は入手困難です。

フェードシリーズ

70年代ファッションをイメージして作られた、ダイダイデザインが特徴的です。夏の海辺にぴったりなデザインです!4デザインのラインナップがあります。

こちらは、ネットでも定価での販売がほとんどで、値段は約12000円です。

スポンサードサーチ

pennyのスケボーの正規品は安く買える?

格安なのは偽物!?

類似品が出回っている

現在販売されているミニクルーザーには、pennyを真似て作られているものが多くあります。見た目は同じでも、規格外のパーツを使っており、メンテナンス性に劣るスケボーや、ウィールが回りづらいものなどがあります。格安で売られているスケボーは、pennyよりも性能面で劣るものが多いです。

本物を見分ける方法!

ネットで購入する場合には、pennyの正規代理店と書かれている業者から買うようにしましょう。お店で購入する場合には、お店の人に確認をとるのが間違いがないです。

中古品を買う

中古品を買うのも、pennyのスケボーを安く買うコツです。こちらもネットオークション等で購入する際には、正規品であるかを出品者に確認し、十分に注意しましょう。

pennyのスケボー人気おすすめ8選!!

ペニー スケートボード Penny Skateboards スケボー 22インチ Graphics ミニクルーザー グラフィック

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブルー/ホワイト/ピンク/ブラック 重量
サイズ <22インチ>デッキ長さ57×幅15cm、トラック:3インチ、ウィール:59mm 素材 プラスチック

Penny Skateboards スケボー 22インチ Graphicsのおすすめポイント

  • 裏面のグラフィックがおしゃれ
  • コンパクトで、ターンのクイックさやグライド感も抜群
  • デッキはグリップテープが不要

Penny Skateboard PENNY CLASSICS COMPLETE 22" 0PCL3 BATTLE SHIP 全長22インチ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
グレー 重量 1.9 Kg
サイズ 全長22インチ(約56cm)、幅約15cm 素材 プラスティック

PENNY CLASSICS COMPLETE 22″ 0PCL3 BATTLE SHIPのおすすめポイント

  • 2018年最新カラーモデル
  • プラスティックならではのファッション性
  • コンパクトで、ターンのクイックさやグライド感も抜群

Penny Skateboard PENNY 32"HYBRID CRUISER 3PDK1 BLACKOUT

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブラック 重量 2.6 Kg
サイズ 全長32インチ(約79cm),幅約22cm 素材 プラスティック

PENNY 32″HYBRID CRUISER 3PDK1 BLACKOUTのおすすめポイント

  • 特殊プラスティック×グラスファイバーを使用
  • 軽量性と絶妙な反発性
  • 足回りが軽量なため女性、お子様にも扱いやすい

PENNY skateboard 36inchロングボード

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ブルー/グロウ/ラスタ/グレー/ミント/ロイヤルブルー 重量 3.79 Kg
サイズ 約92cm 素材 プラスチック

PENNY skateboard 36inchロングボードのおすすめポイント

  • 静かなソフトウイール
  • デッキ、トラック、ウイールと全てニューデザイン
  • サーフィンやスノーボードの練習にも最適

ペニー PENNY スケートボード コンプリート TONY HAWK PENNY LIMITED EDITION 22インチ

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
ブルー 重量
サイズ 22インチ 素材 プラスチック

PENNY TONY HAWK PENNY LIMITED EDITION 22インチ NO68 のおすすめポイント

  • 世界一有名なプロスケーター「トニーホーク」とのコラボモデル
  • 音が静かで夜のクルーズにも最適
  • オリジナルデッキテープに蓄光グローカラーウィール仕様

PENNY skateboard オリジナル22inch・CLASSICカラー BLACK KNIGHT CAMO

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る
ブラック 重量 1.96 Kg
サイズ 22インチ 素材 プラスチック

PENNY skateboard オリジナル22inch・CLASSICカラーのおすすめポイント

  • 日本限定のNEWカラー
  • クールなブラックをベースにカモ柄を取り入れたおしゃれなデザイン
  • ハイスペックなABEC7のベアリングを装備

Penny Skateboard PENNY CLASSICS COMPLETE 22" 0PCL4 DARK FOREST

Amazonで詳細を見る 楽天市場で詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
グリーン 重量 1.9 Kg
サイズ 全長22インチ(約56cm)、幅約15cm 素材 プラスティック

Penny Skateboard PENNY CLASSICS COMPLETE 22のおすすめポイント

  • スーパーソフトウィールでスムーズで快適な乗り心地
  • ファッションのワンアクセントアイテムと使用可能
  • コンパクトなサイズでちょっとした移動に便利

Penny Skateboard PENNY GRAPHICS COMPLETE 22" 0PGR1 VIBES

Amazonで詳細を見る Yahoo!で詳細を見る
バイブズ 重量 1.9 Kg
サイズ 長さ:57cm×幅:15cm 素材 プラスチック

Penny Skateboard PENNY GRAPHICS COMPLETE 22のおすすめポイント

  • 赤のデッキが目立ち度No.1
  • ビスの色もラスタカラーに統一されたこだわりの1本
  • コンパクトなサイズでちょっとした移動に便利

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、pennyのスケボーを紹介しました!
特徴や乗り方まで幅広く紹介しましたが、どれを買えばよいのか迷ってしまう方のために、おすすめ人気10選も掲載しています。自分に合うpennyのスケボーを探してみてくださいね。

この記事がスケボー選びの参考になり、スケボーライフを楽しむことができれば幸いです!

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike