あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
road bike

メンテ初心者脱却!ロードバイクのチェーン洗浄方法

スポシル編集部

公開日 :2018/10/25

更新日 :2019/03/14

この記事では、ロードバイクのチェーンの洗浄方法について紹介しています。

目次

スポンサードサーチ

チェーンは定期的に洗浄が必要!

なぜチェーン洗浄が必要?

自転車のチェーンはオイルが塗布されているため、砂や汚れが付きやすくなっています。そのままの状態で走っていると、摩擦抵抗が増え、パワーロスに繋がります。

チェーン洗浄するとチェーンの回転がなめらかになります。チェーンも長持ちし、見た目もきれいになります!

チェーン洗浄の頻度

頻度は人によりますが、チェーンが黒くなってきた頃や、ロングライドに出かける前にはチェーンを掃除しましょう。

また、砂埃や土の多い場所を走った後にもチェーン洗浄しましょう!
パーツクリーナーを使わなくとも、ウェスで軽く汚れを拭き取るだけでも日頃のメンテナンスでは効果的です。

チェーン洗浄方法

パーツクリーナーをチェーンにかける

ウェスをチェーンにあて、パーツクリーナーをかけます。パーツクリーナーは、ワコーズやフィニッシュラインが人気です。

汚れが多い場合にはブラシでこすると落ちやすくなります。ブラシはチェーン掃除専用のものも販売されていますが、歯ブラシでも代用可です。

ウェスで汚れを拭き取る

チェーンをウェスで拭き、汚れを取ります。

拭き取ったら、ペダルを回してチェーンを動かし、またパーツクリーナーをふきかけてウェスで汚れを拭き取るというのを繰り返します。

チェーンオイルを塗布

チェーンを掃除した後には、必ずチェーンオイルを塗布しましょう。

チェーンのコマの内部に1コマずつ塗布します。1周したら、1度軽く拭き取ります。

スポンサードサーチ

もっとしっかり落とすなら!

チェーンクリーナー(洗浄機)を使う

もっと効率的に汚れを落とすことができる、チェーンクリーナー(洗浄機)もあります。パークツールやAZのものが人気です。

クリーナーの内部にはブラシがついています。クリーナーに規定量のディグリーザーやパーツクリーナーを入れて、ペダルを回すだけで簡単に汚れを落とすことができます。

コマ内部の手の届きにくい汚れも落とすことができ、便利な器具です。

チェーンを外す

特別にきれいにしたいときにはチェーンを外した掃除もおすすめです。
ミッシングリンクやコネクトピンを外し、チェーンを取り、ペットボトルに入れます。

そこに、パーツクリーナーを入れ、シャカシャカ振れば簡単にきれいになります。
ただし、この方法は、チェーンを外す手間がかかるため、日頃のメンテナンスにはおすすめできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ロードバイクのチェーンの洗浄方法について紹介しました。チェーン洗浄は難しいところは何もなく、メリットばかりなため、定期的に行ってほしいメンテナンスです!

チェーンを綺麗に保ち、快適にライドを楽しめるようにしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定