あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
running

ランニングシューズの寿命を経験豊富なマラソンランナーが徹底解説!

大久保絵里

公開日 :2018/09/30

更新日 :2019/03/14

ランニングシューズの寿命や買い替え時はどこを見て判断するのが正しいでしょうか。
ランニングシューズの寿命やランニングシューズを長持ちさせる方法を紹介していきます。

目次

スポンサードサーチ

ランニングシューズの寿命はどのくらい?

ランニングシューズの寿命は、だいたい1000km以下と言われていますが、距離を指標にするよりもランニングシューズのソールの減り方や履いた時のクッション性が減って来ているかなどで判断すると、ケガの予防やランニングフォームの乱れなどの予防につながります

アウトソールがすり減ったら危険?

アウトソールやミッドソールの劣化は寿命のサインとも言えます。アウトソールがすり減るとクッション性が失われてケガの原因に繋がるためです。

また、左右どちらかが大きくすり減っている場合もランニングフォームのバランスがわるくなったり、ケガの原因になるので注意が必要です。

ランニングシューズを長持ちさせる方法とは?

ランニングシューズを長持ちさせる方法の一つとしてシューズを何足か用意して日によって使い分けるとシューズの持ちが良くなります。

トレーニング別にランニングシューズを分けて寿命を延ばそう

初心者のランナーのトレーニングはとにかく走ることに体を慣れさせることが大切なので、トレーニングのバリエーションは多くありません。その場合は、ランニングシューズを二足用意して交互に履くといった工夫をすると、ランニングシューズの持ちがよくなるでしょう。

レベルが上がってくるとトレーニングのバリエーションも増えてきます。長い距離を走る距離走、スピードを上げるインターバルなどトレーニングによってランニングシューズを変えるとトレーニングの質が上がったり、ランニングシューズの持ちも良くなります。

スポンサードサーチ

まとめ

ランニングシューズの寿命はその人のランニングフォームによっても変わってきます。ソールが激しく減っている状態はケガやランニングフォームの崩れにもつながりますのでランニング時にチェックすることを忘れずに買い替え時を見極めましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

もう足の臭いで悩まない!究極のハイスペックソックス登場!

ニオイの減少率最大99%以上を実現!高性能な消臭機能で、気になるニオイをブロック!

繊維自体が持つ消臭機能がニオイをブロックし、しかも長持ちします。

汗のニオイの元となるアンモニア、酢酸、イソ吉草酸、さらには加齢臭の原因物質とされるノネナールも吸収。高い割合でニオイを減少させ、爽やかなはき心地を実現します。さらに、繊維自体がニオイを吸収する機能をもつため、洗濯を繰り返しても長く性能を保ちます。

85%の浮き指、95%のO脚が改善! 指をしっかり使える5本指ソックス!

指を正しい位置に配置し、体にバランスをもたらす5本指構造。足の指を正しいポジションで使うことができ、足からの力が入りやすくなります。また、立位時の重心がしっかりと足指に乗ることでO脚の改善にも繋がります。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定