あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
skateboard

ステップアップ!スケボーのマニュアルを習得しよう!コツと練習方法を紹介!

スポシル編集部

公開日 :2018/10/28

更新日 :2019/03/14

今回の記事では、スケボーのマニュアルに関する説明と、初心者やこれから始める人に向けたマニュアルの練習方法とこつを紹介しました。今回の記事をみて、自分にあった練習方法や上達のコツを見つけてみてください。

目次

スポンサードサーチ

そもそもスケボーのマニュアルとは?

スケボーのマニュアルというのは、ノーズかテールどちらかのウィールを地面から離し、片方のトラックで走行することを言います。ノーズ側を浮かし、テール側のトラックのみで走行するのを、テールマニュアルと言います。その反対にテール側を浮かし、ノーズ側のトラックのみで走行するのを、ノーズマニュアルと言います。マニュアルは、様々な技の繋ぎ目に使われることが多く、テールマニュアルは長距離でなければ比較的難易度の低い技なため、チャレンジしてみてください。

まずはテールマニュアル!最初に意識することは?

体の形

テールマニュアルで大切になってくるのは、体の形です。理想的な姿勢をすることで、安定したマニュアルを可能にします。頭の位置を意識することが重要です。頭の位置は簡単にいうと自分のバランスの中心です。そのため、頭は前足の少し後ろ側にくる場所がベストと言えるでしょう。また、マニュアルの動画をたくさん見るとわかるとは思いますが、腕をあげて腕でバランスを取っているように見えますよね?実は肩でバランスをとっており肩の上下運動により、長い間マニュアルを可能にしています。一番重要なのは、足と頭の位置関係のため、重要な部分に関しては、常に意識して練習しましょう。

足の置く場所

マニュアルでは、足の置く位置も重要です。後ろ足は、テールの円弧に靴を合わせるようにおきます。足の指の付け根あたりで板に重心をかけ、足の親指と人差し指部分の付け根の間あたりが板の中心にくるようにおきましょう。意識して真ん中に置くことで、安定したマニュアルを可能にします。前足は、ビスを踏みつける感覚で行いましょう。

前足で押すイメージ

マニュアルで、後ろ足への重心を変化させたり、腰の動きによってバランスを取る方がいます。一人一人スタイルは違うため否定はできませんが、もっと安定したマニュアルのやり方があります。安定したマニュアルをするには、姿勢を崩さずに前足だけで板を押すイメージでやると良いでしょう。一定のバランスを維持しながら、前足で微調整するという感じです。最初に、自分に適した姿勢を見つけ出すことができれば、上達は早くなります!

スポンサードサーチ

練習方法

まずはその場で姿勢やバランスのイメージをつけよう

練習方法としては、まず何かに掴まりながらでも良いから、自分に適した姿勢とバランス感を身につけましょう。自分に適したものをはじめに身につけて置くことで、安定したマニュアルを可能にしますし、上達も早くなります。止まった状態でマニュアルをし続けるのは難しいため、捕まることをお勧めします。また、肩の使い方なども止まった状態でも練習できるためお勧めです。どのくらい肩をあげたら板がどのくらい動くのかというのも知っていた方が有効ですね!

スピードをつけてやってみよう

次に、スピードをつけてマニュアルをやってみましょう。低速でやっていた時のマニュアルよりも必ず長い距離ができます。一度自分の最長記録を目指してやってみましょう。スピードをつけることである程度安定するため長い時間マニュアルを続けることができます。

距離の目標を決めてやろう

マニュアルの距離を伸ばしたいと考えてる方も多いですよね。マニュアルの距離を一番簡単に伸ばせる方法は、目標を決めます。目標距離に目印などをつけて置くのがお勧めです。最初は、バランスを崩してしまったらすぐに降りていたのが、目標をつけることで耐えることが可能になります。そのため、マニュアルを長い距離行いたいならしっかりと目標を決めて練習しましょう。そして、安定して目標を達成できるようになったら少しずつ伸ばしていきましょう!

テールマニュアルがある程度できるようになったら?

テールマニュアルしながら方向転換しよう

テールマニュアルがある程度できるようになったら、マニュアルをしながら方向転換をしてみよう。方向転換をすると言ってもどのようにしたら良いのかわかりませんよねマニュアルをしながら曲がるには肩の動きが重要になります。肩をいきたい方向に開いたり閉じたりすることで、自然な流れで曲がることができます。

オーリーの後にテールマニュアルしてみよう

テールマニュアルができるようになったらオーリーの後にテールマニュアルをしてみましょう。オーリーの着地の瞬間にマニュアルの形をしましょう。なかなか難しいですが、なんどもチャレンジしましょう。オーリーの後にマニュアルをすることで、ボックスなどのアイテムを使用した遊び方なdもできるためお勧めです。

ノーズマニュアルをしよう

テールマニュアルができたら、ノーズマニュアルをしよう。ノーズマニュアルは、テールマニュアルと同じ要領で練習しましょう。テールマニュアルよりは難易度が高くなってきますがノーズマニュアルをしっかりと習得しましょう。

スポンサードサーチ

まとめ

今回はスケボーのマニュアルに関して説明しました。これからマニュアルを始めたい人や、すでに始めているけど、やり方がいまいちわからないと感じる方に向けた記事となっています。自分にあった練習方法や、安全に楽しむ方法を見つけて、スケートボードを100%楽しみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

日常生活がトレーニングに代わるBMZ社の特許インソール『アシトレ』

Aspole zero

BMZ社特許取得「キュボイド理論」により、足の形を本来の形に戻し、疲れにくい正しい姿勢へと導いてくれるインソールです。

足の外側にある立方骨(キュボイド)を支えることで、普段使わない足指が使えるようになり、足の筋肉が刺激されるため、通勤時や買い物しながらトレーニングができます。

ジムへ行かなくてもに日常がトレーニングに代わる画期的インソールです。

詳しくはこちら

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【サッカー】

【マラソン】

【ロードバイク】

【陸上】

【ハンドボール】

【フィールドホッケー】

【BMX】

【バドミントン】

【アイスホッケー】

特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手 小池龍太選手 監修】柏レイソルの不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールの投げ方の種類やコツを徹底解説!肘の使い方が重要!?
競技から記事を探す
soccer
baseball
running
golf
tennis
basketball
volleyball
badminton
rugby
road bike