あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skateboard

スケボー初心者必見!オーリーの練習方法やコツを紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回の記事では、スケボーのオーリーに関する説明と、初心者やこれから始める人に向けたオーリーの練習方法とこつを紹介しました。今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

目次

スポンサードサーチ

そもそもスケボーのオーリーとは?

スケボーのオーリーというのは、簡単に説明するとジャンプです!ジャンプと簡単にいってもなかなか難しいものです。スケボーのオーリーはテールを弾いて、前足で板の先端まで擦り上げることでジャンプを可能にしています。見た目以上に難易度が高くできないため、オーリーでつまずいてスケボーをやめる人も多いですね。

今回の記事を見てそんなかたが少しでも減っていただければ良いですね!オーリーができたらたくさんできることが広がるため、諦めず頑張ってオーリーを習得しましょう。

スケボーのオーリーの練習方法

初めは、鉄棒などに掴まりながらやろう

オーリーは最初から、できることはなかなかありません。そのため、最初は鉄棒などのちょうど肩の位置くらいにある掴みやすいものを掴みながら行いましょう。鉄棒などに摑まりながらやることで、腕の力で体を浮かすことができるため転ぶ心配もありませんし、捻挫などのリスクも低くなります。

また、足の動きを自分で確認しながらできるため、自分の改善点をすぐに見つけることができます。上級者の方でも、オーリーを見直したい時には、掴まりながらやるほど見直しには最適です。特に初心者のかたは変な癖がつく前に綺麗なオーリーを身につけましょう。

慣れたらプッシュせずその場でやってみよう

鉄棒などに掴まりながらやって見て、慣れてきたらプッシュはせずにその場でやってみましょう。その場でやることで、自分の課題が新たに出てくるかと思います。例えば、思った以上に足が上がらなかったりとなかなか掴みながらやるのとは違うかもしれません。

しかし鉄棒でやっていた形が癖になっていれば、その場でやるだけでも少しは浮くことができます。できない場合は、もう少し掴まりながらやってみるのもおすすめです。

軽くプッシュして障害物を飛んでみよう

次に軽くプッシュして何かを飛んで見ましょう。これまでは、何かを飛ぶということはしていませんでしたが、高さをどんどん出していきたいなら障害物を飛ぶのが一番早く高さを底上げしてくれます。しかし、障害物を目の前にするとやはり直前で飛べなくなったりこれまでとは、全然違う感覚になります。最初は、細い枝からでも良いので飛んでみましょう。

また、飛ぶ際には、オーリーをするタイミングも必要になってきます。オーリーのするタイミングは、障害物にノーズが差し掛かる手前くらいが目安です。それ以降になってしまうと、障害物にノーズが当たってしまいます。また、障害物は、できる限り軽いものや動くものをおすすめします。石などの動きにくいものだと、ウィールに引っかかり転倒する恐れがあります。

少しずつ障害物を高くしていこう

最初に設置した低い障害物が安定して飛べるようになってきたら、少しずつ障害物を高くしていきましょう。少し高くして、安定して飛べたら高くしての繰り返しを行うことで自然とオーリーの高さが高くなっていきます。

少しずつ障害物を高くしていくのにおすすめなのは、コーンを二つ購入して組む、通称組みコーンをおすすめします。徐々に高くしたりできますし、軽いためノーズが当たってもウィールが引っかかることはありません。自分のレベルに応じてどんどん高いオーリーを手に入れましょう。

スポンサードサーチ

最初に意識することは?

しっかりと弾けているか

オーリーをする際に最初に意識しなければいけないことは、しっかりと弾けているのかを意識しましょう。オーリーでは、弾く力が強ければ強いほど安定した高いオーリーが可能になります。まず、テールが弾けているのかは弾いた瞬間の音で判断しましょう。バチっという音が大きく高い場合はしっかりとした場所で強く弾けている証拠です。

強く弾くのは、ただ単に強く踏み込むことではなく、一瞬で力を伝えることが重要になります。最初は、なかなか強く弾くイメージが湧かないかもしれませんが、少しずつ自分の中でしっかりと弾けたのか理解できるようになります。力まずに弾くことが重要になってきます。

後ろ足がしっかりと上がっているか?

初心者によくあるミスで、しっかりと弾けているし擦りあげもできているのに、テールが上がってこない場合があります。そんな時は、後ろ足が上がっていない場合が多いです。後ろ足が上がらないと必然的に高さが抑えられてしまいます。一度動画などを撮ってみて自分の後ろ足がしっかりと上がっているのかをみる必要がありますね。

前足が刺せているか?

こちらも初心者によくあるミスですが、しっかりと擦り上げができておらず、結果として前足が畳んである状態になっている場合があります。前足をささずとも、組みコーンなどは飛べますが、それ以上がなかなか難しくなってしまいます。前足の動きに注意を置いて、自分の前足は刺せているのか、刺せているけどタイミングはあっているのかということをみる必要があります。

安定したオーリーにするコツ

肩を引き付ける

安定したオーリーをしたいなら、ジャンプをするというよりも肩を引き上げましょう。肩を引き上げることで自然と上半身が上がってくるため自然なオーリーができます。ジャンプするイメージでやっても良いのですが、なかなかジャンプに集中してしまい、弾きや足の刺しができなくなってしまいます。そのため、肩を引きつけ、自然なオーリーを手に入れましょう。

目線を下げすぎない

スケボーのオーリーをやる際にうまくできるようになるために目線を下げないことが大切になってきます。目線を下げてしまうと、必然的に頭が下がるため良い姿勢ではなくなってしまいます。下を向いてしまうと、腰が下がってしまうため、良い姿勢ができません。理想的な見る場所としては、障害物の頂点を見て、弾いた瞬間には着地の場所をみましょう。そうすることで頭が下がってしまうのを防ぐことができます。

また、スケボーにおいて目線というのはものすごく重要になってきて、他の技をやる際にも目線は重要になってきます。

肩を閉じる

スケボーのオーリーをやっていてよくあることは、オーリーした時に板が斜めになってしまって着地ができないということがあります。板が横になってしまうのは肩が原因です。スケボーに置いて、肩の向きが板の向きと平行になっているため、肩の向きには注意しましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスケボーのオーリーに関して説明しました。これからスケボーを始めたい人や、すでに始めているけど、オーリーの仕方がいまいちわからないと感じる方に向けた記事となっています。自分にあった練習方法や、安全に楽しむ方法を見つけて、スケートボードを100%楽しみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike