あらゆるスポーツ情報をお届けするスポーツメディア
スポーツは誰のものでもない。みんなのものだ。
road bike

ロードバイクのクランクの長さを徹底解説!クランク長って何に影響する?

スポシル編集部

公開日 :2018/10/25

更新日 :2019/03/14

この記事では、ロードバイクのクランクの長さについて解説しています。

目次

スポンサードサーチ

クランク長の長短の違い

長い

長いクランクは、てこの原理でトルクをかけやすいため、クライムやダンシングに有利になると言われています。重たいギアを使いやすくありため、大きなパワーが必要とされる場面に向いています。

しかし、トルクがかけられる分膝や足への負担が大きくなります。

短い

クランクが短いと、トルクをかけづらくなりますが、ケイデンスを上げやすくなります。

また、下死点が長いクランクよりも上がる分、サドルを上げることができます。サドルを上げられるということは、それだけ空力の良いエアロポジションを取りやすくなるということです。

長いクランクよりも膝や足に優しいこともメリットの1つです。

クランク長の選び方!

股下㎝×1.25+65㎜

よく使用されるのが、

股下(㎝)×1.25+65(㎜)

の公式です。例えば、股下83㎝の人だと、適正クランク長は169㎜ということになります。

しかし、これは目安にはなるかもしれませんが、必ずしもこのクランク長を使用したほうがよいとは言えません。

脚質で選ぶ!

一般に長いクランクは、トルクがかかるクライマー向きと言われています。また、くるくると回転数を上げて走るのが苦手な方にも向いています。

反対に、短いクランクは回転数重視の方に向いています。前述している通り、エアロポジションも取りやすいためTTサイクリストやトライアスリートでも使っている人が多いです。

左右違っていてもOK

クランク長は左右違っていても問題ありません。左右で足の長さが異なる人もいるかと思います。
片方は170㎜で、もう片方は172.5㎜を使っている、という人もまれにいます。

極端に左右でクランク長を変えてしまうと、ペダリングやバランス感覚に違和感を覚えることがあります。左右差は±2.5mmにとどめておくのが無難です。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ロードバイクのクランクの長さについて解説しました。

あまり気にしていなかったクランク長も、長短でそれぞれ特徴が異なることが分かりましたね。
クランクの長さを選ぶ際にはぜひ参考にしてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

SPOSHIRUおすすめ情報!

こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめするお得な情報をご紹介します!

ストレスフリーの超快適マスク!

すぐ乾くからムレにくい

スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。

何度も洗えるから臭わない

毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。2ヶ月使えば1日33円。もう使い捨てマスクを買う必要はありません。

購入はこちら!

整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減

崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ

TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目!

立方骨を支えることで、足の骨格を修正。直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。

また、全面に『ポロン素材』を使用。衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。

足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!

購入はこちら!

監修アスリート

アスリートをもっと見る
スポーツエールカンパニー認定Sport In Life認定東京都スポーツ推進企業認定Fun Walk Project認定