あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア「SPOSHIRU」
ランニングrunning

ランニングにおすすめの人気最強ボトルを紹介!ランニングポーチも合わせて紹介!!

大久保絵里

公開日 :2018/10/19

更新日 :2019/02/08

ランニングは夏場はもちろん気温が低い日でも体からは水分が失われています。
水分補給の便利なグッズを紹介します。

目次

スポンサードサーチ

ランニングと水分補給の重要性

ランニングを行うと体からはどんどん水分が失われていきます。
夏場の暑い日はもちろんですが、長時間のランニングや、冬場でも気が付かないうちに体の水分は失われているため水分補給が必要になります。
ハーフマラソンやフルマラソンのレースになると給水所が設けられていて5kmごとに設置されています。

喉の渇きはあまりあてにしないことが大切です。喉が渇いていないから大丈夫と給水を摂らずに走り続けていると喉が渇いた時には水分不足の状態が進んでおり脱水症状になる可能性もあります。
喉が渇いていなかったとしても、5kmごとの給水はとるように心がけましょう。また、トレーニング時はウエストポーチに水分を用意し、同じように5kmごとくらいに摂るようにしましょう。

レース中の上手な給水方法とは?

マラソンレースの多くは5kmごとに給水所が設置されています。完走を目指す初心者のランナーであっても給水はしっかりとる必要があります。

給水で大切なことは喉の渇きで判断しないことです。喉が渇いていないからまだ大丈夫と油断して給水をとらずにいると喉が渇いたと感じた時は水分不足が進行していることがあります。
喉の渇きで判断せずにこまめに給水をとることが脱水症状の予防につながります。

目標タイムを決めてレースへ出場しているランナーにとっては給水がうまくとれないとタイムロスになってしまうことが気になると思います。
しかし、マラソンは後半になるにつれて体力も体内の水分も奪われるため給水を取らないほうが大きなタイムロスに繋がるどころか完走できないといった可能性もあります。

走りながら給水をとる場合は手にしたときにコップを潰しながらもつとこぼれにくくなります。
その時手にしたコップをすぐに口に持っていかずに一呼吸おくようにしましょう。急いで給水しようとすると気道に入ってしまったり顔にかかったり鼻に水が入ったりして苦しい思いをしてしまいます。

一度落ち着いて、それからコップの飲み口を潰して細くした部分から飲むと上手に飲めます。

気温が高い日は飲むだけではなく体に水をかけることも有効になります。酷使されている足や首の後ろを水で冷やすことによって筋肉をリフレッシュさせてくれます。

レースによっては給水所にスポーツドリンクと水が設置されている場合もあります。
汗で塩分が失われたり後半にグリコーゲンが枯渇状態になりやすいことを考えるとスポーツドリンクを取るとなお良いでしょう。
特にレース後半は筋肉内のグリコーゲンが減少していくため糖質を補給することが有効に働きます。

ランニング用ボトルの選び方

給水ボトルに関しては、ペットボトルをウエストポーチに装備してもいいですが、ほとんどのスポーツショップで専用の給水ボトルを販売してあります。
ペットボトルはランニング中に揺れてうまく飲めないということがありますが、専用のボトルは吸水口が小さく飲みやすくなっています。これなら止まることなく飲みたい量を補給することができます。

また、ペットボトルであっても、100円均一でペットボトルのキャップをストロー付きの物に変えられるグッズも販売しています。同じく100円均一のプラスチックの200mlくらいの調味料を入れるボトルも給水口が小さく走っている時も飲みやすく快適に補給することができます。

このように工夫すると様々な給水ボトルがあります。

スポンサードサーチ

ランニングの時に便利なドリンク用ウェストポーチ3選

ランニングを行う時に給水ボトルを手に持って走っている人を見かけますが、長い距離になればなるほど手に持って走っているとランニングフォームの乱れにつながりバランスが悪くなりケガの原因にもなります。
そこで、走っていてもしっかり固定してくれる給水ボトル専用のウエストポーチを紹介していきます。

大きめの給水ボトルのウエストポーチ。長い距離を走る時におすすめです。

Nike Running Large 20オンスフラスコHydration Running Belt (ブラック/クリムゾン) 調節可能なユニセックス

Amazonで詳細を見る

少し小さめサイズのウエストポーチで揺れや重さが気になる人におすすめです。

NIKE(ナイキ) ライトウェイト ハイドレーションベルト ボトル2本 N.RB.04.010.OS

Amazonで詳細を見る

小さめのウエストポーチですが、4本ボトルがついているので少しスピードを上げて長い距離を走りたいという時におすすめです。

NIKE(ナイキ) ライトウェイト ハイドレーションベルト ボトル4本 N.RB.05.010.OS

Amazonで詳細を見る

ドリンク用ウエストポーチの注意点

ドリンク用のウエストポーチは長時間のランニングや気温の高い日のランニングでとても便利です。しかし、体にフィットしなかったり給水ボトルが重すぎて揺れてしまうとランニングフォームの乱れにつながります。
体にしっかりフィットしたポーチを選ぶことがポイントです。

ランニング時の水分補給おすすめグッズ5選

ランニング時の水分補給のおすすめグッズを紹介します。

ランニングを行う時の給水ボトルのウエストポーチ。手に持たず腰に固定すればランニングフォームを乱さず走ることができます。
大きめの給水ボトルなので長い距離のランニング時におすすめです。

NIKE(ナイキ) ライトウェイト ランニング ハイドレーションパック ブラック N.RB.07.010.OS

Amazonで詳細を見る

トレイルランニングや一日がかりでランニングを行う時におすすめなのがリュックが給水ボトルそのものになっているタイプの商品です。リュックから長めのストローが付いているため快適に水分補給が可能です。
スピードを上げる時よりも長くゆっくり走る時におすすめです。

GIM ハイドレーションバッグ 2L給水袋 セット 水分補給 ランニングバッグ 自転車 登山 ランニング サイクリング 超軽量 (ブラック)

Amazonで詳細を見る

短い距離をパパッと走りたい、でも夏場で暑くて脱水症状が心配という時は小さめの携帯できるゼリータイプの物がおすすめです。手の平サイズであるためすぐに補給して捨てられるのも便利です。

大塚製薬 ポカリスエットゼリー180g 24本×3ケース(計72本)

Amazonで詳細を見る

少し大きめタイプの給水ボトルですが、給水口がストローになっているため快適に補給することができます。

ミューラー(Mueller) ウォーターボトル ストロー&キャップ レッド 946ml 919129M レッド

Amazonで詳細を見る

ペットボトルを使用する時におすすめなのがキャップをストロータイプに付け替えることができる商品です。吸水口がストローになるとランニング中に揺れても快適に水分を補給することができます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC-%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%A7%E7%B0%A1%E5%8D%98%E9%96%8B%E9%96%89-%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E4%BB%98-MA-303/dp/B00GZBYWTI?psc=1&SubscriptionId=AKIAJZ3WUQE6XRXSN6ZQ&tag=spochi0001-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00GZBYWTI

ストリックスデザイン 日本製 ポケッチューストロー ブルー 調節ジョイント付 ワンタッチで簡単開閉 取り換えストロー付 入院時やオフィスで MA-303

Amazonで詳細を見る

スポンサードサーチ

まとめ

ランニング、レース中は水分補給で脱水症状を予防できたりレースであればタイムも大きく変わってきます。
ランニング中に上手に水分補給できるボトルを用意することは安全で快適に楽しくランニングすることにつながります。自分に合う給水ボトルをぜひ探してみましょう。

 

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

ダゾーン(DAZN)で新しい観戦スタイルを!

DAZN

DAZNは年間10000試合以上のスポーツコンテンツを、ライブ中継でも見逃し配信でも、テレビ、スマホなどの様々なデバイスでお楽しみいただけます。

まずは1ヶ月の無料体験をお試しください。

ダゾーン(DAZN)をおすすめする最大の理由は、

  • 無料トライアルあり
  • 見逃し配信で試合終了後も楽しめる
  • 月額2000円未満でコンテンツ見放題
トライアル1ヶ月 ¥0

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

監修アスリート

【三段跳日本一の山本凌雅選手監修】三段跳とは?ルールや記録を出すコツを徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【清水エスパルス 金子翔太選手 監修】サッカー選手なら絶対に身に付けたい3種類のドリブルとは?コツや練習方法を徹底解説!
特集記事おすすめ記事
【前編】東京五輪出場を目指す2つの死を乗り越えたアスリート~陸上選手&Grow Sports代表理事 田口祐貴氏~
ハンドボールおすすめ記事
【ハンドボール日本代表 徳田新之介選手 監修】ハンドボールのフェイントを種類別に徹底解説!
サッカーサッカーおすすめ記事
【プロサッカー選手監修】不動の右サイドバックが教えるオーバーラップのコツとは?
バドミントンバドミントンおすすめ記事
【インターハイ優勝経験者 監修】バドミントンで速いスマッシュを打つには?コツやフォーム、レシーブの方法を徹底解説!
【BMXレース 東京五輪日本代表候補 中井飛馬選手 監修】BMXレースとは?初心者や子供もできるの!?練習すべき技も徹底解説!
ハンドボールおすすめ記事
【日本ハンドボールリーグ選手 監修】ハンドボールのパスの種類やコツ、練習方法などを徹底解説!
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定
競技から記事を探す
golf
soccer
tennis
basketball
badminton
volleyball
baseball
rugby
running
road bike