あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skateboard

スケボーのショービットを解説!コツと練習方法も紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回の記事では、スケボーのショービットに関する説明と、初心者やこれから始める人に向けたショービットの練習方法とこつを紹介しました。今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

目次

スポンサードサーチ

そもそもスケボーのショービットとは?

スケボーのショービットというのは板を横に半回転させる回転系のトリックです。回転系トリックの中では、比較的簡単な技のため、最初にやるにはお勧めです。
オーリーやチックタックができるようになったら練習してみてはいかがでしょうか

ショービット最初に意識することは?

板が180度回ってるか

スケボーのショービットはしっかりと足元で板を180度回せているのかが重要になってきます。
足元で回っていないと安定して着地することはできません。足元で回らない方は、改善点なども紹介しているので、足元で板が回るようにしていきましょう!

足の置く場所

ショービットでは、足の置く位置も重要です。後ろ足は、テールの円弧に靴を合わせるようにおきます。足の指の付け根あたりで板に重心をかけ、足の親指と人差し指部分の付け根の間あたりが板の中心にくるようにおきましょう。意識して真ん中に置くことで、安定したマニュアルを可能にします。前足は、ビスを踏みつける感覚で行いましょう。
回しにくいという方は、少し、つま先がボードから出るくらいにして引っ掛ける感覚で回すのもお勧めです。

着地の場所

スポンサードサーチ

ショービット練習方法

ショービットは最初から、できることはなかなかありません。そのため、最初は鉄棒などのちょうど肩の位置くらいにある掴みやすいものを掴みながら行いましょう。鉄棒などに掴まりながらやることで、腕の力で体を浮かすことができるため転ぶ心配もありませんし、捻挫などのリスクも低くなります。また、足の動きを自分で確認しながらできるため、自分の改善点をすぐに見つけることができます。上級者の方でも、ショービットを見直したい時には、掴まりながらやるほど見直しには最適です。特に初心者のかたは変な癖がつく前に綺麗なショービットを身につけましょう。

慣れたらプッシュせずその場でやってみよう

鉄棒などに掴まりながらやって見て、慣れてきたらプッシュはせずにその場でやってみましょう。その場でやることで、自分の課題が新たに出てくるかと思います。例えば、思った以上に板が回らなかったりとなかなか掴みながらやるのとは違うかもしれません。しかし鉄棒でやっていた形が癖になっていれば、その場でやるだけでも少しはできます。できない場合は、もう少し掴まりながらやってみるのもおすすめです。

安定したら、前足を先に乗せるイメージ

ショービットの理想的な着地の仕方は、前足をしっかりと最初に乗せることができれば綺麗なショービットと言えます。
少しずつ乗ることに慣れてきたら、前足を少しでも先に乗せるイメージで練習してみましょう。

よくある失敗の改善点

板が足元で回らない改善点

スケボーのショービットではしっかりと足元で板を回せていないことがあります。
足元で回っていないと安定して着地することはできません。足元で回らない方は、足を乗せる位置を少し変えてみることをお勧めします。回しきれないのであれば、後ろ足をつま先が出るくらいに置くことでつま先をボードに引っ掛けてみましょう。逆に回しすぎてしまう場合は、少し回しにくいくらいの後ろ足の置き方をしてみて回転を抑えてみてください。

しっかりと乗れない

ショービットでしっかりと乗れない時がよくありますよね。しっかりと乗れないのは、回すことに注力してしまいしっかりと自分が飛べていないというのがあります。回すことにまずは慣れ、安定して回せるようになったら、少しずつジャンプしてみましょう。ショービットはジャンプというよりも乗りに行くイメージですが、最初は軽いジャンプでやってみましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスケボーのショービットに関して説明しました。これからショービットを始めたい人や、すでに始めているけど、やり方がいまいちわからないと感じる方に向けた記事となっています。自分にあった練習方法や、安全に楽しむ方法を見つけて、スケートボードを100%楽しみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike